一般的などもりの種類

June 27 [Thu], 2013, 15:45
どもりは、なんとなく滑らかにに言葉が続かない状態のことを言いますが、実際はタイプを分けることができます。

大きく分けると「連発型」「伸発型」「難発型」になります。連発型は「こんにちは」の「こ」を何度も発音し「こ、こ、こ、こんにちは」になってしまいます。

伸発型は「こんにちは」の語頭の「こ」が「こー」と伸びてしまいます。そして、難発型は、語頭の次の言葉を発音するときに詰まってしまって「こ……」と沈黙してしまう症状になります。

この3つが、代表的な症状になりますが、今では他の分類方法も存在しています。「神経因性」「心因性」「脳内調節系」の3種類です。さらに、神経因性は「言語性」「運動性」「感覚性(聴覚性、体性感覚性、情動性)」に細く分けられます。

心因性の場合は「外因性」と「内因性」に、脳内調節系の場合には「脳機能の左右交互」と「ホルモンの機能変調」に分類されます。

この、それぞれのどもりには、適切な制御方法があります。医療機関での治療に主になりますが、吃音症の症状によって、リハビリテーション、心理療法、エネルギー療法などを行います。

ですから、素人が判断をすると、で間違えた対処法取ってしまうこともありえます。また、吃音者自身がどもりを意識する前の子供のころなら、改善の可能性が高まると言われています。諦めたりせずに、専門の医療機関で診察を受けて下さい。
  • URL:https://yaplog.jp/aczirefp/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aczirefp/index1_0.rdf