「ALWAYS三丁目の夕日」観賞

November 14 [Mon], 2005, 21:13

ALWAYS三丁目の夕日観賞しました〜。
昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。
建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。
東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。
このコミックスが、30年も描かれてるのは、知らなかったなぁ。

実をいうと、最初の東京駅のシーンで、CGの小人を発見。
人間の間に、CGの小さいアニメのような小人が動いてたんですけど。
もっとよく見ようと思ったら、そのシーンは終っちゃいました。
たぶん、いっぱいCG使われてるだろうと思ってたけど、最初からびっくり!

お話は、文句なく面白かったです。
わかりやすい内容で、じーんと泣かせるお話もあり、
出演者が多くて、いっぱいストリーが盛り込まれてるんだけど、
ちゃんと観てる人に、伝わる作品でした。
コミックスでは、鈴木家が舞台なんですね。
鈴木さんちの、一平くんはすごいカツゼツのよい子役でした。
子役の小清水一揮くんは、予告だと天才子役と言われてる須賀雄太くんのほうに気を取られてましたが、すごい演技力ありましたね〜。
どこかで見たことがある気がしたけど、何か出てたかな?
顔全体で、演技してる感じが可愛くて、存在感ありました。
お母さん役の薬師丸ひろこさんも、すごいよかった。
やさしいお母さんの感じが、すごく伝わって、短気なお父さんを、うまくなだめたり。
こんなに、お母さんが似合うなんて、思わなかったな。
お父さんの堤真一さんは、あんまり昭和っぽくなかったけど、
吉岡秀隆さんは、はまりすぎでした。
あんなに、細かったのかって、正直気になりましたが、毛玉だらけのカーディガンや、足首の見えるズボンや、下駄、なによりぼさぼさの髪型がすごい。
メガネだって、おじいさんがかけるようなメガネでしたが、昔って若い人でも、あのメガネだったのかしら?
投げ飛ばされるたびに、折れるんじゃないかと思うほど。
本当に細いから、小雪さんがたくましく見えましたよ。
淳之介くんになっていた、須賀くんも細かったですけど、同じくらいね。

掘北真希さんは、「野ブタ。をプロデュース」見てても、FUJIフィルムのCMも、実はそんなに可愛いとか思わなかったけど、よかったわ。
青森の方言も、なんか自然だったし、ほっぺたが紅くて可愛かったです。

月曜の昼間ってことで、すごいガラガラで、年配のカップルや、男性どおしのお客さんが多かったですね。若い人は、いなかったわ。
コミックスが原作でも、大人向けかなぁ〜。
でも、観た後に優しい気持ちになれる映画でしたね。
最後の夕日がよかったです。
  • URL:https://yaplog.jp/agnes1756/archive/409
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アリス
>出田(nao)さん。ありがとうございます。
2005年の映画の中で、心に残るいい映画でした。
ラストもよかったですね〜。
January 16 [Mon], 2006, 1:04
はじめまして、TBさせて頂きます。
最後の夕日の場面、とても良かったですよね。
完成後の東京タワーと一緒になって、
感動的でした。
January 15 [Sun], 2006, 2:33
アリス
>キングさん。
ありがとうございます。
泣き所、たくさんありましたよね〜
December 05 [Mon], 2005, 15:01
TBさせてもらいました
3回ほどウルウルと来てしまいました
December 05 [Mon], 2005, 1:36
アリス
>劇団セブン staffさん。
遅くなりましたが、TBありがとうございます〜。
December 05 [Mon], 2005, 0:16
TBさせていただきました。
December 01 [Thu], 2005, 23:47
アリス
>にらさん。
CGの人のサイズが違って見えたんですよ。
だから、小人みたいな感じで、ウンパ・ルンパそうですね。近いかも。
だけど、確認しなおすほど長いシーンじゃなくて、
「今の何〜〜!」と叫びそうだったわりには、
どこでも話題にもなってなかったし・・・。
動きはね、ロボットみたいだったわ。地球博にありそうな。
DVDか、WOWOWで観たときまで、よくわかりません〜
November 30 [Wed], 2005, 23:49
CGの小人!

たしかに、上野駅の改札口の人間はCGっぽい人がワンサカいましたけど、その足元に遊び心で紛れ込ませたウンパ・ルンパみたいなCG人間がいた、ってことですか?
ああ、とっても気になります。

てなわけで、TBありがうございました。
November 30 [Wed], 2005, 10:14
アリス
>沢木耕三郎さん。
そうなんですか。
東京タワーには、3回くらい上った記憶はありますが、詳しく
調べたりしてなかったので、今年で47歳って、この映画でしったくらいです〜。

>izuraさん。
はい。心が温まったので、今日は会社で宣伝しました。
さて、何人が観るかな?

>ふくちゃん。さん
今年いちばんの映画なんですね〜。
でも、心からそう思える作品に出会えるのって、
素敵ですよね。

>アンナさん。
うーん。月イチゴローにはいるんだろうか。
慎吾くんが選んでくれると、嬉しいですが・・・。
もし、選ばれたとしたら、吾郎ちゃんがどんなコメントを言うか、すごく楽しみですね。

>あかん隊さん。
そうですね・・・。東北のほうからの終着駅は、上野駅なんでしたね。駅構内の人物には、びっくりしました。
その後のCGには、大目にみるようにしましたが・・・。
セットも、すごく細かいところまで、気を使ってありましたね。
セットの見学をしたいくらいです。

>でんでんさん。
観た後に、いろんな映像が頭にうかんできましたよ。
あの鈴木家の、冷蔵庫とか、テレビとかも。
原作を読んだことがなかったのですが、読みたくなりました。
ミゼットにも、乗りたいですね。

>古木33さん。
私も、観た後に、たくさんの人に奨めたくなりました。
みんなが優しくて、幸せな気分になるといいですね〜。
もっと、奨めなきゃ〜。

>ミチさん。
そうなんです。あまり、人が入ってなかったので、もっとたくさんの人に観てもらいたいですね。
明日は、レディスディだから、多いかもしれませんが。
あまり若い人が、いなかったと、別の友人も言ってたのですが。口コミで、広がるといいですね。
November 15 [Tue], 2005, 22:11
TBありがとうございます。
当時、鉄は貴重品で、あの東京タワーには朝鮮戦争で使われた戦車が一部、解体されて利用されたそうです。とか、いろいろうんちくをたれたくなってしまう映画ですね。とにかく、若い監督なのにすばらしい。
November 15 [Tue], 2005, 20:55
TBありがとうございました。
ホント心温まる映画でしたね!
私もTBもらっていきますね〜^−^
November 15 [Tue], 2005, 11:59
TBありがとうございます。僕もこの作品は今年一番の作品でした。ここまで完成度が高いと文句のつけようがないですね。本当に素晴らしい映画に出会えて良かったです。
November 15 [Tue], 2005, 1:37
TBありがとうございました。
この映画を見た後は、なぜか?気持ちがとっても優しくなれるから不思議です。
吾郎ちゃん、月イチゴローでこの映画を何位にするんでしょうかね?楽しみです。
November 15 [Tue], 2005, 0:49
TBありがとうございます。細かいところまで、懸命に製作されたのが、よくわかる映像でした。好感が持てます。集団就職で、東北方面から到着する駅は「上野駅」だった時代だと思います。駅構内の人物は、3Dが多かったし、路面電車の大通りでも、通行人がCGだったりしてましたが、これ、前の方に座ったから、いけなかった…。次は、もう少し後ろで観ようと思います(爆)。
November 15 [Tue], 2005, 0:32
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>観た後に優しい気持ちになれる映画でしたね。

間違いなく今年屈指の作品となりました。観た後もエピソードを思い出すたび、胸が熱くなる作品は少ないです。偽善でなく、正直優しい気持になれました(^^ゞ
November 15 [Tue], 2005, 0:22
TBありがとうございました。
本当に観たあとで優しい気持ちになれる映画ですね。
帰ってきてからすぐに親に観ることをススメてみました。早速観に行くようで、順調に観客を増やしてます(´ー`)
November 15 [Tue], 2005, 0:09
こんにちは〜
TBありがとうございました。
こんなに良い映画なのにお客さん入っていませんでしたか?
うーん、もっと盛り上げて口コミでなんとかロングランとかしてほしいですよね。
若い人にもどんどん見てほしいです。
寒くなってきましたけど、この映画を見たら心は温かくなりますよね。
November 14 [Mon], 2005, 23:40