占領軍

June 15 [Thu], 2006, 23:21
 今日は、映画館の仕事が終わってそのまま映画鑑賞。
 そのあと、ここ数日目を付けていた、いわゆるデジタルポータブルミュージックプレーヤーなるものをご購入。SONYの新型です。
 めっちゃかわいいんですよ! 
 しかし、私が学生の頃、実用化がどうとかさんざん言っていた、有機ELディスプレイ。普通に量産体制ですね。まぁ、青色ダイオードといい、日々技術は進歩するわけです。

 工学を学んでいて、まったく技術の進歩と別の次元に生活していて……。おまけに、4年間は充実して過ごしたと(主に勉学以外で)思っていたけれど、後になってみると人脈ひとつ残っておらず(大学時代の友人で今も連絡を取っている人は皆無)、自分の人付き合いの悪さに落ち込むわけです。
 私、人生をどれだけ有意義に遅れているんだろうなんて思っちゃうわけです。

 ただ、有機ELを見ただけで。
 なんていうか、欝状態??

 っていうか、何が悪かったってそういうことを考えていて、ふと、元素記号を言ってみよう! 的な発想になって、ちょうど休憩していたドトールの中で手帳の端っこに書き始めたら、

「すい へー りー べー ぼくの ふね……」
「H He Li Be……B? Be? ……Be bokunohune????」

 といった感じで、二段目からかけなかったことが、一番のショックだったり。でも、「りっちなかーちゃん、ルビーせしめて フランスへ」とか、語呂合わせの方はばっちり覚えてるんですよね。
 どっちかといえば、ごろで覚えた内容のほうが必要な気がするのですが……。

 かといって、語呂合わせすらせずに、まるっと覚えた分は、何のことかまったくわからず断片だけが残ってるんですよねぇ。
「〜〜おり はべり いまそかり」って、何ですか? 全く何用語か想像がつかない。
「さいん こさいん たんじぇんと」とかなら、どこ割るどこって、説明できるんだけれどなぁ。

謎の人

June 14 [Wed], 2006, 23:05
 最近、福岡銀行のCMのせいで随分悩んでいました。
 いや、全国的にこのCMを知っている人は数%ってことはわかってるのですが、すっごい気になってしまっていて。

 いつも、テレビ画面を見ていないときに流れるんですよ。
 なんで、毎回そうなるのか。ちなみに、人生カードなどのCMなら気配を察知して数秒前からテレビに釘付けなんだけれどなぁ。あ! 新しい同窓会バージョン見ました? すっごいですよ。すっごい。
 ジョーが、ジョーがガクラン着てるんですよ!! 萌えアイテム発動ですよ。やばい。鼻血出るっ。

 あ。話しそれた。

 福銀の新カードのCMがあるんです。かわいい感じの歌で、歌詞で生態認証がどうとかいろいろと紹介するわけですね。
 ちなみに、画面を見たことが無かったので、一体どんな絵だったのかは今日まで知らなかったのですが……。

 出だしがね、「ジョージ・マッケンジーはアレコレカード♪」という歌詞なのです。

 ……誰!?
 どっかで聴いたことのある名前だと思います。
 ジョージというのはありふれすぎていて、ヒントになりそうに無い。ってか、ジョージ=クルーニーか、ブッシュという私の発想も微妙だ。
 マッケンジーって、ありがちな名前っぽいけれど、例が思いつかない。あれ? もともとマッケンジーって苗字はあるのか?? いや、M元帥は? ……マッカーサーか。

 俳優さんとか監督さんの名前かしら。

釜の楽園、一戸伝八の楽園??

June 13 [Tue], 2006, 23:06
 久しぶりに映画館のシャッターを閉めて疲れ気味です。でも、ある情報のおかげで、足取りが軽い軽い。

 バルトの楽園という映画をご存知でしょうか? マツケンのヒゲが、ヘアフォーライフだかヘアコンタクトなんだかで、リアルだという映画です。←それが説明!?

 ストーリーよりも、カラヤン指揮のベルリンフィルの第九が聴きたくて、ちょっと楽しみです。
 だって、映画館の音響設備で、音量だって隣近所を気にせずに大音量だし。
 欲を言うなら、合唱部分もだけれども、オケ部分もしっかり聴きたい。この際、第九を一曲丸々流すミュージックビデオ方式でも構わない。台詞は全部音声なしの字幕でお願いしたい。等と思うくらい、音楽部分に興味を惹かれています。

 しっかし、この映画には物凄い秘密が隠されていたんですよ。

「バルトの楽園(がくえん)」
 私的には、「楽園」=「がくえん」と読ませるその強引さにクラクラきますが(絶対に、仕事中間違える予感がする)、一般的には「バルト」って何? と思うらしいです。
 私は、何にも考えないで「バルト海」のバルトで、相撲取りのバルト(漢字は知りません)と同義語だと思っていたのです。

 しかし、今日噂に聞いた所によると、バルト海ではないようなのです。

 基本的に、この映画は第一次世界大戦時に、日本に送還(?)されたドイツ兵の捕虜と、収容所の日本兵との交流を書いています。日本で初めて第九を演奏したのが、そのドイツの捕虜の皆様だったとか何とかいう話らしいです。

 バルト海といえば、欧州の北にある海。
 ドイツも一応ちょっとくらいは接していたように思いますが、一般的にバルト海=バルト三国ってイメージですよね。まぁ、バルト三国を答えよ。って言われたら、一個しか出てこないわけですが……。多分、総数は3カ国なんですよね??

 で、この「バルトの楽園」のバルトは、バルト海から取っているわけでは無い。
 そりゃ、バルト海にするくらいならもっとドイツらしく「ラインの楽園」にすりゃいいですものね。それがだめなら、「ロマンチック街道の楽園」か「ハンバーガーステーキの楽園」


 鍵は、独逸語。
 独逸語で、「BART(ばると)」は、「ヒゲ」と言う意味なんだそうです。つまり、


「バルトの楽園」=「ヒゲの楽園」

ごめんなさい!!

June 12 [Mon], 2006, 23:11
 今日は、明太子屋だけしか仕事がなかったのですが、夜、すっごい勢いで店をしめました。
 普段なら、ちょいぎりぎりに客が来ても、にこやかに応対する所ですが、今日は閉店30分前のお客さんにまで、内心カリカリ。

 理由はもちろん、ドイツ方面。

 日本の初戦は、10時キックオフ。
 明太子屋を、時間通りに出て、いつも通りのモノに乗ると、玄関を開けるのが、約10時。仕事(しかも立場最弱な派遣)なので、通常より早く閉店しようなんて、言い出せない。いや、当然無理な話しではありますが。

 それでも、何事かのトラブルによって閉店作業が長引いたりすれば、確実に15分見逃す。
 最初の立ち上がりの雰囲気は重要だ。これを見逃しては、サッカーを見る意義が薄れる。何が何でも、いつも通りのモノに乗って、ちょっと早足で帰って、10時には部屋にかばんを置いて、拭くだけコットンを手に持った状態でリビングにたどり着かなくてはいけない。

 結論。シャッターが閉まった瞬間に帰れるくらい完璧に閉店作業をしよう。

 いや、間違いなんですよ。
 シャッター下げるまでは、お客さんが来たら商売があるわけで、売り上げを数えたりとかありえないんですよ。いつもなら、在庫などの数をチェックして売り上げを計算して、レジのデータと見比べて間違いがなさそうだと確認したら、そのまんまなんです。
 レジを閉めるのも、売り上げを数えるのもシャッターを下ろしてからです。


 本日の私の場合。

グーテンモルゲン!

June 11 [Sun], 2006, 23:31
 タイトルは、ドイツ気分なもので。
 そういえば、学生のころ第二外国語は独逸語でしたねぇ。フランス語を選択する勇気がなかったから。ベルバラは好きだけど、鼻が悪い私にフランス語は操れないだろう。Oui。って理由で。
しかし、専門がもんのすごく忙しい学科だったので、先生も分かっていたのでしょう。すっごく手抜き授業でした。朝一(8:40からですよ! 早すぎでしょう!?)だったので、出席だけは厳しかったけれど、授業開始とともにプリントが配られて、絵本みたいな教科書と辞書を丸写しして答えを書いたら、提出して帰って良し。私は、家が近かったので(教室までが徒歩10分でしたので)30分くらいで終らせて帰って、まわしといた洗濯機の中を干してから朝ご飯を食べ、きっちりメイクをして2限に出かけていたものでした。
 まぁいいや。W杯開催中だから。唯一覚えてる独逸語で挨拶です。


 ってか、今日の私の朝は、学生時代の独逸語の日の朝よりすごかったんです。


 昨日寝る前には、8:45から仕事だと思っていたんです。
 で、ケイタイのアラームで起きて、そのままカレンダーで今日のスケジュールを確認して、メモアプリに一覧表を作っている、乗るべきモノレールの時間表で時間をチェックしたのです。ここまで、布団の中から手を伸ばすだけで作業完了。素晴らしい。

 やばっ!!
 8:30からじゃん! しかも、30分ぴったりにタイムカード押したら、40分にシャッター開けるのがしんどい。ぎりぎりより一本早いモノに乗らなくてはいけないパターンだ。しかも、休日ダイヤだから10分も早い(平日なら6分)!!←ちなみに、ぎりバージョンと余裕バージョン両方のダイヤを抑えております

 45分ぎりぎりに出勤するつもりだったので、ちょっと遅く起きてしまっていたのです。
 そうとう、焦って準備をして、かなりダッシュでモノに乗車。中で爆睡。
 周りの気配に目が覚めると、降りるべき駅。焦って、降車。このモノにさえ乗っておけば、あとは普通に出勤するだけなので、のんびりとした心持で改札を通ると、前方に知った感じの後姿。

幸運

June 10 [Sat], 2006, 23:51
 あれ? 意外とTRICK2の動員が芳しくない気が……。自分が大ファンだから、物凄い過大評価をしていたのかなぁ?

 今日は、昼前から映画館で夕方まで。
 なんて、朝が楽なんだ!!
 2時間って、すっごいね。朝だらだら起きて、朝ご飯も食べて、ものすごいバッチリメイクして、髪も巻いて、走ることなくモノレールに間に合うんですよ。すごいよ。2時間!!

 今日は、噂の身代わり人形(?)のデビューでした。
 先日ついに買っちゃったんですよね。なんか、幸運の人形らしいので。ほら、私ってなんとなく運自体が少なそうな気がするから。
 まぁ、ウスイサチヨ(@おじゃる○)ほどではないと思うけれどね。

 ケイタイに付けてみたのですが、意外とでかいためちょっと目立ちすぎです。大体、私はここ数年ストラップはシンプルイズベスト主義なのです。
 じゃ、邪魔臭せぇっ!!
 いや、我慢しろ。我慢するんだ聿花。これを持ってることによって、不幸が回避されるんだぞ。制服の時、尻ポケットに入れていて椅子に寄りかかるとき邪魔だからって、むしりとろうとか考えちゃだめだ。
 大事に大事にしないと。

 ……しばらく、運勢を変えるよりはストレスを溜めそうですorz


 そういえば、昨日の夜は早速クッションを抱きしめて、大騒ぎいたしました。
 もっちろん、W杯です。ワールドカップです。世界杯です。
 はっきり言って、わたくし、サッカー詳しくありません。オフサイドとかなら分かります。試合を観ていて、今の何? 的な疑問はほとんど出てこない程度にはルールも知っていると思います。
 でも、まだまだこの布陣がどうだ。とか、このパスはどうだ。とか、戦術的なことが全く分からん。多分、そういうのがわかるようになればもっと面白いんだと思うのですが……。
 まぁ、わーきゃー言って大騒ぎしたり、ドキドキしたり。それが一番面白いのです。
 まぁ、お祭好きですね。

ドラマのような出来事

June 09 [Fri], 2006, 23:44
 今日は、めずらしく映画館のシャッターを閉める係りになりまして、昼過ぎからの出勤に余裕ぶっこいていたのです。
 まぁ、シャッター、シャッター……と思いながら寝たのが敗因か、シャッターを開けるときと同じ時刻に目が覚めたのは、意外と私に職業意識があることの証明だったかもしれませんね。やるじゃん、私。
 でも、真っ先にこんな早起きの必要はないと、二度寝に入ったのは正しかったと思います。たとえ、それが昼まで寝てしまい、出かけるのにぎりぎりの時間に起きる羽目に陥ろうとも。

 その二度寝で、どうしようもない夢を見ました。
 先日、フィアンセ(!)と別世界に飛んでっちゃってる友人と、同棲に向けていろいろと計画的にこなしてる友人と、新しい彼氏と燃えに燃えている友人と、……その他いろいろな友人とお会いしまして、ちょっと現状に疑問を持ってしまったのが原因なのかもしれませんが、見ちゃったんですよ。モトカレの夢。しかも、再会バージョン!
 私が、普通に映画館で仕事をしていたら、元彼が来てですね「久しぶり〜」みたいな感じで、仕事が終ってから食事に行くという、最初から最後までありえない夢です。いや、「映画館で仕事をしていたら」の部分は、ありえるというか、現実と同じ設定なんですが……。
 まぁ、昼ドラあたりなら許される展開かもしれませんよね。


 なんて、自分のストーリー作成能力の限界を思いっきり感じつつ、実際に映画館に行って見ると、私のアホ夢を上まわる、昼ドラ展開が待っていたのです!!



 時間は、6時前だったと思います。映画館前のエスカレーターなどにも、仕事帰りらしい人が増えてきていました。しかし、映画館は暇な時間帯(次の上映開始時刻まで、相当時間がある状態だったので)です。私たち(3人)は明日からのTRICK2の動員に備えて、いそいそと配布物の準備など、雑務に追われていました。

 一人が、映画館の前のスペースに置かれている冊子の補充に出かけました。
 その間、私は残った子と二人で地味な作業をしながら、おしゃべりをしていたのです。

初体験

June 05 [Mon], 2006, 23:16
 地味に、本日お誕生日です。 27歳かぁ……。17歳に戻りたい。若返より、人生やり直したい。ちょっと真剣にそう思ったり。
 まぁ、私の誕生日というより、旧暦で言えば池田屋事件の日。と言えば、普遍的ですよね。土方さんが釘打って蝋燭に火をつけて、山崎が頑張って探索して、近藤さんがはりきって、山南さんが屯所待機で、結構な量の隊士が夏ばてでぶっ倒れてて、パチが指に怪我をして、平ちゃんが眉間に怪我をして、総司が喀血した日です。


 それよりも、今日は、高校の時の1番仲のいいお友達内で一番乗りで婚約をせしめた子のお祝いで東京です。式を挙げないなんていうから、旦那の顔を見せてもらおうかと。


 で、3月に新しくなった北九州空港を利用してみました。価格重視なら、福岡空港からスカイマークですが、今回は北九州空港・スターフライヤー利用が主目的なので。
 うちから、車で30分。1時間前に家を出て、余裕で間に合う。すっげぇよ! 北九州空港!!
 って思ったら、バスは小倉の都心部からしか出ていない。バス停までが30分弱。バスのダイヤの都合上、2時間半前には出かけました。なんか、損した気分。
 そのバスで、
「お煙草をお吸いのお客様。全席禁煙です。今暫くのご辛抱とご協力をお願いします」
 ……ご辛抱って。
 どれだけヘビーな人を想定してんだよっ!! 思わず、小声で突っ込んじゃった。


 そんなこんなで、空港に到着。かなり時間に余裕もあったので、いろいろと見学。
 銀河鉄道のメーテルロボにはさすがに一人じゃ絡みきれないものの、わざわざ100円払って展望デッキに出て、そこにある足湯に入ったりしました。一人なのに。
 しかし、屋外にあるので熱い。足下も暖かい。ちょっと、汗ばみました。


 スターフライヤー(=SFJ)、本当にすごかったです。
 あ。ご存知ですか、SFJ。北九州拠点の新規参入の航空会社です。新規参入=格安の定義を覆す、高級路線の飛行機です。
 座席数が少ないので普通の飛行機より座席の前後間隔が広かったり、全席革張りだったり、フット&ヘッドレストが標準装備だったり。それから、日本で一番最初に飛ぶ飛行機で、一番最後に飛ぶ飛行機です。
 福岡県民的には、深夜便(二時過ぎに北九州に到着します)の存在は有名です。多分。