有明夢うつつレポートその2

December 15 [Fri], 2006, 9:56
有明夢うつつレポート・その1はコチラ→

さっくりネタばれております。
録音録画機器は使用してません。単なる思い出メモ。
 



■3組目のゲストは小田さんとほぼ同世代の男性。斉藤哲夫さん。
いきなり♪「今の君はピカピカに光って〜」と、スクリーンに懐かしの宮崎美子さんのCMが流れ、場内が沸きます。(いまのキミはピカピカに光って / 作詞:糸井重里・作曲:鈴木慶一・歌:斉藤哲夫)

■斉藤氏は三十年ほど前の「オフコースの小さな部屋」というコンサートにゲスト出演されたそうです。
「それに来てた、という人は今日いますか?」と訊いてましたが、さすがにいなかったようで・・

■というわけで調べてみた。
1975年3月22日、日本青年館「オフコースの小さな部屋 vol.1」
オフコースとゲストの斉藤氏とで『グッド・タイム・ミュージック』を演奏しています。
当時から小田さんはこの曲をとても気に入っていたようです。

『悩み多き者よ』
始まった瞬間、あ、この人だったのか!と。
オフコースのライブアルバム「秋ゆく街で」で、ヤスさんと小田さんで『悩み多き者よ』を歌っています。とても印象深い曲だったので、歌詞もメロディーも覚えていました。
ご本人が歌っているのを、初めて聴くことができました。
ここも聴きどころです!

『グッド・タイム・ミュージック』
「メッセージを伝える曲が多かったのに、こういった曲も作るんだな、と当時は驚いた」・・と小田さんが言っていたような気もするのですが、その辺はあいまいです。同世代のせいか会話のトーンも落ち着いていて(笑)聞き取りづらかったので。
楽しく、幸せな気持ちになる音楽でした。


■4組目のゲストはスキマスイッチ。
なんと、「クリスマスの約束」のために3人で新曲を作ったそうです!
その様子がVTRで流れます。スキマさんたちは、小田さんの前でも遠慮せず、ぽんぽん発言している感じで面白かったです。

「ここは女々しいから変えよう」
「女々しいって・・小田さんの曲もそんな感じじゃないですか」
「…そうか?」←小田さんショック(笑)
みたいな。

■アフロっちは歌詞を書くのがすごく早いらしい。

■曲のタイトルは、スキマスイッチが考えてくることになっていたそうで、彼等からタイトルが発表されます。
「『僕らなら』・・どうでしょう?」
と、小田さんも気に入った模様。

そして、『僕らなら』を3人で演奏します。
素敵な曲ですよ〜

小田さん「スキマスイッチって聞くと・・壁に電器かなんかのスイッチがあって、
その前に大きな物置いちゃって、
スイッチ押す時にはその隙間に手を入れて・・みたいなイメージがあんだよ。」(爆笑)


その後、本人たちがグループ名の由来を説明しましたが…
小田さんの「隙間にあるスイッチ」のイメージが離れなくなってしまいました。やば・・

■現在28才の大橋さん。
「今の小田さんの年齢まで歌い続けるって・・来年は還暦ですか?
(客席・笑)あと32年と思うと。。」

「32年後、還暦の時にステージで『全力少年』歌えよ。」

小田さん、全力で歌ってる時の姿はまさに少年です!

「君らは今年も紅白出演ですが・・」
「テレビに出演することに抵抗は無いの?」
と、テレビの収録中に(笑)質問する小田さん。
「特に無いですよ。」
…そういえばこないだ、うたばんにも出てたなあ

■歌は 『全力少年』

昨年の武道館以来。パワーのある歌です。
スキマスイッチが帰ります。これで最後のゲストも終了したはずでした、しかし・・


■アメリカで音楽をやるということについて。
「この夏にアメリカに行っていました。
昔、向こうでレコード出そうと挑戦したこともあったし、オフコース時代に向こうの有名なプロデューサーと話す機会もあったんだけど、やはり英語じゃないと難しいと言われたりして。
今はもう、「伝える」ということに関しては日本語だなと思っています。
今回アメリカに行ったのは、自分の歌を英語で、ライブハウスででも楽しく歌えないかな・・と思って。
だから、以前とは違った想いで、また英語で歌ってみようと。」


『my home town』
最初は日本語で、途中から英語で歌います。

「ちょうどアメリカから帰ってから、この話をもらいました。
どうしようと思いましたが、やってよかったと思っています。
彼等に会いましたが、とてもいい青年たちでした。」

『僕らの街で』(おお、いい歌だ!)


「今年のテーマは「伝える」ということなので。まさにテーマにふさわしい曲をやりたいと思います。」
『伝えたいことがあるんだ』(きゃー!

■最後に、新しい曲を、演奏してくれました!
ピアノ弾き語り風のバラードでした。
この曲は一体いつリリースされるんでしょうか?!わーい!

(「東京の空」…仮タイトルは「TBS」この時が初披露でした。)


■収録はここまで・・と思ったら、何曲か撮り直しをすることになり、
コンサートはまだまだ続きまーす!ひゃっほう!


夢うつつレポ・最終回に続く!
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/456
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう→苺たるとさんへ
読んでくださってありがとうございます
年々、記憶力の低下をひしひしと感じております。楽しかった雰囲気だけでも感じていただければ
あの、お読み頂く際には、妄想まじりのしょーもない思い出日記だな〜、みたいなかんじでひとつよろしくです、てへ
きっと放送されたら全然違ってるじゃん! てなると思われ・・
いまからお詫びしときますごめんなさい
December 16 [Sat], 2006, 10:30
苺たると
きゃあつうさんのレポだあ〜
うれし〜
とっても雰囲気が伝わって
いつもいつも楽しませていただいております。
「つうさんのごちそうちょう」に出会えたこと、感謝です
December 15 [Fri], 2006, 13:38
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31