毎日がアンコール!小田和正”ENCORE!!ENCORE!!”5/14-15横浜アリーナ(1)

May 17 [Fri], 2019, 22:50
 

カフェのアイスドリンクカップが新しくなりました。表と裏。かわいい!


2018年ツアーENCORE!!の追加公演、小田和正ツアー2019・ENCORE!!ENCORE!!が、5月14日、横浜アリーナからスタートしました…が、
追加公演というよりは、新しいツアーが始まったみたいです!

ENCORE!!が2回…アンコール!!アンコール!!と続けるだけで、どうしてこんなにも気分が上がるのでしょうか〜〜!!

このツアータイトル、天才じゃないですか?!
なんなら昨年のツアータイトル(ENCORE!!)が、今年のツアータイトル(ENCORE!!ENCORE!!)のための、壮大なフリだったという…

6曲が新たに入れ替わって、雰囲気がガラリと変わりました。
超絶神セトリ再び…いや、「超超絶神セトリ」とゆってしまおう!

納得の選曲もあり、わーそこ来るか〜!な曲もあり、驚きとともに感動で、うわー!うわー!とあたふたしてたら次の曲へ…ツアーで聴くのは11年ぶり?な曲も(感涙。)


「…知ってたら(ささやき声)」


もちろん知ってます〜〜〜〜!!!(崩れ落ちる)


そんな大事件もありつつ、
現時点でいちばん新しい「この道を・会いに行く・坂道を上って・小さな風景」4曲の素晴らしさも、ひしひしと感じました。

どこをとっても名曲揃いのセットリストの中で、待ってました!の存在感。
この、ENCORE!!ENCORE!!ツアーの、芯。

初めて聴いた時から好きだったけど、ツアーを経て更に好きになっている。
これぞ小田さんのツアー、ライブの醍醐味なのだ。。どんどん好きになってゆくのであります。


以下横浜アリーナ2日間のライブをつらつらと。
この先ネタバレがありますのでご注意ください 
  
 

   
   
  
・・・


※ 当ブログにおけるライブに関する全ての記述は、録音録画機器・携帯電話やスマートフォンの録音録画機能など、一切、使用しておりません。
すべて個人の曖昧な記憶(齢には勝てない)と手書きの速記メモ(解読難しい)による主観に基づくもので、正確ではありません。
正確な内容は音楽系情報サイトなどを参照ください。



・・・


半年前、横浜アリーナ。
もじもじと、追加公演決定の報告をしてくれた小田さん。
これほど嬉しいことはない、歓喜の悲鳴あふれる客席、
長いツアーの年内ラストの感動と、嬉し涙がごちゃまぜになった、あの日。。


そして、延期された2018年6月の大阪公演。

“今回の地震で被害を受けた方たちお見舞い申し上げます。さぞ驚いたことと思います。経験した震度5強でもものすごかったのだから6は想像を超えます。日常の生活は取り戻せたのでしょうか。大阪のコンサートを待ってくれていた人たち、会えなくて残念です。みんなきっといろんな都合をつけてその日を準備してくれていたのでしょう。”
(小田和正公式サイトBBSより引用)

コンサートに来られること、会えることが、とっても特別なことだとわかってくださっていて、延期は小田さんにとってもすごく辛い決断だったはず。
大阪でも、来られなかった人を気遣っていました。。
2019年1月、ENCORE!!ツアー、ファイナル。


同時進行で2019年3月放送「風のようにうたが流れていた」を作り上げ、
夢みたいに美しい音楽を届けてくれて


2019年5月。
昨年の様々な出来事を経ての、新しいセットリストを携えてスタートした、
追加公演と言う名の、新しいツアー!


場内の照明が落とされ…
君住む街へK.ODA妖精さんが飛び去り…


再び!列車の動力が入って!

K.ODA妖精さんが!無賃乗車して!(あ)

ふわあああ…っと…空高く舞い上がり… (って車両増えてる?!)

懐かしい光景、
懐かしい音楽、
懐かしいときめき、、


やがて、ステージ横の壁から小さな光が漏れて、

颯爽とした人影が花道に駆け上がり、

歓声に手を上げ、白いシャツを翻し、花道をまっすぐ歩いてくる…


おださああああああああああああ(号泣)


会いに行く、が始まった瞬間の、「ここに帰ってきた!!」感たるや…うう…
涙で前が見えなくなりかけたけど、小田さんが見えないと困るから泣かない!いやでも泣かせてくれ〜〜!!


小田さん、おかえりなさいーーーーー!!


横アリこそ我が家だ!!(もはや全国各地が我が家な小田さん。)


うわーこの曲がここにきたんだ!!

テンションあがるーー!!いい!!

花道歩き出したー〜!!

客席ぁもう大騒ぎさ!!

夏の空に変わったあああーー!!

灼熱の、怒涛の、ロケットスタート…


「ENCORE!!ツアー終盤、もう少し続けていたくて。そんな気持ちになるのは、前はあったことは無かった。
スタッフに告げたところ、ぜひやりましょう!と。

半年、時間が経過して、お客さんも、もういいやって思ってるんじゃないか、余計なこと言ったんじゃないか…

でもこんな雨の中、たくさん来てくれて嬉しい。

あの、追加公演をしたい、と思ったときの気持ちに戻って、

おじさんは一生懸命やります。

追加なので、やることはだいたい、ほとんど同じ(笑)よく目を凝らしていただくと、ちがうとこも。

今回も、前回から続いてることとして、もし、歌いたくなったら、隣に迷惑にならないように(笑)歌ってください。

それを見ると、元気になりますから。



小田さん自身が、ENCORE!!ツアーをもう少し続けたかった。
その気持ちが、本当に本当に嬉しいです。

このかけがえのない時間が、いつまでも続いてほしい…そんなファンの願いと、小田さんの気持ちが、ぴたりと一致して、
その思いに応えるべくスタッフ出演者みなさんの尽力で実現した、追加公演。

奇跡みたいな一日、奇跡みたいなコンサート、奇跡みたいなツアーが始まったのだと、
小田さんの言葉でひしひしと実感しました。(そしてまた泣く)


♪ 雨上がりの…(初日が雨というのもある意味奇跡)

たくさんの思い出が重なった、大切な、大好きな曲。


「皆さんは、どんな季節が好きですか。唐突ですが(笑)

僕は、若い頃は夏が好きで、夏になると(わくわくする?そわそわする?)

夏になったからって何をしようと言うんでしょう。」


(この時の、照れたような…何かを思い出してるような、うつむき加減にはにかんで微笑む横顔が、
思わず叫びたくなるくらい、素敵だったのです。)

「最近は、(季節と季節の)はざまが好き。

カナカナ?ひぐらし?同じ?カナカナが鳴いてる頃の、夏の夕暮れ時。

奇跡としか言いようのない、素敵な時間です。」



そんなキュンキュンなMCのあと、歌い始めたのが。


うおおおおおおおきたあああああああああ


カナカナの声がきこえた気がした…

7月の終わり、灼熱の夏の日。
こんぴらさん詣での、奥社へと続く長い坂道。
木陰を吹く風が汗を冷やして一瞬の涼を運び、静けさののち、カナカナが繰り返し鳴いている。。

もしかしたら小田さんも、この声を聴きながら、樹々の陰が落ちる山道を歩いたのかなあ、とか…

小田さんの歌声と大好きなメロディ、
心の奥から湧き上がる思い出とで、胸がしめつけられる。


キザなことを言えば、時間が経っていくのが愛おしい。えへへ(笑)


はいはいはいはいわたしもーーーーーーーー!!!
いまの時間も、あの日の時間も、いとおしいです。

え、これいましみじみ記憶を掘り返してるんですけど、
こんなことを言われてよくわたし無事でいられたな。。
よくぞ正気を保った。さすがライブ中は気合が入っとる(笑)

この、右から左へと、とことこ移動しながらのMCが、喜びを抑えきれぬ客席に向かって返す笑顔が、とにかく…可愛すぎるやろ…(ぱたり


「夏の終りと、秋の気配。

どっちが先なんだ(笑)そりゃお前、夏の終わりだろう…と思ってたけど、改めて考えたら、別にどうとも言えない。

夏の終わりだって秋の気配はあるだろうし。」



で、秋の気配。。きたこれ。。
前の曲からの連続攻撃で、受けるダメージも2乗。(笑)


わたし、去年、盛岡でこの曲を聴いていて、新たにわかった気がしたんです。遅いけど。
失いゆく側のほうが、ずっとずっと辛い。

自分の中に、確かにあった、キラキラした大切なものが、ふと気づくと、すっと遠くに離れている。
あんなに近くで輝いていたはずなのに。
こんなことは今までなかった…とショックを受けるくらい。

ただどうしようもなく、大切なものが失われてゆく。
それを悲しみ、愛おしむ気持ちを歌った曲だったんだ。

以前「この曲は本当にあったことで」との衝撃の告白もあったようですが(笑)
過ぎ去ったものをいとおしむ、小田さんの楽曲にはそんな切なさがあって、
だからいつ聴いても、その時々の思いを重ねられるのかな…


かーらーの!!小さな風景…!!(トリプルコンボ。3乗

どうしてこんな歌が描けるんだろう。
小さな風景、というタイトルからしてもう…とっても個人の心に寄り添ってくれる。

広い横浜アリーナの、花道を端から端へと移動して。
たとえ客席に何千何万の人がいようとも、小田さんが歌うのは、ひとりひとりのための歌なんだ。


で、次ですよ…あれ?いつもとギター違う?なんだろう??と思ったら。


ファンへのおへんじーーーー!!(泣


あれですか、メインのモニターにも歌詞が出たのは、

お前らへの返信だからね(念押し)ってことでいいですか。

あ〜〜ほんとにもう、ツンデレがすぎる!!


あわあわしてたら、もう次の曲だよ!盛り上がるよ!

いなぴーと小田さんが向かい合って弾くギター、ラストのグータッチがうまくなってる(笑)
ふと…さよならみたいに、オリジナルに近いアレンジで演奏されたらどう感じるかな?
とりあえず一回失神するかも(笑)

続いてピアノの前へ。
エレキギターの次はグランドピアノ、小田さん大活躍だよ!

あの曲のあと、いつもと違うピアノのイントロが…

ここで、この曲は。
ぐっときましたね…
反則です(涙)

ふっと力が抜けて、眼前の風景がさあっと開けたように
小田さんが紡ぐ思い出の力を借りて、
自分も懐かしい場所へととぶように
なんだか、とっても、心が和らいだのです。

ライブの終盤で聴くのとは、また違う、意味合いがありました。
もっと、自分自身の、個人的な歌として聴けた気がします。
小田さん、うるうるしてなかったかな…
私はもちろん、泣きました。。


前半ラスト曲のイントロに、えっもう!!?と驚く(一曲少ない?)
花道を疾走する小田さんはホントにカッコいい。フォームが美しい。
あんなふうに走れたら、走りたくなっちゃうなあ。

NHKの密着ドキュメントでわかったのは、
小田さんはご当地紀行の時間、ステージ裏へのドアを入ってすぐのスペースに椅子を置いて、そこでゼリー飲料をとりつつ休憩してること。
ほとんど休憩らしい休憩はしてないんだ…

ここでTシャツも着替えてます(サービスショット)


これ終わらないや(笑)つづく(笑)
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/2470
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>うさぎさん

読んでくださってありがとうございました!
横浜アリーナ、2日間ではチケット激戦ですよね
続きの後半もいつか書いておきたいです。
June 23 [Sun], 2019, 20:51
>あやママさん

はじめまして、コメントありがとうございます!
いつも読んでくださって、ありがとうございます。。m(_ _)m
横浜アリーナ、続きも書きかけで止まっておりますが、メモ帳は落っことしてなくてちゃんとあるので、いつか頑張って書きます。
その時はまたよろしくお願いします。
June 23 [Sun], 2019, 20:49
うさぎ
つうさん、ブログの更新ありがとうございます。

今回は先行予約も全滅。一般発売なんて一瞬で完売でした〜。
なので、どんな感じだったのかを知れるだけでキュンキュン♡しちゃいます(≧∇≦*)
May 30 [Thu], 2019, 16:38
あやママ
はじめまして、もう何年も前からこちらへ訪問させていただいているものです。つーさんのお話がとても好きです
ずーっと待ッテマシタ!横浜アリーナのお話きけてうれしい  いろんな方法でチケットをゲットできず、でもここにくると小田さんの様子が手に取るようにわかり嬉しくなります   いつもありがとう  お礼が言いたくて
May 19 [Sun], 2019, 20:17
>りーさん

めんけえわらしっこにはお小遣いあげねばまねだば
May 19 [Sun], 2019, 19:20
りー
そーか!
あの新しい妖精さんは無○乗車だったのか。
いいよいいよ、妖精さんの分の銀河鉄道乗車券は我々が買うから。
ってか買わせて
May 18 [Sat], 2019, 7:33
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31