焼肉

October 31 [Wed], 2007, 23:51
 今日は課で、新婚派遣さんのお祝い&私の歓迎会を開いていただきました。
 水曜はもともと、所謂『NO残業デー』的な日なんです。管理職以外は、一時間も長居しないかんじ。まぁ、その管理職に付き合わされて、よく残業してますけどね。私。
 まぁ、そうは言っても定時にすっきり帰る人なんて、滅多にいません。用事ありそうな人だけです。
 なのに、今日。
 終礼(一応毎日あります)が終わったあたりから、バタバタし始め、チャイムが鳴った瞬間、ガタガタと席を立ちはじめて、戸締まりやら片付けをはじめる面々。
 あまりに素早い!!
 しかも、掛け声(?)は、「飲み会だぞぉっ」
 いや、そんな急がれても、新婚派遣さんも、私も、月末だからタイムシート(出席表みたいなもん?)ファックスしたり、やる事多いからね。だから、急かさんでっっ。
 飲み会の一言で、ここまで変わるって、どこの学生だよ。と、言いたい。心の底から言いたい。


 お店は、焼肉屋さん。食べ放題・飲み放題。
 幹事は、最年少の30代前半。他は、オーバー40。新婚派遣さんも、私も30手前。
 飲み放題はいい。好きな人多いらしいし。

 食べ放題、必要ですか?

 いや、おごってもらう立場で、何を言うかって話だけど、でも必要性感じますか?


 結局、そんなのは取り越し苦労だったらしく、意外と食べ放題満喫してらっしゃいましたよ。一部の方々。
 もう、尊敬します。しか言えませんって。
 胃薬は、必要ないんでしょうか? 逆に心配。


 さて、今回、社員さんと賭け、しかも掛け金一万円、をいたしました。

『明日から、禁煙!!』

 勝ったも同然です。
 彼は、勤務中もタバコ休憩をいい具合に挟んでおられますが、私は、少なくとも、勤務中は禁煙状態。家や駅で我慢すればいいだけですからね。
 いや、私の方がちょっと重いの吸ってるけど、ほら、意思が強いから。お金がかかると。

 帰り道及び、寝る前まで、死ぬほどタバコ吸いました。
 もう、明日からは購入しないと、吸うもの無いですからね。(買い置き全部吸った=3日分くらい)
 多少、頭クラクラしますし、多少気持ち悪いですけど、これアルコール? ニコチン??
 明日からは、ニコチン過剰摂取で健康被害が出たつもりで、完全禁煙に持ち込みます!!

スープ

October 29 [Mon], 2007, 18:47
 課で頼んでる、コーヒー屋さんがやってきました。
 定期点検? 減ってるのを補充したりする、あれです。豆(っつか、粉)とか、フィルターとか……。私が、暇潰し感覚でしょっちゅう煎れてるから、かなり減ってるんだろうなぁ。敢えて聞きませんが。

 で、今から寒くなりますから。という訳で、スープの営業をなさったわけです。
 フリーズドライでしたっけ。からっからの塊にお湯かけたら、とけて具と味付け(ってのも変ですが)になるの。あれです。
 20個入って、二千円前後が平均らしく……。一言で言えば、高い。

 担当の社員さん、あまりの営業さんの熱心さ(必死さ)に負けて、でも財布の紐は緩めずに、「女性の方たちで考えてみたら?」
 女性=フロア(全三課)に7人。課に3人。
 一万円買えば、二割引きらしい。って、八千円になったところで、7人で割れば、一人千円は越えるわけですよ。20食×5箱で7で割ったら、14食。一日、1食としたら一ヶ月持ちませんから。二ヶ月で三千円ちょい。
 女性で……ってことは、月々徴収されるお茶代(あ。私、まだ払った事ないや)以外に自腹って意味。他課の方の中には、お湯すらも自己調達(=給湯室の流しの湯沸かし機)の人もいるのに。

 結論。
「高いからいいよ。欲しければ、トライアルで買うし」

 実は、ちょっと豚汁に惹かれていた面もあるんですが、まぁ空気読んでね。


 そんな、痛々しい空気の中、私のいる島の社員さんが、物凄い興味津々。40歳くらいのおじ様ですが。優しいし、頭いいし、一般的な結婚相手の理想みたいな人です。
「誰も買わんのぉ?」
「欲しいのあったんですか?(カタログ押し付け気味)」
「……うーん。これは?」
「1番高いですよっっ。ってか、フカヒレって……本物じゃないでしょ?」
 そう。彼が指したのは、
「中華風フカヒレスープ」
 お値段、平均の約倍。絶対、春雨ですって。中華風じゃなくて、フカヒレ風ですよ。ま、まさか騙されてるんじゃ!? いい人キャラも、そこまでいっちゃってないよね。
「いや、これちゃんと姿煮だったらね。大量購入しちゃうけどね(笑)」
「(よかったぁ。騙されてない)あはは。姿煮やったら、コップ入りきらんですからね」
「いや、それでもこだわりの姿煮」
「デロンっちなるからっ」
「いやぁ。残念だなぁ。姿煮じゃなくて」

 ……よく考えたら、デロンってなる以前に、フリーズドライだから、コップの中でふやけて(?)体積を増すから、スープが溢れ出す可能性のが大きいかも。
 せっかくの姿煮も、コップの中にぎゅうぎゅう詰め。
 アリストテレス(だっけ? 風呂で思い付いた人)に、裏技聞かない限り、彼の夢は叶いそうにないですね。

October 26 [Fri], 2007, 17:56
 雨、降ると思ったんです。いや、降るって天気予報で言いませんでした?
 傘を握りしめつつ、モノレールのホームで思ったわけです。

 だって、傘持ってる人、一割もいないんですよ。
 しかも、傘持ってると思ったら、日傘だったり。
 ……傘、ものっそい恥ずかしいんですけど。あれ? 私が見た天気予報、もしかして九州地方じゃなかったかしら。東京の天気とかですか? そうですか?

 降り注ぐ朝陽の中、こそこそと傘を持ち歩く私。
 なんか、ありえないくらい、疎外感。たいして人通りの無い車メインの道なのに。むしろ、歩いている少数派みんなが疎外感感じても間違いじゃない状況なのに。


 会社でも、ロッカーで会った人達に、「傘……」みたいな視線で見られて、「天気予報で、雨って言わんかったです? やば。やっぱり雨なん、東京ですか?」とか、聞かれもしないのに言い訳はじめたり。
 ロッカーの傘立てに、置き傘たちに混ざってさされた私の傘。
 ま、いいや。この際、置き傘にしちゃおう。
 置き傘って、いざ作ろうとするとなかなかタイミングをはかれないしね。(今日みたく)晴れたり、降水確率が低すぎる日は、傘持って来るのが恥ずかしいし、いかにも傘必要そうな日は、結局雨が降って持って(寧ろ、さして)帰る事になるし。
 これは、考えようによっちゃ、すげぇチャンスじゃないか。東京でも、大阪でも、今日雨降る予定の地域ありがとう!!



 終業。
 見事に雨。

 置き傘って、どのタイミングで発生するのでしょうか。

ATM

October 25 [Thu], 2007, 21:28
 今日中に、銀行口座にお金を入れなきゃいけなかったんです。いや、貧乏だからね、足さないと引き落とせなかったんですよ。
 で、昼休み。頑張りました。

 午前中の仕事がキリが悪くて10分弱遅れで、昼休み。
 コンビニ弁当を、かなりの勢いでかっこんで、休憩時間残り20分くらいで、ビルの外にあるATMへ。
 給料日だけあって、4人程列んでます。
 時計を気にしつつ、最後尾に列び、順番待ち。休憩終わる、5分前になったら、何が何でも戻らないといけないなあ。なんて考えつつ、着実に列が消化されていくのを待ちます。

 休憩終わるまで、あと10分。
 順番が回ってきました。速やかに、ATMへ。

 ここで説明すると、今回利用したのは、福岡の地銀のATM。私が操作したい口座は、いわゆるメガバンクの一つ。手数料が勿体ないとは思いつつ、緊急事、何回かここでおろしてます。貧乏なくせに、やることが雑だから、お金がたまらないんですよね。


 まずは、「お預け入れ」ボタンを押す。
 カードを入れる。
 お金を入れて、数えてくれるの待って、「確認」ボタン押す。

 そんだけですよ。たったそんだけ。
 さっさと、お金を入れて、機械が数えている音を聞きつつ、午後の仕事の手順を考えて……
 おっと、確認ボタン押さないと。はい。ぴっ。

『このカードは、お取扱できません』

 え? 何で駄目なん?? ってか、何で今??
 駄目なら、カード入れた時点で教えてよ。わざわざお金まで数えてから、言い出さなくてもいいじゃん……。

 あきらめの悪い性格のため、もう一回同じ操作を繰り返し、惨敗気分で戻りました。
 お金おろせるのに、預けられないって、どういうことですか??
 かなり、泣きが入りつつ、午後の仕事をはじめます。

 うちの部署に用があったついでに私の席に寄ってくれた、お昼をご一緒させていただいてる派遣さん。
「梦月さん、間に合いました?」
「間に合ったけど……出来なかったデス」
「?」
「地銀じゃ、メガバンクには預けられないなんてっ(さめざめ)」
「え!? 銀行違うのに、預けに行ってたの?」
「(うんうん)」
「……それは、無理ですよ」
「(泣き)」

 常識なんですか?
 でも、引き出すのは出来るんですよ? めっちゃ営業時間内だし。
 ねぇ、本当に常識ですか?



 結局、帰りにコンビニのATMで預け入れました。
 銀行ATMより、よっぽどかコンビニのが便利だよっ

鬼が笑う

October 24 [Wed], 2007, 20:02
 今、すごい悩んでいることがあります。
 先日、髪をきってしまってからは、1番の悩み。……小さい悩みばっかりですが……

 手帳、どうしよう。

 早過ぎる気もしないでもないんですが、最近は9月スタートとかもあるらしいから、いいですよね?

 今の仕事を、しっかり続けたいと思うんです。
 で、たいしたスケジュール的な事はないんですが、いや、スケジュール管理が必要な程の事象は一つもないんですが、形から入るタイプとしては、それっぽい手帳が欲しい!!
 働く女性向け。とか、POPが出てるみたいなね。縦に時間ふってあったりさ。
 いや、分刻みのスケジュールとかないけどね。むしろ、日単位のスケジュールも無いけどね。あって、×日は会議(派遣不参加。揚句、資料作成にもノータッチ)とか、△日までにこの件の回答各部署から集めといて(卓上カレンダーに書いた方が便利)とか、■日は業者さんが入る日とかです。
 ……カレンダーに凝ろうかな。


 来年の事で、こんなにも悩むなんて……。

決意

October 23 [Tue], 2007, 21:00
 髪の毛が、パーマをひっぱると最長部分がウエスト下まであるんです。パーマのままでも、ウエストかする感じ。
 大概の人が初対面では、「髪、ながいねぇ」とおっしゃいます。その度に、「長いけど、肩から下殆ど枝毛なんですよぉ」と答えます。
 実際問題、すごい切実で、枝毛ってここまで成長するんだ。って、感じです。枝毛になってから、20センチくらい伸びてたり、枝毛が枝毛になってさらに枝毛になって……みたいに5段階くらいになってたり。なかには、昆虫の足を顕微鏡で見たみたいになってたりしてたり。
 ちょっと、学会に報告しなきゃ! って感じです。

 って訳で、ここ一週間考えた結果、切ることにしました。
 ばっさりと。枝毛の存在がなくなるくらい。
 で、今日は記念日だかなんだかで、半日しか仕事が無いということらしいので(普通、全部休みじゃね?)、美容院予約しちゃいました。


 仕事を終えて、お昼を食べて、美容院へ。
 美容院の前でも、数分うろうろ。やっぱり、ブッチぎっちゃおうかな。って。
 だって、30センチくらいは切るわけじゃないですか。それって、それって……。みたいな感じ。

 やっと決意して、予約から5分遅れで入店。
「今日は、カットですね。どのくらい切りますか?」
「……か、か、肩くらい……(超小声)」
 事ここにいたって、まだ躊躇。
「?」
「肩くらいまで、ばさっと!!」
 思い切り過ぎて、超大声。かなり恥ずかしい目にあいました。まぁ、平日昼間で、私以外お客さんいなかったから、まだマシでしたけど。あと、数分ズレてたら、おしゃれ学生さんみたいな方に笑われるところでしたよ。
「本当に? ずいぶん切りますよ? いいんですか?」
 すかさず、美容師さんの確認。あまりの速さに、焦ったって。
「はいっ。き、きりますっ」
 もう、逃げ道塞ぐ事に夢中。切るったら、切るんだっっ。

「どんなかんじにします?」
 数回の意思確認の後、納得がいったらしい美容師さんから、質問。
「……」
 考えてなかった。
 切るということに夢中すぎて、どう切るか考えてなかった。
 慌てて、手元の雑誌をパラパラ。
「こ、こんなのってどうでしょう?(毛先が肩にあたるくらい)」
「これですか? すっごい短いですよ!?」
 あれ? 肩までってこんなんじゃなかったっけ? じゃあ……
「……こんな感じ?(さっきより少し長め)」
「本当、ずいぶん切りますよ? いいんですか?」
 ここにきての再確認。ってか、「短くするの、かなり久し振りでイメージが沸かないっていうか……どんなんがいいですかねぇ」重大事を丸投げ。
「じゃあ、長さだけ決めて下さいよ」
 美容師、責任回避。
「あっとぉ……えぇっとぅ……このくらいで」
 ぎりぎり肩下くらいに決定。あとは、美容師さんと相談という名の提案丸呑み状態で、1時間もしないうちに、髪の毛が半分以下になりました。

 頭、軽っっっ!!
 髪の毛って、重たいんですね。知らなかった……。全然、軽い。


 とりあえず、朝、楽なことだけは主張しましたが、明日からは寝癖対策が大変そうです。
 ……早起きしないとなぁ。

ナース

October 21 [Sun], 2007, 15:34
 いや、ナースプレイじゃなくてね。(いきなり、下ネタ)

 昨日探検したばかりの、新婚キコ邸に宿泊してきました。
 旦那様は学校の先生なんですが、只今、修学旅行引率中だそうで。図々しくも、泊まり込んじゃいましたよ。

 で、昼過ぎの便で帰ってまいりました。
 夕方まで向こうにいれば、鎌倉なり江ノ島なりで遊べたんですが、チケットを取るのに出遅れてしまい、1番安い価格帯が売切れ直前。時間を選ぶ余裕がなかったんです。

 代わりに、最近1番欲しかった物を手に入れてきました。
 ナースシューズ。

 一日仕事して帰宅すると、足からおっさんみたいな臭いがするんですよ。
 明らかに、蒸れてます。30前の女がオッサン臭は、流石に嫌だ。いや、40になっても、50になっても嫌だ。
 というわけで、(おそらく)1番履きやすく、(おそらく)1番手頃で、(おそらく)蒸れなさそうな、ナースシューズ。
 中には、OLさん向けの脚が長く見えたり、O脚を強制したり、ダイエット効果があったりする多機能タイプのサンダルもあるらしいのですが、実際ソニプラや、ショップインで探したんですが、高い! 七千円くらいするんですよ。
 しかも、デザインがあまり好みじゃない。
 七千円してもいいけど、それならデザインは気に入った物がいいじゃないですか。かと言って、気に入る物を見付けるまでオッサン臭ってのも……ちょっと。
 そんなわけで、ベーシックなのを、二千円以下で入手。
 しかし、黒いのは種類が少ないですね。やっぱり、これなら。と思うデザインは白オンリー。ピンクとか有り得ないし。あ、私にはってことですが。そんなかわいい色、無理です。
 まぁ、1番安くて、デザインま妥協できて、というのを購入しました。

 明日から、わたくし足元のみ、ナース仕様で、男のロマン(って本当に思っている人いるんですか?)と女の尊厳(主に臭い)を体言したいと存じます。

なれ

October 20 [Sat], 2007, 22:33
 今日は、かねてからの予定で、神奈川まで行きました。
 3月に結婚した友達の新居訪問。

 高校時代からの友達で、私を入れて9人。今でも仲良くやってます。
 毎年一緒に旅行に行くヒロミ。なんと区議さんになったクロ。北海道で結婚したキミ。現在ママさんのナナ。獣医さんのテル。劇団で頑張ってるリン。地元に残ったOLさんサオ。今回お邪魔したキコ。で、私。女子校の演劇部仲間です。
 今回は、キミとサオ、リンが欠席。代わりに、ナナが7ヶ月(かな?)のハヤト君を連れて来てくれました。

 朝、普段家を出る時間には飛行機に乗らないといけないので、5時起きの予定でしたが、パパが車で送ってくれたので、6時起きで間に合いました。パパサンキュー。うち空港近いのに、一回街に出ないとバスなくて……。

 ハヤト君の都合もあり、ランチパーティーなので、11時には集合。
 結構、ぐったりしてました。私もトシだなぁ。体力が……。
 今回は、キコの新居探検と、ナナの息子くん披露と、クロの当選祝い(随分たっちゃったけどね)と、私の就職祝い。かなり、題目たっぷりです。

 キコが用意してくれてたお食事と、持ち寄りお菓子でダラダラとおしゃべり。たいして盛り上がらなくても、なんかくつろげるんですよね。不思議。

 しかし、今回はゲストがいます! ハヤト君。
 彼はお利口で、途中お昼寝したんですが、寝起きしか泣かなかったんですよ。あれも、起きたら誰もいなかったからじゃないかな。お出かけらしいお出かけは、ほとんどしてないらしいですが、意外と楽かもねぇ。なんて、みんなで言ってました。電車とかで泣きわめく子とか、お母さん大変そうだもの。

 で、ハヤト君をみんなで構い倒したわけですが、姪っ子のいるキコとテルは赤ちゃんの扱いに慣れてるわけです。なんでか知らないけど、ヒロミとクロも子供慣れしてるんですよ。あれ、親戚付き合いがいいからかなぁ。
 うちは、赤ちゃんがいないし、親戚と名の付く人には10年位会ってないし。あ、ばあちゃんの葬式で会ったか。でも、子供はいなかったなぁ。
 とにかく、赤ちゃんが怖いんでしよ。あんまり触ったら、壊れそうでしょ。変な所が、変な方向に曲がりそう。しかも、無駄に元気よく泣かれそう。とにかく、怖い。
 それでも、プニプニ手やほっぺをつっついたり、短時間だっこしたり。私にしては、頑張った。まじ、頑張った。
 結果、多少は恐怖が薄れました。怖いけど。


 さて、今回1番の目玉は、ハヤト君のはずでしたが(そりゃ、30前の女が集まれば、子供が中心ですよ)、とんでもないのに掠われました。

 鳴り響く電話が始まり。
 今回欠席のサオからです。以前から仕事休めないから、電話参加する!! って、意気込んでいたんですけど。ってか、なんだかんだで、しょっちゅう顔付き合わせてんだから……とも思ったんですが、決意は固く本当に電話かけてきました。昼休み潰して。
 順番に電話を回したんですが、1番が私。
「仕事決まったって? おめでとう」「ありがと。今、昼休みなん?」と、挨拶を交わしたら、いきなり爆弾発言。
「私、来年あたり結婚するから」
 はぁ!?
 メンバー中、結婚しそうな人は片付いて、後はまだまだ先だと思ってました。自分達で言うのもなんですが、高学歴で家庭より仕事タイプが多いし、私みたいに元々家庭生活に向かない人とかいるでしょ。高校も、男に頼らず、恋愛とかより自分の生活を1番に。みたいな人間が多い、田舎の地元ではちょっと特殊な雰囲気があったし。
 しかもサオって、男を取っ替え引っ替えで、しかもやけに不幸な恋愛してる子で、結婚なんて想像もつかない人だったんですよ。
 とりあえず、全員に報告の後、詳細を聞くとさらに驚愕。
 相手、一年以上付き合ってた人じゃないって。まだ数カ月ですよ。しかも、前の人と2ヶ月かぶってんの。
 さらに、39歳、バツイチ子持ち。子供は、上の子なんて小学生ですよ? まあ、前の奥さんが育てているみたいですが。
 サオは早生まれだから、下手したら一回り違うわけで……。想像つかない。
 サオの妹も、ちょっと前に40男と結婚したし。美人ママ(高校時代から、彼女のママの呼び名はこれです。だって、すごい美人なんですよ)が泣くよ。

 電話以降、沈黙があるたび、誰かが「サオ……」とつぶやく始末。みんな、頭から離れないんですね。
 それまで、ハヤト君や、クロの議会話や、そこから派生したゴミの処分の話、キコの新婚話、テルが春から青森の病院に移る話、と、それなりに盛り沢山だった話題が、サオ一本に。
 いても、いなくても話題を掻っ攫うサオ。相変わらずなんだけど、いつまでたっても慣れないよ。

残業ぉ

October 19 [Fri], 2007, 19:44
 明日、神奈川まで行くので、5時起きなんですが、そういう日に限って残業です。なんで、今日? 課長ぉぉおぉぉっ。
 定時なら、明太屋行って明日の手土産用意してたはずなんにぃっ。今、おもいっきり逆走中。帰り方面のモノレールです。明日、空港で明太買わないと。

 なによりキツイのは、お腹空いた事です。腹減ったぁ。
 夕飯が早く食べれるので、お昼を少なめにしてダイエット中なんです。
 今までは夕飯が10時過ぎだったから、お昼も遅目に、多めに。でも、夜もお腹空くからちょっと多めに……。って感じで、体重が緩やかに上昇カーブだったんです。
 で、新しい職場が、私服勤務だけど、オフィスに相応しい感じ。ってなると、ワードローブは自然、昔持っていたOL風なのになるわけです。だって最近は制服があったから、かなりカジュアルな服ばかり買っていたから。
 昔の服は、細い。
 とにかく、サイズが違いすぎて、着れないもの続出。着れても、ぎりぎりです。あと、数ミリ。数ミリで、見苦しいシワが出来たりしちゃいそう。
 とにかく、ダイエットが最優先事項です。


 でもね。こんなウォーキングは望んでなかった。
 今日は、いわゆる「ノー残業デー」的な日で、管理職以外は皆さんお帰り。派遣は、その辺社員じゃないからいいんでしょうか。普通に残業。
 普段から定時すこし過ぎたらそうなのか、ノー残業デーだからなのか。いつも使っているドアに「施錠中 廊下側のドアをご利用下さい」って貼紙が。私は、入館証やロッカーのキーをバッグにしまうのに夢中で、ドアを見てなかったので、ノブを回してから気が付いたんですが、慌てて手を離す。
 ノブが回った辺り、施錠中ってのに疑いはありますが、とりあえずもう一方のドアへ。
 建物の一辺が、道路に面していて、残り3辺に沿って囲むように駐車場があります。二つのドアは、駐車場を『コ』の字型としたら、それぞれ上下の棒の左端辺りにあるんです。『コ』の左側、空いている所が道路です。
 いつものドア(下の棒の左端)から、もう一方のドア(上の棒の左端)まで回り、脱出。
 すぐ近くにある門から出ようとしたら、施錠されてる!! なんで? 普通、ドアが開いている方の門開けとくでしょ?
 結局、建物(3棟あって、無駄に広い)を一周して、いつものドアの横の門から出ました。
 軽く、汗かいたよ。頑張った、私。(運動不足)

おやすみなさい

October 17 [Wed], 2007, 20:57
 やっぱり、私なりに新しい環境に緊張をしているのでしょうか。疲れてたまりません。
 帰ったのが、18時過ぎだったんですが、もう、モノの中から眠くて死にそう。まあ、寝ちゃったんですけどね。
 新しい職場は、前の明太屋や映画館より2駅程近くにあります。時間にすれば、5分弱短いのかな。で、私はこの2年で身体が学習してるので、朝なら例え寝てしまっても、きちんと目が覚めます。明太屋の駅の1つ前で。言い換えれば、新しい職場の1つ先で。
 帰りも、寝てしまっても、うちの1つ前で起きます。と言っても、新しい仕事始めてからは、まだ帰りに寝たことないから、わからないですけど。今までは、平気でした。

 そう。平気なはずだったんです。
 いや、まさか起きたら次の駅とはね。びっくりですよ。聞いたこと無い駅名がアナウンスされてるんですよ。どこ来ちゃったのかと……。いや、全長30分無いくらいの短い路線だから、どこもなんも無いんですけど。しかも、隣の駅だし。ただ、こっち方面乗り慣れてないから、車内アナウンスで聞き慣れてなかった。


 この突発的実証実験に於いて、考察できる事柄。

 モノレール車内にて睡眠を取った際、目的地・もしくは目的地手前で覚醒するメカニズムについて考える。
 この事象には、二つの仮定が考えられる。

@ 睡眠下で車内アナウンスを聞き、判断を下している。
A 所用時間を体内時計で計測し、それを元に判断している。

 また、ここでは駅名を、明太屋の最寄駅(A駅)→B駅→新しい職場の最寄駅(C駅)→……→D駅→降車駅→E駅とする。

 今までの経験から、朝の場合、1つ先の駅で覚醒していた。
 これは、仮説@、A共に実証できる。
 まず、@の場合。2年間の積み重ねで、覚醒すべき駅名を、現在の職場(C駅)の1つ先(B駅)と認識してしまっている。
 Aについても、同様の理由から、乗車からB駅までの時間を睡眠可能な時間と認識している。

 今回の実験について、降車駅の1つ前の駅名を聞き覚醒しなかった。また、降車駅の名前を聞いても覚醒しなかった。
 明太屋の最寄駅(A駅)から、降車駅までの所要時間は、C駅から降車駅の1つ先の駅(E駅)までの時間とほぼ同じである。
 以上の条件より、仮説Aが成り立つと考えられる。
 また、乗車時音楽を聞いている事も考え合わせると、車内アナウンスが聞き取り難い状況であると言える。この事からも、仮説@が成り立ち難いと考えられる。

 結論。
 車内で睡眠状態にあるとき、降車駅の手前、または降車駅で覚醒するのは、乗車時から体内時計で降車駅までの時間を計測している為である。


 とか、普段使わない言葉で、頭を回そうとしても失敗しているので、寝ます。
 夕飯食べて今まで、日記書きながら何回携帯を落としたか……。
 お休みなさい。