9/18(日)広島グリーンアリーナ・69才お誕生日お祝いライブ【小田和正ツアー2016君住む街へ】

September 21 [Wed], 2016, 15:00


小田和正ツアー2016 君住む街へ
9月17日(土)18日(日)広島グリーンアリーナ。

9月20日は小田さん69才のお誕生日!めでたい!*\(^o^)/*
とゆうわけで、18日は68才ラストライブでした。

大千秋楽か!とゆうくらい熱く盛り上がった、広島2日間。

お祝いしたい気持ちがあふれすぎて、大きな手拍子で迎えるオープニング。
20代の小田さん、30代、40代…
時が進むに連れどんどんチャーミングになってゆく…
大歓声の中、68歳の小田さんが登場します。
そして、画面には「あの日 あの時」のシルエットと、「2016.9.18」の日付。(それを見てもう泣く)

始まった…!!


※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器は一切使用しておりません。
すべて個人の記憶、主観に基づくもので、実際とは異なります。
   
    


・・・


軽やかに、鮮やかに、
小田さんが歌うと、風が吹いて雨が頬を打ち、日の光が差し、虹がかかる。

花道をぐるっと早足でまわりながら…小田さんが遠くから近づいてきます。
小田さんが肉眼で見える距離まで近づいてきます。。

初日、スタンドから拝見して「少し日焼けして、夏休み明けの少年のようだ」と思っていたのですが、

さらに若返ってた…
なんなら、美肌だった(笑)
誕生日が近づくにつれて、若返ってゆくのはなぜ〜


「降り続く雨はやんで…と歌いながら、とっても不思議な感じでしたが…
雨の中こんなに大勢の人がきてくれて、どうもありがとう。
ツアーが始まった頃は、広島はこんなずっと先なのか…と思ってた。
カープ優勝が先か?なんて話してたら、カープは先週にも優勝を決めて、
カープの後を追って、広島へやって参りました。

終わっていくのは寂しいけれど、
心から、丁寧に、楽しく、楽しくやっていきたいと思います。」


「ツアーの最中に、電車の中で「あれをしよう…」楽屋で「あれをしよう…」
できた試しがない。
ツアーというのはそういうもんであります。」


客席のあちこちから、「おめでとう!」の声、声。。

「誕生日なんですよ。先程、スタッフとバンドの方たちにお祝いしてもらいました。

なんだか照れくさい…
歳をとったことには順応してるけど、数字というのは…
あさって69になりますが(どよめき)
なんか、63くらいでいいんじゃないかと(笑)
いけてるんじゃないか。みなさんどう思います?」


58くらいでもいいんじゃないかな〜

「昨日夜、飯くって帰ろうとしたら、ガラケーだけ?みんなの携帯が急にビービー言い始めて。
おい、避難勧告出てるぞ、と。(豪雨でした)
そんなんで、情緒も何もないんですけど、『秋の気配』をやりたいと思います(笑)」

「『さよなら』は…あの頃はどんな感じで歌ってたのかなー。
思い出そうとしたんですけど、思い出せませんでした(笑)
ちょっと前はいろんなことを覚えてた。
レコーディングの風景とか、どの楽器が、とかいろいろ細かいことを覚えていたけど、
この頃は、どのアルバムが先だったかもわかんない(えええ
とっても上手に年を取らせていただいてます(笑)」

「オバマさんの広島でのスピーチ。
もっともっと、言いたいことがあったんだろうな…と。
とても感動しました。地元の方はどうだったんでしょうか。」


・・・

広島グリーンアリーナは音がきれいで
小田さんの歌声もバンドの音も思い切り堪能できました。
特に初日はスタンドだったので、全ての音を全身で受け止めているような感覚がして、最高でした。
それに、会場を彩る照明の美しさったらもう…!!
一片の悔いなく、盛り上がりきり、燃え尽きた!自分が!(笑)

2日目はアリーナの左端で、こちら側の花道に来たときだけ姿が見えたのですが
ふっと小田さんが花道から消えて、歌いながら客席の間を歩いている映像が映り
あー客席突入だ〜、とキョロキョロ見ていたら
真横の通路が急に明るくなって、スタッフさんが真剣な顔で歩いてきたので、その方向を見ると、
すぐ後ろで、小田さんが、嬉しそうにお客さんにマイクを向けていた びびびびっくりした!

客席の通路はとても狭くて、
歌いながら、ずんずんとこちらに歩いてきてるのに
私は、アタマがまっ白になってしまい
とっとりあえず周囲の視界のジャマになってはいかんと思い、とっさにしゃがんだので
わずか数十センチ横を通り過ぎる小田さんを、斜め下から見上げているという
不思議な残像が残っております…子ども目線?

汗でびっしょり濡れた襟足と背中に、ライトが当たりキラキラと光っていました。
なんだか内側から光り輝いてるように見えて、とっても崇高で美しい後ろ姿だった。

しばし放心状態で…
花道に戻った小田さんが、客席を指差したのを見逃す


・・・

【広島ご当地紀行より】

宮島に上陸後、「大望」があるとのことで、厳島神社を通り過ぎ…
ロープウエーを乗り継いで、獅子岩駅に到着。

「ついに大望について語るときがきました。弥山(みせん)山頂。あれを目指します。」
「この同じ苦しみを経験した者だけが分かち合う…愛情?
「走るしかない。走るほうが楽だ。」
「あと少し、っていってからずいぶんある…」
「これだ、これくぐったらシメたもんだ…あれ?まだある…」
「今度こそ、嘘偽り無く山頂かな〜?」
「これかあ〜、ついたー!おおーー!」
「ご当地紀行、充実しております!
充実というのは、疲れた、ということであります。(笑)」
「久々に過酷な撮影でしたけど、思い出に残るご当地紀行になりました。」


とりあえず弥山パートをお送りしました。
晴れた日にいつか登ってみたいです。


・・・


小田さんはマーベラス名古屋からずっと絶好調の様子で、
なんというか…69才目前にして、やんちゃ小僧?
小田さん自身が、この空間を、心ゆくまで楽しんでいるように見えました。

「伝えたいことがあるんだ」、毎回倒れそうなんですけど!
なんなら毎回、倒れてるんですけど!恐ろしい!

風船レポ(笑)
小田さんが、ストリングスチームに向かって、風船をバーンと押し出したのを、
スタッフさんが2人がかりで、まるでゴールキーパーのように飛んできて、ブロックしてた(笑)
そのあとマイクスタンド直してたけど、まさか風船が倒したとか…?


花道を猛ダッシュして、オンステージの段を駆け上がって、キラキラの大サビ!
走るスピード、速っ!最速!

ちょうどこちら側の花道で、小田さん渾身の力をこめた『ラブ突』の大サビシャウトがきて、

あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら
僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま
(わーーーー!!!

もうなんつーか、頭がぱーん飛ぶくらい、みんな盛り上がって大興奮でした。
歌いきった小田さん、どうだ、参ったか!って顔してた!と思う!
はい参りましたヽ(;▽;)ノ
あああああもう最高だよ!小田和正さん最高!!

「風と君を待つだけ」この曲は自分たちも思いっきり歌わねばならないから、
知らずしらず両手がぎゅっと握りこぶしになってしまう。

ひとりにならないで もう一度 夢を見せて

力の限り歌いおえてから、少しだけ力なく手拍子をする小田さんの姿に、
いまこの曲を歌う重みを感じて、涙が出る。


「今回のツアーに出て、さらに、ふるさとっていうのが、
んー。。。
なにものにも代えがたい、大切なものだと思いました。
my home town を歌います。」


『my home town』、
『さよならは 言わない』

晴れ渡った…の「は」がやさしくて好き。
この日はすごく心に染みたな…ちょっと特別な気持ちで聴いていた。
新しい曲を書いて…その言葉はとても嬉しいけれど
また会える約束は、もちろん誰にもできない。
だから、今この一瞬、一瞬がかけがえなく大切なんだと
いつでも思い出は君は心の中にある、と
そう歌っているように思った。

『今日も どこかで』を歌い終えた後の拍手は、いつもとっても長くて
小田さんが『風は止んだ』を歌い始めなければ、いつまでも拍手し続けたいとすら思う。


「広島の2日間が、あっという間に終わっていきます。
とっても楽しかったです。ありがとうございました。

この年になると、なかなか次のことを約束しにくい…
また、みんなが聴きたくなるような曲を書いて、また戻ってきたいと思います。
では、このツアーのテーマになっている曲を歌って、しばらくのお別れということになります。
どうもありがとうございました。」


『君住む街へ』

いつもは歌う小田さんばかり見ているのだけれど、後ろの映像をじっくりみていたら、
すごく涙が出てきて
でも、ラストいちばんのシャウトの瞬間、後ろでは土手でわんこを呼んでる小田さんが映ってて
思わず泣き笑い。。


・・・


お誕生日ライブだから、ずーっと、小田さんお誕生日おめでとう!の声、声…
小田さん、おめでとうー!!
拍手も、歓声も、手拍子も、ものすごかった!

アンコール「愛になる」の前に

「とっても幸せ者であります。どうもありがとう。」

照れたような、小さな声で。
聞き逃しそうなくらい。


小田さんが走る、歌う、みんな我を忘れて声を限りに歌う。
スタッフコーラス隊にいる、ユニオンの田仲さんとがっちり握手。
最後の「あなたをつれてゆくよ」、花道で立ち止まり大きく身体を反っての熱唱に
感激のどよめきが!もう興奮しすぎて何がなんだか!


2回めのアンコールに登場したときに、
オンステージの人たちからハッピーバースデーの合唱が。
金原さんたちも手拍子を始め、すぐに会場全体が大きな手拍子になりました!

小田さん、動揺したのか、照れてるのか、
おめでとうの大歓声がやまぬ中、唐突に「ダイジョウブ」歌い出しちゃった!
「え?」と慌てて音を合わせるバンド(笑)
やり直すかと思いきや、なかば強引に歌は続く(笑)

再び客席に降りて、アリーナのいちばん後ろへまっすぐに歩き、通ってゆく客席に
小田さんを見守る、全国のイベンターさんたちの姿がありました。。
さちゅう氏を見つけて泣く私(笑)


トリプルアンコール、
NEXTのテーマー僕等がいたー

広島で聴いたNEXTのテーマは、よりいっそう力強く、躍動感が溢れているように思いました。
バンドの音が生き生きとして、希望に満ちている。
その先に光があるNEXTに、生まれ変わっていた。

アンコール最後の曲は、「生まれ来る子供たちのために」

歌う直前、

「きっとまた、会えますように」と。

たくさんの願いと祈りがこめられた歌で、広島のコンサートは終わりました。


もうこれで最後、ステージ横の花道を歩いて、楽屋へと入っていく直前…
小田さんはくるりと客席の方を振り向き、
きっちりと深く、長いお辞儀をして、
去っていきました。

コンサート中、何度も何度も泣いたけれど
最後のその姿に、また一気に涙があふれた。。

68歳ラストライブ。

今の小田さんが作り上げたライブ。

何度でも言う。最高でした。


・・・


69歳、おめでとうございます。

過酷なスケジュールの全国ツアーで
ステージにおける唯一無二の素晴らしいパフォーマンスと
観客バンドスタッフ、会場中のみんなと、真摯に、心と心のやり取りをする姿に
どうしてここまでできるんだろう
どうしてこんなにも追い求めることをやめずにいられるんだろう

でも決して悲壮ではなく
どこかしらふんわりと、軽やかな空気をまとっているのが感じられ
心技体全てに充実の時を迎えてるんだなあと

元気でいてくださればそれでいい…と、言いながらも
期待ばかりしてしまって、すみません。
これからも、ご自身が納得できる形で、音楽を続けられることを願っています。

私はずっと小田さんの音楽を愛し聴き続けます。

小田さんから「幸せ」という言葉がきけて、よかった。



作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/2423
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>れりちさん

コメントありがとうございます
今日の小田さんはどんなでしょうか…楽しみですね( ^ω^ )
さいたまのアンコールは魂を抜かれました…
名古屋の小田さんライブは名鉄効果か?!このところすごい盛り上がりますよね
感想書きかけのままでアップできてませんが、今回の名古屋もマーベラスでした
いよいよ今日は代々木ですね、盛り上がりましょう!
September 27 [Tue], 2016, 11:38
>めめさん

ありがとうございます
機会あったら聴いてみます〜!
September 27 [Tue], 2016, 11:30
れりち
そうなんです、小田さん、関東公演ではおすましさんですよね(^_^;) それだけにたまアリでの今ツアー初「NEXTのテーマ」しびれました♪
私の遠征は名古屋だけですが、つうさん命名「マーベラス名古屋!」全くその通りでございました 
ツアー終盤となり寂しいですが、明日から代々木、そしてhome town 横アリ、楽しみでございます(^_^)/
September 26 [Mon], 2016, 15:31
>ええじゃないか2さん

広島、街中がカープ一色の中で小田さんファンもたくさん、楽しく過ごさせていただきましたね〜。
カープのユニフォーム前で写真を撮っていたら、シャッター押しますよ!と地元の方が(笑)みなさんカープ大好きなんですね〜。
おりづるタワーでは、スタッフの方に小田さんのコンサートで来ました…と話したら、数日前に来館されたと。
その方もイベントで小田さんをみたことがあるそうで、小田さんや夏フェスの話でとっても盛り上がりました(笑)
屋上展望台から、投下直後の街の映像と、今の街をみて、マリーナホップの観覧車が動いたのを確認して(笑)
それから、時間をかけて鶴を折って、投函しました。とても意味ある時間がすごせました。訪れてよかったです。

さいたまアリーナのスタンド最後列は未体験ですが傾斜が怖そうですね。武道館の2階てっぺんからの立ち見はなかなか怖かったです。
やはりスタンドが音がいいですよね〜。
オンステージ、次回は当たりますように!
September 26 [Mon], 2016, 13:50
>めめさん

広島いかれたんですね、よかったです〜まさに君住む街へ、でしたねヽ(^o^)
ラブジェネレーション…書籍でしか知らない幻のコンサートです。当時の小田さんヤスさんは、コンサートのオープニングで最初の方に映る、ナイーブそうな青年だったでしょうか。
貴重なコンサートに参加されてたのも運命ですね〜!ずっと音楽を続けてくださっているオフコースみなさんに感謝です。

宮島の弥山、お天気の良い日にいつか絶対に訪れたいです!いま一番行きたい場所です。
来週ブラタモリで宮島をやるそうなので、楽しみです。

September 26 [Mon], 2016, 12:44
>おんぷさん

こんにちは〜広島、燃え尽きましたね。。しばらくぼーっと過ごしてしまいました。広島ロスでしょうか。。
前回のときはすっごく寒いのに宮島でばったりでしたね(笑)今回は雨で過酷コースのご当地は断念して、市内でのんびりして帰りました。
あの日の記憶が遠くなってゆくのがさびしいけれど、こうやって皆さんと話すことで思い出せるのもありがたいことだなあと思いました(*´∇`*)

高知のチケット、なんとか入手できるといいですね〜。もし参加が叶ったら様子をお教えくださいませ(^-^)
明日から代々木です、東京の小田さんはいつもちょっとおすましさんなので(笑)それを楽しみに( ^ω^ )
September 26 [Mon], 2016, 12:27
>くぅ〜さん

読んでくださってありがとうございます_(._.)_
あっという間に広島から1週間以上が過ぎ、いよいよ明日から代々木ですね
ほんとに時の流れが早すぎて…
小田さんチームの皆さまたちはもっと早く感じてらっしゃるでしょうね。

風と君を待つだけ、その部分になるとメインの大きなモニターに歌詞がバーンとでますので、お前らも歌え!という意味と解釈しております( ー`дー´)キリッ
我々のコーラスで小田さんが主メロを歌われる光景は、涙なくしては歌えませんが、
泣くと歌えなくなるのでグッとこらえねばならず、それで拳がグーになってるのかもしれません(笑)
コメントありがとうございました。(^-^)
September 26 [Mon], 2016, 12:12
>たっちゃんさん

心のままに思い切り楽しんでくださいね〜(*´∇`*)
September 26 [Mon], 2016, 12:04
ええじゃないか2
あれから1週間経ちました。
私も、18日広島に行きました。

町中はほんとにカープフィーバーでした。
カープ坊やがたくさんいて、路面電車にも張り付けられていました。

おりづるタワーに行ったときに、スタッフの方から「コンサートですか?」と聞かれました。
17日に行った人がその話をしていたようです。

ご当地紀行みたいな書き出しですが、ここから本題に入ります。
さいたまの時と同じくオンステージシート申し込みしましたが、外れました。
座席はスタンド席の一番後ろでした。一番後ろなので、荷物を後ろにおけました。
しかしながら、さいたまに続いてアリーナ席でなく、しかも後ろの方なのは...
「どういう経緯で」と聞かれりゃ「そこに指定された」と答えるしかない
まぁ、とれただけでありがたく、しかも正面でよく見えるところを座れたので、贅沢言っちゃいけません。
(でも、風船飛ばしには参加したかった()

はじまって、テンションが上がりました。
やっぱりカープの話題は出ましたね。
それから、誕生日。
2年前の岐阜を思い出しました(岐阜よりはちょっと誕生日色少なかったような)。

ご当地紀行は宮島の弥山に登ったところですが、小田さん、こういう高いところへ行くのが好きなんでしょうか?

とにかく、また小田さんの歌を聴けて良かったです。
いま、少々小田さんロス状態です(1週間も長すぎじゃ!)。
追加公演はないかな?と期待しており、いつもは追加公演は行かないのですが、
追加公演あったら行きたいと思います(予定と予算次第ですが)

この日のコンサートで、私はツアーグッズの白Tシャツ(バックステージパス懸けてるデザインの奴)を着ておりました。
その夜、出かけた時にある夫婦が私を見て「あ、小田さんの」と言ってたのを聞き逃しませんでした。

また、聞きに行きたいです。
September 25 [Sun], 2016, 22:41
めめ
来広、歌声に感謝です。ラブゼネレーションというコンサートでオフコースの歌を聞きました。かわいい歌だなぁくらいしか記憶になくちゃっちゃと忘れ、ラジオから流れたワインの匂いに惚れたんだっけとごちゃごちゃ考えていたら涙が出ていました。年を取ると涙腺弱くなるのは本当のようで。また歌声きけますように
豪雨の中つうさん風邪ひいてませんか?
宮島弥山は遠足で馴染みのやまです。景色は登ってからのお楽しみで
September 25 [Sun], 2016, 22:25
おんぷ
つうさん、こんにちは!

広島レポ…色々思いだします
アリーナ右端・最後列でしたので、つま先立ちして間から見ていました!
でも、皆が座った時は…立見出来たので、これも良し(^^)/
高知落選続きで、広島が私の最終LIVEでした、しばらく小田さんに会えないと思うと(涙)
小田ロス状態です…あとは、つうさん頼みです(笑)

風と君を待つだけの、握りこぶしは力入りますよね〜
君住む街への、わんこ&小田さん 見たかったなぁ〜

退場時の小田さん深々お辞儀に、私も淚があふれました!

つうさんも最後まで走り抜けて下さいね(^^♪

September 25 [Sun], 2016, 11:32
くぅ〜
今さらですが、初コメントさせて頂きます。
代々木を目前に控え、ブログ読んで泣きました。。

”ひとりにならないで もう一度 夢を見せて”
ここ歌うんでしたっけ?何度も参加しておきながら記憶がない。
僕の贈り物は絶対的に歌うけど、ここ歌ったかな???

歌います!
練習します!
会場の合唱が小さいと悲しくなるので頑張ります


つうさんも、もちろん代々木参加でしょう。
あと3つ寝たら会えるぅ💛
September 24 [Sat], 2016, 21:51
たっちゃん
つうさん、コメントありがとうございました。今まで はるか遠い所にいる方・・・って感じでしたが
「つながっている」を実感できて 大変嬉しく思っています。 小田さんへの気持ちを 如何様に表現したらいいのか・・・って思うのですが、つうさんの書かれている文章を読むと そうなのそうなの・・・って  こみあげてくるものを抑えきれません。高知でのコンサート 上手く盛り上がるのか?小田さんは身をすり減らすようにしてライブをなさっているのことに お応えできるのか? 今から 不安と期待で ドキドキしています。
NEXTを 今この時に 選曲された意味も いろいろと 考えていまいます 
September 23 [Fri], 2016, 20:59
>みうさん

いつも読んでくださってありがとうございます
ツアーも残すところあと8公演…
春に始まったと思ったら、夏が過ぎ、秋になり…
あっという間ですね。
9月からは、スケジュールの間隔が、これまでよりも開いているのが、
ツアーの終わりに向かうスピードが、少しだけ緩められてるようでありがたいです
それでも、すぐに沖縄公演がきてしまうんでしょうね…
ホント、楽しみだけど切ない、複雑な心境ですよね
September 23 [Fri], 2016, 15:23
>kazzさん

読んでくださってありがとうございます
お誕生日に近いと言っても2日前だから…と思ってたのですが
皆さん祝う気まんまんでした
イベンターさんたちも全国から集まってこられて
小田さん嬉しかったでしょうね〜。
斜め下からの小田さん、素敵でしたよ
「今日も どこかで」のシングルのジャケット写真みたいな感じでしょうか(笑)

メッセージボードの言葉を読んで
小田さんのお誕生日なのに、結局、ファンが幸せにしてもらって。申し訳ないです…
September 23 [Fri], 2016, 14:58
>かわさん

いつもありがとうございます
ツアー終盤にさしかかり、誕生日も重なって、ものすごい熱気でしたね〜!

小田さんの言葉、私もMC聴き取りにくく、いまひとつ確信が持てなかったのですが
コンサート終わってから友達が「幸せ者、って言ってくれた。」「幸せって言ってた。」と
複数の証言がありまして(笑)嬉しかったです〜
小田さんの花道ダッシュ、ときおりヒヤッとしますよね。ちょっとは足元みて〜って思います(笑)
いつまで声が出るのか?おっしゃってましたね〜
今ツアー、小田さんはこれまでと違う歌い方を試しているような印象を受けるときがあるので
まだまだ出そうだなあ…と思っております(笑)

「きっと、また会えますように…」
ツアーが終わりに近づくにつれて、小田さんのMCからも、さびしい気持ちが伝わってきます。
ひとつ、ひとつの会場が、小田さんと、その場にいた人たちの、心に刻まれていきます。
小田さんのコンサートって、終わった後の「余韻」もすごいですよね〜。
この先もずっと、思い出すたび幸せな気持ちになるんだろう…と思います。
September 23 [Fri], 2016, 14:16
>たっちゃんさん

読んでくださってありがとうございます
これからものんびり続くと思いますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

いよいよ、高知でのコンサートが近づいてきましたね〜
「君住む街へ」、小田さんが来てくださいますね!
私は高知は不参加ですが、勝手にわくわくしております♪
きっとすごい盛り上がりになるでしょうね〜
September 23 [Fri], 2016, 13:12
みう
つうさん いつも楽しく拝見させて頂いております

ツアーもいよいよ最終日に向かって残り少なくなってしまいました・・・
沖縄最終日が私にとっても今ツアー最終なんですが
楽しみで待ち遠しい反面・・終わってしまう・・という
その日が来て欲しいような、来て欲しくないような・・何だか複雑な心境をかかえております

せつな〜〜い
September 23 [Fri], 2016, 9:59
kazz
広島レポ、ありがとうございますm(__)m
小田さん、お元気だったようで何より(^^)
お誕生日に直近のLIVEだったから、
お客さん達もお祝いしたい気、満々だったんですね。
「幸せ者」っておっしゃってたのを知って、
小田さんが、Message Board に書かれた言葉を
思い出して、うるうるきてしまいました(T^T)
子ども目線で見た小田さん、ステキでしたか?
あぁ、小田さんに会いたくなりました(#^.^#)
September 23 [Fri], 2016, 6:00
かわ
つうさん

>アンコール「愛になる」の前に
>「とっても幸せ者であります。どうもありがとう。」
> 照れたような、小さな声で。
あの時、何か言葉を発してる?と思ったのですが、
あまりの歓声で聞き取れず、
その後、一段と歓声が高まったので、どんな言葉だったのかな?と思ってました。
つうさんのおかげで、やっと腑に落ちました。
ありがとうございます!

>花道を猛ダッシュして、オンステージの段を駆け上がって、キラキラの大サビ!
>走るスピード、速っ!最速!
花道近くにいたのですが、本当に物凄いスピードで、
ミニステージのところでカーブを曲がり切れないのでは・・・とハラハラしました。

広島1日目で、”さよなら”のあと、
「この歌は高い音なので、高い声がでるかな〜と思うんですが、あ、出た出たって、へへっ」
その後、いつまで声がでるのか?とご自分でおっしゃってましたね。

最後の最後の「きっと、また会えますように」
まだ、この言葉の余韻にひたっております。
私にとっては、このツアーのラストでしたので、
年内は余韻にひたって・・・と言ったところ、
同行の友人達は「いや、来年まで持つ」「いやいや、もっと長持ちする」と。
September 22 [Thu], 2016, 23:36
たっちゃん
つうさん いつもありがとうございます。高知の田舎に住む私にとって このページが小田さんを近くに感じられる場所です。つうさんの想いが痛い程 伝わってきます。 これからもどうぞよろしくお願いします。
高知のライブ来られますか?
September 22 [Thu], 2016, 20:29
>メリさん

はじめまして、読んでくださってありがとうございます。コメントもいただいて、感謝しております。_(._.)_
大阪体育館のときに、客席の自分でさえこんなに暑くてバテているのに
さらに暑いステージで3時間近く歌い続ける小田さんの姿に、胸がしめつけられました
もし、ファンの気持ちが重荷になってたらどうしよう…と。
だから広島で、小田さんから「幸せ」との言葉がきけたときは、聞き間違いじゃないかと何度も思って、
コンサートが終わってから、何度も一緒に観てた人に確認しました。
コンサート自体とっても素晴らしくて、このままもう半年でもツアーできちゃうくらいの勢いでしたね!

お母様と一緒にご覧になれて、よかったですね。小田さん喜んでくださいますね!
MCなどはうろ覚えで不正確です、こんな感じのことをお話しされてた〜ぐらいですが、雰囲気だけでも伝われば。
みなさんそうだと思いますが、小田さんの音楽は日々の生活に、人生に欠かせないものですよね
これからも、細く長くひっそりと(笑)書いていけたらいいなと思っております。
コメントありがとうございました。
September 22 [Thu], 2016, 11:50
>☆彡mi☆彡さん

読んでくださってありがとうございます_(._.)_
小田さん、もう少し楽に…もっとご自分に優しくてもいいのに…と思うことも多々ありますが
でもそれが小田さんなんですよね。

見習うなんてとてもできないけれど、その姿を遠くからずっと見ていきたいです。
将来自分が69才になったとき、
今の小田さんの凛々しい姿を思い出します。
September 22 [Thu], 2016, 11:30
>わんこさん

読んでくださってありがとうございます_(._.)_

小田さんは、とっても笑顔でした。
September 22 [Thu], 2016, 11:26
>海実子(みみこ)さん

読んでくださってありがとうございます_(._.)_
小田さんの言葉、泣きました。
きけてよかったです。

あと、画面にさちゅうが映った時も泣けました(笑)
September 22 [Thu], 2016, 11:25
メリ
初めまして。いつも楽しく読ませていただいています。つうさんが広島に行かれたブログを読み、お礼を言いたく、お邪魔します。
前回の大阪のブログで、「小田さんは幸せですか?」の言葉がとても心にひっかかり、広島で小田さんが「幸せ者です」とおっしゃってくださり、「つうさん聞いているかな」と思ってしまいました。
自分の事ばかり考えていて、小田さんの事をこんなに真剣に大切に想っているつうさんを知り、自分が恥ずかしくなりました。
広島の同じ空間で、小田さんから「幸せ」の言葉を聞いて、本当によかったと思いました。つうさんのおかげです。本当にありがとうございました🎵
母と参加してます。母は耳が少し遠いので、小田さんのMCがよく聞きとれません。つうさんの優しい、暖かいブログを読んで聞かせています。コンサートの記憶が甦り、母はとても喜んでいます。そして何より、つうさんの言葉の表現の素晴らしさ、小田さんを想う気持ちがひしひし伝わり、感動しています。
本当にありがとうございます。
これからも読ませてください。そして小田さんもこのブログを読んでいただいている、と願っています💝
September 22 [Thu], 2016, 9:46
☆彡mi☆彡
レポ、ありがとうございました。

私は小田さんの、A型の性格が好きです。実際、小田さんは生きる指針です。

コツコツと積み重ねていた時があるから、今があるんですよね。

ずっと応援して行きたいです。本当に音楽を続けて欲しいです。
September 22 [Thu], 2016, 2:57
わんこ
つうさん、レポ感謝します

m(__)m
September 21 [Wed], 2016, 21:28
海実子(みみこ)
つうさん、こんばんは。海実子でございます。
いつま素敵なレポレポ、ありがとうございます。

『小田さんから「幸せ」という言葉がきけて、良かった。』

この一文に、泣きました。
September 21 [Wed], 2016, 19:27
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30