おっさ〜〜ん

April 30 [Sun], 2006, 23:33
 今日は、映画館と明太屋に行きました。
 まぁ、いつも通りなのに、いつもの数倍意気消沈です。

 全ては、朝の出来事から始まるのです。

 今日の私の朝スケジュールを、簡単にご説明しましょう。時間は、分かりやすいように、キリがいい数字に仮定しています。

 8:00丁度の梓二号……私最低だorz 8:00丁度のモノレールに乗車。
 8:40 最寄駅到着
 8:50 徒歩にて映画館の建物到着
 8:57 コンビニ・着替えを済ませタイムカードに打刻
 9:00 仕事開始

 まぁ、キリのいい数字を当てはめていくとこんな感じです。一番リアルなのは、駅についてからタイムカード押して仕事を始めるまでの時間関係です。ココ上出来!!

 では、本日の私の朝の行動をご説明しましょう。

7:55
 ダッシュ中。全速力で疾走中。ちなみに、片側二車線の道路で、信号無視。
7:58:40
 モノレールの駅に到着。エスカレーターを駆け上がる。この時当然定期のスタンバイ。
      ちなみに駅は、道路→改札→ホームの三階建て。エスカレーター完備。
7:59:00
 改札に到着。一挙に改札突破……
「まったぁぁあぁぁ〜〜〜!!」
 改札に定期を差し込もうとした瞬間、横から烈しい怒鳴り声。
 さすがに、びくっとして立ち止まる。さっきの立ち上る方向に目をやると、そこにはいつもの駅員のおっさん。
 しかし、待てと言われて待てる状況ではない。後一分でモノは来る。乗らないと、確実に遅刻。
 私に言ったんじゃないかもしれないし。と、ポジティブシンキングで、もう一回定期を差し出す。
「だから待ってっ! 壊れてるから、待っててください!」
 いや、理由言うの遅いだろうよ……。

7:59:20
 言われて見てみると、3台ある自動改札のうち、左と真ん中が「○」も「×」も表示されていない。
 ちなみに、左の改札は入るの専用。真ん中のは、出入り自由。右端は、出るの専用。つまり、改札を通って中に入る手段は全滅。
 

目撃。

April 28 [Fri], 2006, 21:55
 今日は、映画館の仕事だけだったので、朝から仕事。終ってから映画を観て、買い物しながら帰る。それでも、帰りは9時ごろ。なんて素晴らしい1日。

 まぁ、そんな感じで仕事が終り、映画を見ようと思案。見たいのは、断然『V フォー ヴェンデッタ』
 1時間ちょっと時間が開くなぁ。運動不足だし、派遣バイトの事務所まで往復歩いてみようかなぁ。往復ゆっくりで、大体30分弱。

 ……汗かいた。

 本当に運動不足だった模様です。 


 映画を見終わった私。
 いつものように本屋さんへ。
 別に原作本を手に入れようとかいう目的があるわけじゃなくて、ただ単に映画館のなる階のトイレは混む。他の階のトイレに行きたい。エスカレーターとトイレの位置関係上、本屋の階が最適。ついでだから、本屋に入ってしまう。
 それで、散々新刊から既刊から、雑誌から漫画から文庫からハードカバーから、スピリチュアルから小説からビジネス本から、全部を一通り見て、気になったものをしっかり立ち読みして、2・3冊お買い求めになって帰るわけです。
 今日は、漫画を一冊。接客の心構え的な本を一冊。最後の最後までファッション誌を買うか迷って、重たいので近所のコンビニで買うことにして、本2冊を抱えてレジの方向に行ったのです。


 レジでは、おばあちゃんが支払い中。
 店員さんにラッピングがどうとか聞かれてます。レジには、店員さんは一人。プレゼントだとしたら、時間かかるよなぁ。レジ近くにある、さくらももこの新刊でも立ち読んで、レジがあくまでまとうかなぁ。
 などと、フラフラとレジ近くに歩み寄っていると、現れたのです。

 女性二人組み。推定年齢25歳前後=私と同年代。言いにくいことをずばっと言うと、垢抜けていない感じ。というか、クラスに一人二人いたような、一年間終るまで名前を覚えられないと言うことも起こりえるくらいの目立たない感じの人。ちなみにノーメーク(と思われる。もしくは、超高度なナチュラルメークなのかもしれない←前向き思考)
 現れた方向は、BL小説コーナー。

底辺→頂点

April 14 [Fri], 2006, 23:17
 今日は、映画館と明太屋のはしごだったのですが、ちょっとだめです。ってか、全然だめです。
 
 まず、いつも通り遅刻ぎりぎりに行く。
 というか、いつもと同じぎりぎりのモノレール。着いて着替えて、タイムカードを押したら、普通のスピードで開店準備すれば、まぁぎりぎり間に合うと言う時間なんです。つねにぎりぎりの人生なので、こんな感じで十分です。

 しかし、同じモノレールに乗ったのに、全く違うことになりました。
 第一に、寝坊しすぎてメイク時間が激減。ロッカーに着くまで気がつかなかったけれど、マスカラと口紅がない状態だったのですね。目と口がどこにあるかがわからないんじゃないかと思う。ロッカーで、急いでまつげと唇を創作。
 
 ふと見ると、時計の長針が動いた瞬間。やべっ! 60秒以内にタイムカードを押さねば!! と言う状況に陥ったのでした。
 しかも、チケットボックスに持って降りるべきものの補充などが、よりによって必要だったりして、物凄い頑張って用意したのに、開店時間に間に合わなかった。結構、久しぶりの失態。
 隣のポップコーン売り場(いや、他の物も売ってるけど)のシャッターが開く音を、あんなに焦って聞いたのは数ヶ月ぶりでした。

 仕事中は至って暇。
 今日は、うちの映画館で試写会があって、招待葉書を回収したりもしていたのですが、事件は仕事終わりにやってきました。
 前売り券などの枚数をチェックしていると、「葉書足らないよ?」
 焦って数えなおすも、やっぱり一枚足らない。1枚で二人入場できるので、結構重要アイテムの招待葉書。
 レジに戻って、ゴミ箱からレジの隙間からあらゆる所を探索(次の人が入っているにもかかわらず)し、結局発見できず。
 もしかしたら、隣のレジの人のに混ざってるかも。と、淡い期待を抱いていたのですが、明太屋で受け取ったメールによるとそういったミラクルはなかったらしい。しかも、相当まずいらしい。いや、相当まずいとは思っていたのですが、それ以上に相当まずいらしい。
 もう、明日レジ入ったら「にんにく にんにく……」とぼそぼそ言うと思います。ちなみに、失せ物が出て来るおまじないです。

脳単語

April 08 [Sat], 2006, 22:29
今日は、映画館と明太子の掛け持ちの日です。
映画館は、嘘のように暇! 帰り道建物の周りで納得しました。花見してるんだ。みーんな花見ですよ。天気もよく、ポカポカで、桜もラストチャンスっぽい。そりゃ、薄暗い映画館にいる場合じゃないよ。
お蔭さまで、こちらは暇を持て余したんですけどね。

暇なので、みんなで数少ないお客様をいじって遊びました。←マイク切れば密室だし

そこで、私の語彙がどうも一般とずれていることが発覚!

パパ(部屋着みたいなトレーナー上下のまま。不精髭つき。脂ギッシュ)と、幼稚園くらいの男の子二人。
あるレジで、チケット購入。決まり文句の「キャンセル・変更できません」という言葉をどう捕らえていたのか……。5分くらいで戻って来て、「子供が落としたっ」
何を!? というみんなの疑問。チケットを売った人は、何かを思い出したように「チケットですか?」「そうそう」
特になにか言うわけでもなく、どうにかしろっオーラ(煙草臭)を発散。
どうにも、受け取ったチケットを、その場で子供に持たせたらしい。

……持たせるなよっ

3枚、3800円(定価計算)ですよ? 訳のわかってない子供に持たせるには、高価すぎやしませんか!? ましてや、大人でも紛失しがちな紙切れですよ?←大人の6割は財布から出てきます。みなさん、財布を良く調べてから焦りましょう
そんな訳で、みんなで脱力。まぁ、暇だからその人達の席とか覚えていて、スムーズに手続き出来たんですけどね。

で、子供に持たせるなよっ。と話しているときに、「がきんちょに、そんな力量あるわけないじゃんね」といったら、「力量」という単語の出番じゃないと笑われる。
仕方ないやん。純度100%の理系なんだよっ。ニュース以外は、あほい番組しか見ないんだよっ。つまり、語彙にかたよりがあるの!

暴風被害

April 01 [Sat], 2006, 23:54
傘が! 傘が!!

 映画館と明太屋に行ってきました。
 映画館。久しぶりに、忙しかった。とは言っても、土曜日+1日(映画の日=繁忙期)って言うほどではなかった。
 大丈夫なのか??? 私の給料っ
 いや、三人くらいしか入ってない部屋で映画が上映されていたりすると、詳しくは知りませんが、見るからに採算取れてないじゃないですか。前、経済ニュース番組でシネコンはチケットでは採算取れない。コンセで買うポップコーンやコーラで利益を得ている。といった内容のことを言っていて、まぁ、つまりだから映画館の食べ物は高い。とか、飲食は禁止してないのに、持ち込みは禁止なのか。とか、納得したものですが、とにかく採算が取れないのは困ります。
 経営がどうとか、バイトの身分でなんにも思いませんが、ただでも最低賃金ぎりぎりの職場。私たちの賃金がこれ以上どうとかなると困ります。結構切実です。


 とにかく、そんな感じで明太子屋に行き、やっぱり暇な時間を潰して(ケイタイでbl小説読んでいた大ばか者)、家に帰ろうとしたのですよ。