9/3名古屋・日本ガイシホール最終日・アンコールレポ

September 06 [Sat], 2008, 4:33


人生初、名古屋で手羽先。うますぎる…

名古屋の後半戦、2日間のライブが終了しました。
小田和正ツアー2008『今日も どこかで』
9月3日名古屋・日本ガイシホール最終日、いきなりアンコールレポ!

かなり記憶があやふやです。実際の内容と同じではありません。
以下ネタばれです。
 
 


【名古屋最終日、アンコール】

『またたく星に願いを』

この日は抽選に落ちまくった末なんとかとれたA席2階後ろ…
ステージ裏斜め後方から、野鳥の会でした。
唯一よく見えるのが、左前の花道だけ…ということで、
『またたく星』で小田さんがこちらに来てくれて、一緒に手を振れただけで幸せなのでありました〜

『君住む街へ』

出だしの部分を小田さんが歌わなかったので、あれっ?と。
モニターに一緒に歌っている客席の姿が映ったので、
みんなも歌って…ということかな?

小田さんの目が、一瞬、うるんだように見えましたが…

途中からは普段どおり力強い歌声で、ゆっくりと花道を回りながら。

ずっとライブでこの曲を聴き続けてきたけれど、
そういえば、一緒に歌ったことって、あまりないのかも知れない。

 君住む街まで 飛んでゆくよ
 ひとりと思わないで いつでも


小田さんが、この言葉をずっと歌い続けてくれたことへ感謝をこめて、
いつか小田さんに、この歌の大合唱を聴いてもらうことができたら…と、ふと思ったのでした。


『YES-YES-YES』

全力で歌い終わった風の小田さん、なにやらバンドの方を向き、
ちょっとした間のあと、ゆっくり花道方向へ歩き出します。


「さて。ここからは別料金ですよ〜」

え…
ということは!!

「ゲストが来てます!」(うおおおおお!!!)

「今、裏でそうとう緊張してるみたいです。
コンサート見に来るっていうから、『じゃあ、出たら?』ということになりました。
本人は見るだけのつもりだったのに(笑)」

「それでは、ゲストを紹介します…

松 たか子!


きゃーーーーー!!(場内、大歓声!

おまつさんが、てててて…と早足でステージに登場。
ふわふわの長めのワンピースにジーンズ。いやー可愛らしい!!

小田さんが迎え、二人で花道のセンターステージへ。

「忙しい合間をぬって、コンサートを見に来てくれました。

お父さんの松本幸四郎さんと彼女が出演した『ラ・マンチャの男』を、
僕が相当(力こめる)無理して観に行ったのを気にして、(笑)
今日、無理して駆けつけてくれました。(拍手)」

「なんだ、あんま緊張してないじゃない。」


「いやいやいや…早いとこいきましょう!」(そこはかとなく男らしい)

「僕は、何年か前に彼女のプロデュースをしたことがありまして…
…そう、いわゆるプロデューサーですよ。(笑)

(ライブ中、プロデュースに関するMCがありました。)

なんかずっと前から君のこと知ってるような気がしてね。
なんでだろう?佐橋のこと知ってるからかな?」


(客席から、おめでとうー!と声がかかる。拍手!

「…どうですか。(にや)幸せ?」(笑)
「ええ…まあ…

「ケンカとかするの?」(小田さん、にっこにこ
「まあ、ふつうに… …幸せです!!(わーーー!!)
もう歌いきましょうよ〜」(笑)


「彼女のアルバムのために書いた曲で、最初は書くつもりじゃなかったんだけど、途中で、書いた方がいいかなーと。
その曲をやります。」


『おやすみ』

小田さんのギターとコーラス。
松さんの、可憐でいて凛とした歌声が、ホール中に広がり、
そっとやさしく見守るような、小田さんのコーラス…

 おやすみ ほんとは
 このまま 話していたいけど
 そっとそれは
 心の中に しまって また明日

 あなたが どんな時も
 幸せでいてくれたらいいな


素敵な、歌声でした。

小田さんが書いた歌なのに、
松さんが歌うと松さんの歌に聴こえるのは、
もちろんアーティストとしての松さんが凄いということもあるけど、
なんとなく、二人に似てるとこがあるんじゃないかと…
すんごい負けず嫌いとか、体育会系とか(笑)


曲が終わると、2人でバンドのいるステージに戻って来ました。

「せっかく来てくれたんで、もう一曲、『今日も どこかで』を一緒にやりたいと思います!
レコーディング中に、どうしても彼女の声が欲しくなって、
当日朝いきなり『コーラス…できる?』とお願いしまして。」


『今日も どこかで』

うおおお、松さんの生コーラスで聴く『今日も どこかで』
なんて貴重なんでしょうか!
ツアーサイトで流れてるのと同じだ!感激…

さすがに今回に限っては、小田さんと一緒には歌えませんでした。
聴くことに集中!!
ホントにいい歌ですね〜

最後にもう一度おまつさんを紹介し、握手を交わして、松さん退場。
階段をととと…と降りるときの両手がかわいかったです。


これで終了…と思ったら、小田さんがピアノの前へ。
バンドのメンバーと言葉を交わします。

『生まれ来る子供たちのために』

コンサートの最後に、どうして、こんな声が出るんだろう。
ひょっとしたらこの日一番、と思うくらいに。

小田さんたちがステージを去り、
スクリーンの中のK.ODAも、次の街へ走り去ってゆきました。
21時45分、3時間を超える熱いライブが終了しました。




小田さん、ドーム公演を発表した直後ということもあってか、

とてつもなく元気でした。

来るドームに備えて、こっちも体力つけないとっ!

名古屋レポ、まだまだ続きます。→
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/870
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう

>あーやさん

初めまして!ご挨拶が遅れて申し訳ございませんでした。
名古屋でご一緒だったんですね。
松さん、とっても!かわいらしかったですねー。しかも歌うまい!
小田さんにとっては息子の嫁みたいなもんでしょうか?
私はそんなに全国行ってないのですが、行った方からレポを送って頂けるので、ありがたいことです。

>アロさん

えいこく屋、行きましたよー!!
小田さんが入りたそうにしてるのを、スタッフさん受け流し(笑)
代わりに食べときましたー。なんとバナナカレー!!

>きっちゃんさん

>「一生懸命弾くから…」
そうそう、そこ大事でした!肝心なとこ書き忘れてた〜
名古屋、とっても楽しかったですありがとう!

>おまつさん

あの日は、客席のおまつさんもステージのお松さんも、
ラブ突のミラーボールのように、輝いてました〜〜!!
連日の新幹線通勤(笑)お疲れさまっ!
そして、お世話になりましたっ!!

>けいさん

手羽先、初めて食べたんですよ。あまりのおいしさに追加しちゃいました。今も思い出すとうっとり…

>みゆさん

「スタレビは身内みたいなもの」ですもんね

October 01 [Wed], 2008, 10:03
小堀学
「今日もどこかで」のCD化の話を聞いた時、
カップリングは「東京の空」がいいなあ
と思いました。
September 08 [Mon], 2008, 11:55
おまつ

どーもー (客席のほうの)おまつでーっす

いやぁ〜、おまつ…いえいえ、松さん、ホント素晴らしかった
聴き入った、聴き惚れた、アンコールでした。
そうですね、松さんには男らしさみたいなもの感じますね。
すんごい負けず嫌い…かもしれないってのも^^ほほえましくお察ししますんで、「ずっと小さい頃から知ってる気がして…」という小田さんの言葉も、伴奏も、楽曲も、…うらやましいくらい、素敵な響き合いでした。
「こんにちはー」って松さんが客席に挨拶してくれたとき、高ーく澄んだ明るい声は、一輪の花のように感じました。
『おやすみ』 なんていい歌なの〜
『今日もどこかで』 私も歌えませんでした。なんと素晴らしい…!
『生まれ来る子供たちのために』 心が、ふるえました。

この一瞬一瞬を、この感動を、どうしたらこのままで自分の中に残せるだろうって思います。いつも、いつも。

つうさん、終演後
「『きみのこえがほしい』(←そうは小田さんゆってない) って
ゆ、ゆわれてみたい〜 うらやまじぃ〜
と、手をにぎり合って叫んでいたわれらを、隣りの紳士がチラリと見てましたです^^; 不憫そうに?(爆笑)


September 08 [Mon], 2008, 0:12
きっちゃん

『えいこく屋』のカレー小田さんの代わりに食べときました
小田さんが入ろうとしてたの、ここかなぁ、と言いながら・・・
ナンが焼き立てでふわっとしてて、
ルーも本格的な感じでおいしかったです
小田さんは食べたそうだったけど、却下されてた感じだったので、
時間がなかったんでしょうか

松たか子さんは本当に綺麗というか、可愛くて素敵ですよね。
「(松さんのことを)ずっと小さい頃から知ってる気がして、
勝手に僕がそう思ってるだけで
それは佐橋を知ってるからかも知れないけど・・・
ダンナほどうまく弾けませんが、一生懸命弾くから・・・」

と話す小田さんは、いつだったか、姪っ子さんの話をした時のような
ちょっと嬉しそうな感じでしたね
September 07 [Sun], 2008, 20:46
アロ@名古屋

手羽先は名古屋グルメで一番おススメだがね
なんで全国展開で流行らないか不思議だわね。

追加公演でナゴヤドームにお越しの際は、
ご当地で小田さんも食べてた『矢場とん』の「味噌カツ」、
駅弁「なごや三昧」」をぜひご賞味下さい

ご当地で、覚王山の『えいこく屋』を店名だけ言って
素通りしてましたね〜小田さんにカレーを食べて頂きたかった!
だって私のよく行くお店だものー



September 07 [Sun], 2008, 12:54
みゆ
おぉ!根本要さんですね。
スタレビはゲストと言うよりレギュラーな感じがしてすっかり記憶から抜け落ちてました(笑)←笑い事では無いですね
行けなかった悔しさから私の中では無かった事になっていたのかも知れません

非常に余談ですが、昨日の某タモリさんのテレビ朝日の番組で某ソラミミストの方が非常に根本氏に似ていると言う事を発見しました。(番組内でも指摘されてましたが)←ホントにどうでもいい話ですね。

さて、遠征のチケット(交通機関及びホテル)も届きまして、否が応でも遠征感が高まって参りました

業務連絡です。
再度総務からは報告書の提出をお願いします。
何でも社長からの話ということで総務部長兼副社長から今回の報告書の提出が遅れると、冬のボーナスに響くかも知れないと言われました。
なので頑張って下さいね。
September 06 [Sat], 2008, 12:47
けい
こんにちはー!

この手羽先さえあれば、
「・・・」

松さんは、ゲストで登場するなら武道館と思ってましたが・・・
今だゲストに遭遇したことがありません。
小田さんから別料金を要求されたこともありません。
今日も どこかで」おだ&まつだなんて
LIFE SIZEに収録してほしいーっ!。
総務のみゆ様は、テアトロンのスタレビをお忘れか?
September 06 [Sat], 2008, 12:34
みゆ
おはようございます

早速アンコールからのレポですね。
今回のライブは殆どゲストが来ていないのでとても新鮮です。
やはりゲストは若い女性がいいですね。←セクハラ親父かい!
・・・まぁ一部小田さんの発言も場合によってはセクハラになりかねない部分もありましたが(でも小田さんだからセーフ

ところでフナさんから気になる発言があったのですが、今回の松さんでゲストが3人目と聞いたのですが、あとは足寄のスターくらいしか思い出せないので、あと一人はどなたなんでしょう?
なので、今回のツアーのロードマネージャーでもあるつうさんに聞いた次第です。 

追伸
今、福岡のチケットが届きました1Fスタンドの端ですが、割と前の方なので、遠征した甲斐があるかしら

その前に先ずは来週の水曜日に燃えたいと思います

September 06 [Sat], 2008, 9:36
あーや
はじめまして。
私もラッキーなことに、その場に居合わせた人間の一人です。
小田さんのコンサートは3回目でしたけど、最高でした。
松たか子さん、ほんとに素敵でしたね。モニター見るのも忘れて、視界に小さく入っている本人にくぎづけでした。
それと、貴方のブログを見て、驚きました。小田さんと一緒にツアーしているみたいで、日本各地を回っていらっしゃるようですが・・・
それも、すご〜いことですね!
September 06 [Sat], 2008, 7:25
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30