どんな名医や名薬といえども、楽しいものにまさるものはない

June 20 [Mon], 2011, 19:02


どんな名医や名薬といえども、
たのしい、おもしろい、嬉しい、
というものにまさる効果は絶対にないんです。


わかりやすく言うとね、朝おきた。


頭が痛い。


体温アップ健康法が教える理想の1日
普段なら「やれ薬だ、医者だ」、
なんて騒いでるのに、
そこへ好きな人がひょっこり来た。


そうすると頭が痛いのもなにもかも忘れて、
そりゃもう夢中になってべらべらおしゃべりしたり、
抱きついたり…。


嬉しくて楽しいもんだから、
頭が痛いのすっかり忘れて治っちゃってますよ、その間。


これ、どんな名医や名薬にもまねできない芸当です。


で、そのあと、その好きな人が帰っちゃうと、
頭が痛いのを思い出して「あいたた」って。


どうです、みなさん方。ご経験あるでしょう?


評判の女性の悩みクリニック
これ観念の作用です。


あなた方が「ああ、たのしい」「ああ、嬉しい」って思っていると、
もう、イキイキと生き甲斐のある人生に生きていられるんですよ。


病(やまい)なんかも忘れて。


逆に「ああ、いやだな」「ああつまんないな」 
なんて思って生きてると、
熱はでるは頭は痛くなるわ、
もうだんぜん、生き甲斐のない人生になってしまうんです。


もうおわかりでしょう。


人生は心であり、観念であります。


これこそが、あなた方の人生を極楽にもし、
また地獄にもすることができうる、
唯一のものなんです。


いいですか、よくお考えください。


「極楽だ、地獄だ」と感じているのは、
あなた方の心でしょう。


あなた方の心が地獄だと感じれば
地獄になってしまうんですよ、
あなた方の人生が。


ですから何かがあれば、
「ああ、たのしいな」
「ああ、うれしいなあ」
って思うようにすればいいんですよ。


こう言うと中には、
「そりゃ先生、理屈はごもっともですが、
そう思えって言われても、
この世の中、どこにそんなに面白いことや、
たのしいことや、嬉しいことがあるっていうんですか」
なんて言う人がいやしませんか。


どうです、みなさん方。


むしろ、そういうこと言う人のほうが、
数においては多いかも知れません。


ですがね、あなた方が、
ほんとうに幸福にみちみちた、
価値の高い人生に生きようとするなら、
考えねばならないのはこの点ですよ。


いいですか、心の態度を、
いちいち対外的なものに反応・反射せしめているかぎり、
しょせんは消極的におちいる場合のほうが多いんです。


まして、今日のように消極的なもので溢れかえっている世相においては、
なおさらのことですよ。


ですから、対外的なものを超越することが必要なんです。


言いかえれば、いかなる出来事にも、
心がこれにいたぶられないようにすることが、
だんぜん必要なんです。


ではどうすれば、
心が消極的なものにいたぶられないようにできるかっていうと、
それには常に積極的な心をもってこれに応じ、
歓喜の念をもってこれに接するようにするんです。


こう言うと、
「先生そんなこと言ったって、
それはなかなか簡単にできることじゃありませんよ」
と言う人がありますが、
そういう人は棺桶(かんおけ)に足をつっこむまで、
ほんとうの健康とか、あるいは幸福というものを、
みずから好んで放棄している人ですぜ。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:abo0220
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/abo0220/index1_0.rdf