腰痛と歩行の関係A

April 27 [Wed], 2005, 15:11
 前回は、歩き方によって身体の重心がズレ、腰痛や肩こりといった
不都合が生ずる事を述べた。そこで今回は、どういう歩き方によって
身体の重心を修正し、腰痛や肩こりなどの障害から身を守るか、述べて
みたい。まず、最近の若者、中でも高校生の歩き方が気になって仕方が
ない。あの「ローファーのかかとを潰し、サンダルのように突っかけて歩く」
やつだ。あの歩き方では、歩行時に「すねの外」の筋肉を使わず、それゆえ
足首の動きが鈍る。足の指も使わないから、扁平足にもなる。扁平足の
人は疲れやすいから、電車内でも立っていられずに、すぐしゃがむ。キミの
近くにもいないか?俗にいう「ウ★コ座り」でしゃがんでいる人。
それから、さすがに最近はあまり見かけないが、あの「厚底サンダル」で
ロボットみたいに歩行する子。ボクの師事する先生もかつてネット上で
警鐘を鳴らしておられたが、あれは骨盤とその周辺の関節をおかしくする。
人は歩行時、足・膝の関節をクッションにしつつ進行する訳だが、
「厚底サンダル」ではそのクッションが十分に機能せず、もろに骨盤と
その周辺の関節をブン回しながら進むしかない。あのサンダルを履く子に
生理痛のひどい子が多いのは、納得がいく。まだまだ例示すればきりが
ないが…。
 じゃあ、ぶっちゃけた話、どうすればいいのか。箇条書きで整理しようか。
@足指のグリップ力を上げる。イスに掛け、床に置いたタオルを足の指で
 つかむ練習をするとよい。
A歩くとき、着地はかかと、離陸は親指に力を入れて。小指で離陸する
 現代人が多い が、これが元凶の元と考えるべし。
B同じく歩くとき、不自然でない程度に膝を上げ、両手を振るとよい。
 当然だが、右 足を前に出すとき、左手を前に出す。顔は下げすぎず、
 上げすぎず。
C足を運ぶラインは、ちょうど一本の線上を歩くイメージがよい。膝の
 内側が擦れる 感じだが、骨盤の為にはこれがよい。
D歩くとき、足・膝の関節をクッションにしつつ進行していることを
 意識する。
 こんなところか。これだけで腰痛や肩こりを解消した人々もいるから
驚きだ。やってみるといい。
  • URL:https://yaplog.jp/acbocode-works/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:acbocode-works
読者になる
Yapme!一覧
読者になる