Barnes & Noble 探索記録ッ!

February 23 [Sat], 2008, 11:46
この前本屋さんに行って、買いたかった本をたくさん買ってきた。


黄色いのん:見たまんま!フランス語―英語のどっちもの辞書。1番用例なんかも載ってるやつを選んだよ!PCに入れられる辞書も付いてたので、Wordでスペルチェックできるようになる、やったぁ!日本語で勉強するするより、英語の方がわかりやすいねんな。なぜかというと、“日本語とフランス語の距離>英語とフランス語の距離”ってゆうのは明確だし、しかも英語は学んで習得した言語やから、文法とか時制の概念が、母国語やしまともに考えたことがない、なんとなく言語・日本語よりもしっかりしてる気がしてエッセイ書くときも、「英語でこういいたいんやけどー」ってもんもんとすること多かったから、めっちゃ便利なはず!


ブルーのん:日本にいる時から欲しかった、フランス女性はなぜ太らないか、という本。欲しかった時は初回だったけれど、もうセカンドバージョンになってた!レシピつき。確か著者は、年に300日は外食してるというフランス人ファッション誌エディター、やったような。(曖昧。)あたしの期待では、「BBの旦那の映画監督は、BBを家の中では裸でいるようにゆっていた。愛する人の視線が最高のエステだから。」的な、愛のエネルギーで脂肪を燃やすのよ!という主張が載っているはずなんだけれどー???実際知りません。一気に買ったので、そのうち読みます。噂では、いろんなダイエットにもがき苦しんだアメリカ人には仰天な、かなりシンプルなダイエット法を紹介しているらしいです。


白いのん:噂のッ☆笑 Skinny Bitch!! 興味本位で読み始めてんけれど・・・スラングすぎてやばい。口語の勉強になりそう。さらに「**を食べてはいけません!**にはこんな毒が含まれています!骨粗鬆症、関節症、脱水症状・・・!!!」って、病名や毒素を羅列して全力で脅しにかかってくるので、うむむむ・・・あんまし、オススメの本とはゆえません。ちょっと、「買ってはいけない」のにおいがした。笑(わかりますか?)そりゃ、そんだけ食事制限したら100%健康体になるわー!といいたいところやけれど、確かにきちんと食べていいもの、よくないものを理由付きで指南してくれるので、わかりやすいかな♪実践しやすそう。


茶色いのん:ムッシュ・ディオール著!あたしは彼の作り出すフェミニティに虜なのです。もちろん、その伝統を受け継ぎつつ、もっとビビッドにパワフルな現在のジョン・ガリアーノのディオールも好き!雑誌をペラペラしてて、ぱっと目に留まるページがあれば、ディオールの広告だったり。かなりツボ。で、そのM.ディオールの法則がdictionaryになってるんやから、MUST BUY!! あたしの好きな“ディオールのグレー”の話なんかも載ってて♪(子供は淡いグレー・大人は濃いグレーを着ましょう)、ビジュアルもよくって、最高にエレガントで。古き良きもの!って実感する。初版1954年。



と、まずはTrading Upを終わらせてから、
むしろ、「学校のreadingしいや!」とか・・・ゆわんといてッ
本屋さん大好きあいぼんがお送りいたしました

ちなみに、今Lipstick Jungleっていうテレビがやってるねんけれど、やっぱりというか、雰囲気はまんまやのでなんにも驚きはないんやけど、Candace Bushnell原作の最新小説の実写版やよ例のごとく、始まる前からLA Timesのサイトで広告出てて知っててんけど、1回も見てないや・・・もったいない???Candaceさんも、詳しくは知らないけれど、同じような登場人物で、舞台もNYで、何作もよく書けるなぁーと思ってしまう
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf