ね、ねむい

September 24 [Mon], 2007, 23:43
 体内時計のズレから始まり、勤務体制の利用で、朝8時頃寝て昼1時に起きる。休みの日(月の約半分)は朝から夜まで寝るという生活を続け、4月頃の一日3時間睡眠時代に比べ、格段に睡眠過多な生活をしていたこのころ。
 最近一変してました。

 20日から、明太屋の後任さんの研修を受け持っていたのです。それだけなら、別に構わないんですが、明太屋にはマニュアルがないんです。問題です。
 たった6日の研修が終わったら、たった一人で店を切り盛りしなくてはいけません。つまり、何一つ漏らさず、研修中に覚えないといけないわけです。私の時は、研修が終わってからも常に社員さんへの電話が手放せ無い状態でした。
 揚句に、今回は4日間で私が勉強させて、残り2日は社員さん監視下での実践。つまり、4日で全てを教えないといけない。
 マニュアル無しでは、無理。なにより、教えるの下手だから。私。
 家庭教師のバイトもしたけど、どうにも評判が悪く、かつ成果が出ないので長続きしなかったし。なんていうか、自分の中で感覚的に理解しちゃっているんですよね。こう、例えば因数分解なら「こう、式を見たときにね、雰囲気でどの形になりそうか選んで、とりあえず分解してみて、まぁ駄目ならこっちみたいな……」って感じ。解らないから。自覚はあるんです。人にこんな教え方されたら、ぶちギレ決定だし。でも、私はそうやって覚えて、それで解いているんですよ。だから、他にどうしようもない。改めて、先生って凄いなと思います。
 だからこそ、マニュアルは必ずいる。あれば、それにそって説明できるし、一から手順書いてあれば、私の説明が下手でもそれを頼りに理解してもらえるかもしれない。
 そんなわけで、一から十まで書いてあるマニュアルが欲しい。しかし、存在しない。
 後任さんが、急に決まったこともあり、ちょうどあった三連休を、ほぼ徹夜でマニュアル作りに費やす。給料出ない所で、どんだけ仕事してんだって話です。まぁ、普段給料貰って遊んでいたつけが回ったとも言いますね。
 そんな訳で三連休。全部潰して、9割がたマニュアル完成。工場とかのマニュアルも真っ青。かどうかはわかりませんが、少なくとも何も知らない人が前日に受け取っても、翌日マニュアル見ながらなんとかなる。を目標に作りました。実際は無理でしょうけど。
 しかし、4日で全部となれば、研修の実施要項も欲しい。計画的にやらないと終わらない。
 初日も、移動中含め計画を立てる。
 ようやっと、寝不足から解放! と思ったら、まだ一割マニュアル出来てない。って訳で、結局また徹夜。
 二日目以降も、計画通りにいった、いかないを加味して計画を立て直し、理解が浅そうなところは追加資料をつくり……。睡眠時間3時間程度の連続。主要因は、パソコンが壊れて、手書きだったあたりなんですが、ついでだからと、実際の書類を貼ったりしたのも敗因ですね。時間と手間ばかりかかる。
 そんなわけで、約一週間ほとんど寝れませんでした。
 今日、研修が終わったので、死ぬほど寝たおします。

 あ。研修終わり=仕事も終わり。
 起きたら、無職です。忙し過ぎて、転職活動も出来なかったよ。
 とりあえず、寝れればいいや。

鹿児島スイッチ

September 17 [Mon], 2007, 22:12
 パパが、毎年恒例の旅行に行ってきました。
 大学時代のお友達と、一泊旅行。おっさんだらけの、むさい旅行。でも、本人は楽しそうだし、そういうお友達が50過ぎてもいるって、少し、かなりうらやましいです。本当は。
 私も、高校時代の友達たちと、50過ぎても旅行とかいけるかな。おばちゃんだらけの旅行。うるさくてうざいなぁ……。

 まぁ、パパたちの旅行。今年は鹿児島。
 ほとんどの方が、九州在住なので山口・九州を転々としているんですけどね。挙句、観光なんて一切ないらしいですけれどね。疲れるから……。さすが、おっさん。そして、パパの友達。納得です。ホテルに行ったら、部屋でだらだら。おっさん臭濃すぎ。

 今回も、お土産会に天文館行っただけみたいです。そのくらいなら、地元の商店街行けって話ですよね。
 で、お土産。白熊でした。えっと、カキ氷です。鹿児島の有名なやつ。ママが大好物なんですよ。普段、鹿児島出張だと駅や空港で買うので、さつま揚げ位しかバリエーションはないんですが、今回はわざわざ本店に行って買ってきたくれました。私も好きなので、大歓迎。
 すっげー美味しいです。幸せvvvvvv

 まぁ、そこまではいいんですけれども、その白熊のパンフみたいなのを見たときに衝撃が!!!!!
宇治金時っていうのは、カキ氷では基本アイテムですよね。抹茶味で、小豆が乗ってて。私も一番好きなフレーバーなんですが、今回はそれは買ってきてくれなかったんですよね。ノーマルな白熊と、イチゴだけ。ちょっと、気の使い方考えてほしい。
 じゃなくて、パンフに発見してしまったんです。
「銀時」

 ぎ、銀さんんんんっっっ!!!!!!
 おもわず、叫びそうになりました。いや、宇治銀時丼(漫画銀魂で、主人公の銀時が食する、ご飯の上に小豆を尋常じゃない量ぶっ掛けたメニュー)とか食ってる場合じゃねーよ。あるから、銀時。普通に存在してたよ。しかも、あなたの名前で!
 今度、自分で鹿児島行ったら、お買い求め決定です。
 って、今度って鹿児島ってきちんと行ったことなかったや。奄美に行くのに空港で乗り換えたのと、学生時代車で行っただけだわ。車で行ったというのは、夜中呑み会をしていてなぜかドライブしようという話になり、バイト帰りで素面の子がいたばっかりに、熊本から高速を使わずに鹿児島まで行ったという。ってか、道路標識で鹿児島県に達したことを確認した瞬間Uターンしたという。それだけですからね。
 人生の鹿児島経験は、おそらく1時間未満ですよ。
 今度こそ、まじめに鹿児島行こう。そして、黒豚横丁に行き、温泉に入り、さつま揚げで焼酎を飲み、白熊本店で銀時を食べるんだ。決めたから、コニちゃんのCMよりも、カキ氷に惹かれたあたりが微妙だけど、鹿児島絶対に行ってやる!

 あ。鹿児島スイッチのCMって、九州以外でも流れてますか?
「あんな男、別れてやる。だって、イブにすき焼き食べに行くのよ」
「イブにすき焼き、イブにすき焼き……指宿」
 鹿児島スイッチ、オン。九州新幹線(って、博多につながってないですけどね。熊本あたりまでは特急乗らないといけないですからね)に乗りましょう。
 っていう、駄洒落CMです。ほかにも、「黒田(だっけ?)、デカ長が呼んでるぜ」→「黒豚横丁が呼んでるぜ」とか、数種類あります。JR九州のHPで見れたりするのかなぁ? よくわかんないです。でも、ソフトバンクのお父さん(犬)のCMに次いで好きなCMです。少なくとも、九州の方には賛同を得られることを願って。

 ……あれ? 二回連続して、銀魂ネタ? よっぽどおたくみたいです。私。だって、銀魂は、久しぶりにBL,NLどっちにも萌えられるんだもの。仕方ないわね。……こうやって、どんどん人間は変わっていくんでしょうね(もともとオタク体質の癖にそういってみる)

衝撃

September 15 [Sat], 2007, 23:52
 今日は、DVD鑑賞デイです。
 先日、ハザードを見たので今日はメゾン・ド・ヒミコ。はい。自分的オダギリ特集でございます。
 ヒミコは、以前映画館でも観てたので、ストーリィはわかってるんですが、わかってると他の見方も出来るし、いいですよね。そういうのが、邦画の良い所ですよね。地味だけど、深味のある作品が多い(洋画にも勿論良作はありますよ)。まぁ、最近はハリウッド大作を真似て失敗したような物や、テレビドラマそのものみたいな物が多いですけどね。まあ、興行がアップして良い作品を作りやすくなるのはいいですけどね。
 今回は、本編より特典に事件が発生。まさに、事件です。110番!! 事件は常に現場で起こってますから。(古い邦画)


 特典ディスクで、インタビューやら舞台挨拶やらをのんびり観てると、ショートムービーが入っていたんです。どうも、学校物らしい。ってことは、先生か!? やっべ。小田切先生かよっ。……鼻血でそう(まだ、タイトルしか見てないからね)

 とりあえず、落ち着きを取り戻して、ショートムービースタート。
 話としては、小田切先生が女子生徒に手を出して、辞めちゃった。みたいなお話し。単純明快。
 私の学生時代に、あんな萌えは無かったですけどねぇ。

 あ。オダギリ先生ですよ!!!!!

 設定として、小田切先生は……
@中学校の教師
A美術担当
B授業は基本自習
C校内でもくわえ煙草
D基本ビーサン
E遅刻常習犯
F怠惰な態度で有名
……あれ? どこかで見たキャラじゃないですか?
 中学校の国語の先生で、くわえ煙草で授業(ただし、キャンディーだと主張)、怠惰。便所スリッパ(だったと思った)に白衣。
 そうですっっ。三年Z組銀八先生ですっっっ
 って、あれ? 全然マイナーな事を熱弁してませんか? 銀八先生は、銀魂の公式パロディです。なんでも、小説やら出ているらしいですよ。
 銀八先生は、普通にセクハラ発言をかますし、小田切先生は不二子だけ真剣に描くし、そのダラダラした態度。煙草片手に廊下を歩く姿。

 やべぇっ。
 オダギリそのものよりも、その銀さん的なところに萌えてしまった。
 一生の不覚です。
 オダギリファンとして、よりによってそんなところに萌えてしまうなんて。なぜに。なぜに銀さん。どっちかというと、晋助派なのに。レギュラーでいえば、副長派なのに……。

 落ち込みのあまり、夕飯のサラダにマヨネーズかけて出直しました。普段は、塩とオイルなんですけどね。マヨネーズで、副長回帰を図るという、馬鹿丸出し作戦。多少かけすぎて、気分悪くなりました。まさに自滅。……でも、サラダにしては多少多かったレベルなんですけどね。黄色いやつにはなってないはず。ってか、なるわけないし……


 一日を終えて、結局オダギリよりも銀魂に戻ってしまった自分に衝撃です。久しぶりに本格的なおたくへの道を一歩踏み出した気分です。

台所

September 10 [Mon], 2007, 23:14
 ママが、パパの家に行ってしまったので、晩御飯をどうにかしなくてはいけなくなりました。
 通常なら、間違いなくコンビニに行くのですが、いかんせん所持金が……。うん。お札無かったんですよね。た、たまたまですよ。たまたま、口座にも4桁しか入ってないっていうか。た、たまたまなんですっっ(号泣)

 そんなときは、自炊です。なんて経済的。
 材料費→無料(ママが買ってきて、まだ使ってない食材使用)
 光熱費→無料(もちろん支払いは両親)
 つまり、タダ飯です。まぁ、私の人件費を請求したいところですが、まぁよいでしょう。

 冷蔵庫を物色。大体メニューを決めて、私にしては信じられない行動ですが、弟にメール。「今日、夕飯いるん? いつか作るから、ついでに作る?」なんて優しいオネエサマ。
 この時点で、まだ夕方なので、時間はたっぷりある。ということで、昨日ママに録ってもらってた「輪違屋糸里」前編を鑑賞。
 感想? まあ、いろいろと言いたい事もありますが、一番は「捨助、鴨に昇格!?」ですね。
 しどうの鴨。良かったですよ。こういちさんに比べたら……というのは、半年かけた厚みとは比較しがたいので何とも言えませんが。私としては、新選組!以外での鴨イメージは、今回の鴨だったので、結構すんなり来ましたね。土方さんは、もう歳さんに過剰な夢を描くお年頃も過ぎましたし、こういう所もあっての鬼だよね。みたいな、納得感もありました。

 ビデオも見て、携帯を確認しても返信なし。要らないなら、要らないって言えよぉっっっ。ぶちギレ寸前で、調理開始。
 実際、一食きちんと作るの数年ぶりかも……。なんて、恐ろしい事を思い出しつつ、意外と身体が覚えてるものですね。薄切りとか、問題なくいけました。指も斬らなかったし。
 が、上機嫌でスープ用の玉葱を炒めていると、チャイム。まさか、弟が鍵忘れたって事はないとは思いますが(車のキー持ってて、家の鍵忘れるって、ちょっと無いでしょ)一応インターホンに出てみます。
「国民健康保険の集金ですがぁ」
 しらねーっ。私、自慢じゃないけど健康保険はパパの扶養だから。誰だよってか、弟しか有り得ないから。
「誰のですか?」
「むつき よーへー さんです」
 やっぱり。確か、健康保険って、年金より高いんだよね? ってか、なんで口座振替じゃないんだよ。
「今、出てるので。帰りも明日になるか、先になるか……」
 いや、まじでふらっと旅行に行く人だから。わかんない。というか、私が知りたいんですけど。寝るとき、チェーンかけるか決めるから。
 立て替えようにも、所持金硬貨のみでは不可能なので電話番号を売って逃げました。ドア開けたら、「あんた、家族の保険くらい立て替えないの?」という目線に耐えられなかったことでしょう。
 って、玉葱!!
 忘れてました。飴色目指して、弱火だった為焦げはしなかったけど、飴色にはなりませんでした。すごいショック。
 続いて、ジャガ芋で一品作りながら、スープ鍋に水を投入。コンソメを入れてぇ。うちのコンソメ顆粒かな? 固形だったら、割らなきゃいけないから面倒だな。……?? コンソメどこ?
 とりあえず、ジャガ芋を片付けて捜索開始。台所引っ掻き回します。
 真剣に、ママが帰ったら伝えたいこと。
「コリアンダーとか、何に使ったのさ!? 塩、何種類買えば気が済むの? イタリア、ドイツ、チベット、ジュラ期、岩塩、その他大勢。あ。でも天ぷら用の梅塩無くなりそうだから、買い足してね」
 聞いたことも無いような、スパイスやハーブが大量にありました。エスビーの回し者かと思いましたね。スパイス&ハーブですよ。
 とにかく、扉という扉。引き出しという引き出しを開けてると、携帯が鳴り始めて、しかも明太屋から。
 慌てて携帯をとれば、シフトを変えたいといういつもの用件。しかも、長い。こうしたら、ああなる。こうしたら、そうなる。そうなったら、ここが困る。でも、ああしたい。エンドレス。
 話し纏まってからかけろよ。早く用意しないと、輪違屋の前に片付け終わらないだろうがっっ!!
 いい加減、どうでもいい話しになって来たので(私のシフトはとりあえず決まって、おばちゃん達のシフト調整の話題に入ったから。そんなの私に言われても困るから、二人で決めてよ)、コンソメ捜索しながら聞き流し。
 やっとの思いでコンソメを発見し、鍋を温めなおして、固形だったので割って鍋に投入。さらに、メインの炒め物も遠慮なく作成。かなり、ジャージャーいってたと思います。
 電話が終わった頃、鍋を洗ったりも含めて、食事も完成。長話すぎるよ。

 ようやく、落ち着いて食事を始めたら、弟帰宅。
「えーっ。俺のないん?」
 ないに決まってるでしょう? 返信すれば用意したっての。
「まぁ、いつかさんの料理じゃ不安だし。俺、もう一回出てきますわ」
 嫌味だけ残して、またお出かけ。可愛くないです。おねーちゃん、おねーちゃんって後をひっついて歩いてた、あの頃の可愛さを返してほしいです。20年前の話だけど。奴は、最近「いつかさんって、……ああ。まだ20代なんだ」が決め台詞ですからね。あの、間が死ぬほどむかつきます。
 結局、片付けまですんで、テレビの前に陣取ったら、輪違屋始まる直前でした。
 あ。後編ね感想。……前編と変わりませんね。手抜きじゃなく、そのまま予測通りにストーリィが恙無く進んで、破綻もなければ、特筆する点もなかったというか。って、数回泣いちゃいましたけど。涙脆いから、最近。
 それにしても、何故、今、鴨暗殺なんでしょうか。鴨の命日って、この時期じゃなかったような……。まさか、銀魂の動乱篇をうけたわけではないだろうし。大体あれは、油小路主体だったですしね。鴨は、カッシーと一体化された感じだと私は見てるので(ってか、絶対有り得ない仮説だとわかってますからね)

 とりあえず結論。
 たまに、台所に立つとトラブルが頻発するので気をつけましょう。

後継者候補

September 08 [Sat], 2007, 23:36
 明太屋を辞める。と言いましたが、次の人が決まらないことには辞められません。
 ギリギリで回してますからね。人数的に。

 しかし、これが今までなかなか難しかったわけですよ。旅行の間の代打も、勤務が(というか、掛け持ちが)きつくて、もう一人投入して欲しいと要請したとき。毎回、候補者が出ませんでした。
 一度、お友達でもある子に研修に来てもらって、暫く頼んだ事もあったんですが、おばちゃん方と合わなかったみたいで、長く持たなかったし。
 今まで、私も真剣に頼んでなかったからかもしれないですけどね。


 本日、仕事中にお店に電話。
「むつきさん? 今日忙しいですか? 今から寄っても大丈夫ですか?」
「いつも通り暇ですよ。いつでもどうぞぉ」

 30分後。
 派遣会社のスタッフと、知らない子が二人連れでご来店。
「今度、こちらのお仕事考えてくれてる方です」
 天使だっ。後光がさしてる。観音様じゃあっっ。

 5分くらい?、質問に答えたり、どれだけ暇かを熱弁したりしました。
 決めてくれたら嬉しいな。


 以下、ほぼ愚痴です。


 ただ、おばちゃん達は、覚える事が多過ぎて難しい。とか、ややこしい事が多過ぎて難しい。とか、いろいろと業務の煩雑さを挙げて、または、繁忙期の忙しさを挙げて、ここは難しい。と強弁します。
 私から言わせてもらえば、覚える事はたいして多くありません。
 例えば、学生時代やっていた、レストランのキッチンの方がよっぽど多かったですよ。オードブルのレシピ。魚・肉のソースのレシピ。それぞれのプレートの付け合わせの組み合わせ。魚・肉の調理手順にオーブンに入れる時間。ラウンド用にパンの名前。卓番。メニューの説明文(テストもありました!)。
 しかも、季節ごとにメニューかわりますしね。テストとメニュー改変が重なると、頭パンクしますよ。
 でも、パートのおばちゃん達も覚えてましたよ。面倒とは言ってたけど、大変とは聞かなかった気がします。
 それに、居酒屋さんとかに比べればまだ楽だと思いましたよ。カクテルの名前と、使ってる内容とか、日本酒の銘柄と味、焼酎の銘柄と原料。フードも半端ないメニュー数だし。

 それに比べて、この明太屋は品数も少ないし、付帯業務もたいして無いし。これ以上覚える事少ないなんて、ティッシュ配りレベルだと思いますよ。あれは、きついけど覚える事は少ないですからね。体験上。ってか、ほぼ無いですから。エリアと休憩時間と、ターゲットの特徴くらいですよ。あと、在庫がどこにあって、ノルマが何箱で、ゴミはどうするか。1分で説明終わりますからね。

 それに、忙しいとよく言われますが、言わせてもらえば、本気で忙しいと感じた事がありません。
 これが忙しかったら、卒業式の卒業生だって忙しいですよ。立ったり座ったり、お辞儀したり。世の中の人の多くは、おばちゃん達が「忙しかった」と言うような状態を、普通の状態と認識していると思います。


 愚痴ばっかりで、すみません。ただ、この二年たまりにたまってた内容だったので。

実感なし

September 06 [Thu], 2007, 22:54
 仕事中、お店の電話。
「新幹線が大阪で止まっちゃって。どうやったら、傷まず持って帰れる?」
 ……は? なんかあったの? 停電かぁ??

 ……台風かっ。

 九州では、雨の一つも降らなかったので、台風が接近とか異世界の話です。
 普段、何等かの影響を受けることが多いから、尚更ね。
 それにしても、日本は広いですねぇ。

砂漠で砂金を見つけた気分

September 05 [Wed], 2007, 23:24
 今日って、水曜日だったんですね。すっかり忘れてましたよ。曜日なんて……。
 しかし、忘れるわけにもまいりません。だって、水曜日って事は、ジャンプ探して旅に出ないといけないじゃないですか。大概のコンビニには、ジャンプ残ってないですよ。
 とりあえず、頭の中でシュミレーション。

 仕事が終わったら、最寄駅前のローソン。そこの最寄のセブンは、雑誌全部袋に入ってるから、立ち読み出来ないから、ローソン駄目なら、地元に帰ろう。
 モノを降りたら、駅前、国道沿い、家の裏手。
 4ヶ所でいけるかな。でも、最後のターゲットは、なかなかに客数が少ない場所なので、週末でも時たまジャンプあるからね。いけるよね??

 仕事が終わって、見たことないスピードで着替え、コンビニへ。
 漫画の週刊誌(週刊少年なんとかみたいなやつ)は、床の上に低い台があって、その上に平積みしているパターンのお店です。たまに、発売日とかレジ横に置いてる店あるじゃないですか。あれ、本当嫌いです。立ち読み出来ないじゃないですか。……いや、元々立ち読みは善くないですけどね。立ち読み防止策がしっかり当たっているんですけどね。
 この店の場合、結構広い台を使っていますが、いかんせん、駅&バス停(しかも、4つに別れてる大型バス停)の目の前。台上が散らかって、マガジンの下にサンデーが、さらに横にはなぜか新潮とかあったりね。
 そして、私、そういうの落ち着かないタイプなんですよね。
 バーゲンのワゴンで、物色しつつ畳んで並べたり。本屋で、棚の本を巻数順に並べ直したり。
 そういう私ですので、山積みの雑誌も種類別に分類しつつ、ジャンプを捜索。
 半分ほど山を攻略した瞬間。
 ……あった。

 いや、ないつもりだったと言うか。だって、このコンビニ、月曜の仕事帰りには無い事が多いんですよ。それが、水曜日にっ!!

 早速、立ち読み。

 読み終わって、時間を見ると、ちょうどモノが行ってしまったところ。(そういえば、途中発車ベル聞こえていた気もするかも)
 ついでに、台上を完全に整理して帰りました。
 ってか、紛れ込んでた他の雑誌は、元の場所に戻さないで適当に投げてましたけど。
 というか、そのコンビニ。ジャンプ、それ一冊しかなかったんですよ。
 普段は、月曜にも売り切るジャンプが、水曜にたった一冊残っていたなんて。
 私のためとしか思えないっっっ。(妄想過多)
 集英社の神様、ありがとーー

9月かぁ

September 01 [Sat], 2007, 23:51
 そういえば、明太屋やめようと思います
 本格的に、仕事しようかと……。今更ですか? 今更ですね。
 自分で、マダオだっていう自覚あるんで、ちょっとやる気になってみようかと……。うん。せめて、年金とか遅れなく払って、家にも多少入れて、カードの支払いも忘れちゃだめだし。
 マダオ以下かも……今、私。いや、人間以下かも。まるで、だめな、いきもの。マルイ? 買い物したくなるネーミングですね。いや、する金がないんだけどね。


 仕事、みつかるかなあ……←人生常時絶賛見切り発車中