居酒屋の星野仙一・その3「the flag」

February 17 [Fri], 2006, 17:32
「居酒屋の星野仙一〜ゲスト・小田和正 in 名古屋」

NHK-BS2で2006年1月26日に放送されました。
ツボをぼちぼち書くつもりが、全編に渡ってツボだらけなので、ほとんどひたすら文字起こしの様相を呈してきております…

その1はコチラ→
その2「あの一球」はコチラ→


■「the flag」
名古屋でのライブ、フルコーラスが流れる。

客席には『歌がわかる、人間がわかる、男がわかる』そんな人のひとり、
星野氏。
頬の涙をぬぐいながら、聴いている。


それからの 僕らに 何があったんだろう
変わってしまったのは 僕らの方なんだ

自由な翼を 僕らは たたんで
二度と そこから 飛び立つことはなかった

やがていつの日か この国のすべてを
僕らが この手で 変えていくんだったよね

僕らが この手で すべてを

こゝから 行くべき その道は どこかと
できるなら もう一度 捜さないか
戦える 僕らの武器は 今 何かと
それを見つけて こゝへ 並ばないか

(「the flag」作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部抜粋)




星野氏「今日聴いてて…、3曲目に『the flag』。
涙出てきたんだよ。
若い時にこう思って、…なんでお前それ貫かないんだと。
頑固なまでに、
この歳になっても、若い時の夢を貫こうよ!っていう風な、メッセージに聞こえたわけよ。」

「定年、リストラ、早期退職、次の就職、もうひとつは孫の話。
おいちょっと待てよお前ら、と。
若い時のあの考え、『the flag』じゃないけども、あの考えを。
もう少し、考え直してみろと。

だから…ある意味、団塊の世代を代表して、俺は指揮とってたと。
という風な監督時代だったよ。そういう意識はあったよ。
今、そういう意識ない?歌ってて。」


小田さん「ああだからそれはもう、人とギャップができちゃって…。
でも、俺エラそうに言う訳じゃないけど、
俺は頑張ってんだけど、頑張ろうよ?!って。
もう一回、
もう一回出来るような気がして。俺の幻想かもしらんけど。
仲間集まったら、またなんか、そこに、始まることがあるんじゃないかみたいな気がしちゃうんだよね。」
 
 
「今日、俺が感じたように。
うらやましい。
団塊の世代、還暦を迎えようとする男たちが、うらやましいということは、彼らにものすごい勇気を与えてると思う。
俺も勇気もらったもん。本当にそう感じたよ。お世辞でもなく。」


「いやいやそんなこと…いやいや…」

↑燃える男・星野氏が熱く語っている間、ずっと困ったようにちっちゃい声で言い続ける小田っち(笑)



■このあたりでちょっと休憩、大豊さんの台湾料理が並びます。
過酷なツアーですっかりスリムになってしまった小田さん、ぜひいっぱい食べてください!
おいしそうだなー。食べに行きたいなー。
もし場所がわかってたら、名古屋最終日の帰りに寄ったのに〜ざんねん!


「今年台湾のツアー行ったのよ。
それが感動しちゃってさあ、俺もう泣きじゃくっちゃったよ。」
(ぱくっ)「(笑)」

「いやなんかね…。2度目なんだけどコンサート(背筋がぴっと伸びる)
とっても待っててくれた人たちがいっぱいいて。
なんかね。俺は、音楽は国境を越える、とか言うじゃない。
なぁにお前、そりゃこういう人もいるかも知れんけど、そんな簡単に、音楽が国境を越えるなんてこと言うなよ、みたいな。ちょっとへそ曲がりだから。
(←自覚あり)
で、今回は、そういうこと、あるぞ、と。

言葉の無い音楽は、音でね、何となく通じ合えることもあるけど、
言葉があるばっかりに、越えられないことって、あるんだよね。
それが…あ、これ、通じ合ってる?みたいなね。
今日のお客さんと、あ、伝わったみたいだっていう、
そういうことがとにかくあって…最高だったね。」


「でも、音符は世界中一緒でしょ?」

「いやだから、台湾語でも歌ったんだよね。北京語で。
やっぱり、一生懸命近づこうとしてくれてる、って向こうは思うのよ。
それが嬉しかったり。

だからさ、今、俺、花道走ってっけど、近づこうっていう気持ちが。
みんなよってくるだろうじゃなくて、近づこうという気がやっぱり、相手に伝わると思うな。」



大豊さんが、バッティングの極意を伝授します。

大豊さん「極意は…僕は気合いだと思います。」
野球少年カズちゃん「え?気合い。(うなずく)…へへへ(笑)」

大豊さん「向かっていく気持ちですね。はい。」
監督「向かっていって空振りしたよな。よく俺に怒られてたもんなあ。」
大豊さん「はい、なぐられました。」(笑)

大豊さん「バッターボックス入った時に、気持ちが負けたらもうダメですね。引いたらダメですね。
向かっていく気持ちがなければ、大振りもできないし。
振らないと、当たらないし。」


(現役時代の大豊さん、豪快な空振りシーン。←ついでにホームランも見せてくれよ〜!!)

野球少年カズちゃん、目きらきら


カズちゃん「僕は、さっきも言ったけど、最初なんでこの人こんなに空振りしちゃうのかなって思ったけど。
それを聞いて。もうすっごく、ああ、よし、今日も空振りしとるなーと思って見てたんだね。」


監督「でもホームラン王獲ったしね。」
カズちゃん「うん。(うなずく)」
大豊さん、笑顔。

カズちゃん「台湾の人たちは熱いねー。」
大豊さん「そうですね。熱狂的なね。」

監督「これ(大豊さん)も熱いんだよー。カーッとなってね。退場なったりしてんだよ。」
カズちゃん「えへへ…自分だってしょっちゅう」

大豊さん「たまには。監督は8回なんだけど、僕は2回です」
監督「そうか…」(カズちゃん爆笑)


その4に続きます。→
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/253
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28