湯沢スキー合宿リレーブログA

February 22 [Fri], 2008, 23:11
どうも、角藤です。簿記2級の試験をほとんど知識がないまま受けようとしています。
というわけで私は第1日目の夜(飲み会の前)まで書かせていただきたいと思います。
記述内容にご不満がある!という方はできるだけ手直ししますし、スノボ組、もしくは何もしなかった組の視点から書きたいぜ!という人も平行的にアップしていただけたら・・と思います。

ようやく宿「バンヌッフ」(フランス語で29という意味だそうで) に到着した我々FMwaseda一行。
しかし奥の大きな部屋に通されてからというもの全く宿のおばさんからの音沙汰は無く・・。

電気もつけず、お菓子や食料の並んだテーブルを囲んで座っていた我々はさながら遭難者といった感じ。
ジェンガやトランプに勤しむ者も現れ、誰かが「このまま3日間過ごすんじゃね?」といった時にあながちそれも間違いではないのではと思い始める。

その後ようやく宿のおばさんが現れ、用具一式を貸すから準備を始めてほしいという話を受けて早速準備開始。しかし宿で用意されたスキーウェア、用具の中で自分に合うものを見つけるのは至難の業であった。

サイズが合わない・・と愚痴る者あり、まるでバブル時代だ・・とデザインに不満を漏らす者あり・・。
中でも伊藤氏が最初にはいていたスキーズボンはピッチピチで魚屋さんのようであったという証言もチラホラ。
やはりマイウェアを用意していた西井さん、内藤君、大谷君は勝ち組であった。

何だかんだでスキーウェアを揃えたのだが、スキー組にはさらなる試練「スキーブーツ&スキー板&ストック」合わせが待ち受けていた。

ここで今回の合宿1日目のチーム分けを紹介しておこう。人数の多い順に
スキー組:大谷、角藤(筆者)、河合、内藤、長安、西井、藤原
スノボ組:稲葉幹事長、伊藤、大淵、清木、関、長谷川
お留守番:佐藤(え)
というまさに隙の無い陣容。

スキー組がブーツと板をあわせるのに四苦八苦した末、今回のスキー場である「湯沢パークスキー場」に着いたのはなんだかんだで10時過ぎ。スノボ組の板&ブーツをレンタルし、稲葉幹事長がホテル内を探索してロッカールームを見つけ、リフト券が配布され、結局我々がすべり始めるころには11時ごろになっていた(と思う)。

ようやくリフトに乗って上まで!という話になったわけだが、筆者は8年ぶりのスキーだったためいきなりリフトを止める
という失態。この男はこの後4回中3回のリフト乗車・降車時に何らかのミスを犯します。
そのほかのみなさんは多分まともにリフトに乗られたのではないでしょうか?

(ここからはスキー組、しかも午前中のみの視点になってしまうので、スノボ組、ずっとスキーやってた方、それから何もしなかった組の方は別途更新された方がよいかと)

と言うわけでスキーのできる西井さん(唯一のマイ板、ストック持参)、内藤君(スキー歴は10年以上だとか)、藤原君(彼も上手い)、大谷君(マイスキーウェア持参)の4人に対し、板が取れる不具合を抱えた長安君、スキー経験のあまりない河合君、8年ぶりのスキーに怯える筆者という構図になりました。

パウダースノーというスキー的にはあまりよくないコンディションの中、なんとか1時間以上かけて滑り降りる(ここのスキー場は下のほうが傾斜がなさすぎるので、初心者は上手くすべれないらしい)頃にはグッタリ。

順調にスキーを楽しむ西井さんたちがすごく輝いて見えたものでした。
下で長安君がスキー板の調整を受けた頃には12時半。気を取り直して全員で再びリフトで上へ上ることに。

さすがにこの頃には全員勘を取り戻し、もしくはコツをつかんだりして調子を上げていきます。
(まぁ自分は調子に乗りすぎて新雪の中に埋もれて、知らない兄ちゃん2人に助けてもらった上に、借りたゴーグルをなくしてしまったわけですが)

午前中のスキーを終え、全員が食堂に集まったのが13時半過ぎ。
同じテーブルでご飯を食べた大淵君(後に彼は名探偵となる)が選んだロースカツ御膳が彼に大きなダメージを与えることになろうとは、彼はまだ知るよしもない。

午前中のアクシデントによってすっかり心が折れた筆者など、スキーorスノボに疲れてしまった人たちが早々と脱落、17日午後からのチーム分けはこちら。(誤りがありましたらご一報を)

スノボ組:稲葉幹事長、伊藤、大淵、清木、関
スキー組:大谷、内藤、長安、西井、藤原(お留守番組へ)
ラウンジで紅茶1杯で粘った組:角藤(筆者)、河合、佐藤(え)、長谷川、藤原(途中から)

時間は流れ午後4時過ぎ、スキー終わりの客が殺到する前に・・ということで少し早めにホテルのお風呂に入って本日の疲れを癒すことに。やっぱりお風呂は良い!

しかし困るのはせっかく風呂でさっぱりしたにもかかわらずもう1度スキーウェア&ブーツをつけなくてはならないこと。なんかさっぱりした意味が無い・・。

外から見た風景が段々と白一色になり、本格的に天候がヤバイ感じになりつつあった(チワワ型の建物が見えなくなってた)午後4時半ごろから、スキースノボ組が続々と戻り始め、お風呂へ。

全員が風呂から上がり、スノボ用具も返却、荷物をまとめてさぁ6時半のバスを待とうか・・と全員でスキー場の出口付近で待っていたのですが、来ない・・一向に来ない。
あ、来た!!と思っても別のバスでぬか喜び・・全員の体や荷物に雪が降り積もる中しばらく待機を余儀なくされました。

午後6時4〜50分くらいだったでしょうか、ようやく本当に宿のバスが到着しましたが・・バスがホテル前の駐車場に止まってしまい、そこから我々の待つスノボレンタルショップ前まで呼び寄せるのにさらに時間が・・幹事長、大淵君ご苦労様です。

というわけで途中酒屋さんでアテ(おつまみ)を買ったりしつつバスが宿に着いた頃には7時を回っておりました。借りた板とストックを片付け、ブーツを乾燥室に置きしてようやく7時半過ぎに夕食開始。
「あなた達が遅れたから冷めちゃった・・」という宿のおばさんの言葉に若干の疑問を抱きつつも、食事に定評がある!と噂のバンヌッフさんだけあっておいしい食事をとることができました。

そしてついに、稲葉幹事長をして「これがむしろメイン」と言わしめた飲み会が・・始まろうとしていた。

*********************************

この後の記事はみなさまでどうぞ・・・。
事実誤認、記憶違い、問題発言等ございましたらどんどんコメントしてください。
出来る範囲で直させていただきます。

あと、先ほども書きましたがスノボ班のみなさんやお留守番組の方も平行してアップしていただければ
と思います。
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像FMwaseda
» コミュニティ第11・12回! (2011年05月10日)
アイコン画像FM日大
» コミュニティ第11・12回! (2011年03月08日)
アイコン画像FM日大
» コミュニティ第7回・・・よし! (2011年03月08日)
アイコン画像今井(FMwaseda)
» 弘大ラジオサークル様と相互リンクをしました (2010年06月01日)
アイコン画像今井(弘大ラジオサークル)
» 弘大ラジオサークル様と相互リンクをしました (2010年06月01日)
アイコン画像ふぉぶ@FMOG
» 電波ジャック’09 (2009年11月14日)
アイコン画像のり
» あと一時間 (2009年03月30日)
アイコン画像ふぉぶ@FMOG
» あと一時間 (2009年03月27日)
アイコン画像金子
» 追いコン。 (2009年03月26日)
アイコン画像チームK沼崎
» 追いコン。 (2009年03月25日)