8/5(金)郡山・ビッグパレットふくしま初日MCれぽ【小田和正ツアー2016君住む街へ】

August 10 [Wed], 2016, 21:55




小田和正ツアー2016 君住む街へ
8/5(金)郡山・ビッグパレットふくしま初日。

気温が上がってものすごく暑い真夏日、郡山はうねめまつりのまっただ中。
その熱気に負けずと、熱い熱いコンサートでした。

会場の熱さが、なんだか懐かしかった。
90年代はこんなだったよね。小田さんも、ファンも若かった(笑)
小田さんに会いたくて、会えたらすごく嬉しくて。

私も、郡山のコンサートに来たのは”sometime somewhere”以来、25年ぶりでした。
昔の思い出も、よみがえりつつ。


※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器は一切使用しておりません。
すべて個人の記憶、主観に基づくもので、実際とは異なります。

以下ネタバレがありますのでご注意ください。
   
   
・・・


ビッグパレットふくしま、スタンドがなく平面の会場に椅子が並んでいました。
会場は横使いで、メインステージまでの距離が短めに感じます。

明治安田生命の映像が流れ、少しして会場が暗転し、

「君住む街へ」のイントロとともに
真っ暗なモニターに、ツアータイトルの文字が浮き上がった瞬間…
わあっ、と歓声があがり、小田さんを呼ぶ大きな手拍子が始まりました!

写真がかわるたびにどよめき、バンドメンバー登場で大きな拍手、
小田さんを呼ぶ手拍子と歓声は、どんどん大きくなってゆく…すごすぎる…

みんな、心から小田さんを待ってたんだなあ…と思ったら
涙でステージが見えない…(早すぎ)


小田さんが、花道をまっすぐ歩いてくる…

小田さん!!

マイクの前に立ち、大歓声の中、歌い始める!(号泣。。)


・・・


「今日はこんな暑い中、大勢集まってくれて、本当にありがとうございます。
炎天下の中、長時間みなさんをお待たせして、申し訳ございませんでした。

(そんな…外のことまで気にしてくださるなんて…)(感激)

ツアーも半分を折り返して、やっと福島、郡山へやって来ました。
今日はいろんなところから沢山の人が来てくれて
精一杯、楽しく、楽しく盛り上がっていきたいと、思います。」


メンバー紹介をしたあと、
左の花道先でギターを渡され、抱えただけで、
ここで歌ってくれるの?!という驚きと喜びか、ものすごい大きな歓声が!!

「そんなに喜んでいただいて…(照)
少し前に、3枚目の…あ、すいません、3枚組の(笑)ベストアルバムを出しました
1枚目はオフコースの曲になりました。
今日はオフコースの曲を、ずらっと…(キャーー!!)そんな風に喜んで頂いて。

まず、『眠れぬ夜』を…」
(キャーー!!)


小田さん絶好調!客席も大いに盛り上がります。


「座ろっか(笑)
(花道を歩きながら)
昔の曲、と言いますが、昔とはどれくらいのことを昔というのか…
(客席:カッコいいーー!!)…MCに集中したいと思います(笑)

昔とは、10年20年ではないと。30年くらい前が、昔の曲。
それで言うと、『ラブ・ストーリーは突然に』
(客席:きゃーーーー!)
タイトルゆっただけですよ(笑)
ラブ・ストーリーは突然に、は91年に書いたので、25年くらい前の曲。
びっくりしてしまいます。

昔、というのが30年前なら、大昔の曲をやりたいと思います。『秋の気配』」



次の曲『さよなら』では、ピアノのイントロで、どよめきと拍手、
さらに「もう… 」でまたどよめく。

小田さんが歌い始めた瞬間のどよめき、若人だらけの夏フェスもそうだなあ。
「雨上がりの…」「うおおおおおおお!!みたいな。


「さよならを歌ってる自分は、別人格みたいな気がします。」

再び花道を歩きながらMC、先々で声がかかります。
(小田さーん!)「あっ、ありがとうございます。」
「あ、どうも。どうも…」(照れ照れ)
「MCに集中したいと思います」(笑)
(2回目)

「えーと、昨日か、今朝。オリンピックのサッカー(予選第一試合)負けましたね。
取り立てて応援してるつもりはなかったけど、負けると精神的なダメージがでかい。
だから応援したくない(笑)勝つといいんだけれど。」


と、話しながら進む先々で、小田さんのあまりの近さに、喜び湧きまくる客席。

「どうしたんですか皆さん(笑)じゃ、一回、騒ぎますか。」

(客席全体:うおおーー!小田さーーん!キャーー!わあーー!!ありがとおーーー!!)(長め)
(小田さん、ここでタモリさんみたく、ちゃん、ちゃちゃちゃん!で切るんですよっ


「騒いだところで(笑)みんなで歌いましょう。
僕が一番初めに書いた曲。『僕の贈りもの』」


曲が始まります。客席の歌声は大きく、さっそく手拍子が起こります。
小田さん嬉しそう。
ほとんど歌わずに、みんなの歌を聞いて、
ところどころを歌いながら、花道を歩いていきます。

オンステージで、青年がマイクを向けられ、見事に歌っていて、
生まれる前の歌だろうけど、すごいなあ…と思ってましたら、
なんと、このブログを通じてやり取りさせて頂いてる福島の方の、ご家族でした!
お知らせ頂いて、嬉しい驚き!

小田さんの音楽が歌い継がれてゆくことを、実感しました。


みな一斉に立ち上がる曲で、ストリングスチームのノリノリなこと!
客席の、異様までの(笑)盛り上がりが、ステージにも伝わってるのでしょうか、
バンドの皆さんも、とってもチャーミングな笑顔!

小田さんも、やったるぜ!と言わんばかりに、メンバーを両手で指差したりして
バンドの乗りが、客席に伝わり、
またさらに盛り上がるという。。たまりません!


『時に愛は』の照明、すごいキレイだった…前回は明るい中だったから(笑)
歌も完璧にカッコ良かった!

『言葉にできない』で、イントロを弾いた後だったか?一瞬、天を仰ぎみたのが印象に残った。
小田さんの歌声は、硬軟を自在にあやつるかのようにして、場内に響き渡っていた。
神がかり的な、充実の歌声だった。

花道で立ち止まって、目を閉じて、『I LOVE YOU』を歌う小田さんの横顔が、
静謐な空気感と共に、目に焼き付いています。

前半ラスト『Yes-No』は、もうすごい盛り上がりで、
小田さん、何度も「ありがとうーー!!」と歌の合間に叫んでいました。


・・・


【福島ご当地紀行】どっかんどっかんウケてました(笑)

「このツアー、いちばん暑いご当地紀行になりそうです。」

郡山ビッグアイ。
入場口で「65才以上です」「俺らタダーー♪(笑)」

スペースパークへ。宇宙飛行士の写真が展示されていて
「大西卓哉くん。(聖光学院の)後輩です。学校中の自慢です。」

ヘルメットを装着して、宇宙飛行士の訓練装置へ。
昔の訓練装置です、と説明され若干テンション下がる小田さん(笑)「今じゃないんだ…」
「もしも気持ち悪くなったら言ってくださいね〜。」

ちょっぴりドキドキしながらスタート!
「おっほほーー!!」「えへへーーー!!」「あ、すげえ!」おおはしゃぎです(笑)
「大丈夫ですか?」「・・・」「じゃあもう少し回していきます」
「おっ…おっほほーーーー!

「いやーすごかった。びっくりしました。
今は使ってないと言われて愕然としましたが、無料で楽しんでしまいました。」


◆せせらぎ公園。せせらぎの小道をお散歩。
「汗ビッショリになっちゃった。
全然期待してなかったせせらぎの小道、とっても良かったです。」


◆ふれあい牧場
アイスキャンディに惹かれます。
「あ、この感じは…袋がとれねーぞ。」(冷えすぎて張り付いてる)
やっとカチコチのアイスキャンディを袋から出して、ぱくっ
「噛めねえ… 固え…(笑)」「まいう!」

さちゅう氏とふたり乗り自転車。「暑いんだよ〜」「(日差しで)顔が痛い…」
「今さら、さちゅうと触れ合ってもしょうがないんだよ(笑)
(小田さん側は)ハンドルきかないや、さちゅう、頼んだ…
おーー何やってんだよーー!!」
(あさっての方向へ)(笑)

事務局長さんにもらった人参を、直接、馬とロバたちにあげます。
あやうく手をかまれそうになる小田さん、と、
「エサはここに入れてください」と書かれた箱を発見(笑)
「噛まれないよう気をつけて」の看板も(笑)

ソフトクリームを食べてご機嫌です
「いろいろごちそうになっちゃった。馬のエサもごちそうになっちゃった。」

◆会津若松
「昔ここにアーケードあったよね。」(昔のご当地紀映像)
学生さんたちとふれあい「勉強もしろよ。」

「電車でさらに遠出します。あっ、もう来てる!」

「湯野上温泉、大内宿へ到着しました。」
おそばを頂きます。「うまいなあ。」

高台へと階段を上がろうとすると、上から降りてきた若い女子たちに
「気をつけてください。下りヤバいですよ、手すりつかまって」と、いたわりのアドバイス(笑)

かけあがって、大内宿全体を見下ろし「これは撮るよなあ〜。」とマイ携帯で記念撮影。



「さいせん箱がない…あった、さいせん穴。」

◆郡山市内、阿武隈川河畔へ。
「とっても雰囲気のいい学校を見つけました。
ここに通った諸君は、とってもいい思い出ができるだろうな。」
(小泉小学校)

「あちこち遠出をしましたが、とっても楽しい思い出ができました。
後半も、盛り上がっていきたいと思います!」
(客席:いえーーい!!)


・・・


後半が始まってしまうと、あっという間に過ぎていってしまう…
風船れぽ(笑)

小田さん、風船の扱いがどんどん上手くなっている。。(笑)
ぽーん、と蹴ると、遠くまで飛んでってる!
頭上の風船を見上げて、思いっきり笑顔の客席。

風船が遠い時は、そんな客席のはしゃぎっぷりを、ニコニコしながら見ています。

曲の終わりに、風船の上に両腕を乗っけて休憩してたのが、超絶!かわいかった


『キラキラ』で客席に突入、まったく見えなくなっちゃった/(^o^)\
スポットライトと、歓声が動いてくので、どの辺りにいるのか見ながら、一緒に歌います。

近くを通過したみたいですが見えない…と思ったら!
小田さん、もう遠くの椅子の上に乗ってサビ歌ってる(笑)
わーい見えた*\(^o^)/*


♪明日のふたりに まだ見ぬ風が吹く…ありがとうーー!!(うわあああああ!!!)


さらにさらに、大サビも、再び椅子の上で!

震えるほどの大歓声が、小田さんを包みます!!小田さーーーん!!

続くラブ・ストーリーは突然に、のイントロで


小田さん「みんなどうもありがとうーーーー!!」


それ聞いて、また泣いた( ;  ; )

休むことなく、会場を隅々まで歩きながら歌い続けて
歌の合間に、呼吸を整えることもせず、
「どうもーー!!」「ありがとうーー!」と何度も、何度も叫ぶ小田さん。

こんなに何度も「ありがとう」と。。

ありがとうはこちらの方だし、なんかもう…泣いた。
小田さんの思いがあふれていて、

小田さん、ここに来たかったんだろうな。

みんな、心から待ってたんだろうな。


・・・


「ふるさとを、つくづく、大切にしたいと思います。」


『さよならは 言わない』の最後、そっと寄り添い語りかけるように歌っていたのが心に残った。

『今日も どこかで』の、長い長い拍手。


「またみんなが元気になれるような曲を書いて、いっぱい書けたら。
お見かけしたところ、みなさん、僕と同じか…それ以上…(笑)
元気で、また会いましょう。

『君住む街へ』を、歌います。」


途中で少し、声が詰まった。

「ありがとう。」深々とお辞儀をして、去っていきました。


・・・


「どうもありがとう!アンコールが長くなっても、いやがんないでください。(わーー!!)

震災のあとに作った曲です。『その日が来るまで』」


私の周りの人たちも一緒に口ずさんでいました。
それを聴いてまた泣くという…福島のみなさんが熱くて…( ;  ; )

アンコールは2回で7曲。これだけでミニコンサートと言っても良い。
一曲、一曲を、大切に歌う小田さん、惜しむように聴いている客席。


・・・


小田さんがステージから去っても、立ち上がる人は少なく、
エンディングが流れ始めて「ああ…」と、どよめきの声。

エンドロール、「ビッグパレットふくしま」で拍手が起こったの、懐かしいね。
前はどこでもそうだった。

地元愛。故郷愛。
福島の会場で、改めて感じました。

ビッグパレットふくしま、熱かった…



なにげない日常の中で、誰もが、辛さや苦しさを抱えていて
でも、小田さんの音楽は、その辛さをふっと和らげてくれる。救ってくれる。

君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないでいつでも


小田さんの歌声を思い浮かべながら、会場を後にしました。
福島、来てよかったです。

ここへ連れて来てくれた人へ、ありがとうございました。
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/2418
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>りっちゃんさん

福島2days、お子さんとのご参加、良かったですねーー!!
郡山、なんだかめちゃくちゃ暑かったんですが…テアトロンより暑いって(笑)
それに負けじと、会場も熱かったですねーー!
久々に、若い頃のコンサートの熱気を思い出しました(笑)
ご当地紀行の予想も、ビンゴ!だったんですね
嬉しいですよね〜小田さんがここに来てくれた、と思うのって
その場所にいくたび、思い出して幸せな気持ちになれますよね!

郡山、行かれてましたか!*\(^o^)/*
私はあのとき無謀にも2日間連続で新幹線で日帰りで。すごく大変でしたがいい思い出です。
小田さんのコンサート、まだ2時間もやらない時代でしたね。
懐かしいなあ〜

>時は流れても小田さんは変わらず歌って会いに来てくれます。それだけでもう感謝感激雨霰です。

25年前の思い出に加えて、最新の思い出ができました…すごいことですよね。
小田さんには本当に感謝です。
「また来ます」の言葉を信じて、次はもう少し、大きくなったお子さんと参加ですね!
August 17 [Wed], 2016, 14:16
>ユウジンさん

こんにちは、読んでくださってありがとうございます

私の見えなかったところで、そんなことが…
小田さんも、周りの方も、とても残念な気持ちになられたでしょうね。
双方の信頼があってこそ、の客席突入ですが
コンサートでは、純粋にファンというわけではない、色々な方がいらっしゃいますから…
多くの人たちはきちんとマナーを守ってはいても、そういう問題は多少起きてしまいますね。

私も、他の会場で、駆け寄ろうと殺到した人たちにぶつかられ、倒されたりしています。
スタッフさんは注意するでもなく、見てるだけでした。
そこは仕事内容に含まれてないのかなあ…と思いました。
でも、コンサート自体はとっても素敵でしたから…
倒れた時にできたアザを見るたび、
ああ…コンサート素敵だったなあ…と思い出してました(笑)

福島の初日も、とっても素敵なコンサートでしたね!
小田さんが傷つくことのないよう、
これからも、心置きなく客席に突入できるよう(笑)
みなさんでお互いを思いやって、ルールを守って、楽しいライブにしたいです。
August 17 [Wed], 2016, 14:04
>ひろさん

福島のコンサート、よかったです…とても心に残りました。

何年も前、アリーナ席では小さくて埋もれてしまう…と、ここでおっしゃってたお子さんが、
あんな立派に、オンステージで、見事に歌われるようになるなんて、ううう
ものすごく遠縁の知り合いのお隣のおばちゃん気分で(笑)とっても嬉しいです!
そりゃ自分も年取って涙もろくなるわけだと思いました(笑)

特に初日の小田さんはいつもと違っていました
それは客席もそうで、今ツアー、あんなに小田さんを希求している会場は無かったです
「その日が来るまで」を歌われたのは福島だけです
小田さんの思いの強さをひしひしと感じました。

行ってよかった…と思いました。
ひろさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

>小田さんは、「きっとまた来ます!」と言ってくれたので、

その日が楽しみですね!
August 17 [Wed], 2016, 13:46
りっちゃん
凄いコメントの後に恐縮です。(*ゝω・*)ノ
私も郡山コンサート二日間行きました!その熱気たるやら、外の暑さもなんのその。
今回初めて娘、息子を連れていきました。あの日あの時発売以来、ずーっとかけていましたからね(^^)v
小田さんのご当地紀行予想当たって時同じくしては行ってませんが、小田さん来てくれてありがとうの状態です。
コンサートが終わってからも暫く放心状態、興奮状態にあり、過去のライフサイズ見まくりました(≧∇≦)b
私もsometime somewhere郡山二日間コンサート行きましたよ!当時は高校生(*^^*)あの時連れていった友達が今も行き続けていて凄く嬉しいです。時は流れても小田さんは変わらず歌って会いに来てくれます。それだけでもう感謝感激雨霰です。私ももう少し子供が大きくなったら遠征なんかもしたいなぁ。小田さんにはそれまで頑張って頂かないと(*ゝω・*)ノ熱い熱い2daysでした!
August 15 [Mon], 2016, 17:59
ユウジン
いつも楽しみに読ませていただいてます。

ビックパレットふくしま1日目に参加しました。私の小田さんのコンサート参加歴の中でも、かなりの良い席で、サブステ、花道に近い席でした。
しかし、小田さんが客席に降りてきた時のことです。私の前列の女性が通路から3番目の席にもかかわらず、通路から2名の女性を、ほぼ突き飛ばして、小田さんのTシャツを引っ張っておりました。そして触った触ったと大騒ぎ。私かなりびっくりしましたが、私の隣の方もびっくりされ、あきれておられました。ちなみにTシャツを引っ張った方のグループは、一切アンコールきかずに帰って行きました。
このような一部の観客の行為が、twitter上でとりあげられた、観客のマナーの悪さとされたら本当に残念です。Tシャツを引っ張った人のグループ以外は、私の回りではマナーを守り、コンサートを楽しんでいたのですから。とても盛り上がったコンサートでしたし、小田さんも、君住む街へで、ちょっと声を詰まらせていましたよね。
長くなりました。すみません。もっとはっきり、小田さんに手をのばさないようにアナウンスした方がよいと思うのは私だけでしょうか。
これからも楽しいレポをお願い致します。




August 12 [Fri], 2016, 6:26
ひろ
つうさんへ
郡山へようこそ!
ビックパレットへようこそ!ふくしまのひろです。
つうさんの、ビックパレットふくしま1日目の詳しいれぽ、完璧です!
2日目も熱かったのですが、やはり1日目の盛り上がり方、すごかったです。
私の周りには結構お年を召した方がたくさんいらして、
どうかなぁ盛り上がるかなぁ、と心配していましたが・・・全く心配無用でした。
今回初めて二日連続の参加が叶い、幸せな二日間を過ごしました。
1日目は、家族四人で参加しました。
高3の息子と社会人1年生の娘は、
小さいころから小田さんのコンサートに一緒に来ていたこともあり、
すっかり小田さんの大ファンになり、今回「郡山に小田さんが来てくれる!」と大興奮でした。
そして、なんとこの二人が今回初めてオンステージ席に当選しました!!
中央の大スクリーンに時々ノリノリの二人(おそろいのコンサートTシャツ)が映って、
それだけでも夫婦そろって大感動していたのですが、
つうさんのレポにもあるように、「僕の贈りもの」で、
なんと高3の息子が小田さんにマイクを向けれられ、「中途〜半端〜なのです〜」と結構しっかり歌い、
親もびっくり!!周りの人たちから「若いのに、よくこの歌知ってるなぁ〜」との声が聞こえ、
なんか息子が誇らしく見えました。うれしかったです。
オンステージ席に小田さんが歩いてきたとき、息子は、「歌ってたら目が合って、来ると思った」そうです。
隣で見ていた娘は、「小田さんのこと、じ〜っと見つめちゃった」と興奮状態。
その昔、彼を仙台公演に初めて連れていくとき、
背が小さかったので「踏み台」を持っていくことでごちそうちょうの皆様からアドバイスや励ましをいただいたことを懐かしく思い出しました。
家族にとって、生涯忘れられない、宝物の日となりました。
小田さんは、「きっとまた来ます!」と言ってくれたので、その日を楽しみに、頑張ろうと思います!!
August 11 [Thu], 2016, 22:33
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31