君の膵臓を・・ 

August 22 [Wed], 2018, 0:01
原作を読んでいませんがタイトルとキャスティングの妙!
君の膵臓をたべたい(2017)
劇場公開日 2017年7月28日

解説:
タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。
高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。
高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。
そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。
大人になった“僕”役を小栗旬、恭子役を北川景子がそれぞれ演じる。
「黒崎くんの言いなりになんてならない」などの新鋭・月川翔監督がメガホンをとり、「ホットロード」「アオハライド」など青春映画に定評のある吉田智子が脚本を担当。
キャスト:
浜辺美波 山内桜良
北村匠海「僕」(学生時代)
大友花恋恭子(学生時代)

浜辺美波と北村匠海は新人賞を受賞しましたが、嫌味もない存在感のある演技でよかった。

死期の近い恋人がそれまでを精いっぱい生きていくという定番のラブストーリーですが、やはりグッときますね。

脚本通りなのかもしれませんが、少年役に比べて成人役の小栗旬がもう少し堂々としてほしかった。

おそらく、喪失感から立ち直り切れない主人公という設定なのだろうが・・

他人とのかかわりを極力避け自分と戦うというキャラ設定だとしても、であればそもそも教師になんてなるか?

これじゃあ、墓場のさくらは泣いてるよ。

また、さくらが最後に聞きたかったことが、「なんで名前で呼んでくれなかったの?」って、もう少し他にあるだろう?というツッコミを入れたくなりましたが、日本アカデミー作品賞をとれなかった理由がコレだったりして・・

もしかして、原作もこうなの?

あと1つ、ラストのあざとい演出が気になりました。

12年後の図書館でさくらからの手紙を見つけて、さくらの親友だった恭子の結婚式に駆けつけるというシーンは完全に生前のさくらが「恭子のことをよろしくね」と言っていた伏線になっており、もしかするとダスティン・ホフマン並みに恭子を結婚式乗から奪い去るのか?という期待も抱かせましたが、単なる病気の告白でした。

この内容であればそんなに急いで渡す必要はないわけで、さらに、挙式前の恭子に「友達になってください」というセリフはなんか違うなあと・・

でも十分楽しめた作品でした。


高校野球も大阪桐蔭の優勝で終了しましたが、早くもこんな発表が。

根尾、藤原、柿木、小園、吉田らU18代表/一覧
8/21(火)
 日本高野連は21日、第12回BFA U18アジア野球選手権大会(9月3〜9日、宮崎)に参加する、高校日本代表選手18人を発表した。
 史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭からは、今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手(3年)藤原恭大外野手(3年)ら5人が選出された。
 メンバーは以下の通り。
▽投手(8人)
吉田輝星(3年=金足農)

渡辺勇太朗(3年=浦和学院)

野尻幸輝(3年=木更津総合)

板川佳矢(3年=横浜)

山田龍聖(3年=高岡商)

奥川恭伸(2年=星稜)

柿木蓮(3年=大阪桐蔭)

市川悠太(3年=明徳義塾)

▽捕手(2人)
根来龍真(3年=常葉大菊川)

小泉航平(3年=大阪桐蔭)

▽内野手(5人)
日置航(3年=日大三)

奈良間大己(3年=常葉大菊川)

中川卓也(3年=大阪桐蔭)

根尾昂(3年=大阪桐蔭)

小園海斗(3年=報徳学園)

▽外野手(3人)
蛭間拓哉(3年=浦和学院)

藤原恭大(3年=大阪桐蔭)

峯圭汰(3年=創成館)

酷使した肩をゆっくり休めてください。

では、本の紹介です。

殺しへの招待 (創元推理文庫―天藤真推理小説全集)– 1997/5
天藤 真 (著)

内容紹介:
わたしは夫であるあなたを殺します。
女であれば誰しもが夫に抱く憎悪が、殺人にまでふくれあがったからです……。
五人の男に届いた妻からの殺人予告状。
本命の標的はその内の一人なのだが、それが自分でないと言い切れない夫たちは戦々兢々、疑心暗鬼に陥りながらも対策に頭をひねる。
追いつめられた男たちの前で事件は二転三転し……。

では、読者レビューです。

紫陽花2006年10月8日
5人の男に届く、妻からの殺人予告状。
自分の事ではないと強がりながら、戦々恐々の男達。
その後、話は意外な展開を見せるのだが...。
一作々々工夫を凝らす作者だが、"妻からの殺人予告状"によって、異様に盛り上がる前半には感心した。
しかし、実際に事件が起こってからはやや平凡に堕している気がして残念。
だが、登場人物の男達には、同じ男として憐憫の情とシンパシイを感じざるを得ず、これは作者の手腕か。
天藤氏独特の機知が楽しめるという点、特に前半の緊迫感が味わえるという点でミステリ・ファンにはお勧めの快作。

よい小説とは必ずしも現実的である必要はなく、ただ作者の作った虚構の中で物語の進行に矛盾や違和感のないものであれば良質なエンターテイメントとなりえます。

その意味で、この小説はミステリーとはかくあるべしという模範例です。

ただし、小さな穴はあります。(以下ネタバレあり)

共通の知人という設定ですので、中心となる人物一人を抜きにしては共通足りえないという点を考慮すればターゲットはこの時点で明らかです。

とはいえ、最終的にはそういう結末(どんでん返し)にはなるのですが・・

まあ、そんな小さな隙が気にならないくらい、この舞台設定を考え付いた作者の創造力に脱帽です。

「大誘拐」「雲の中の証人」「遠きに目ありて」と並ぶ読んで損のない傑作です。

では、クリスマスソング。

彼らは夏のイメージですが・・

さすがのハーモニーです。


最後は、こんな話題。
産経新聞
菅義偉官房長官、携帯電話料金「4割程度下げる余地ある」

 菅義偉官房長官は21日、札幌市内で講演し、携帯電話の利用料について「あまりにも不透明で、他国と比較して高すぎるのではという懸念がある。4割程度下げる余地はあると思っている」と述べた。
 菅氏は「(携帯電話事業者は)国民の財産である公共の電波を提供されて事業している」と説明。
その上で、携帯事業者の利益率が他の業種と比べても高いことに触れ、「競争が働いていないといわざるを得ない」と語った。
 また、公正取引委員会が4年分割払いでスマートフォンの料金を実質半額にする「4年縛り」などを問題視していることを挙げ、「政府として公正取引委員会と十分連携し、今まで以上に利用者に分かりやすく納得できる料金やサービスが実現されるよう取り組んでいきたい」と述べた。

有言実行を是非ともお願いしたいものです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dancingandy
  • アイコン画像 誕生日:3月26日
  • アイコン画像 趣味:
    ・music
    ・salsa
    ・pet
読者になる
70年代周辺は名曲の宝庫。
中でも一生に一度は聴きたい珠玉曲をご紹介する一応音楽ブログです。
ちょっとまじめに政治や文化・スポーツ関連などの話題も取り上げますが、個人的な備忘録ですのでそのつもりでご覧ください。
2018年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ひむか
» 審判の役割 (2018年08月07日)
アイコン画像浜ちゃん
» アレクサ、少しは黙れ (2018年08月05日)
アイコン画像dancingandy
» 義援金の行方 (2018年07月16日)
アイコン画像dancingandy
» 危機一髪 (2018年07月16日)
アイコン画像浜ちゃん
» 義援金の行方 (2018年07月16日)
アイコン画像Rockin Komackyこと GLOBAL GARAGE ROCKIN' ROLL BAND THE GOLDEN BALL'S PAST GUITARLIST
» 危機一髪 (2018年07月15日)
アイコン画像dancingandy
» オウムに関わる3名 (2018年07月09日)
アイコン画像ひむか
» オウムに関わる3名 (2018年07月09日)
アイコン画像dancingandy
» 面白い本 (2018年06月22日)
アイコン画像ひむか
» 面白い本 (2018年06月21日)
Yapme!一覧
読者になる