DSアディポ|アディポネクチンと私

September 14 [Wed], 2016, 19:00
2013年10月31日木曜日の読売新聞の記事の一面にアディポネクチンについての記事が載りました。
「やせずにメタボ治療」との見出しで書かれています。
それはそこの成分が食べているものの束縛、トレーニングなしでメタボが改良されるということがわかったのです。

記事によると、5年内に臨床試験を始め、
飲み薬として摂取できるようになる事情が目的とされています。
それは、スポーツや食べる量制限ができない心臓病の合併などの多様な状態を抱えた方にとって朗報です。
研究成果は2013年11月31日付けの英科学誌ネイチャー電子版に名書きされています。

この記事は、東京大学の門脇孝教授(糖尿病・基礎代謝内科学)らの情勢分析チームがマウスを使って実験をしたこのようにしてについて書かれています。

≫東大グループがアディポネクチン薬の進化をしています

余分な脂肪の多くいきかっている3食ので太って糖尿病になったマウスにアディポネクチンに似た物質を摂取させて結果を断定しました。
その効能、血糖値や中性脂肪という形の濃度が下がりました。
このような実験でのポイントをはマウスに食べるものの規制をさせていないというケース。
ということは、体の重さをも減らす事ないし数値を下げることができました。
2型糖尿病の商品マウスの120日後の生存率は、標準食を与え続けた時は約95%、
高余分な脂肪食を与え続けた際は約30%であるのに対し、
高体重食とアディポネクチンに似た物質を与え続けた効用約70%まで生存率が上がりました。
これの成分をともに摂取させるだけで約4割も死亡率が減ったのです。
この時のこのようにしては新薬としての思っていた値を一層上げる事になりました。

アディポネクチンを1996年に察知した松澤裕次さん・住友病院長(内分泌日常代謝学)も
糖尿病の患者の希望になる大きな成果ということで喜びの声を載せています。
今日から、メタボや糖尿病を解決する鍵として医学界から貴重な心待ちにが寄せられています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる