2011/9/23(金)京都音楽博覧会2011(MC追記あり)

September 27 [Tue], 2011, 15:55
9月23日(金)京都梅小路公園で行われた、くるり主催「京都音楽博覧会2011」に行って参りました。

今年で5回目の音楽フェス、小田さんの出演は2007年、2008年と今年で3回目です。
過去2回はお天気がいまいち…というかとんでもなかったですが(笑)
今年は見事、ピーカンに晴れました!\(^o^)/
つか晴れ過ぎだっつの!待ってる間の日差しが、熱くて痛かった〜
9月なのにこんがり焼けました。。(涙)

過去の京都音博レポはこちら。いろいろつながってますな。

2007/9/23 京都音楽博覧会 IN 梅小路公園・レポその1
※恋は大騒ぎ伝説の始まり

2008/9/6 京都音博2008・小田さん出演部分レポ by ペコさん
※細野さんとの出会い


えーと、もう昔のような記憶力は無いので(しくしく)
覚えてる分だけ、箇条書きで…(しくしくしく)

(9/28追記)MC補足いただきました!ペコさん、くるみん、どーもー!
キヨさん、コメントで外の様子を教えてくださり、ありがとうございました!
  
   

・・・

 
当日は朝5時40分に(かろうじて)起きて、新幹線で京都へ。
9時過ぎに会場に着いた頃には、すでに入場待ちの列ができていました。
小田さんの出演は、トップバッターの12:05予定。
せんせい…もう…日差しが…きついです…

10時半まで待って、開場。
ステージ前はスタンディングエリア、後のブロックはシートを敷いて座って見れます。
もちろん前方に陣取り、そこから開演まで、また1時間半待ちます。

日除けなど一切ない野外広場で、徐々に強くなる日射し、
早起きしたせいで遠のく意識(笑)
せんせい…腕が!背中が!日射しで熱いを通り越して、痛いです!!
このままでは倒れるかも…と思い、その場にしゃがみこんで、体力温存。。
いやー、人ってどんな状況でも寝れるもんですね〜(o_ _)o zzz


待ちかねた12時、開演です!
小田さーん!!あっとその前にくるりーー!!

前回では、ふたりとも着物だったように記憶しているのですが
今年のくるりは…浪人生のような服で(すいません)

小田さんが紹介され、登場です!!


小田さーーーん!!\(^o^)/


前のエリアは主に小田ファン(と石川さゆりファン)で埋め尽くされており(笑)
声援が飛び交っております。

秋らしく、濃い目の色のジャケット、白に大きめの胸ポケット付きTシャツ、
ジャケットと同系で濃い色のジーンズ、足元は白いスニーカーだったかと。
いつものツアーとは違う、ちょっとよそいき風?なスタイルに
客席きゃーきゃー
   
音博の小田さんの写真はこちらでも→オリコンスタイル→


(9/27追記)

・小田さん登場の挨拶「こんにちはー!」(わー、お昼だなーと思った。しんせーん!)

・椅子に腰掛けて、低かったのか「ちょっと低い…」って、こしょこしょ小声で言いながら
高さを自分で直しかけたら、スタッフさんが出てきて直してもらう

・「ツアーをスタートした頃、岸田君から長い手紙をもらいまして。
切々とした手紙だったですねー。」(切々という言葉がとても印象深かった)

・青空を見上げて、「いい天気だ、すばらしいねー。」

・くるり「なんで音博に出てくれはったんでしょう」

小田さん「事務所に二人が来て、音博の話しをしてるときに
言ってることよくわかんないし(笑)滑舌も悪いけど(笑)、
なんか一生懸命だなと。こいつら真面目な奴らだなと思って。」

・細野さんとは4年前に音博で知り合ってから、2度ほど会った。うち一度はお蕎麦屋さん。
40年近く存在を知ってるのに、今日初めて一緒に、ステージを踏むことができる。(嬉しそう)

・細野さんとの曲が終わって
「もう一曲、ノルマがある。岸田君が歌えっていうから、『たしかなこと』。」



・・・


・ 震災後、くるりから、とても長い手紙をもらって読んだ。

・ 今年の音博の話をもらった時、即、出演を決めた。

・ 岸田君は変わった奴だなと思ったけど…(笑)真面目に音楽をやっている。

・ 最初に出演した時、変なイベントだなーと思った(笑)海外のジプシー音楽みたいなグループもいて…

・会場からの「小田さーん!おめでとうー!」の声に、こちらを向いてにっこり手を振る小田さん。
なんてやさしい笑顔なの…(メロメロ)

・先日、誕生日だった話。64になりました、にどよめき。
「54になりました」とか大嘘ついたのはどこでしたっけ。ここ?(ここじゃなかった。すいませーん)

・一曲目は「東京の空」キーボードで弾き語り。
京都は、まだ夏空です。よく晴れています。

・続いて、くるりとフジファブリックの人と一緒に、「恋は大騒ぎ」

・前にやったときは大雨だったけど、今日はこんないい天気で…とMCがあったような

・青空の下で聴く「恋は大騒ぎ」いいなー!\(^o^)/

・豪雨の「恋は大騒ぎ」も、思い出に残って良かったけどね

・細野晴臣さん登場。「風をあつめて」
小田さん、例によって遠慮がち、コーラス多め。もっと主旋律ぐいぐいきてほしい(笑)


最後の曲は、「たしかなこと」。
ステージに小田さんが一人残って、次の曲は…

「この曲をここで歌えて嬉しい」と、言ったかどうか記憶が混乱してます…言ったっけ?

小田さん、ギター一本です!!途端に緊張する我々。小田さんひとりでギター…!

ですが、歌いだしの、のびやかで美しい声が、京都の青空にむかって放たれた瞬間、
自分の周りの空気が変わったような…うまくいえませんが。素晴らしかった。


「君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ」ここの部分は、アカペラで。

しんと静まり返った広い空の下に、小田さんの声だけが響く…


「それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ」

こらえきれず、涙腺決壊です。


なんというか…すごく良かった。


会場はたくさんの人でいっぱいだったけれど、その大勢の人に向けて歌っているのではなく、
…それこそ、一人で散歩中に、雨上がりの空を見て、
自分の好きな歌が、思わず口をついて出たような
そんな、個人的な歌を、聴かせてもらったような気がしました。


歌が終わって、最後のギターも、丁寧に…
内心ちょっとハラハラしつつ見守る我々

ん?

ちょっと一音、違ったような(しーっ)

小田さんの表情も心なしか痛恨といった風な(しーっ!!)

いや気のせいだきっと!


曲が終わって、小田さんが去った後の会場は、
何か…すごい歌を聴いてしまったという空気で
しばし、気持ちを切り替えることができなかったです。

まるですうっと、染みこむように、届いてきた。

「たしかなこと」

4年前の音博でもそう思ったかもしれませんが、

今年また音博で聴いて、さらにさらに、もっと好きな歌になりました。



・・・



【小田さん出演部分セットリスト】
1. 東京の空(小田さんキーボード弾き語り)
2. 恋は大騒ぎ(くるり岸田、佐藤、田中、フジファブリック山内総一郎、bobo)
3. 風をあつめて(細野晴臣、くるり岸田、佐藤、田中、フジファブリック山内総一郎、bobo)
4. たしかなこと(小田さんギター弾き語り)


作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/1957
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
キヨ

つうさん
京都音博のレポありがとうございました

僕は外からオーロラビジョン見ながら聴いてましたが野外やのに音響効果とてもクリアーでした(ただMCはちょっと聞き取れなくて…でも「どーも〜」はハッキリ聞こえました)


会場の外でも「たしかなこと」が歌い終わった時、一瞬、時が止まった感じになり周りの外で聴いてた人らもどんな思いで聴いてたのかは分からないけどすすり泣きしている人もいました。


「たしかなこと」この曲のいろんな人達に感動を与える影響力は凄まじいとあらためて感じました。

また来年も出演してほしいです。
September 27 [Tue], 2011, 17:36
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30