一週間遅れですが情熱大陸「井上真央が撮る小田和正」感想メモとちょっとだけ文字起こし

June 25 [Mon], 2012, 15:33
昨日放送されたWOWOW「小田和正コンサートツアー“どーも どーも”〜その日が来るまで」
夜明けまで見ていたため寝不足です(=ω=)
ドームライブ、良かったなあ〜。。2時間じゃ短すぎるな〜。。 (´;ω;`)

赤レンガの続きとか(あ)わうわうの感想はとりあえず置いといて(置いとくのか!)
一週間遅れですが、情熱大陸の感想。

この2週間、暇をみては再生しながら、ツボなど書いていたら
見れば見るほど全方位ツボだらけで、いっこずつ拾っていったらキリがないほど…
撮る側の船さんが撮られてる〜!\(^o^)/とか。。
ざっくり感想と、ちょっとだけ文字起こし…
   
   
   
・・・


前回の、NHKにんげんドキュメント「小田和正 58歳を歌う」は、
団塊世代が定年を迎えようとしている中で、未だヒリヒリとした現役感を持ち続ける小田さんの姿…を捉えようとしていた印象があるのですが、いかんせん記憶が…
(ついこないだ…と思ってたら6年半も前なんですな。58だからそりゃそうだ)

で、情熱大陸。
こと「作る」ことに対しては鬼になる小田さんが、
数々の取材相手を泣かせ、追い詰め、胃炎にさせてきた(笑)小田さんが
今なぜ、取材をOKしたのか。

ドキュメンタリーという分野では、ライフサイズ以上のものはないし
「クリスマスの約束」も、音楽番組であると同時に、壮絶なドキュメント番組だと思う。
毎月発行で内容充実のプレス、モバイルサイトの船さん日記…
小田さん側からもたらされる情報は、いちアーティストとしては量も質もハンパなく濃くて、
なにより、ステージの小田さんを見てると、音楽以上のものが伝わってくるから…

「情熱大陸」は、一体どうやって、小田さんに立ち向かうんだろう?
何を見せようとしているんだろう。
小田さんは、なぜ今、情熱大陸のオファーを受けたのか…?!

などと大いに盛り上がりつつ、放送日を迎えました。ふがー!( ー`дー´)


・・・


前編、後編と放送を見て、思ったこと。

ここ数年の小田さんのテーマのひとつに「若い世代に伝えていく」ことがあると思いますが
まさにそれに基づいた、情熱大陸だったのではないか。

井上真央さんという、25才の若い女優さんの「カメラ=目」を通して、
彼女、彼らのような、若い世代の人たちに向けて
ものを作ること、作り続けて行く事とは、こういう事なんだと、
いつもよりちょっと素直に、時に寡黙な行動で、指し示そうとしていたのかな…と。

優しい口調で、ぽつ…ぽつ…と、目を閉じて、言葉を探るように
真摯に、ありのままの思いを伝えようとする小田さん。
そのあとの、ふっと照れたような表情も、いいんですよね。

まるで、小田塾のドキュメントを見ているようでした。
塾生が真央ちゃんだったからこそ引き出せた、終始、穏やかな笑顔も良かったです。
仮にこれが対若手アーティストだったら、たぶんもっと厳しくて怖い…
なかなかに貴重な小田さんを、見せて頂きました。

語られた言葉を、ちょっと文字おこし。小田先生のレジュメ。


・・・


リハーサルスタジオ。
(真央ちゃん:なんで取材を受けてくれたのかな?…と)

「いやあ、そういう…私はわりと『縁』というのを、大事にしてましてですね…
さっきの主題曲とかね(ドラマ主題歌「こころ」)
おまけに、地元がえれえローカルなとこで(笑)そんなとこなんだって。
ちょっとしたつながりがあったんだな、ちゅう思いから。

それと!最初に釘刺して置きたいのは、
えー…こんなこと言わないほうがいいのかもしれんけど…
『やったことないから』っていうのはさ、言い訳し…ならないように。
まあゴールが見えないにしても、とにかくたどり着いたのはこれだったって。ね。

(よろしくお願いします。私なりに精一杯、頑張ります。)
君なりに頑張ってください。
やったことないし、っていうのは無しでね。


大事なことなので2回(笑)
「やったことないから」っていうのは、言い訳にしない。
若かりし日のオフコースも、やったことないことだらけの道を切り拓いて来たのでしょうね。

・・・

4月、取材の初日。東北ツアーリハーサル中のスタジオ。
『Re』演奏中。東北ツアーからセットリストに加わった曲です。

「えー…実は、情熱大陸という番組をやることになってまして…
出来次第では、ボツにもなるという…えへへ(笑)」
(え〜(笑)そんな…がんばります)

いやその人、にこやかにゆってるけど本当にボツにするから!怖いから!(わし心の声)

(ナレーション:去年の震災で、小田さんは東北ツアーを中止した。曲も全く作れなくなったという。今回、再開するツアーは、どう実を結ぶのか。
東北は、大学時代を過ごした青春の地。今回、一年半ぶりの新曲を披露する。)

(去年の震災があってから、曲を書かれてないって聞いたんで…)

「そう。書いたんだ。東北に向かって。
ちゅうかね、あんまり押し付けがましくないのがいいと思ったんだけど…
いやー…いくら曲ができないできないっつっても…
なんか、伝えないとね。」


(ナレ:その曲を、初めて合わせる。)
「新曲やりましょうか。」 

(気になる部分が見つかると、その都度、立ち止まって直していく。)
「ちょっと5分ばかり休んでて。」
譜面を手に、スタジオのキーボードに向かう小田さん。消しゴムつき鉛筆。

(作詞作曲、そして編曲までもが小田さんの仕事。音符と言葉と楽器を合わせて、ひとつの世界を組み立てていく。
まだ名も無き新しい歌。一音、一音を吟味する作業が続いた。)

「もっかいやらしてください。」

・・・

仙台。ライブ前日。ご当地紀行の撮影。

(ご当地、元々小田さんがやろうと思って言い出したんですか?)

「うん。何か…ここでしかやんなかったんだろうなってゆうようなものを、欲しいなと思ってさ。
コンサートのことは、どんなに盛り上がって、どんなにいいコンサートやっても、
忘れちゃうんだよね。盛り上がったんだろうねぇ〜ぐらいね。
ところがご当地紀行は、あん時はあそこ行って、てのは全部覚えてんだよね。」


八木山動物園〜白石城〜西公園「櫻岡花見」屋台。

(ナレ:自分で歩き、自分で見聞きし、自分で伝える。それが小田さんのやり方。)

(私も撮っていいですか。)

・・・

東北大学。学食でご当地撮影。

・・・

移動の車中にて。(音楽は趣味だったんですか?)

「音楽は趣味ですよ。
音楽は、我慢するとこひとっつもなかったわけで。どんなにやってても眠くないし、練習が楽しいし…
ほんっとに音楽だけやってればよかったら、どんなにいいだろうって…
でやっぱり音楽だけになっちゃったら(笑)いやあ…つらい。みたいな…」

(作るって大変ですね…)
「作る…そう。
で、『らしいね』とか…いい意味で『らしいね』って言ってくれる時もあるけど
ひとつ間違えると『マンネリ』ってことじゃない?『またそれかよお前。』
『また風が吹くんだね。』みたいな…(笑)
それを一生懸命つづけてると『普遍性』とか言われる。『普遍的』とか。いい加減なもんだよ」

「ま、でも、みんな、つっぱったり、強いこと言ってても
アーティストはけっこう弱かったり…その、ナイーブだったりするからね。
批判されたりすることには、とっても弱いよな。傷ついて。うーん…」

自分が好きなら続くんだよな。


・・・

仙台、ライブ当日。
朝一番にやるのは、前日に撮影したご当地紀行の編集。

会場の花道、オンステージシート。
観客との距離の近さが、小田さんライブの特徴ですよね。

本番前、会場の楽屋にて。
(歌う気にならなかった、というのも含め、それ以来の仙台で、この新曲歌って…今…なんか…)

「(笑)そんな盛り上げんなよ(笑)
まあ、だから…(目をつぶってうつむく)
…なんちゅうの、すごい的確で、見事に出来上がった、なんかそういう思いを、カッコよく伝える必要は無い訳で。なんとなく伝われば、それでいいんだよな。
みんなにもゆっくりゆっくり元気になって欲しいけど、
こっちもゆっくり…ね。何かしてゆければな、っていう…(頷きつつ微笑む)思いますね。」


・・・

本番直前、ステージ裏での気合入れ。
「今日はきっと、皆さん楽しみにしていると思うので。
楽しませて、あげてください。」


ひとり、目を閉じて集中する。ステージに臨む直前の顔。

4年ぶりに立った、仙台のステージ。
「本来、このコンサートは昨年行われる予定でしたけれども、
コンサートなんて、もう、やってはいけないんではないか。
そんな風に思っていました。
しかしながら、時間が経って、我が青春の地、仙台で、
今日という日を迎えることができました。誠に感無量であります。」

「この東北ツアーの前に、新しい曲を書きました。これをやりたいと思います。」


(ナレ:新曲のタイトルは決まっていた。『その日が来るまで』)

♪『その日が来るまで』

いつかその日は きっと 来るから
時は やさしく 流れるから
雪が 溶けてゆくみたいに 今は そのまま
ゆっくり ゆっくり 元気になって

君が好き 君が好き
それを伝えたかったんだ
遠くから ずっと 君を 想ってた


(ナレ:この日、たくさんの『君』が、小田さんの歌を受け取った。)

・・・

終演後の楽屋。(今日、行く前は何を考えてましたか。)

「やっぱりこんな時にやっていいんだろうかっていうのはずーっと、ずっと背負ってたからね。
…それで緊張したね、ちょっとね。」

「考えはまとまりましたかそれで?
(え?)
自分の番組の、最後の、考えはまとまりましたか?
(いやまだこれが最後じゃないんで…)
てゆうか、まだ撮るの?まだあるの?(まだ、今日が始まりなんで…)
徐々に詰めてかないとな。イメージを。」

(ナレーション:物を生み、伝える覚悟を問われた気がした。)

・・・

一週間後。真央ちゃん。

「今後、どう取材していこうかな…って考えてた時に、
小田さんが最後に『どう?君の考えはまとまった?』って言ってたじゃないですか。
あれ言われた時に、ちょっとハッとした自分がいたというか。
やっぱり…挑むなら自分の身一つで挑むべきかなっていうのは、感じましたね。」


・・・


真央ちゃんが、ひとりでカメラを手にして、取材を始めた時から、
画像が、急に活き活きと躍動し始めた気がします。

ファーイーストクラブ。
社長室。事務室。応接室。ミーティングルーム。スタジオ。扉が次々に開いていく。
小田さんが、心なしか、面白がっているような口調になってきましたよ。


・・・


いよいよ、塾生・真央ちゃん自ら、動き始めた…!

と、ここまで書いたところで、忙しくて中断したままWOWOW放送日になってしまった…
ちょっとだけ文字起こしのつもりが、思いのほか長く…終わりが見えなくなっております
続きとも文字起こししておきたいけど無理かな
まあ、そんなツボ満載の小田塾ドキュメントだったということで(強引にまとめ)

今夜も、WOWOW再生するの楽しみでーす( ´∀`)
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/2084
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>俺は只のR&Rシンガーさん

だすこいどうもーーーー!!元気かーーーー!!!
そうです、なんとあれから30年!30年っすよ!!
あんたらが「あなたに〜あえて〜 ううっ!」と泣きながら真似して歌ってた日から
30年っすよ!!
いや〜うちらも歳をとるはずだ…/(^o^)\

しかし、30年たってもこうして語り合えるのは、幸せですな。
35年、40年、50年と、語っていこうぜ!!
July 21 [Sat], 2012, 17:22
>おきようさん

読んでくださってありがとうございます〜
情熱大陸、時間をみてはちょいちょい見返しているのですが
何気ないシーンでもすごく意味があって…
真央ちゃんディレクターなんですよね、すごいなあと思いました。

後半も、小田さんの言葉で、これは…というのがあったから、
これから、一年かけて(笑)じっくり文字起こししたいです(^◇^)いや無理かも(笑)
July 21 [Sat], 2012, 17:18
>みゆさん

いや〜情熱大陸、ツボだらけ(笑)
ツボツボツボツボ…って、いっぱい書き出したいくらい!なんだけど
文字起こしし始めたらドツボにはまって、全部が書きかけという/(^o^)\
前後編とも文字起こしする気だったけど、無理だ〜

小田さんの言葉、真央ちゃんに届いてるねきっと。

満面の笑み…貴重な姿を拝見できて、幸せです(笑)
July 21 [Sat], 2012, 17:15
俺は只のR&Rシンガー
だすこーい!元気かー?
今日何の日だったか知ってる?
6月30日はね!なんと!あの武道館の小田さんが言葉にできない詰まっちゃった日からちょうど30年なのだー!!30年!30年っすよ!
いやーつうさんも年をとるわけだ!爆!
ではまた!
July 01 [Sun], 2012, 6:07
おきよう
五感を駆使してテレビにかじりついていたはずなのに〜〜 気付いてなかった言葉の発した大切な意味を見つけました!!解釈って人それぞれ違うから、そして時間が経過すると変わってゆくからホントそれぞれですが

超お宝文章でございます♪すごいよ、つうさん(love)
June 26 [Tue], 2012, 7:19
みゆ
そうだね真央ちゃんだから引き受けたって言うか、そうじゃないと引き受けないよね
変な意味じゃなく師匠が弟子に「伝統の技」を受け継いでいくみたいな←何故か陶芸の先生の姿が浮かんでしまった(笑)

冗談はおいといて
時に厳しく時に優しく(ツンデレ?)番組の方向性を示唆しつつ並行して東北ライブもしてるって言うのは・・・結構過酷なのでは
でもその姿は真央ちゃんには見せず、人生の先輩として方向性を導いて行く・・・

時間にして1時間(2週全後編の為)の番組ですが、奥が深すぎます
きっと真央ちゃんも今は分からなくても、もう少し大人になった時に小田さんが「あの時」言ってた事の意味が分かって行くのかなぁ

なんとなく私がそう感じるだけなのですが

ひとつ気になった事
「あの方」のドアを引く時の満面の笑み(笑)
June 25 [Mon], 2012, 15:56
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30