9/2「J-WAVE スーパー・ラインJ 」平井堅&小田和正インタビュー

September 02 [Sat], 2006, 22:32
8月に行われたJ-WAVE LIVE 2006。
19日のライブ終了直後の、平井堅さんと小田和正さんに、J-WAVEが直撃インタビュー!

ということで短めですがインタビューの部分だけざっとレポ〜はふ。
放送されたものと全く同じではありません

(BGM:POP STAR/平井堅)

平井さん(以下:平)いやなんか、ずいぶんスタッフのかたに、僕は毎年やらして頂いてるので、誰かゲストに招くのはどうか、という話になりまして。
そいで、ダメ元というか。小田さん・・いいですよねえー。みたいな話をしたら、じゃあちょっと伺ってみましょうという形で。


小田さん(以下:小)まあステージでもいったように、断っちゃうとゼロだから。
たぶん断るともう一回は言いにくいだろうし。
その…ゼロは絶対もったいないなーっていう。せっかく若いヤツが言ってきてくれるっていうことは、とっても、自分にとっては財産だと思うからね。
とにかく土俵に上がろうか、ということで。やろうっつってね。
 
 
小田さんの、平井堅さんというシンガーについての印象は?

(BGM:キラキラ/小田和正)

小:まあ、テレビで「古時計」とか。そういう、きれいにバラードを歌う人なんだなっていうのはあったけれども。
その、今回の「瞳をとじて」とか。なんかたぶんどっかもう一歩違うとこへ踏み出すっていうことが、たぶん自分が、そのなんかそういう方へどっか動いてくんじゃないかなーっていう、イメージが、俺は勝手にね。
またそういう風に、俺はまあ年上だから言ってもいいと思うけど、してくべきだなあっていう。
「古時計」の時代、「瞳をとじて」の時代。その後に何か。
まあ、本人が頑張れば。これだけ支持されてる人間だからね。
自分で見つけていくんだろうなあと。
まあでも、ファンの人たちにとっては、第二の「瞳をとじて」、第三の「瞳をとじて」でいいのかも知れんけども。
きっとそうじゃねえんだろうなあ、って風に俺は…勝手に思ってんだけどね。へへへ(笑)


(曲:たしかなこと/小田和正)ライブ音源ではありません。


J-WAVE LIVE2006で二人で歌った「たしかなこと」は、
平井さんが選曲したそうです。
選曲からリハーサルにいたるまでの様子について。

(BGM:風のようにうたが流れていた/小田和正)

平:そうですね、あのーお互いに。
小:お互いにか?お前がゆったんじゃないの?
平:え? (小:え?俺は意見…)
平:僕は小田さんの曲を何曲か…
小:ああそうか。「秋の気配」とかね。
平:そう。それで…「瞳をとじて」は(小田さんが)。
小:ああやっぱりね、彼の曲はやったほうがいいだろうし。みんなが知ってる曲やった方が。
「秋の気配」二人でやったってしょうがないもんな。と思うな俺は。

平:そう…そうっすかね(小声)
小:なんか。俺(聞き取れませんでした)

小:ここはああしようこうしようみたいな。上行こう下行こう、とかね。
追っかけみたいなことは俺が勝手にやっとくから、みたいな。


平:あのー、やりやすい…かったですよ。ストレートなんで。
まあ、僕は歌うだけで。小田さんの方がきっと大変だったと思うんですけど。
コーラスラインを…自分の曲は知ってるし。自分のやってるラインは。
小田さんの曲は教えて頂いたりして。
なので…楽しく。はい。


(ライブ音源:バイマイメロディー/平井堅)


J-WAVE LIVE 初出演!小田さんの率直な感想は。
 
(BGM:秋の気配/小田和正)

小:やっぱりその〜、スタッフ含めて。敵地とは言わないけども。
知らないと…大体ほら、守られてるとこが多いじゃない?自分がやってる時はね。
逆にその…でも敵じゃないんだから(笑)敵じゃないけど微妙に敵、みたいな。そういうのはとってもまた新鮮だし。
みんなに、良し、こいつら引っ張ってくぞ、みたいな。
それは、お客さんもそうだよね。彼のファンの人、あるいはウルフルズなり、スガシカオ君のファンなり、
来てる人たち、さあどうしようか!みたいな楽しみっていうか、そういうのはあるよね。うん。
逆にブーイングこねえかな、みたいなね。おお、ブーイング…まあ、来ないにしても。みんな礼儀正しいからね。
そういうのは面白いね。BU〜〜なんかゆってさ。



後を引き取るJ-WAVEパーソナリティーの人を散々困らせる小田さん(笑)
ブーイングって。。かぐや姫の前座時代とか?

小田さんは最近ますます 本番中に何を言いだすかわからない 人になってきたような気がいたしまふ。
予定調和を嫌う小田さんらしいです。はふ。

平井さんの語った「やりやすい…かったですよ。ストレートなんで」
また体育会系べらんめえ調でずけずけゆったのではないかと想像

二人で歌ったライブ音源は残念ながら聴けませんでした。番組のどこかで流れたんでしょうか?(最初と最後が切れてた)
聴いてみたかったな〜
平井さんの歌う「たしかなこと」
小田さんの歌う「瞳をとじて」

一度ご縁ができると、とことんその縁を大切にする小田さん。
いつかまた、ステージで二人で歌うことがあったらいいなあ…


ところで小田さんロスで英語詞の作詞って…
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/380
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう→piyopopさんへ
二人の歌が聴けなかったのは残念でしたが、
平井さんが、小田さんのストレートな発言に、ちょっとおたおたしてるっぽくしてる(ややこしい)のが面白く。
漫談の相性はかなりいいんじゃないかと思います(笑)

おお!『ワインの匂い』発注されましたか〜
最近、朝晩ちょっと涼しくなってきたので「雨の降る日に」が聴きたくなり、iPodに入れております。
小田さんの運転するセリカの音〜
September 05 [Tue], 2006, 13:42
piyopop
早速のレポ有り難うございます
それにしても、お二人の会話笑わせてくれますねぇ
小田さん奥が深すぎて、まだまだ読み切れません

ロスでのプロジェクトも楽しみですね(わくわく)

今日、カセットテープをごそごそ探してたら、持ってるはずのない”オフコース〜ワインの匂い”があったえっ誰の?と思いながらも聴いてみる・・どの曲も凄く良くて速攻でアマゾンにCD注文しました。小田さんの声、若いなぁ〜ヤスさんとのハモリも素敵すぎるぅ〜
ますますK.ODAワールドにのめり込みそうです
September 03 [Sun], 2006, 1:03
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30