DECODEの使い方 2

May 26 [Mon], 2008, 21:54
先の記事に書いたDECODEの使い方の一例。


DECODE(列名, 値1, 値2, デフォルト値)


⇒ DECODE(RAMEN_ID, 0, 99999,RAMEN_ID)

こう入力すると、
RAMEN_IDというカラムを基準に
0・1・2・3・4・5・6・7・・・と昇順に並べられるが、
RAMEN_IDが『0』のものは
値2で指定した『99999』に変更されるため、
並び順は1からスタートして

1・2・3・4・5・6・7・・・

となり、0だったものだけ最後にまとめて

・・・99999・99999・99999

となる。
  • URL:https://yaplog.jp/agx-04_toybox/archive/86
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
スカウター : TOY BOX
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:Gerbera
読者になる
日々修行に勤しむ
ひよっこJAVAプログラマー。

主食は麺。
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/agx-04_toybox/index1_0.rdf
にほんブログ村 ブログブログへ