小田和正ENCORE!!ENCORE!!横浜アリーナちょっとだけ続き。

July 12 [Fri], 2019, 8:46



5月の横アリがまだ途中だったので、ちょっとだけつづき。(さいたまのつづきは?)(長野2日目は?)(四日市は?)
…今月号の「へい!いらっしゃい」が去年の7月の話だったので、見習っていこうと思います( ー`дー´)キリッ

5/14 横浜アリーナ1→
6/19 長野ビッグハット初日→
6/28.29 さいたまスーパーアリーナ1→

以下ネタバレがあります。
  


・・・


※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器・携帯電話やスマートフォンの録音録画機能など、一切、使用しておりません。
すべて個人の記憶と、手書きの速記メモによる主観に基づくもので、実際とは異なります。



・・・



二日目のMCから。。

「誰かが追加公演やるって話を聞くと、そんなの最初から決まってんじゃん。と散々悪口を言ってきましたが、こういうことになると、あ、そういうことあるんだな。と反省しております。(笑)
反省しつつ、一生懸命、歌っていきたいです。
(ENCORE!!ツアーと比べて)微妙に、あ、ちょっとここ変えたんだな?と、そういうとこにこだわる人は聴き逃しのないように。(笑)

(すごく変わった感じがするー!新しいツアーみたい!)

知ってる曲があったら積極的に、しかしながら隣の人の迷惑にならないように、楽しく歌ってください。」

「以前、ラブソングの神様、と書かれたことがあって、とってもイヤで。収まってホッとしました。
何十年か前、二人でやってた頃はマンネリと書かれて傷ついた。それからしばらくして、「普遍的」とほめられて、嬉しかった。マンネリも積み重ねると普遍的になる。

ラブソング、しばらく書いてない…なかなかラブソングを書こうという気が起きないです(笑)
次の曲は、一見、ラブソングに思えますが、夏に寄せる思いを書いた曲です。」

「昔はなんだか秋が好きでした。「秋ゆく街で」という曲を書きましたけど

♪まるで… 秋を…

次の曲、これもラブソングかもしれないです。」


ぎゃおー、『秋ゆく街で』ほんのちょっとだけ、歌ってくれた!
うち帰ってさっそくアルバム聴きました。
今の小田さんに、歌ってほしい懐かしい曲が、たくさんあるなあ。。
もちろん、新作の”ラブソング”も、大歓迎でございます!


「Yes-No」で、花道をぐるっと歩きながら歌ってくれるのですが、二日目は初日よりさらにぴょんぴょんしてた気がします♪回を重ねるごとにぐいぐい調子を上げてきてます♪
にっこにこで、スタンドの上を見たり、手を振る人たちを指さしたり。
スタンドのてっぺんで飛び跳ねてブンブン手を振ってる人たちを、嬉しそうに見ながら。
そんな小田さんを見ていられる幸せ。。花道システムありがとう。。


ご当地紀行は、昨年のENCORE!!ツアーの全国名場面でした。
横浜ちょっとだけご当地は、赤レンガ前、伊勢原市の大山阿夫利神社、本牧公園。
やっぱり階段を登ってました!
神社の方にコーヒーをすすめられた小田さん、そこからの景色がとっても良くて、行ってみたいところがまたひとつできました。

「ENCORE!!ENCORE!!ツアー全行程、無事に完走できるように、心をこめて祈願したいと思います。」

ご当地映像の終わりの方は、バンドと小田さんがステージに戻ってきて一緒に見ているのですが、2日目は右の肩〜腕をぐるんと回してる小田さんを目撃。さっそく真似してみる(ぐるん)

後半も、思いっきり盛り上がっていきたいと思います!
…からの、後半スタートの、ギターのイントロが大っ好き!!


・・・


今回の横浜アリーナ初日で、一番泣いたのが、まさかの「キラキラ」でした。
小田さんはいつものように、花道から降りて客席の真ん中を突っ切り、外側へ。そのままアリーナ客席の階段を上がり始めます。
広い会場を、早足でぐんぐん歩いてゆく小田さんを肉眼で追っていたら、あまりに遠くて、その姿はとっても小さくて、見失いそうになるのだけど。ゆく先々でのわああっ!という喜びの輪が、波紋のように広がっていくのがわかって、きっと今あのあたりなんだな…一段、一段、歌いながら上ってるんだな、、

誰か駆け寄ったりすると、小田さんが引き返してしまうのが、見ているとよくわかってもどかしく。手を伸ばさずその場で待っていれば、近くまで来てくれたかもしれないのに…

と、あるポイントで、一気に駆け上がって、何かを目指すように、ぐいぐいと進んだので、ん?と思い目を凝らしたら、、

小田さんは、上段に設置された、車椅子席エリアに到達していて、ひとりひとりとがっちり握手を交わされていました。みんな本当に嬉しそうで、感激が伝わってくるようで。

いつのまにか、あんな遠くて高いところまで。
ひとりひとりと握手をし、
階段を下りては、また上って
ライトと歓喜の輪の中で歌い続ける。

その、小田さんの様子を見ていたら、ボロボロに泣いてました。
曲は最高に!楽しくて幸せな「キラキラ」なのに。

この日だけでなく、今までもずっと見てきた光景なのですが
あえて肉眼で、豆粒のような小さな姿を、時々見失いながらもずっと追い続けていたら、小田さんを見る…というより、小田さんの気持ちが、小田さんの形をして(ん?)会場中に届くのを見ていたような感覚になりました。
ライブ後半、体力も使いに使っての階段上り、歌いながらのアリーナ一周。
普通の人は、半周でもへとへとになるはず。それを毎公演なんて本来は不可能ではないか。
小田さんの気持ちが、可能にしてる。

今だから出来ること それを決して 忘れないで
この時 この二人 ここへは戻れない
本当に…小田さんありがとうーーーー!!(泣


・・・


「追加公演、やらしてもらいました。
追加はもうこれ以上しません。
ENCORE!!ENCORE!!をもって、これから全国へ行って参ります。
そういうことで、先のことは全くわかりません。みなさん元気でいてください。
どうもありがとうございました。」



アンコールの一曲目は「風のようにうたが流れていた」
ツアーで聴けるのは久しぶりのこの曲、ピアノのイントロを弾き始める瞬間、
ささやくように「…知ってたら」(一緒に。)

知ってますともーーーーーー!!!!!(壊

ここ、2日目は「良かったら、一緒に。」

はい一緒にーーーーーー!!!!!(壊


2回目のアンコール、2日目は初日と違って「ダイジョウブ」でした。横浜の歌でもあるんですよね。
アンコールを求める手拍子が揃って、一段と大きくなります。

最後は「また会える日まで」
また会えるまで…の次、「まっ」とフライングが

エンディング。
K.ODA妖精さんが、列車に乗って、夜空へ飛び去っていきました。


ENCORE!!ENCORE!!ツアー、始まってしまいました。
始まったらあっという間です。
もう追加はありません。

"追加"は。

あと4公演。素晴らしいものになりますよう!



作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/2475
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>潤ちゃんさん

読んでくださって、コメントもありがとうございます
小田さんどこー?えっ!もうあんなとこに!!と、びっくりの連続でしたね〜。
追いかけるスタッフさんも、照明さんも大変ですよね
車椅子エリアまで、なんとしてでも行く!という堅い決意みたいなものが見えて、思わず頑張れー!いけ〜!!と叫びたくなるほどでした。
今もはっきりと、皆さんと握手する姿が目に焼き付いています。
小田さんの気持ちに、胸が熱くなります。

愛媛も書いておかねばです〜
August 11 [Sun], 2019, 1:37
潤ちゃん
更新ありがとうございます✨
そうそう、あの日の小田さんの神出鬼没ぶりは凄かったですね(^^;)

まるで、えっさ、ほいさ♪とご当地の階段登りしてるみたいに突進してく小田さん。
そしてあの車椅子エリアでの握手。

はるばる車椅子で駆け付けた方たちは、あそこまで小田さんが来てくれて、どれだけ嬉しかっただろうなって、見ててハッピーなハッピーな気持になりました。
小田さんの優しさが、場内に炸裂してましたね🎵
July 14 [Sun], 2019, 20:59
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31