「風のようにうたが流れていた」のは

July 02 [Sat], 2005, 19:57

そうかな / 小田和正(2005年)

「風のようにうたが流れていた」(10曲目)


私に風のように流れていたうたはオフコース。風というよりは、砂嵐のような激しさだった、今にして思えば。
最初に自分で買ったLP。最初に友達と行ったコンサート。
チケットを取るために、何時間も公衆電話をかけ続け、真冬の屋外に徹夜で並んだ。
部活の夏合宿の夜、持ち込んだラジカセでオフコースをかけながら、夜更けまで友だちと喋る。次の朝のランニングが眠くて辛い。


2004年の秋から冬にかけて毎週月曜深夜に放送されていた、「風のようにうたが流れていた」。
エンディングはこのテーマ曲を弾き語りで歌うことが多かった。

出会いも 別れも 知らぬままに 流れるうたをきいていた
なぐさめられて はげまされて そして夢をみた


画面にその日のテーマに沿った写真が何枚も映し出される。
オフコースがテーマだった第8話と9話、メンバーみんなの姿が映った時は、さすがにぐっときた。
その写真の向こう側、映っていないところに、かつての自分達がいる。

あの夏の空 きらめく海も 忘れかけてた 青い恋も
そしていちずにときめく心も 昨日のことのように


(「風のようにうたが流れていた」)


第9話で語られた、オフコースの終わり。
オフコースを学校に通っているような毎日、と例えた小田さん。
「学校ですから、やがて卒業していくときが訪れます。今ぼくは、オフコースの解散をそんなふうに解釈しています。」
オフコース最後のライブは東京ドームだった。
「その時のファンの人たちの声は今でもよく覚えています。
では、これはオフコースを想って作った歌です」
 
完全版DVDでは、そのあと「あんまり、しんみりしないでください」と小さく微笑んでいる。
そして、「NEXTのテーマ−僕等がいた−」を歌い始める。
はい小田さん。しんみりなんてしてません。
ぼろ泣きじゃ。うわああああああーん。


NEXTのテーマ。鈴木さんが抜ける時に書かれた曲。
鈴木さんがいないオフコース。
それでも、あるはずもない「5年後のNEXT」を信じて、ひたすらオフコースを追い続けた。

そして、
4人のオフコース最後のツアー、”STILL a long way to go” 。

ツアー中で浮かれている私に、OFF COURSE COMPANY から「親展」と記された封筒が届いた。
「オフコースは現在のコンサートツアーをもって解散することになりました。」
"To Our Friends" で始まり、「まず最初に、長い間ご声援いただいた皆様にご報告させていただきます。」で終わる手紙。


ツアー最後の武道館3日間。最終日、1989年2月3日のこと。
オープニング、「NEXTのテーマ」のイントロが聴こえてくる。
手拍子と悲鳴があふれる中で、小田さんが歌い始める。

 誰れの為にでもなく 僕等がうたい始めて
 歌が僕等を離れていったのは ほんの少し前の冬の日

 いつだってほんとうは ひとりよりふたりの方がいい
 あの時 大きな舞台の上で 僕は思っていた 夏の日


(「NEXTのテーマ−僕等がいた−」)

『その時そこには君たちがいたね』と歌う瞬間、ステージ上のメンバーがはっきりと姿を現す。
絶叫で武道館が揺れる。
間奏の要さんのトランペットが震える。仁さんがHey!と声を上げる。

その仁さんが「逢いたい」の途中歌えなくなったとき、ボーカルをとったのは小田さんだった。

私はジローさんのドラムが大好きだ。ドラムが歌っているから。この日のドラムも、心底楽しそうに歌っていた。ジローさんも、いつものみんなを幸せにする笑顔で、たぶん寂しくっても、楽しくてたまらないと全身でいいながら叩いていた。

武道館の前、厚生年金会館ライブで、「ぜんまいじかけの嘘」の時、突然、空飛ぶ鉄腕アトムがスクリーンに大写しになったのにはぶっとんだ。ほんっと楽しくてテンション上がりまくったなあ。だから今でも松尾さんを見ると敵をじゃんじゃんやっつけるアトムの姿を思い出してしまう。


(「風のようにうたが流れていた」第9話より) 
「ツアーは、オフコースの中でも最長の102本に及びました。
この曲は応援してくれたひとたちへの、最後のメッセージになりました。聴いてください」

『君住む街へ』


武道館。
『Yes-No』が演奏され、悲鳴そして絶叫が渦巻く。
小田さんが「どうもありがとう!」と叫び、場内が少しだけ静まる。
「とっても、幸せです。どうもありがとう。」
ぽつんと呟くような、小田さんの言葉に続いて、本編ラストの曲が始まる。
小田さん、仁さん、松尾さんが順ぐりに歌う『君住む街へ』

幾度目かのアンコール、小田さんが武道館の客席に降りてきた。
「またあおうぜ!」と叫んだ。その時はじめてきいた。
そういえば「朝までやるぞ!」もこの時がはじめて。
あの頃の「オフコースの小田さん」にはありえないことだった。
あんなライブは後にも先にもこれっきりだったと思う。
まるで武道館がちっちゃなライブハウスになったみたいに、最後の最後に、オフコースがすぐそばにいた。


うちらどんだけオフコースが好きだったか。どんだけオフコースの音楽を支えに毎日生きてたか。
メンバー全員に教えたいよ。
あの日東京ドームで、これからはみんながオフコースだからね、と小田さんは言った。
いや違う、オフコースは永遠にオフコースだ、たとえ本人達がなんと言おうと。
オフコースの音楽は今も風のように流れている。


うお。熱くなってしまいました。いつもは明るく陽気なおだファンだよー


作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用
「風のようにうたが流れていた」DVD第9話より一部引用
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/48
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2
あれから時は流れ、今は小田さんのツアーTシャツにタオルでジム通い。
食費を削って小田コン資金。(進歩なし)
風は今でも時に熱く、時に涼やかに吹き続けています。

ところでチケットぴあは当時すでにあったよう。
ぴあで扱ってなかったから徹夜とかしたんだもん。ぴあがなかったからじゃないもん!
July 12 [Tue], 2005, 20:31
こんどうたい
熱い風に吹かれて私も昔のことを想い出しました。想えば貴方は部活時代、いつもオフコースのTシャツとタオルを持って、練習後のジュース(60円)を節約しては、オフコースのLP、武道館のビデオを購入しておりましたね。まだチケットぴあも無い時代(年齢ばれ)に、千葉文(実家ばれ)のコンサートに徹夜で並び、トイレが無くて困ったと言う話を周りに切実と訴えておりましたね。貴方も困ったでしょうが、周りの人も困ったと思います。居酒屋で言葉にできないの、歌えなくなるシーンを酔っ払って真似する先輩たちに、貴方は本気で怒っておりましたね。ドームでは泣き、パワステでは感激し、オンステージシートでは喜んだあの日々も昨日のように覚えております。出会いも別れも知らぬ頃から吹いていた風は今でも吹いております。風を創ってくれたミュージシャンには心から感謝しますし、あの頃と全く同じ風に吹かれ続けることが出来たことにも感謝しなくてはいけません。いつか風が止んだら、自分たちで沖まで船を出しましょう。ではまた。
July 12 [Tue], 2005, 2:15
つう
あなごまきさま、はじめまして。
長々書き綴ったつたない感想を読んで頂き、ありがとうございました。
武道館にはいろいろと思い入れがあるせいか、どうしても熱く、長く(笑)なってしまいます。
あなごまきさんも、よい夏をお過しくださいね
コメントありがとうございました。
July 10 [Sun], 2005, 12:40
つうさん、はじめまして。
記事読んで感動しました!何度も読み返しました。
武道館の様子も読ませて頂きました。また来ます。
よい夏を。
July 09 [Sat], 2005, 18:42
つう
sumiさま、はじめまして。つたない文章を読んでいただき、ありがとうございます。
解散の手紙は今も大切にとってあるのをガサゴソ
ひっぱりだしてみました(笑)
さらに当時つけていたオフコース日記(笑)によると、手紙を読んだときはかなりショックで、しばらくはまっ暗な気持ちでしたねー。
十数年後、こんな明るい気持ちで武道館に行けるとは。
昨日のライブも素晴らしかったですね!
コメントありがとうございました。
July 08 [Fri], 2005, 19:20
昨日の余韻で、めぐり巡ってたどりつきました。
余りに私の思い出とだぶって、思わずコメントしてしまいました。でも、つうさんの記憶力、すごいですね!解散のときの手紙とか、今の今まで忘れてました。
当時はハンマーで打ちのめされるくらいの衝撃だったはずなのに。
他の記事も熟読させていただきました。すごいですね!
July 08 [Fri], 2005, 10:45
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31