ルックスと政治家--Hillary Clinton--

February 18 [Wed], 2009, 18:13
うちの学校にアメリカ外交を専門にしている教授がいる。

2回生の時、私はその人の授業を少し受けたことがある。彼のクラスでは、800人くらい入りそうな大教室なのに、始終クラスがしーんと静まりかえっていて、居眠りしているひともほとんどいない。へのへのちゃらちゃら英文学科のあいぼんには、こんな教授っているもんなんだなぁーとびっくりだったし、政治学科の皆様は、さすがうちの大学1番のインテリ学科(だと思う!)とあって、さすが雰囲気が違うなって思った。

その教授は、ハーバード大学で使われている国際政治学の教科書(ジョセフ・ナイ著)の日本語訳も半分手掛けているので、日本でアメリカ外交に関してはそれなりの権威なんだろう。テレビ出演っぷりも考えれば。

そんな彼のアメリカ大好きっぷりを、さらっと「仕方のないひとね」というふうに嘲笑うような部分が、校内外問わずあるのも確かだ。彼があまりにアメリカ信奉だというのだ。

私は、ちょっとしか授業受けたことない身で、しかも専門外だけど・・・それは違うと思う。

アメリカのことを知れば知るほど、アメリカのする、“ばかなこと”は、この世界で誰かはしなくてはならないタスクなのだと気付かされる。だからといってブッシュ政権時のイラク侵攻を肯定するわけではないけれど、留学先のInternational relationshipの授業で、専攻しているアメリカ人の学生たちの中に、アメリカが戦争を仕掛けるのは、国際安保上、やむをえないという人もそれなりにいた。その割合は、一般人よりも高かったように思う。

国際規模でプレイヤー各々の欲や策略の関係性を俯瞰し、歴史や理論の知識を深め、考えれば考えるほど、覇権国としてアメリカを特別な地位に置こうとするのは、無理もない。どこへでもちょっかいを出すといわれて悪名高いアメリカだけど、誰かが、戦争の短期化、しいては犠牲を最小限にくいとどめるために、仲介をする必要がある。その権威を以て、自ら犠牲を払って、大国としての義務(obligation)を果たすのである。(ノブリス・オブリージュ)

そのような大きな視点では、国際政治をちょこっとかじっただけの私ですらわかることだが、日本って本当に世界にとってちっぽけな存在だ。いくら経済no.2だといっても、ソマリア沖の海賊退治をしているといっても、日本から世界に発信できるものは、これといってない。他国にとって経済の発展に利用できる側でもなければ、これといって利益になること(取引は0とカウントする)を生み出すこともない。そんな気がするし、日本が中国をマーケットとして拡大しているように、アメリカにとっても中国が魅力的なのは言うまでもない。普通に勉強していれば、「私が大統領だったら、中国重視にするぞ」という考えに至ると思う。どことなく、中国覇権説の恐怖もあったし。

でもアメリカは日本を選んでくれた。

今日はなっちゃんと遊ぶために、早起き(?)してめざましテレビを見てました。
ヒラリー・クリントンの来日について大きく時間を割いていました。
ブルーのスーツで、ゴーゴー(轟々)オーラを発しているヒラリーさん、いい!と思ってしまった。
FNS取材の部屋の中や、明治神宮参拝のヒラリーさんは、新聞やiPodで見るよりも、もっと美しかった。
60歳なんてびっくりする!

“Smart Power”という概念を、ヒラリーさんは外交の軸にしている。
ヒラリーさん自身の発案だと思って感動していたのに、ヒラリーさんは前述のジョセフ・ナイの信仰者で、オリジナルは彼のものらしい!

In a changing world, the United States should become a smarter power by once again investing in the global good-- by providing things that people and governments want but cannot attain without U.S. leadership. By complementing U.S. military and economic strength with greater investments in soft power, Washington can build the framework to tackle tough global challenges. We call this smart power.

だって。つまり、権力を維持するために、軍備や資源で圧倒しているのではなくて、文化の力を使う。自らの文化の魅力で売る、相手の文化への関心を深め理解に努める、ということ。たぶんね。
(今調べたら、ヒラリーさんは、マサチューセッツのウェルズリーっていう、名門女子リベラルアーツカレッジを卒業だって!)

やっぱりヒラリー・クリントンよりも、バラク・オバマが大統領になってよかったなぁと思うけれど、(新しさがあるから)それでも素敵なヒラリーさん。オバマが切迫する問題(金融とか、イラク関連の後始末)に取り組んでいる間に、国務長官として、長期スパンで取り組むべき問題の道筋を、白紙の状態に引いてゆくーという方向で、オバマ政権、うまいこと回ってる感じするーよね?(と、最近新聞から遠くなってるあいぼんさんも発言してみる。)最初の100日間、ぜひ大成功をおさめてほしいな。

って、ちょっと方向見失いつつある!

私はただ、最近の新聞1面を見て、もう・・・げろげろっな気分なのである。
二日も続けて、中身薄っぺらそうな、顔のゆがんだおっさんを、でかでかと1面に見とうない。
国際会議で体調管理がうまくできてなかったせいで、頭しゃっきりさせてないとかーーー私とはいい友達になれるかもしれないけれど、それで政治家しちゃだめ!しかもこのご時世に。。。あきらかに、国際世界の一員としての自覚、政治家としての自覚に欠けてるよね。危機感のかけらもない。きっと、修学旅行気分同然だったんだろう。

私の結論では、大統領制にするべきでは?
内輪でまわしまわしって・・・under30ならそれでもきちんと責務を負える人が選ばれる気がするけれど、今のおじさん階層がちがちしがらみの中では、到底無理では?必要なのは、きっとフレッシュさとエネルギー。ま、破壊力のあるひとなんて、島国ニッポンでは絶対選ばれないだろうけれど・・・あと30年は。

中身はともかく、もうちょっとましな、顔の人はいないのか?!
きっと麻生さんを見かけても、新橋あたりの(京都人のイメージ)よっぱらいリーマンと見分けがつかないと思う。(めちゃくちゃ言う。笑)でも、オバマは人種のるつぼアメリカ、マンハッタンを歩いていても、絶対オバマな存在感を発していると思う。ヒラリーさんだって、絶対そうに違いない。

心理学で「ウォーレン・ハーディング効果」というのがある。見た目のいいひとがリーダーに選ばれるという法則。ウォーレン・ハーディングという人物は、歴代最悪の大統領のひとりと酷される男性で、彼が選ばれたのは、彼が高身長のグッドルッキング、おまけにしぶい声を持っていたからだという。このように、見かけの分だけ中身に期待できると思ってしまう心の動きのことを指す。
現に、アメリカのCEOは平均身長182cmで、大半が白人男性なのだそう。一般男性で182cm以上あるのは、14.5%なのに、上位500社のCEOでは58%もいるらしい。

本やさんに行くと、オバマ本コーナーががっちり組まれている。どの本の表紙にも、ファッション誌の表紙のモデルさんの顔よりもでかでかとオバマ・フェイスが張り付いている。オバマ・イングリッシュのオーディオブックを中心に、どこのお店でも売れ筋っぽい。配列とか見てると。

これがAさんだったらどうだろう。もう、周りの本まで売れ行き下がるのでは?!と思うくらい、かっこよくない。(でも、ウィキの写真の笑顔は、なぜかかわいい笑)ちなみに、新書でAさん著のが積んであったのを見たことがあるけれど、手に取る気もしなかったな。ついでに言っとくと、うちの大学にもいるけど、中途半端に育ちのいいひとは、確実に、自分より恵まれない人の気持ちはわからない。せせこましい。いろんな意味でせこい。一方Aさんは筋金入りやから中途半端なはずはないんだけど・・・(大久保利通から続く5世らしい)。逆に、そっちの世界に深入りしすぎて、本当の外の世界を見ないまま、すきなことだけをして生きてきたかんじがする。。。射撃とか。。。(全部想像。。。)究極すぎてフリーダム入ってるから・・・もう、遊んでたほうがいいと思うよ!笑 根っからの遊び好きでしょうあなた。(私にはわかります。そっち側の人間だから。)人生で困苦に対して真剣になったことがなさそう。お年の割につるっとした顔やし。

雰囲気で政治について書いてしまって、ちょっとびびってます。きゃん。笑
ま、誰か高身長グッドルッキングで、フレッシュ×エネルギッシュな人が次の首相になったらいいなー(わくわく)と思わずにはいられない、世の中・官邸、乱れっぷりです。むしろ、京都の祇園有名イタリアンIL GHIOTTONEのコンセプト“京都がもしイタリアのひとつの県であったなら”じゃないけれど、“日本がもしアメリカのひとつの州であったなら”・・・ヒラリーさんに、州知事を務めてもらいたいなー!なんて。笑 へへ。素敵なコンセプトをブラックにひんまげてしまった。

あ、ジョセフ・ナイ、なっちゃんが教えてくれた通り、駐日大使に内定してるって!これからが楽しみやねー!講演会とかあったら、行きたいなーーなさそーーー笑 ナイさんも、グッドルッキング・ガイだと思うし。こういう、キラキラしたひとが潰されない環境にしていかないと、人間力で日本どんどん負けちゃうだろうね。
  • URL:https://yaplog.jp/aibon-life/archive/461
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索
♥about あいぼん♥
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいぼん
読者になる
Ai am...
ハピハピ現実主義者!
自由に気ままに♪
のびのびと♪
日々を送っています:)

海外が好き☆
旅行が好き☆
ピュアなものが好き☆
エネルギッシュな人が好き☆
まっすぐな人が好き☆
出る杭系の人が好き☆
頭のいい人が好き☆
本物じゃなきゃやだ!


どなたでも
のびのびとコメントしてくださると
とーってもうれしいです!


yapme!はコメント欄で
交流のある方に限定しています♪

手相鑑定のご依頼はこちらから
※しばらく受付停止中
あいの手相日記
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
♥過去記事♥
♥メールはこちらから♥

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/aibon-life/index1_0.rdf