ありのままを受け入れること

February 23 [Mon], 2009, 11:30

ありのままを受け入れること。

よく言われるフレーズだけど・・・これほど難しいことってあるのだろうか。

自分の持ちもの。自分の服装。自分の身体のライン。自分の肌の調子。自分の彼氏。自分の適性。自分の心惹かれるもの。自分のまわりがどうなっているか。

そのままを包み込んで、咀嚼して昇華させるのって、恐ろしく懐深い人間でないと、できない。

無知の知じゃないけど、「あ、私はこの部分を受け入れられてなかった。だからこんなふうな結果になったんだ。」と発見して反省することで、私はとても成長できたと思う

ぶっちゃけると。

私はあのダーリンと、関係を始める前から、「なんかへんー?」と思ってた。
でも、今彼氏に求める素質を全て揃えた人だった。
自分のトラックから道を外しちゃってるわ♪という自覚もあった。
外していること自体を楽しんでいた部分もある。
でも、深入りしていくと、知らずのうちにそんなことは頭の隅に追いやってしまっていた。

信じたいように信じる。
普段はけっこう人のウソとか怪しい雰囲気を見抜ける目を持っているはずなのに、殊に恋愛に関しては、「見えない見えない♪」を貫き通してきた。
その、見えない“無理”が、彼の前での理由が分からない涙に変わっていた。
本当は、分からないのではなくて、分かろうとしていなかった。
自分の都合のいいようにしか、物事は頭の中で繋がらない。
そんなふうに、ダーリンの恋愛面でのおかしさを、受け入れられていなかった。



私の受け入れられなかったこと、その2は、容姿だ。明らかに。むしろトップ。
それで学校にも行かず引きこもってた。
鬱々した気持ちで、痩せられるはずも、お肌がきれいになるはずもなくて。
きっかけが掴めずに、悪いスパイラルに見事にはまってた。
それを変えてくれたのはカリフォルニアで。「ぷよぷよでもいいもーん♪毎日ハッピー!」
その次はダーリンで。「こんなのでも、受け入れてくれるの?ありがとーう!!!」
今はもう、彼はいないから、自分でしなくっちゃ。

ある意味、ダーリンは目隠しだった。
結果的に付き合っている間に6キロくらい痩せたけど、そもそもダーリンが良ければそれでいいにゃん♪て思ってる節があった。
彼の気にしないとこはお手入れポイポイ手抜きし放題だったし(きゃー秘密!笑)実際、彼といるっていう恋愛効果だけで、メンタル面がうまいこと回ってたんだなーって、今なら思う。

でも、今は、前ほど恐ろしい体重でもなくなったので(笑)ようやく自分のことを受け入れられると思う。
STOPポイポイ手抜き。メンタルはポジティブに保ち続けられる程度に。
現状把握、問題探索、改善。成果が出るから続けられる!今、がんばってる!

5日前くらいまで、なぜかめちゃくちゃに暴れ食いしてた。身体が悲鳴をあげた。久しぶりに両頬にニキビができた。そのときに、不意に「ごめんね」と言葉が漏れた。私、自分の身体を痛めつけてるー!って実感したの。

フィーリングは嘘つかない。
もっともっと、フィーリングに素直に行動しよう。
それは本能からのメッセージ。
気持ち良く、疑問なく行動できれば、それはハッピーサイクルになるんだと思う!


ロジカルに考えた方法って、自己啓発に必要な場合もあると思うけど、自分には到底行動に移せないものも多いし、自分らしい方法じゃなかったりする。そんなにさっぱり割り切れないこともたくさんあるしね。

本能に、素直に。
がんばれ私!

……って、早速鏡を見たら、あごが鬱血?してる!
いつもあいぼんにあごを噛まれていたダーリンの呪い?!
あ、別に彼がしゃくれてるわけじゃないよん♪(笑)
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf