あいぼん東京に行く

February 21 [Sat], 2009, 19:00
国内ではおそろしく出不精?なワタクシ
東京に行くのは、実は中学校の修学旅行以来初めて!

前日、少し風邪っぽくて、しんどくってくらくらしてたから、早朝出発のつもりがお昼出発になりました。なんとか新幹線に乗り込み、東京駅到着。池袋でセミナーはちゃんと受けました。その後なんとか銀座のホテルに辿り着いて、(反則タクシー!笑)ぽけーとしてみる。くたくたで早寝、早起き。翌朝は松坂屋に入ってる、ねんりん家でお土産バームクーヘンを仕入れて、三越の2階のサロンでランチ。勝どきであったもいっこのセミナーを受けて、帰宅!

感想。

東京、いい!!!!!
1年後、絶対住む!

おっとりのんびり京都人、リアル都会な東京には住めないわーん!大阪でもだめやのに!とはよく言う言葉ですが、実際、かなり住みやすいと思う。土地勘を掴みさえすれば。

大阪ではそんなに迷いません。今なんていう道を歩いてるのか分かるし、駅でも、パーフェクトに“何々線、こちら”の看板が出てる。でも、東京は違う!まず、看板に辿り着くまで、ある程度フィーリングで進まないといけない。その距離の長いことと行ったら!初めてあいぼんは、ゴロゴロを引きずりながら、焦りましたよ。ご存じの通り、私は最短距離を求めたり、道を聞いたりはあまりせずに、ひたすら自分の足で歩いて歩いて「ほらやっぱり☆」っというかんじで横着な行き方(生き方?)をするのですが、カンがいいのか、空間把握が長けている男脳だからか、あんまり迷わない。歩けばどうにかなるもんさ!でもそれが通用しない。

数年来で最悪にひどく迷ったのは、池袋駅で。西口に出なあかんかってんけど、まず東口に出てしまった。でもそれに気がつかない。だって、地図に示されているように、目の前にはビッグカメラがあるし、放射状に広がっていく道がある。でも、なんとなく違いそう・・・と思って、確認すると、あら、ここは東口。ウップス。急いで反対方向に駅をつっきって、その時点でけっこうへとへとだった私は、人が吸い込まれていく繁華街風なところへ適当に流されていく。で、「きた!東急ハンズ!」は―疲れた。ビッグカメラは北側にしかあったらあかん!(大阪駅。)それに、西と東を間違えるなんてありえない失態をしたのは、東側に西武百貨店があり、西側に東急があったからだと思う。(やんね?)きっとそうに違いない。(と、東京を恨む。笑)

それと、ホテルへも、環状線の有楽町駅から徒歩7分ほどで着くはずなのに、1時間以上ゴロゴロしながらさまよった。だって、どっちが北かわからない。だって、交差点に、看板がない!駅だけでなく、街でも、看板の不足っぷりは、京都・大阪・名古屋よりもひどい。なんやねんこれは。プランタンまで歩いて、あ、ここが2町目なのねーとわかるんだけど、じゃ、縦と横、どっちが2町目なの?!!!!!!もしくは2町目って、ブロックの話で、道じゃないの?!1町目はどっち?!!!!!と、さまよいさまよい。結局は東京駅まで戻ってしまい。「はぁー涙」という気分でタクシー。ギブ・アップ。タクシーで今きた道を戻って、ようやくどちらが北か分かる。おちゅかれっす。

マンハッタンで迷わないのに、東京で迷う。そのことを考えていると、たぶん「東京は外に開けてないんだなぁ」と思った。マンハッタンの歴史がどんなものか知らないけれど、思い返せば恐ろしく計画的。旅行客あいぼんが2週間で主要な通りの名前はほとんど覚えられた。まず、ブロードウェイが上から下まで、西側にずどーんと通っている。これが南北。あと南から数え上げて**th St.とついている。縦は有名なPark Ave.などの、名前付きの通りを挟みつつ、東から西に番号順。That's it. こうすることで、迷わない。角を何度も曲がってると、頭がぐるぐるしてくるけれど、1日歩けばもう平気。
こんなふうに設計されているのは、きっと世界の金融の中心地として、世界各国からの人を迎え入れるためじゃないかな。みんながわかりやすい街。それを思うと東京は、メトロJR都営、あのこんがらがった網を見ただけで失神しそう。笑 世界にあれほど発達した地下網を持ってる街ってあるのかな?

とにかく、使いこなすしかないねー♪と、2日目要領をつかんでからは、夢の東京ライフに思いを馳せていたけれど。ホテルの立地がよすぎて、あまり時間はなかったものの、銀座って素敵ー☆と思いました。

東京ってスモールNYやね。
中央通りやマロニエ通りのブランドショップの並びっぷりを見たのもあるし。
街全体の、個が京都よりしゅっとしてる感じとか。

うーー!うまく説明できない。

東京の人はね、まず都会人。あの狭い面積の中であれだけの人が共に暮らすための知恵を自然と身に着けている。駅はともかく、道でも暗黙の左側通行!みたいな。それに、あれだけ人がごったがえしているというのに、全然ぶつかられない。ぶつかったりかすったりしていく人にこの上なく嫌悪感を抱く私としては(特にアメリカから帰って来てから)この点で大阪よりずっといい。東京のみなさんプロ。さらっと無関心無干渉もここから生まれるんだろうけれどね。あと、どうしても電車を使うのは圧倒的にサラリーマン・OLが多いから、不審な人?が断然すくないー♪京都大阪に比べて。絶対住みやすいわー。

あと、今まで京都にいて感じたことはなかったけれど、“情報の洪水”を初めて東京で感じました。行きの新幹線のテロップから始まり(ま、はるかにもあるけど!)山手線のテレビちゃんproduced by 三菱電機もほんますごいにゃん。。。と関心。そこらじゅうに、断片的なニュースがちりばめられている。これに飲み込まれたら終わりやなーと思いつつ、都会っぷりを楽しんでました。対策を考えるのは移住してからにしよう。

しかし、ひとり東京なんてしても、何にもおもしろくない。さみしい。
いや、内心ちょっとだけNYな雰囲気に身を任せて楽しんでるんだけど。
ホテルにひとりで泊まることが、大嫌いなことを忘れてた!

アメリカでは常にルームシェアかハウスシェアで、ルームメイトがいたし♪
NYでは安いホステルで、誰か(知らない人笑)と相部屋だったし♪
台湾では半分友達んちに泊めてもらったし♪
もう半分泊まってた。大半は貸し部屋みたいな感じでかわいい姉妹のお宅にお世話になったから大丈夫だったんだけど、最後の1夜、空港近くのホテルを友達に取ってもらって(ありがと)ひとりでぽつんと部屋にいるときのさみしさといったら!発狂しそうだった。

そんなかんじで、行きの新幹線で「にっくき・にくにくダーリン(EX)」とかもんもんしてたのに、あまりのさみしさに、あてつけで「I HATE YOU!!!!!!」とか送りつけてやろうかと思ったりした(中止)。なっちゃんによくわからんむだメールを送って、さっさと寝たけど。笑

だから、自分に東京で一人暮らしってできるのかなー?きっと病んでひきこもりそう。だれか一緒に住んでくれないかなぁ。もし女子寮があれば全力で手を挙げます!!!という心持。めずらしく、将来心配あいぼん。

東京に行く前日、なっちゃんとマンマ・ミーアを見に行った。
主人公は20歳で結婚する。ぎゃー。
じゃ、うちらもできるね♪とかゆってたのやけど。

私、今まで21年間認めないようにがまんして育ってきたけれど・・・極度のさみしがり屋。
ということを就活の自己分析してる間に発見してしまい。落ち込む。
だから早婚して、一応安心なはず♪の基盤を作ってしまったほうが、この先自分が伸びるかもなぁと思ったりもしてた。たぶんありえないけどねぇ。

就職逃したらーな選択も、いろいろおもしろそうで、投げやりとかではなく、人生どうにでもなると思う。でも、“ひとりで”さみしくなるのは、やだ。ふたりの間でさみしいほうが、ずっとましだ。

でも、さみしく眠った東京の朝、起きぬけ頭の中で流れた曲が、「Thank you for the music」だったから、すごく気分良かった!この歌素敵すぎやんね。
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf