子どもの教育♪褒め方編☆

February 12 [Sat], 2011, 17:17
将来子供が生まれたら、どんなふうに教育すればいいんだろう?
て、たまに考えませんか?hello baby!!

23の私はたまに、ポリシーが浮かんで、うんうん、と一人で納得しています(笑)

そのひとつ、“上手に褒めること”
褒めて褒めて東大に入れろ!とか、そういう教育法も紹介されるけれど、私の真意は別のところにあり。

私ね、勉強で褒めらることに全然興味がなかったらしい、昔から。

全ては自分でいかに頑張って、自分がそのできたものにどれだけの満足を得ているか。自分で自分を評価してたから、親であろうが先生であろうが、人さまにとやかくいわれてもぴんとこないのである。というか、右から入って左へ抜ける感じ?これが勉強を始めた小1の時から。いやな子ども?(笑)

自分の感性で普通と思うことをしている。
だから、そこから生まれてきた成績とかを見て喜ばれても、はぁ、としか言えない。何が嬉しくて?みたいな。
中学生期でようやくまわりもみんながそうではないと気が付き始め、試験勉強を直前まで放っておいて毎回バタバタ焦ってる人とか、毎日遅刻してくる人とか。どういう思考回路でどうなってんだ?あれだけ宿題しなかったら、家でなにするの?と異星人みたく思っていたのである。
今や私もそっちのタイプにゃのだがーあら。

でもこれ、多くの読者様が共感してくれるのでは―?と、内心期待してたり
だって、こんなに世間受けを逆に行くブログに、これだけアクセスがあるなんて尋常じゃない(☆)って思うから、(長文・更新もバラバラ・写真もレア・特定のテーマもなし!すみませーん!)きっと私にどこか似た人が読んでくれてるんだろうと思ってるの。

しかもね、*交官受験メンバーも似たような傾向があって。
その場にいた9人中8人かな?
親に「勉強しなさい」と言われたことがないんだって!びっくり?
さらに勉強中わざわざ部屋まで「**ちゃーん!」って邪魔しにくるとか(笑)
私も、「もー早く寝えやっ」って勉強しててむしろ叱られてたり・・・
そ。みんな自主的に、勉強やりたいし、やるのが普通だと思ってるから、やってるの。
褒められてもしっくりこず。
勉強は普通、そういう外からの動機ではなくて、内からの動機ですることだと思う。

実際、ほんまでっか(登場しすぎ!)でやっててんけど、内からの動機で動いてる子に、外からの動機(金銭etc)を与え続けると、内からの動機が消えていくらしい。

だから、学業成績は褒めないこと。
自分で勝手に満足できることだから。

じゃあ、どこを褒めてあげればいいのか?
自分では満足できないところ。
つまり、人に認めてもらってようやく意味をなすところ

例えば私なら、100点とってもオール5でもへぇ?てかんじだったが
(さっきからへぇ?はぁ?とか。あいぼんばーさん?)
字が綺麗とか、日記や作文といった文章を褒めてもらうと、素直に嬉しかった。
あと、絵が賞を取ったりするのも、そこそこ嬉しかった。
縦笛はうれしくなかったなー?
なんでやろ(笑)・・・なんで?
あ、たぶん、自分でやってて大して楽しくないからかも!

だからきっと、子どもにとって、その子が楽しんで、うまいことできたこと、つまり才能がある分野での実績を褒めることは大切なのかも。出来栄えによってようやく評価されるもの。人に好印象を持ってもらえてようやく意味を成すもの。そういうところを褒めると、子どもの「またやってみよう!」っていう動機になる。

結果は出なかったけど努力したっていう部分を褒められても、「失敗した」「くやしい」の感情に支配されてるところですんなり受け入れられないし、なんでやねん!って反抗的になるだけやと思う。そういう複雑な思考回路を身につけていない子どもに、ややこしい褒め方はしなくていい♪



あ、褒め方の話で、、、思い出した。

自分に厳しい人に、
「まぁこういうとここれだけできてるんやからいいやん?☆」
って軽率に言うのは慎もうとも思う。

「そうだね、こういうところ、もうちょっとあなたならいけるんじゃない?」
くらいハッパかけたほうが、しっくりくるのでは?と思って。

私が褒められて嫌だった時、
つまり、自分ではサボってること十分承知なのに、
結果だけみてよくできたって言われるときに、
本当はこんなふうに言ってほしかったから。
もっと上には上がいるし、上しか見てないねんから!っていうのが本心やもん。

そして、人生初☆私が100%の真摯さで勉強に勤しんでないずるさをズバリ出会ってすぐ見抜いたのは、
高校の塾のT岡氏だったんですーあ、また愛を語ってしまう。

あ、わかった。
例えば世界で名を馳せるバイオリニストを想像して。
褒めることで伸びると思う?
そうは思わない。
きっと、ギリギリの世界に踏み入れるレベルになってからは、
きっと叱ることがメインでしか伸びないんだろうな。

毎年全国出場する部活だって、英語の勉強だって、なんでもそう。

さて。こういうわけで、褒めることは教育において諸刃の剣といえる。
今ちょうど手元にお子さんがいる方(チープな言い方や!)は、ぜひ参考にしてもらいたい。
安くさい満足(=一般人で終わる)を子どもに与えないように。
やってみよう!を促す、いい褒め方をしてあげてくださいね

私も将来(さていつのことやら)子どもができたら、
のびのびbut褒めて好奇心や才能を果てしなく伸ばそうと企んでるよ♪
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf