『今日も どこかで』7/17・新潟朱鷺メッセ初日レポ・その1

July 22 [Tue], 2008, 16:36
小田和正ツアー2008『今日も どこかで』
7月19日、朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター。

朱鷺メッセは、他のアリーナ会場と違って固定のスタンド席がありません。
ただの、だだっ広い空間です。
フロア中にきっちりと椅子が並べられ、右端と左端のブロックのみ、見やすいように傾斜がついていました。

その、130m×60m、面積7800平方メートルの広いフロア中に、
長い花道を張り巡らせ、

小田さんは、あの3時間のコンサートで、
一体どれぐらいの距離を走り抜けたのでしょうか。

最後の最後まで全力で、まさに縦横無尽に走ってくれて。
ほんっとに、全力疾走につぐ、全力疾走だったんです。

その姿を見ていたら、泣けて泣けて、仕方なかった。。

私の周囲は、熱いファンばかりだったようで、
ものすごい盛り上がりでした。
小田さんは「最初から飛ばし過ぎたかな(笑)」というほど、
絶好調で、
その力強い歌声に応えて、我々もいっそう盛り上がり、
歓声に応えるかのように、小田さんは歌い、走り…

小田さんと、自分たちとの、
熱い気持ちが、ひとつになったような、
そんな気がした、コンサートでした。


以下ネタばれです。
言い回しなど、実際の内容と同じではありません。
 
 
沖縄で、トラックを見送って以来、の小田さんのコンサート。
実はあのあと、すっかり切ない気持ちに取りつかれてしまい
日常生活に差し支える差し支える…
小田さんコンサートに行きたい、でも行くと切なくて苦しくて辛い、
略して「小田コン病」…

小田さんが花道を歩いて来て、センターに立ち、
『こころ』が始まった瞬間、ぶわっと涙が溢れました。

この歌声が、聴きたかったんだと。
この歌声に焦がれて、切なかったんだと。

『正義は勝つ』

長い花道を右へ歩き、力強い歌声を響かせます。
左の花道へ行き、

『愛を止めないで』

いきなり、左の花道から走り出しました!!
中央を走って前方の花道の右へ行き、
続いて走って左端に行き、
歌い終わった瞬間にまた全力でセンターへ猛ダッシュ!!
またコーナー飛び越えてます。怖いっつの(笑)

『伝えたいことがあるんだ』

小田さん、今日、絶好調すぎる!!
大好きな歌をこんな風に熱く、歌ってもらえて…
夏目〜〜〜!!!
(今の夏目は、焦げてカリメロみたくなっとります。)
またしてもメッセで一番、前のめりでこの歌を聴いてた私。


「お待たせ、しました〜!!
このくそ暑い中(笑)たくさんきてくれて、どうもありがとう!
ただただ、いっしょうけんめい、歌っていこうと思います!
めいっぱい、楽しんでください!!
…最初からちょっと飛ばしすぎて、くらっとしてますが(笑)」


やっぱり!
その言葉通り、小田さん、驚くほど飛ばしてました。
最初の5キロ、区間新かも?!

『Re』
『僕らの街で』


低音がズンズンと響いて、気持ちいい〜!!
音はさほど期待してはいなかったのですが、
私の席はスピーカーの角度がたまたまばっちりだったのか、
とってもいい音で、それも感激でした。。

『いつかどこかで』

後方右の花道に立ち、しっとりと歌います。
ゆったりしたテンポもいいなあ。またLBしないかなあ。

「この『いつかどこかで』という曲は1991年の…
(客席、手を振りまくり〜)(にこにこ)
こっちにお尻むけちゃっててすいません…へへへへ(笑)

『僕らの街で』という曲は、ジャニーズの、カトゥーンという、かわいい子たちのバンドに書いた曲で…
(だからバンドじゃないってば)

今日来た中に、新潟県外の方はいらっしゃいますか?
(わりと手が挙がる)…そうですか。。」

(へ、それだけ?という笑いが起こる)

『たしかなこと』

いなぴーのギターがまた…泣けるんですよね…
この曲も、どこかでまた一緒に歌いたいなあ。
同じ風に吹かれて、同じ時を生きてるんだ。


花道を移動中、次々声がかかります。
「え〜、はいはい。」
(歩いていく先々で大騒ぎに。)
「あー!わー!って(笑)」
(客席:がんばれ!)
「頑張れって…邪魔してんの、あなたですよ(爆笑)

「おふくろが、僕がまだちっちゃい時に、よく甘いもん食べさせてくれて
大学はいる前まで、よく食べてました
(?)(この辺うろ覚えです)
年取ったら甘いもの食べなくなるのかな〜なんて思ってたけど、
今も、プリンアラモードとか大好きで(笑)

夏になると、友達と海に行こうぜ!って。
女の子いない、現地調達だ!!(笑)
…現地調達できたためしはないんですが(笑)

それで、年を取って来て、
でも、40、50になっても海に行きたい。
60になったのに、
(夏は)楽屋なんかに居ちゃいけないんじゃないかみたいな。
60になっても、夏はときめきますか?(笑)
…では、夏の歌を(笑)」


『夏の日』

嬉しい!この歌があってから、夏がいっそう好きになった気がします!

ご当地で高校野球の予選見に行ったんですよ。
僕は高校時代、野球部をやってまして、

鈴木康博、彼はこれと言って何もやってなかったので、
タッパは大きいから、予選会の開会式で、プラカードを持てと。
全校の中で、図抜けて大きかったですね〜。


うおおお!そのような貴重なお話をしてくださるとは〜〜!!


「一枚目のアルバムは『僕の贈りもの』(拍手)
演奏しますんで、ご唱和ください。」


『僕の贈りもの』

『地球は狭くなりました』


聴きながら、今の時代にこそ、歌われるべき曲なのかな、と思ったり。
あなただけでも 心は広く。
これが難しいんだな…

「2枚目のアルバムは『この道をゆけば』(拍手)
複雑な時代だったです。
なんだろね、混沌としてましたね。うーん。
今、振り返って聴くと、そう思いまして。

3枚目は『ワインの匂い』(拍手)
あ、気を使って頂いて(笑)
その中から、一曲、歌います。」


『倖せなんて』

しあわー、せ、なんてー の、
『せっ』のかすれ具合が、とてもセクシーでございます。(よこしま)

「続いて、そんなストレートでどうすんだお前、
そんな素直でどうすんだ(笑)という曲をやります。」


『愛の唄』

どんなに歌詞がひねくれていようと(笑)
逆に直球ストレートで素直な歌詞でも、
小田さんの書く曲には、心を動かされます。

だって、小田さんの書く言葉には、嘘がないから。
よく、歌詞は、技術的なこと、音とのバランスを考えて書いてる…みたいなこと、よくおっしゃいますが、
そこに「嘘」は無くて、必ず「心」がある。
句点ひとつまでも、身を削って書いてること、
「伝える」「伝わる」事に並々ならぬ想いを持ってること、
ファンは分かってますから。

「えー、けっこう自分でも、いろんな曲を書いて来ましたが、
自分で書いたのに、サビどんなだったっけ??(爆笑)
ねー。時は流れてますよ。(笑)」


(すぐ前に書いた↑私の力説はどうなるんすか…_| ̄|◯


移動しながらMC。
メモを見て、何を話そうか考えてる姿にくすくす笑♪

「うれしそうですね。(うれしいもん!)

昔はツアーで、乗り物とか不便で。新幹線ないし。
仙台までは特急で4時間かかりましたが、今は1時間40分です。
新潟だって、飛行機で来てたのが…
(みんな、きゃーきゃー♪)
話きいてねーな(笑)
ツアーの旅情っていうのが…
簡単には帰れないな〜っていうのが。


(ひたすら手を振る客席に向かい)
えへへへ(笑)
そんなに手を振ると喜ぶなら、ずっと手を振ってたいけど、
じゃあ、曲いくね!(笑)」


『言葉にできない』

「曲いくね!」の言葉の直後に、
あの、キーボードのイントロが響き渡りました。
それまで笑顔だった客席が、一瞬にして息を飲むのがわかります。
どっちが本当の小田さんなんだろう?
むろん、どっちも小田さんなんですが。。

『今日も どこかで』

拍手に応え、手を挙げて去ってゆく小田さん。


新潟の友人の全面協力のもと、ご当地巡りをしてきました♪
次回、ご当地紀行に続きます〜
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/826
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう→きっちゃんさんへ

京都2日間、おつかれさま〜
私は新潟から帰って以降、またまたぼーーーーっとしており
明日は寝坊しないようにしなければ…

小田さん、テアトロンが終わったらしばしの夏休みでしょうか。
今年は本当に暑い、熱い夏ですね。

『いつかまた会える』その時…
今までで一番近い!と思ったのは、風うたのときでした。
しかし、あえなく空振り^-^;

いつかきっと…というドリームだけは、
ずっと持ち続けていようと思います♪
July 25 [Fri], 2008, 19:30
つう→ぼくてきさんへ

こちらこそ、
わーきゃー絵文字が多いにもかかわらず^^;
読んでくださってありがとうございます

小田さんとヤスさんが二人でハモったら。
私は生で聴いたことがないんです。
いつか聴いてみたい。聴いてみたかった。

オフコースの再結成はありえないとしても
幼馴染み同士の再会なら、全然ありなんじゃないかなあ?と。
とりあえず、飲み会からスタートってことで
どうでしょう(笑)
July 24 [Thu], 2008, 15:11
つう→通りすがりの…さんへ

新潟初日は、泣きすぎて記憶が飛んでしまいまして…
しかもライブ後は、所々記憶がないし

抜けてるとこや間違いがあったら、じゃんじゃん補足してくださいませ。よろしくおねがいします
July 24 [Thu], 2008, 13:39
つう→みゆさんへ

せっかく教えて頂いたのに、
しかもその時間より前にテレ東つけてたのに、
うっかり、放送時間までHDDレコの編集しよっかな♪なんて思ったのが間違いでした…

一時間まちがえてました… _| ̄|◯
もう終わっとるやん… 

気を取り直して、新潟の続きを…あれ〜
暑さのあまり脳が働くことを拒否しとります。。
キーボード打ち間違い、多発

小田さんの歌って、その時々の自分の年齢で
受け取り方が違うんですよね。
小田さんがその曲を作ったときの年齢を、追いかけていって、
いつか、自分が、
小田さんが『今日も どこかで』を作られた年齢に追いついたとき、
この曲を聴いてどんな風に思うんだろう…と、
それも楽しみです。
July 24 [Thu], 2008, 13:35
つう

   うわあああーーーーーー!!

 せっかく…お知らせ頂いてたのに… _| ̄|◯

July 24 [Thu], 2008, 0:54
みゆ
ぼくてき さん。始めまして。
お役に立ちまして良かったです。
(しかし、本人抜きに成立させていいのかしら?)

お二人の共演ですか。
最近の小田さん、YASSさんのお話の内容を聴いていると元オフコースと言うよりは聖光学園の同級生としての距離感に近い感じがします。(あくまで私個人の憶測で、ですが)

いつかどんな形でも構わないですから、お二人がそろった姿をひとめで言いから見てみたいですね。

・・・つうさん。ちゃんと見ました?

July 24 [Thu], 2008, 0:48
きっちゃん
京都も終わってしまいました
時は流れています・・・と小田さんがよくおっしゃいますが。
栃木はとうとう手に入らなかったので、
横アリまで当分小田さんには会えません
早くも切ない病に陥っています

TV東京映らなくて見れませんでした


ぼくてきさんが書いていらっしゃるような
小田さんと鈴木さんの共演
いつか実現してくれる日が来てくれるのでは
と私も最近淡い期待を抱いているのですが

NEXTのテーマ 新しい時の流れの中で
いつかまた会える時が来るね の
その時が近ければいいのになぁ
・・・というのは期待しすぎでしょうか

July 23 [Wed], 2008, 23:46
つうさん、いつもレポートありがとうございます。
 
(あ、それから、みゆさん、はじめまして。ちょうどみゆさんの書き込みをみたので、テレビ東京の5分を見ることができました!ありがとうございます。)

 私は次の横アリも武道館もダメで、もう小田さんのコンサートのことは考えまい・・・と思いながら、ツアーのことを書いたブログあさりをやめられず(泣笑)。つうさんのレポートを読むと、自分も行って、その場にいたような気分になってうれしいです。

 MCで,鈴木さんの話をされたんですね〜〜ドキドキ
 私、もうオフコースのリユニオンというのは考えてないんですが(いえ、あったら飛びつきますが)、アーティスト鈴木康博とアーティスト小田和正の共演が聞きたいです。・・・お互いのソロにお互いにハモリをつけて・・・あと、オフコース時代の曲も何曲か(って、結局そこに。エヘ)。実現してほしいです。


July 23 [Wed], 2008, 23:09
通りすがりの…
あんなに号泣してたのに、(泣き崩れてヘタリ込まないかと、たまにチラ見してました。すみませ〜ん)何故、こんな完璧に書けるんでしょ〜。弟子入りしたいです。
毎回ライブ終了後は、心地よい高揚感と、満たされた気持ちでイッパイになります。
July 23 [Wed], 2008, 3:41
みゆ
つうさん!
明日(7/23)PM10:55〜PM11:00からテレビ東京ですよ!!
忘れないでくださいね。

待望の5分間バージョンです
July 22 [Tue], 2008, 22:09
みゆ
いぃなぁ新潟!

未だに甘いもの好きなんですねでも食べていてもちゃんとコントロールされてますよね。それに比べて・・・(じっと手を見る)

海に友達と行って!女の子は現地調達!!(出来てないけど
言って頂けたら何時でもお供するのに!(いや、そもそも生まれてない・・・よね?多分ギリギリ)

小田さんの詞は常に自分の中にある物を突き詰めて突き詰めて昇華させて色んなフレーズに形を変えていると思います。
だから、心を掴まれて切なくて苦しくて涙が溢れそうになってしまうのです。(私の場合)
昔(小田さんが20代後半から30代前半)の曲は小田さん自身が若かった所為か、割と考えさせられる内容が多かったですね。
(「ひとりで生きてゆければ」「生まれ来る子供たちのために」「時に愛は」←この世界観は大人にならないと分からなかったので
ソロになられてからは難しい事を難しくでは無く、分かり易い言葉で分かり易くメロディーに乗せて歌ってらっしゃいますよね。
だからソロになってからの方がより小田さんの曲に耳を傾ける人が増えたのかな・・・とも思ってます。(違うかな?)

・・・最近、YASSさんの話をさりげなく話されてますよね。ネタが尽きたあまりに普通に話されているので、色々と頭の中をグルグルする物が・・・。
今年の「クリスマスの約束」期待してもいいの?(そもそも今年もあるのか分からない(?)のに)

果てしなく妄想が広がりそうなので(笑)続きお願いします

July 22 [Tue], 2008, 20:51
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31