蒸し風呂

June 28 [Thu], 2007, 21:23
 しばらく、本命試験にわたわたしてました。いろんな意味で終わったので、とりあえず暇人に戻ります。

 明太屋のエアコンは、去年も夏場効かなくて困った覚えがあります。今年も、水がぼたぼた(というか、ザーザー?)落ちて来て、業者さんが入ったばかりです。そして、このクソ暑い時期に、またしても効かなくなりました。
 まったく涼しい風が出てこない。生温い風がボーボーと出てくるのみ。18℃設定でつけても、室温28℃以下にはならないんです。さらに言うなら、大きな冷凍庫が二台あるのでその排熱で、もはぁんとした空気が待機場所に流れてくるわけです。お客さんエリアより従業員エリアは更に暑いわけです。湿気も半端ない。
 私は、夜勤務なので外は少し涼しくなっているにもかかわらず、作業しているエリアは昼間並に暑くて湿気てるわけです。売上の計算とか、書類の整理とかしてるだけでも汗でます。ただ座っているだけでもジワジワしめってきます。まぁ、体が汗ばんでいるおかげで、指も軽く湿っていて、新券とかも数えやすいけど、なんか、いや、かなり嫌な特典です。
 クールビズとか、越えてますから。エアコン最大限に動かしてのクールビズ越えです。二酸化炭素排出しすぎな上に快適さすら零。むしろマイナス。
 いろんな意味で不可能です。もう、暑いというより熱いです。サウナ気分。でも、接客業だから化粧崩すわけにもいかないし、汗ダラダラってわけにもいきません。食べ物屋だしね。
 一方、お客さんだって、外の暑さにまいっている所に、店に入ったら外と大差ない。って、可哀相すぎます。哀れですよ。私なら、泣きますね。下手したら、風が吹かない分外より暑いから。
 店長が急遽用意した扇風機回してみたけど、生温い風が移動するだけ。逆に、店の構造上他に置場のない扇風機は、小型冷蔵庫のすぐ横にあり、排熱を撒き散らす役目しか担ってない模様。いくら、風が当たっても体感温度よけいに上がってますから。
 最終的に、扇風機の後ろに保冷剤を並べたりして、少なくともお客さんだけは、汗をかかないで頂けるように、それなりな配慮。
 結果、電卓と売上票などを持ち、扇風機近くで仕事。お客さん入ると、物凄い気まずさ。いや、多分そんなに変な光景じゃないんですが(数えるべき在庫の横だし)、普段避けてる場所だから(書類関係をお客さんエリアに持ち出したくないタイプなんで)、自分の問題として。

 いいから、エアコンくらい直してくださいっっ!! 今年は猛暑らしいですよっっ

歳の差

June 17 [Sun], 2007, 18:39
 今日は、かねてより懸案の試験第一弾でした。
 現役の子が準備に一年とかかけるのを、正味2ヶ月くらいでどうにかなるわけがなく、出題範囲の一割くらいしか勉強すんでないからね。模試にもなりゃしない。ヒヤカシです。
 論文くらいは、昔得意だったので(卒論も、内容はともかく、体裁は直すところが無いって褒められたもんね。内容は、諦められてたけど。まぁ、これも正味一ヶ月で実験したから仕方ないけど)自信あったんですが、絶望的。だって、手書きの感覚が無くなってた。PCなら、後から挿入したり、入れ換えたり出来るけど手書きじゃ無理ですからね。 意味不文生産してきました。

 ところで、考えると「試験」というのは、大学入試いらいではないかと気が付いたのです。
 就職試験って、SPIでしたっけ筆記あっても会議室みたいなところでユルユルにやるでしょ。面接は山ほどあったけど。B2の時に資格試験受けたんですが、一夜漬けできるラクいやつだったので、試験って感じじゃなかったし。
「始めっ」って声がかかって、まわりでバサバサ音がする状況にすごいびびって、思いきり出遅れました。いや、急いで始めても問題の意味すらわからんのですが。


 さて、今回の私の成果を発表します。

 6歳の差は、長時間同じ姿勢を保てるか否かである。

 午後の日程が、1時間論文書いて、休憩なしで3時間試験だったんです。間に、論文の回収と問題の配布を挟みましたが、座りっぱなし。
 最後、1時間半くらい、モゾモゾしっぱなしでした。カンニング疑われたんじゃないかと思うほど。
 腰にくるんですよ。
 久し振りに学校の椅子に座りましたが、固いでしょ。クッションないもん。あれ、よく毎回1時間半も座ってたと思いますね。うちの大学は、座面が木でしたが、今日お邪魔した大学はプラスチック。少しは体にフィットしてたようにも感じますが、やっぱりきついですよ。4時間は。
 微動だにせず、もくもくと鉛筆を動かしている回りの若者を尻目に、重心を右に左に動かして。脚を組もうにも、引き出しというか荷物いれ? にぶつかって不可能。唯一の救いは、ブロックの最前列じゃないから脚を隠す板みたいなやつがなかったこと。人の椅子の下まで嘘みたいに脚のばしたりしてました。
 まさに不審人物。

 
 試験終了後、会場でたまたま会ったお友達(大学生です)に、お疲れメールを送って、筋肉痛になるかもと訴えたのですが、
「まじうける! けつ筋が筋肉痛ですかぁ?笑」
 って、笑い事じゃないからね。結構真剣だからね。若者には、理解してもらえないのでしょうか? おそらく同じ試験を受けていただろう同年代の友人に訴えれば、「私もだよ」といった答えが返ってきていたのでしょうか? それとも、「運動不足なんじゃないの? ブートキャンプすれば?」とか、余計へこむ結果が返ってくるのでしょうか? 怖くて試せません。

 帰りがけに、父の日ようの花とケーキを用意して、ふらふらしながら帰宅。
 途中、1時間近くコーヒーショップで休憩したんですが、ソファーですら微妙な違和感を感じる始末。痔とかになってないといいな。(結構真剣)

逆転に次ぐ逆転

June 07 [Thu], 2007, 23:19
 昼夜が完全に逆転しておりました。
 朝7時頃寝て、夜8時頃起きてました。間、1〜2時くらいは昼食のため起床です。

 そこで、打開策として完徹してみました。
 8時に朝食に現れた私に、家族中の驚愕の瞳。どれだけだと思われてたの?
 ちょっと、情けないです。


 現在、23:00過ぎ、すでに眠いです。いい傾向だ。

感慨ひとしお

June 05 [Tue], 2007, 23:22
 誕生日でした。
 毎度ながら、池田屋……とか感慨深い一日です。アヒル食べた方がいいのかな。とか、流石に新暦じゃ夏バテしないよね。とか、どうでもいいというか、マニアなことを考えます。なんとも血なまぐさい日で、ミッドウェー海戦とかもこの日だし。まぁ、4日に生まれていれば、大阪城落城・秀頼・淀君自刃とか、さらに憂鬱になりそうな出来事もあったらしいので、新選組つながりが持てる5日でよかったです。たとえ、ガッツと同じ誕生日でも。

 誕生日だからって仕事はあるわけですし、実際問題誕生日だということをすっかり忘れていたので、普通に出勤。だって、曜日感覚がなくなると同時に日にち感覚までなくなっちゃって。たまに、え!? もう6月?? とか、今更なことであせったりしますからね。落ち着いて考えれば、衣替えで制服を夏服にしたんだから気づきそうなものですが、ちょっと肌寒くて未だ長袖ブラウス着用中なのでなかなか気づきにくいんですね。ベストも(夏冬どちらも、ベスト+スカートの事務員仕様)、夏服の方がボタンが多いんですけれど、意識してないせいかたまに全部かけてないときがありますからね。店に出る前に焦ってとめますから。

 そうして、帰宅。
 途中で、友人からおめでとうメールをもらい、なんだっけ? などと一瞬悩んだ末、タイトルが、「お誕生日」だったのでやっと気がつく始末。22時ごろ、「うわ。今、誕生日だって気がついたよ」と返信した私に、思いっきり冷めたメールが返ってきたのは当然です。その後も、おそらく仕事が終わってから送ってくれたのでしょう同様のメールに感謝しつつ、何で本人も気がつかないものを他の人がこんなにも覚えていてくれるのか。うれしいような情けないような気持ちです。
 揚句に、「旦那も、また遊ぼうねって言ってるよ」みたいなフレーズに、結婚ってどうなんだろう。ってか、私の人生大丈夫なのか? とか、不安ばかりが先立ちます。なんか、しょっぱい誕生日だなぁ。
 しかし、気がついたからには、楽しみたい。というか、誕生日らしいことをしたいのですが、いかんせん22時。残り2時間をどう過ごせと……。

 とりあえず、帰宅して夕飯。
 普通のメニューです。焼き魚と、煮物と、和え物。……誕生日? なんそれ?? な勢いです。まぁ、これが大好きで。みたいな特別なメニューがあるわけでも無いので、仕方ないですけど。
 冷蔵庫見ても、デザートらしきものすらないし。
 まさか、本人が忘れたからって親まで忘れたなんてことは……。なんて、微妙な気持ちで食器を洗っていると、風呂あがりのママ登場。そうです。私、誕生日なのに帰宅を待ってすらもらえず、帰ったら、風呂での物音と、推定10分前に焼かれただろう魚とラップのかかったおかずが待っていたのでした。いつもと同じすぎてへこむ。
「いつかちゃん、魚焼きグリルまだ洗ってないからよろしくね」
 まじでっ。使って時間経ちすぎでしょ? せめて、水に浸けてジョイとか入れといてよ。ってか、扱いひどくね? いつもより酷くね??
「……せめて、浸けといてください」
 半泣きです。誕生日なのに……。

 台所を完璧に片付け、新聞を読み始めた私。一日が終わりかけての新聞。流石に耳新しい記事はないため、コラムとか特集とかばかり読んでます。わざわざ新聞読む価値はあるのか謎。
 スキンケアに余念の無い53歳。
「あ、いつかちゃん。お誕生日おめでとう」
 ママ。覚えていてくれたのね。例え、マッサージ後のクリームを搾り出しながらでもうれしいよ。
「ありがとう」
 ちょっと、泣けてきたよ。歳をとると涙腺が……。
「ママの箪笥の上にプレゼントあるから」
 あ。取りに行くのは私なのね。
 23時30分。誕生日プレゼントを頂きました。

 ANNA SUIのブレス。かわいい!!
「ママ、ありがとうっ。すげぇかわいいっっっ」
 一気にテンションうなぎ登り。さっきまでのしょっぱさが嘘のようです。いや、しょっぱかったからこそ、少量の糖分で甘みを最大限に感じられたとも言えますが。
「選んだの、パパなのよ。パパにも御礼いいなさいよ」
 55歳のおっさんがANNA SUIでアクセ選び……。例年が4℃やら、TIFFANYやら、まぁおっさんでも許されそうなラインナップだったので、想像以上にきつかったに違いない。まじでうれしいよ。
「パパね、相当悩んでね……

父「どっちがいい?」
母「どっちも好きそうだし、パパが選んであげたら」
父「娘にプレゼントなんだけど、どっちがいいでしょうねぇ」
店員「そうですねぇ。こちらは、10代の方向け。こちらは20代の方向け。でしょうか」
父「こちらを下さい(即決)」

 って、すごい勢いで決めちゃって、面白かったよぉ」
「ちなみに、これは……」
「20代向けにきまってるでしょう」

 そりゃそうだ。
 しかし、普段買い物はフィーリング勝負の即決のパパが、お店の人(しかも、若いお姉さん)に相談までして選んでくれたというのが、思った以上にうれしくて、本気で感激しました。

 28歳の目標。パパに迷惑をかけなくてもなんとかなるような、生活。に、決定です。

旅行計画

June 03 [Sun], 2007, 23:25
なんとなく、旅行パンフを山盛り集めてみました。
スイスとか、ラスベガスとか、ドイツとか……うん。妄想のために。全てにおいて不可能なのはわかっているけど。
実際問題、ユーロやらドルやら高すぎですしね。ってか、それ以前に両替するべき円を持ってないんだけどね。
円安傾向、なんとか持ち直すようになりませんか? 金利とかのせいなんでしょ? 日銀総裁。ってか、私の貯蓄は、いつになったら貯蓄と呼んで差し支えの無いレベルに到達するんですか? 今現在、財布以下ですけれども?
先日、財布に何とは無しに入れてあった、2ユーロコインを、これでタバコ1箱は固いよなぁ。と、真剣にコンビニで眺めたくらいの貧乏ですから。台湾元も結構持ち帰ったのあるし、あれらを使えたら……(自分ながら哀れ)


さて、1番妄想が暴走するのは、スイスですね。
パンフを広げて、葡萄ジュースを飲みつつ、チーズをかじるわけですよ。ワインは、その後の勉強に差し支えるから、ジュースで我慢です。
「マッターホルンだわっ」
とか、
「さすがに、空気がきれいねっ」
とか、独り言言ってたり。
あげく、サウンドオブミュージックの、山登りの歌口ずさんだり。ほら、あれですよ。題名忘れてしまったけど、クライマックスで歌うやつ。コンクールから修道院に逃げるでしょ? そしたら、院長が全ての山に登れみたいな歌を歌う。あれです。私の好きな事と、おやすみなさいの歌?(パーティーの時階段で子供達が歌って退場する歌の私的題名)とで、同率一位に好きな歌です。あのメロディだけで泣けます。困難にぶちあたったら、聴くと勇気でます。
他にも、勝手にここで(大きなアルプス写真の点にもみたない場所)ホームズが自殺未遂をしたんねっ(あれって、しれっと復活してたよね? ワトスン君??)とか、勝手に妄想。
「なんとか教授ぅぅぅっ」(名前忘れた)とか言いつつ、転落していくホームズを想像したり。頭の中でいつの間にか二時間ドラマ風の日本海の断崖にシフトしていて、船越さんとかが立っていたりして。ベーカー街の面影なし。まぁ、もともとが霧の都の話ではないんですが。スイスの風景なんて良く知らないからこそ、貧弱な妄想しか出来ないんですよね。……行きたいなぁ。
夕飯出来たと知らせてくれた弟に、「ありがとう。ペーター!」と言って、どんびきされたり。じゃあ、「クララが立った! なら、満足?」と試しに聞くと、「おじいさん、この人土下座してるよっ。のが、いいんじゃね?」
……弟よ。それ、随分前の携帯大喜利のネタだから。古すぎるよ。

そんなこんなで、ほぼ一日スイスについて考えていました。ロマンシュ語? でしたっけ。何種類もある公用語のひとつ。あれは、どういった人たちが話すどういった言語なんだろうかとか。
ロマンシュという何と無にロマンチック系列っぽい名前が、初めて耳にした高校生の頃から好きなのです。ロマンチな人たちが話すのかな。とか、どんな内容をしゃべってもロマンチな響きになっちゃうのかな。とか。日本語すら危うい私ですが、外国語というのは惹かれるものが多いです。英語の実力を思い出すたびに、憧れは得てして手の届かないものなんだよね。なんて、あきらめてしまいますが。


結論。
スイスにはいけなくてもいいから、ハイジのトローってやつ。あのパン+チーズの組み合わせ。あれだけは、一生に一度でいいから食べてみたい。藁の布団は、いろいろ痒くなりそうだから必要ない。
8割の日本人と同じ考えだと信じて疑っていません。

世界の常識非常識

June 02 [Sat], 2007, 23:13
 明太屋で、住民税のUPが話題になっていました。

 おばちゃん達が、税金が上がった。カラオケ我慢する? そりゃ無理!! と、大激論。
「むつきさんは、どう思う? 大変じゃない?」
 話ふらないでぇっ!! どうせ、低所得者だから。カラオケとか、普段から控えてるから。
 そんなわけで、一般論に終始。

「でも、その分所得税は減っているんですよね?」
「知らんかった。そうなん?」
 あれ? 気が付いてないの?
「でも、全体として多くなっとるよね」
「あぁ、定率減税が廃止されたって話ですもんね」
 また、文句轟々だなぁ。今まで免除されてた分を、元通りに払えってだけなんだから、そこまで怒んないでもいいと私は思うけどなぁ。

「なんそれ?」

 何って、何が? 廃止になったの知らなかったんかな?
「なんか、廃止するらしいですよ。いつからかはよく知らないけど。多分この際纏めた感じなんじゃないです?」
 穏便にすみそうな回答を選んでみたり。いや、知らんかったのは、悪くはないしね。

「だけぇ、なんが廃止になったん?」

 ………………まじっすか?

 細々と説明するのも嫌味ったらしいかと、簡単に簡単に、私もよく知らないですけどオーラを心掛けつつ、大まかな説明。

「私、市が赤字だって言ってたから住民税アップさせたんだと思っていたわ」
「私も」
 おばちゃん二人で爆笑。
 私、愛想笑い。ってか、引き笑い。

 ニュース見てないのかなぁ……。そういや、ドラマにバラエティに、見てる番組を会話から推察して、帰宅時間やら、何時に寝た。とか、出勤前のいきさつ。みたいな会話を総合すると、ニュース的なもの見る時間ないかも。
 いや、ワイドショー的なのは遅番の日に見てると言っていた。芸能ニュースには、やけに詳しいし。ワイドショーでも、取り上げてますよね?

 ここで質問です。
 世間の常識的な範囲では、私とおばちゃんズとどっちが常識的でしょうか? じつは、そんなニュースをこまごま(ってほどじゃ無いと思いますが)チェックしている私って変わり者なんでしょうか??
 住民税すら払ったり払わなかったりの所得レベルの癖に(課税対象になる年とならない年があるから)生意気ですかねぇ。
 でも、おばちゃんズは、お二方とも世帯主で。うちのママみたいに、結婚以来働いた事ないわ。難しい事はパパがやってくれるから、よくわからないの。みたいな、社会と無関係に生きているおばちゃんとは、違うでしょ?
何も、国際問題から、農業政策から知っていろ。とは言わないですけど、自分が払う税金の話くらい知るべきだと、私は思います。この際、メディアの言うこと丸呑みでも構いませんから、そういう事があったらしいよ。位にはなってたほうがよくないですかねぇ。あぁ、こんなんがウザイって言われるんですか? そうですか。ニュースサイト覗いて、大人しく寝ます。