「虚」業の行方

January 22 [Sun], 2006, 19:54
この二、三年世間を騒がせてきたIT企業:某社が、証券取引法違反の疑いで東京地検特捜部の強制捜査を受けている。同特捜は外堀を埋めた模様で、いよいよ本丸:取締役社長の某氏の事情聴取も近いらしい。あるジャーナリストは「虚業の最たるもの、MHK(全て、社長のイニシアル)への取り調べ&強制捜査は、昨年より噂されていた…H氏の政界進出も、うがった見方をすれば、郵政民営化推進の為などではなく、議員になって自らの刑事訴追を免れんが為の策であったか?」と語っていた。連日報道される、”かつての”H氏…得意満面の絶頂ぶり…や教祖様への忠誠を誓った信者然の女秘書、それが今、慌てふためき狼狽するH氏やそれでも教祖様の純粋無垢を信じる涙声の女秘書。人間、たった二、三年でこんなにも状況が変わるのか、と慄然とする思いだ。
 対義語(反対語)に、「虚」と「実」というのがある。文字通り「虚」は、外観だけで中身が無い…ウソ偽り…といった意味だ。本来、公明正大、青天白日を旨とすべき証券取引の場で、自らの有利になるような株価操作をしていたとすることが事実ならば、H氏率いるIT企業こそ、本当に虚業の最たるものと言わねばならない。メディア界の高視聴率男の異名を持つM氏や米国人プロデューサーS氏の鋭い舌鋒を引用するまでもなく、この会社は何か具体的な製品や商品を作ったり売ったりして利益を上げる(本来的な意味での)産業(=実業)ではなく、市場の数字を操作したり人心を扇動したりするだけの、実に形骸的な組織体に過ぎなかったのではないか。
 毎日生身の人間、それも様々な故障や不調を抱えている人々を相手に働いていると、正直滅入ることも多い。しかし、その疼痛や訴えに謙虚に聞き入り、痛みの原因を共に考え、可能な限りの治療法を模索していく過程で、自ずから「感謝の念」や「治癒への祈り」といった心情がにじみ出てくるものだ。相手もまた、こちらが誠意をもって治療にあたることで、共鳴して下さることは多い。ときに汗も(たまに冷や汗だって!)かく。文字通り「額に汗」だ。しかし、H氏とその取り巻き連中はどうだったのだろうか?
 実態を持つ企業体では決してなく、実態のない…ゴーストの如き存在。以前の社名は『on the edge』 意味深な名の組織が入居する六本木の威容、あれは21世紀のバベルの塔なのかもしれない。
  • URL:https://yaplog.jp/acbocode-works/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:acbocode-works
読者になる
Yapme!一覧
読者になる