二条城にアライグマ出没か=国宝や重文につめ跡50カ所−京都(時事通信)

April 24 [Sat], 2010, 15:15
 京都市中京区の二条城の建物の柱にアライグマとみられる動物のつめ跡が多数確認されたことが20日、分かった。国宝や重要文化財に指定されている二の丸御殿や本丸御殿など十数棟の約50カ所に上り、二条城事務所は敷地内にわなを仕掛け、捕獲に乗り出した。
 同事務所によると、先月5日、国宝の二の丸御殿の天井から雨漏りのような液体漏れを確認。屋根裏に動物のふん尿と、柱に複数のつめ跡が見つかった。専門家の鑑定で「犯人」は複数のアライグマとの疑いが強まったという。
 柱は人工的な修復が難しいといい、同事務所職員は「建物に害を与えないネコやイタチは見つかるが、アライグマの被害は初めて」と、頭を抱えている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄

大仏さまも花見どうぞ 東大寺(産経新聞)
古賀連合会長、長妻厚労相に不快感 職業能力開発の事業仕分けで(産経新聞)
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)