映画祭 WorldPeaceCinema2010

August 01 [Sun], 2010, 0:27
映画祭 WorldPeaceCinema2010

日時:9月26日(日) 
会場:名古屋市中小企業振興会館 7階8階 メインホール

10:10 開場
10:30〜12:40「沈黙を破る」
12:50〜13:20 土井敏邦監督のビデオレター
 昼休憩
14:30〜16:20「カンタ!ティモール」
16:40〜17:40 助監督小向定さんによる音楽ライブ


詳細はこちら
  • URL:https://yaplog.jp/9jougama/archive/89
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
軍需生産は何も産まない。
そういう軍需生産に世界の経済力をそそぎこんでいくということは、経済制度としてはそれだけ「ゼロ生産」になっていくわけだ。
「自主防衛」とは、アメリカの武器を買うことだ。
 ここで、日本の国民をなんとか軍需生産のほうにひきつけておく、戦争のほうにひきつけておく必要が生まれるのだ。
軍需生産はやめろ、地方財政に、福祉にまわせと、日本人が騒ぎださないようにしておく必要がどうしても生ずるのだ。
自主防衛とか、軍備拡張とかいう考えが、もっともらしく宣伝されることになるのは、こうした理由からだ。
御用評論家が、そのお先棒をかつぐことになる。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/teposodo01.htm
兵器は、こわれるまでそれを使えるというものではない。
五年ぐらいすれば、それはもう旧式になって、使いものにならなくなる。
それでどんどん新式の兵器を買わなければならない、ということになるのだが、その点にまた、独占資本が軍需生産に魅力を感じる理由があるわけだ。
こうして日本国内でも、平和生産というものをやめて、軍需生産に税金をそそぎこんでいく。
その結果は、ふたたび破滅がくることはもうあきらかなのだ。
 
August 17 [Tue], 2010, 0:28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:9jougama
読者になる
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像フォルテ
» とよかわ九条の会9周年のつどい (2014年11月30日)
アイコン画像ありがとう
» アジアの平和 (2012年09月17日)
アイコン画像fish
» 「こどもの本・9条の会あいち」発足 (2012年03月26日)
アイコン画像かもめ
» 2011年「9条で平和 9.3アピール行動」  (2011年09月03日)
アイコン画像
» 映画祭 WorldPeaceCinema2010 (2010年08月17日)
アイコン画像
» 戦争はやっちゃあいかん (2010年08月16日)
アイコン画像かもめ
» ペシャワール会・現地報告写真展 (2010年07月10日)
アイコン画像かもめ
» ピースウォークfrom沖縄 (2010年04月09日)
アイコン画像広島からです。
» ピースウォークfrom沖縄 (2010年03月26日)
アイコン画像かもめ
» あいち平和映画祭2010 (2010年03月25日)
Yapme!一覧
読者になる