コワい映画 3本

September 19 [Wed], 2012, 1:36
昨夜から今朝にかけて、積ん読ならぬ積ん観になっていたDD3枚、一気観。
意識して選んだわけではないのですが、どの作品も、人の心というものは、なんともコワいものよのぉ。
と、見終えて深いため息が漏れるようなものばかりでした。
マドモアゼル監督トニーリチャードソン主演ジャンヌモロー1966年イギリスフランスこの作品は、これまでDDはもとよりHSにもなっていなかったもので、この5月に初ソフト化。
ジャンヌモローloveの私ですが、この作品は名画座でもTでも観たことが無いので、長いあいだ待ち望んでいたソフトの発売です。
ジャンヌモローといえば悪女、悪女といえばジャンヌモローですが、これは彼女のワル度最高かもね。
木こりの男が、杉の幹に斧を打ちこむカーンという音。
暫くの間ま。
そして物語は一気に思わぬ方向へと展開しでもないか。
予想通りか、終盤になだれ込みます。
この斧の音のシーンには、拍子木の一音で場面がガラリと切り替わる、歌舞伎の手法を思い浮かべました。
モクロ映像の美しさ。
ストーリー展開の巧みさ。
脚本はジャンジュネだそうですこの作品は、ジャンヌモローのワルぶりのみならず、これまでソフト化されなかったのか不思議なくらいの、唸ってしまうほどの秀逸な作品でした。
召使SERVANT監督ジョセフロージィ主演ークボガード1963年イギリス舞台はイギリス。
上流階級の青年の家で召使として働くことになった男の野望。
支配する者とされる者が、はっと気がついた時には逆転していて、その周到な策略には背筋がゾッとします。
ークボガード、上手い難を言えば、サラマイルズ、リキが入り過ぎ。
この作品は、20年ほど前アメリカに暮らしていた頃、レンタルビデオで観たものです。
もう一度観たいなぁと思っていたところに、昨夏DDが発売されたので、思わずゲット。
実は10年前にDVD化されていたのですが気がつかなかった。
これは昨年新たにリリースされたものしかし、ちょうど韓国の展覧会の直前で、時間的にも精嵩Iにもゆっくり味わう余裕が無くて、積んだまま。
ークボガードといえば、ベニスに死す地獄に堕ちた勇者ども愛の嵐等でみせる、あの小心者のくせに傲慢で野心家の男。
彼以外の役者が演じていたら、あれらの映画はつまらない作品になっていたのではないかと思われるくらいの、はまり役でしたね。
それらの一連の作品を観た後から唇からナイフを観たもんだからたまたまTで、ええ彼って元はこんな役者さんだったのか、とビックリ。
で、ヴィスコンティが、あんな複雑で屈折した人物を演じられる俳優に育て上げたんだなぁと、ずっと思っていたのです。
そんなークボガード観を抱いていたところに召使を観たので、そうか、ヴィスコンティ以前に、ジョセフロージィが既に彼の資質を見抜いていたのか。
と考えを改めた次第。
召使を観る23年前にジョセフロージィーのエヴァの匂いを観ていて、おお、すごい作品を創る監督さんだなぁと思っていたので、召使はさすがと納得できる作品でした。
話は脱線しますが、エヴァの匂いではジャンヌモローがやはり悪女を演じていて、昨日マドモアゼルを観るまではエヴァの匂いのジャンヌが一番ワルだと思っていたのですが、マドモアゼルの方が一本上かも。
恍惚監督アンヌフォンティーヌ主演エマニュエルベアール2003年フランスこれはそんなに古い映画ではないけど、エマニェルベアールの魅力が100引き出された作品ではないかと思います。
以前レンタルで観たんだけど、やはりこれは手元に置いておきたい映画の一つだわ、と思って昨年ゲット。
もち中古ねで、これも積ん観だったのです。
邦題の恍惚、これはいただけませんね。
オリジナルタイトルはNathalie。
エマニュエル演ずるところの娼婦が演ずる娼婦の名前です。
ややこしくてスミマセン邦題っていつも酷いけど、このセンスの悪さはなんとかしろよと怒鳴りつけたいくらいです。
ファニーアルとジェラールドパルデュー演ずるところの中年夫婦。
街で見かけた娼婦のエマニュエルに、夫を誘惑してくれと頼むファニー。
これ以上はネタバレになってしまうので記しませんが、30年前隣の女で、ジェラールの元の恋人役で、ジェラールの新しく築いた幸福な家庭を破壊してしまうという、コワい女を演じたファニーアル。
この作品は隣の女の後日談では全くないのですが、あの時の二人が夫婦役をやっているので、深読みすれば因果応報劇かなと思えなくもありません。
しかし、最後のどんでん返しによって因果応報劇にしていないところが、このアンヌフォンテーヌという監督女性ねの凄いところ。
Fトリフォー監督より一枚も二枚も上手やな、と感心します。
やはりファニーアルはコワい女やったんや。
この作品のエマニュエルベアール、フェロモン満開で最高にセクシーで最高に美しいです。
ところが、最近の彼女、頬がこけて尻コキ目がギョロっとして口がひん曲がって、なんだかエアロスミスのスティーブンタイラーみたくなってきて、どうしちゃったのぉ若いころ施した唇の整形手術が失敗だった、と最近カミングアウトしたらしいです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:a0spnayekt
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/a0spnayekt/index1_0.rdf