10/27放送「情報フレッシュ便さらさらサラダ」鈴木さんゲスト・番組レポ by あきさん

October 29 [Fri], 2010, 0:58
2010年10月27日(水)午前11:30〜12:00、
NHK名古屋放送局で生放送された「情報フレッシュ便 さらさらサラダ」
鈴木康博さんゲストの公開生放送の番組レポを、
放送地域在住の、あきさんから、頂きました!ヽ( ´ ∇ `)ノ

昨日アップした「小田和正さんからの手紙」の文字起こしをしてくださった方です。
あきさん、ありがとうございます!心から感謝いたします
 
 
 
 
【10/27放送「情報フレッシュ便さらさらサラダ」レポ by あきさん】


名古屋のお昼はさらさらサラダ〜♪

さっそく今日のゲストを紹介したいんですけれども、
シンガーソングライターの、鈴木康博さん。

あの人気グループ、オフコースの元メンバーという事で。
さっそく一曲披露していただきたいと思います。
80年代から歌い継がれている曲、ご紹介しましょう。
「一億の夜を越えて」。

曲:一億の夜を越えて

→→ヤスさん、ピンクのストライプのシャツに、ジーンズ。
  ギター一本で。
(観覧者の方々の微妙なタイミングの手拍子 あったりして、観ててヒヤヒヤ・・・


改めてご紹介しましょう、シンガーソングライター鈴木康博さんです!

「どーもーこんにちはー」

よろしくお願いします。
名古屋どうですか?どの位いらっしゃってますかね?

「もうねー、年2回位は来てるかな?」

19才の方からのおたより。
『鶏肉は食べられないと思いますが、名古屋では何を食べてますか?』 
鶏肉嫌いなんですか?

「そうなんですよね〜駄目なんです。
我々の世代は、捌いているというところとか、あれがトラウマになっちゃっててね。
そういう人多いかと思うんですが。スープなら大丈夫です。」



みなさんよくご存知かと思いますが、
鈴木さんがメンバーに加わっていた、オフコース、
ちょっとおさらいをしていきたいと思います。


→→5人の写真のフリップ登場(”時に愛は”あたり? 両端にヤスさん、小田さん。)
  バックには「さよなら」♪


さて、この中で鈴木さんはどれでしょう?!こちら!(左)ですよー。
右端は小田和正さんですね〜。

デビューは70年ですね? この5人になったのは76年から?

「そうですね、はい」

そしてこの”さよなら”が大ヒットしましてね?

「はい、そうです、78年になります」

このオフコースはどんなふうに活動が始まったんですか?

「最初は高校時代、学園祭でなんかやらかそう、と。
ギター持って、何人かでやればハモれるんじゃないかと。」


この中だと誰と一緒に?(→さっきの写真)

「この中だと、僕と小田しか残ってないですね〜。あと他に2人いて。」


→→この後、82年の”若い広場”の、武道館とアルバム作りの映像が流れます。
  「YES-NO」♪ 


画面右下。小さい枠の中で映像を見つめるヤスさんの顔。
ちょっと、リズム取ってます。

貴重な映像ですね〜。高音ですね〜!

「私は小田よりも高いとこ出してましたね(笑)」

改めて見てどうですか?

「いやー本当に忘れていたシーンですからね(笑)
こんな事あったのか、みたいな感じです(笑)」


でも、どうして当時、オフコースはテレビに出なかったんですか?

「いや、最初はまだ2人で始めた頃は、ちょっと出てたんですよ。
その時に時間制限されたり、口パクで歌えっていわれたり・・・」
「そういうのが嫌でね、避けようかって事になって・・・」



で、この後、人気絶頂の時に鈴木さんはオフコースを離れるワケですが、
率直に言って、なぜ、だったんですか?

「今考えるとね、グループの中にいて、そういう組織、輪の中にいるよりは、
自分探しの旅に出たくなるんですね。

だから、当時オフコースが、小田色がすごく強くなっていって・・・
それぞれの役割分担をうまくやってくと、勢いが出てくるんですが、
そういう中に入ってるのが、何となく、自分の土俵でやっぱりやりたくなって。

小田和正の土俵じゃなく、鈴木康博の土俵でやってみたい気持ちになっていって。
それで、卒業させていただいたみたいな感じなんですけどね(笑)」



今年はオフコースとしてデビューしてから40年という事で、
節目ですが、どうですか?

「振り返るより何より、こんなに長くギター弾きながらうたってる
なんて思ってなかったですね。うたい始めた頃は。
とても40年という時間は長いなって思います。よくやってきたな、と。」



はい、実はですね、オフコース時代の仲間だった、
小田和正さんからなんと今回、おたよりをいただいてます!


はい!こちら見て下さい!本物ですよ〜。


「えっ?!」(←嬉しそう)


→→ここで 「ヤスへ」 封筒登場。 
裏には 少し大きめに書かれた「小田和正」の文字。 

「あ、ほんとだ」


→→女性のキャスターが小田さんの手紙を読み上げます。
 ヤスさんは、頷きながら聞いてます。

「小田さんからの手紙」文字起こしはこちら→

 そして最後、小田より、と聞くと、ニッコリ。


いかがですか?

「いや〜、よくあの、この番組で・・・お願いした感じなんですか?
私、知らなかったんです、本当に。
ビックリしました〜(笑)ほんとに久しぶりの交流です。
あとで、お礼を言っとかないといけないですね(笑)」



この後は、その後の活動について。
楽曲提供、曲作り等。
最近は「タケカワユキヒデ」さんや「岸田敏志」さんとユニットを組んでる事を紹介。

→→3人でのライブ映像。

でも、しかし、独自路線でいこうと思って、ソロになって、
ソロでのライブもやってらっしゃるんですが、
楽曲提供したり、ユニットを組んだり、
やっぱり音楽仲間っていうのは常に必要って事なんですかね?

「ええ。やっぱりオフコース離れて、またオフコースという感じじゃなくて、
いろんな人と時々会って、
他の人がどんな音楽の感じ方をしてるっていう事がわかるって事は、すごく楽しいんですよね」



→→今度、11月6日に名古屋で行うライブの告知。

音楽活動はどれくらいまで続けて行きたいと思われてますか?

「今、60越えまして、70までは現役でできたらいいな、と思ってます」
「ゆったりと!がんばりたいと思います!(笑)」






「さらさらカフェ公式HP」ヤスさんのゲスト写真はこちら→


あきさん…どうもありがとうございました!!
まるで、目の前に、微笑んでいるヤスさんが浮かんでくるようでした。。

手紙の文字起こしだけでなく、番組レポまで頂けて、感謝の気持ちでいっぱいです。
名古屋の生番組ということで、再放送などで見られる機会は厳しいと思われ…
時間とお手間がかかったと思いますが、とても貴重なレポを、ありがとうございました。


「70まで歌い続けますから!」とステージのたびに力強く宣言してくれるヤスさん。
まだまだ、これからもずっと、追いかけてゆきます!!


  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/1701
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう
>すぎちゃん

私も、最初は小田さんとヤスさんの声の区別、つかなかったです。
時々、びっくりするくらい似て聴こえる時があって…

4人のオフコース最初のアルバム「The Best Year of My Life」の
最後の曲の最後のフレーズ(♪may be the best year of my life…)
どうしても、ヤスさんが歌ってるように聴こえて仕方なかったです。
たぶん、願望が入ってたんでしょうね〜。。
もちろん今は、間違いなく小田さんの声に聴こえますが…

小田さんはソロになってから、かなり歌い方が変わりましたよね。
バンドの一員としての歌い方から、ソロの歌い方へ。
同じように長年ソロでやってきた、オフコースのメンバーと
どんなふうにコーラスを構築するのか…も
興味しんしんであります。

なーんて、あれこれ夢を見るのは自由、ってことで(笑)
November 10 [Wed], 2010, 17:46
すぎちゃん
自分は中学生の時初めてオフコースを知ったときは(まだ興味を持つ前)小田さんとYassさんの声の区別がつかないくらいでしたよ。
2人の頃はユニゾンの歌(僕の贈り物など)が多く、2人の声が重なった時の声はオフコースの声でした。
二人で一つのバロムワンの様。もしくはホクトとミナミのウルトラマンエース。近いところでは、仮面ライダーダブル。あ、話がそれました・・・・
Yassさんがいろんな方とのユニットの中でも特にSFMの声の相性はずば抜けて良いのですが、小田Yassの声の相性はやっぱり永遠ですよ。
お互いの声が際立ってより魅力的な声に聞こえるんですよ。
演奏やサウンドもしかりで、ソロのバックは一緒にやっている長さによって一体感とかは出ますが、誰かのソロのバックとして雇われているのと、バンド名があって皆で作り上げていく対等の関係でのサウンドの構築は、やっぱり違います。
ましてや、小田さんのバック、とかでオーディションかけて採用になって・・、どの程度自由が利くか判りませんが、王御所のバックは遠慮が入るし・・・、極端なことを言えば、誰がバックをやってもきちんと間違えずに演奏さえしてくれればOKみたいな。聞く側もバックの個々の個性を求めて聞いていないし、興味があるのはソロミュージシャン。(もちろんそうじゃない人もいます。自分もバックのドラマーが目当てで聞いているソロアーティストがいます。)
でもオフコースはやっぱりオフコースで、小田さんのソロがオフコースの代替にはなりえない。Yassさんのソロもオフコースの代替にならない。(でも正直サウンド面ではYassさんのほうがオフコース的に聞こえることが多い気がする。小田サウンドはHI-FIでこぎれいにまとまりすぎる。鍵盤弾きとギター弾きの傾向性の違い)
こうして講釈をたれるものがいたり(笑)、再結成を望む声があったりしながら、わくわくやら期待を持って彼らのサウンドを追いかけるのも悪くは無い気がしています。
年末にサプライズが起こることを期待しつつ・・♪
November 09 [Tue], 2010, 9:19
つう
>かかりちょさん

すっかり言葉が多国籍になっとりますが…(笑)

来シーズンはいろいろ楽しみができたね!
November 05 [Fri], 2010, 15:23
つう
>すぎちゃん

そうなんですよ〜まったく同じ音が聴きたいわけじゃないんですよね。
「今の」彼らの音を、聴いてみたいな…

それぞれにソロとして長年続けてきたから…5人のバンドはもうムリかなあ?
ABCのライブは息ぴったりですけど
そこに小田さんとヤスさんが混じったらどんな風になるんだろう…なんて
ないかなあ…

小田さんとヤスさん…
昔の、ぴったり重なるユニゾンにはならないでしょうね。
でも、もし、ハモったら… 
想像しただけでドキドキしてきます(笑)
November 05 [Fri], 2010, 15:22
つう
>あきさん

みなさんの気持ち、届いてますか〜よかった〜
まだ衝撃さめやらぬ…というか、すっかり当時の気持ちにもどって
オフコースの過去の旅を続けております(笑)

ちょうどあきさんが録画をみてらしたときに、呼びかけを読んでもらえたなんて…
オフコースは時に奇跡を運んでくれます。。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
November 05 [Fri], 2010, 15:09
かかりちょ
イーグルスは星野監督…。そっか〜来年は、クリスタ宮城に行くキッカケが出来たっ。ライトスタンドやけど〜。
November 01 [Mon], 2010, 22:45
すぎちゃん
返信ありがとうございます。

いやぁ、昔の音が出るかってことより・・・・・。 ね!

でももしも今一緒に演奏するとしたら、いいサウンドを出すに違いないと思うんですよ!
絶対! ♪

過去にスーパーグループといわれる人たちが再結成を果たし、その後フェードアウトするグループがいたり、一回だけって言って終わったり、いろいろですけど。

YMOの坂本龍一さんは昔のサウンドを聞いて、なんて攻撃的で暴力的なって表現していました。
当時のような音は出ないと。(サウンドのタイプとして)
でも今でしか表現できないことが経験により身について、ようやくそれが出来るようになって、面白くて仕方ないとも、高橋幸弘さんは言っています。
スティングの在籍していたポリスの再結成も観に行きましたが、当時のポリスを見ようとすると失敗なんですね。
20年以上も前の若いエネルギーの演奏は60前後の彼らには、本人であるにも関わらず出来ないし、出来なくて当然なんです。
その代わり、当時じゃ出せなかったニュアンスが演奏ににじみ出ていてなんとも良いのです。

オフコースに当時の再現を求める気持ちは実は自分も正直言ってあるのですが・・・  でもそれが自分だとしたらって考えると・・・・。
だって妻に20年前のあなたに会いたいって言われても困るし、それを求められても・・・。
Yassさんはそういった類のメールの返事に、「今の僕じゃダメですか?」って応えてましたしね。
いや、でも見たいことは見たいんです。いけないと思いながらも・・・。
また、Yassさんはラジオ番組の中で、「僕は皆さんの気持ちは受け止めましたからね!後は小田さんに言ってください。僕は気持ちはわかりましたから・・・。」といったコメントをしてましたしね。期待するなって法が無理な話かも知れませんねぇ〜♪
おっといけない! また長話をしてしまいました。
すみません。
一人オフコース音源、改めて報告させてもらいますね♪
November 01 [Mon], 2010, 13:34
あき
届いてます、届いてます!
拙いレポでしたが、皆さんに喜んでいただけて、分かち合えて、ホントよかったです。
とてもローカルな、あの番組が、あんな衝撃的な展開。
ちょうど録画を見ていた時に、つうさんの『名古屋の方〜!』の呼びかけで、
使命感が生まれちゃいました。
メールしてから、あんなに早くアップしていただけて・・・つうさんにも感謝です!
これからも、どうぞよろしく!!
October 31 [Sun], 2010, 21:44
つう
>おたけどんさん

あきさんの番組文字起こしレポで、より詳細が目に浮かんできましたよね〜
すっごく嬉しい…皆さんの思い、あきさんに届いてるといいのですが

星野監督の復帰も、同じ日に発表だったんですよね!!
小田さん、仙台ご当地で楽天の試合見にいくかな〜?とうきうきしてたところに
名古屋のニュースが飛び込んできて、でした。

それにしても…職場にオフコースファンが3人もいらっしゃるなんて!
なんて素晴らしい環境なんでしょうか…!!
私は、基本的に、オフコースファンであることを隠して生きておりますので
職場で盛り上がれるなんて、夢だなあ〜
ブログをみてくださった同僚の方にも、なにとぞよろしくお伝えくださいませ
October 31 [Sun], 2010, 13:48
つう
>xiang_zhiさん

”古本の「Give up」”がツボにはまった、つうです(笑)

まずはあれを読みますよね〜
私も、お小遣いが豊かな(笑)クラスメートが買って、借りて読んだ記憶があります。
「スナップショット」とか…

さらにさらに
”ヤスさんの心情がわからなくもない…”も、ツボ(笑)

たしかに、小田さんとは真逆なんですよね〜
去って行こうとするヤスさんを、小田さんが必死で引き止めようとした気持ち…
今ならよーくわかります!
なぜか周囲がB型(ヤスさん)だらけな、バリバリA型(小田さん)のわたくし
苦労が耐えないっすよ〜(笑)
October 31 [Sun], 2010, 13:36
つう
>ノブコさん

>「根っこの部分での共感がある関係」

ありますよね!私なんかでも、、感じる事があります…

初めて会ったのに、初めての気がしない…人とか、

何年あってなくても、会えばすっと昔のように戻れる友だち。
(「あんた変わんないね〜」と言われるのが、いいかどうかは別として

時おり、「不思議な巡り合い」があるのも、
共感が呼び寄せてるのかな、なんて。
October 31 [Sun], 2010, 13:26
つう
>蓮実さん

札幌のヤスさんライブ、行かれるんですねー
私も、今すぐにも飛んで行きたい気持ちです

東京は12月のライブまでお預けですが、
クリスマスライブは、毎年、サイン会を設けてくださるので、
ヤスさんに直接、お話するチャンスが…今からドキドキしています。

いつもみたく、ライブとってもよかったです!ってゆうのが精一杯かな…
October 31 [Sun], 2010, 13:19
つう
>けーこさん

今はもう無い、元町友&愛…
でも、うまく言えませんが
心の中にあるものは、決して無くならないんですよね。

なにか…時間がたって、いろんなことがほどけていってる気がします。。
ヤスさんへの手紙、松尾さんのピアノ…

ずっと固かった結び目が、ある日突然、するっと。
その時に立ち会えてよかった。
なにがあろうと好きでいてよかった。と、
しみじみ、喜びをかみしめております。
October 31 [Sun], 2010, 13:12
つう
>きぃみさん

中日スポーツのお知らせ、ありがとうございます〜
11/6名古屋ライブ、私は行けませんが…
MCでコメントしてくださったら、嬉しいですね。

私も、オフコース時代のヤスさんを、生で見れなかった世代です。
ヤスさんのソロライブで、サイン会の時に
「私は、オフコースの鈴木さんをライブで見た事がないので、
今日、オフコースの曲を
エレキギターでやってくださって、とても感激しました。」と
お伝えしたら、不思議そうな顔されてました(笑)
October 31 [Sun], 2010, 13:00
つう
>ごぱんさん

小田さんが、手紙かいてるとき…どんなだったんでしょうね
机にむかって、一文字、一文字、丁寧に…鼻眼鏡で(笑)
ごぱんさんに言われて、想像してみたら、
またまた心がほっこり…

こんなに、たくさんの人の心をざわめかせているなんて、
当人同士は、まったくピンときてないに違いないっす(笑)

あきさんレポのように、無償の善意を受け取る時、
その喜びを、たくさんの人と分かち合える時、

そんな時があるから、へこむ事があっても続けてこれたんですよね
ごぱんさん、ずっとずっとありがとうね〜
October 31 [Sun], 2010, 12:51
つう
>きっちゃん

名古屋のスリッパ会館…(違)
私も頭に浮かんだのが、そこでした。行ったことないのに

番組レポを読ませてもらって、
ライブの時のヤスさんの表情を思い浮かべています。

手紙が読まれてるとき、どんな表情だったんだろう…
サイン会の時みたいな、はにかんだ感じかなあ?
ファンからギターを差し出されて「ここにサインするんですか?!」って、
ちょっと驚いてる時の感じかなあ?…
October 31 [Sun], 2010, 12:40
つう
>すぎちゃんさん

コメントありがとうございます!

先週は、この「大事件」で、あたふたして、
いろんなことが手につきませんでした…(笑)

そう…そうなんですよね、昔の仲間が集まったからといって
昔のような音が出るわけではない…

でも、小田さんの手紙にあったように
「キラキラした」思い出を共有できる仲間がいる、というのは
とっても、かけがえのないことだと…

小田さん、ヤスさんも、
時が流れて、いろんなことがあって、何周もして
今の境地にたどりついたのでしょうね。。

今後も、オフコースのメンバーをずっとずっと応援していきましょう!!

ところで、
>未だに一人完全コピーとかしてますが・・。
すごいです!!オフコース完コピ!!
October 31 [Sun], 2010, 12:11
つう
>ペコさん

ほっこりしますね〜

小田さん、ヤスさんのライブで、オフコースのコーラスのある曲を聴くと

頭の中で勝手にオフコースのメンバーに変換されちゃうんですよね

ツーショット…実現したら大変なことになりそう…自分が(笑)
October 31 [Sun], 2010, 11:59
つう
>meeさん

なにか、きっかけになれば…

表舞台でなにか一緒にやる、とかではなくて

ただ、ゆるゆると動いていけばいいなあ…私もうまく言えませんが
October 31 [Sun], 2010, 11:51
つう
>ぴよさん

番組レポを読んで、ほのぼのした空気感が伝わってきましたよね〜

「あとで、お礼を…」

ぜひ番組あてのお手紙で!なーんて
あっでも、これはNHKで、くりやくはTBSだから関係ないか…

とにもかくにも、NHKスタッフ、ブラボー!!
October 31 [Sun], 2010, 11:47
つう
>おまつさん

わーーーん!!

自称中3同盟(笑)のわたしも、すっかり戻ってるよ〜〜!!

教室で、必死でギターブック(GB)読んでた頃に…

ふむふむ…今月は小田さんと財津さんとゴルフ行った話か…(関係ないページ)
October 31 [Sun], 2010, 11:41
つう
>くるみさん

ヤスさんの驚いた顔…浮かんできますね

手紙だけでなく、番組の様子まで伝えてもらえて、ホントに…
あきさんになんとお礼を言えばいいか…

10月27日は、ひとつ歴史が動いた日ですね!
はいここテスト出るからね〜
October 31 [Sun], 2010, 11:36
つう
>なを吉さん

文字起こし、大変なのに…ほんっっとうに感謝しております。
October 31 [Sun], 2010, 11:34
おたけどん
つうさん、あきさん、再び詳細なレポをありがとうございます。あと、僕へのコメントうれしくて光栄です。・・・・。11月6日に開催される名古屋でのライブでヤスさんは心境を語られるかもしれないですね。ライブに参加しない僕は、ラジオ番組「メインストリートをつっ走れ!」をエアチェックします。・・・10月28日木曜日は、職場のオフコースファン(僕を含め男子2人、女子2人、全員四十代)が小田さんの手紙と我が地元の誇り燃える男星野仙一さん(小田さんのマブダチ)の楽天への監督復帰の話題で大騒ぎとなりました。・・小田さんからヤスさんへの手紙の件は、僕が教えなくても「つうさん」に辿り着いた人が一人いました。・・僕は周囲のオフコースファンに「つうさん」の存在を知らせずに、ひとりこっそりと感動したり腹を抱えて笑いながら読ませていただいておりましが、今回の件で「つうさん」を知られてしまい、同僚の三人から「なんで今まで教えてくれんかったんな」と責められました。・・僕の職場だけではなく、一夜にして「つうさんのごちそうちょう」は、全国のオフコースファンに認知されたようですよ。・・・NHK名古屋、あきさんにありがとう。でも、つうさんがいてくれたから今回、感動ができたわけであって・・ありがとうございました。つうさん、ずっと感動を届けて下さい。つうさん、ばんざい
October 30 [Sat], 2010, 2:09
xiang_zhi
あきさん、つうさん、ありがとうございます!!

番組は見れなかったけれど、
レポでまるで情景が目に浮かぶようでした!!

オフコース時代はまったく知らなくて、
古本の「Give up」等々でしか歴史を辿れて居ない私ですが、
こうやって長い時間を経て、お二人がふたたびまた・・・。
ファンなら待ち望んでいた時がやっと来たのですね。

ヤスさんの心情も判らなくはないですが(同じB型だから?w)、
ぜひこの機会に、一歩前進して欲しいですね・・・
October 29 [Fri], 2010, 23:44
ノブコ
忙しさにまぎれて、PCから離れていましたが、
スゴイ展開になってて、驚いてしまいます。

最近、よく考えるんですよ〜「根っこの部分での共感がある関係」って。
遠く離れてても、長い年月会わなくても、ケンカしちゃっても、或いは初対面でも。

そういう関係ってあるなぁ〜って。
October 29 [Fri], 2010, 22:55
蓮実
小田さんからの手紙を嬉しそうに聞いているヤスさんの表情が目に浮かびます。
二人は今もちゃんと繋がっている。そう思うと、心が和らぎます。
嬉しくて、又うるうるしてきました。

来月の札幌でのヤスさんのライブがますます楽しみです。
私もずっとずっと追いかけて行きます。

あきさん、つうさん、本当にありがとうございました。感謝しております。
October 29 [Fri], 2010, 20:50
けーこ
横浜 元町の片隅にあった喫茶店友&愛(YOU & I)のレンガ作りの壁の前で小田さんと鈴木さんが並んで写った写真を懐かしく眺めていた夜。驚きと嬉しさいっぱいの涙目で、つうさんのブログを読ませて頂きました。
ほんとうに、時は優しく流れていったのですね。
小田さんが快諾されて書かれたお手紙。鈴木さんは、どんなにか嬉しかったことでしょう。
‐感慨無量です‐

もう、元町に友&愛は ありませんが、お二人が笑顔で語り合うその日を、きっと喜んでくれるでしょうね。

つうさん、あきさん、ほんとうにありがとうございました。
October 29 [Fri], 2010, 17:51
きぃみ
放送エリア在住ですが…見てません
ですが昨日の中日スポーツに、新聞社来訪のコメントが写真付きで載ってるのを見ました。名古屋で来月ライブされるんですね。

私は'76年生まれで、2000年に小田さんのライブに行ってからのファンなので、オフコース時代のことは知らないことばかりですが、皆さんのコメントを見ていて、自分もリアルタイムで同じ想いを感じたかったと思いました。(うまく言葉にできなくてすみません)
October 29 [Fri], 2010, 17:28
ごぱん
ほんと〜

あきさん、つうさん、こんな「まんま」の様子教えていただけるなんて本当に有難いです。
ありがとうございます・・

小田さん、どのくらいの時間をかけてお手紙を書いたんでしょう。。。
いつもの、ちょっと鼻眼鏡で、ときどきふっと外見たりしながら こころを込めて。。

ヤスさんがそのお手紙を大事に持ち帰られてるのでしょうね。
なんてすごいこと

そしてまたまたすごいのは、
このことを、みんなでこんなにも喜べる、語り合えるということですよね つうさん!

つうさんがずっとブログを続けてくださったおかげです。
本当にスゴイですよ〜 ねえ。ど〜しますか (^−^)v



October 29 [Fri], 2010, 16:51
きっちゃん

あきさん、つうさん、本当にありがとうございます

ライブの時の、ヤスさんの柔らかな笑顔や
優しい声を思い浮かべつつ
何度も、何度もかみしめながら
読ませていただいています。

ほのぼのとした雰囲気に、
なんだか、去年行った名古屋の
スリッパに履き替える公民館みたいなところでの
ライブを思い出してしまいました

心の中に温かい灯を点して頂いたようで
本当に嬉しい出来事でした

大変なのに、詳細な文字起こしとレポをありがとうございました




October 29 [Fri], 2010, 15:57
すぎちゃん
すみません!
良く確認せずに書き込んで、誤字、変換ミスがありました。
流れで読んでください。m( _ _ )m
October 29 [Fri], 2010, 12:51
すぎちゃん
番組可視化ありがとうございます!
いやぁ〜♪ 大変なことになってますねー!
純粋にうれしい出来事でした。
30年くらいオフコース好きで、未だに一人完全コピーとかしてますが・・。
彼らと一緒にしたら大変失礼ですが、自分もかなり若い頃一緒に音楽をやっていた仲間が何人もいて、(いくつも掛け持ちしていた)ごたごたでやめたり、音楽性が合わなくて・・とか、いろんな事情ではなれていった人間がいます。 そのときは、俺のやりたい音楽と違うからって思って、ちょっとしたわだかまりはあったけど、大嫌いになった人はいません。
ただ、時間が何十年もたって、自分の生活や活動の場所が確立されていって、冠婚葬祭でもない限り接触は無くなっていくものです。
ちょっとしたきっかけで、メールや、電話、家を訪問して玄関先だけの立ち話の機会がごく稀にありますが、どうしても会いに行きたいと言う衝動までは起きません。
だからと言って嫌だと言うわけでは決してなく、冬至を懐かしく思う気持ちもあるし、また一緒に演れたらいいなっとも思う。
でもどうしてもやりたいってエネルギーに変えるところまではいかない。
それは今の生活のリズムや、相手のリズムを気遣う部分でもあるし、物理的に余裕が無いこともあるし・・・。
大人なんで、学生バンドのさあ集まって音出そうぜ!って乗りだけでは戻れない様々な要因がありますよね。
私なんかの経験をオフコースに当てはめては起こられそうですが、みな同じ人間ですからね。
世の中に”特別な人間”はいませんから、個人の好みは分かれても大まかに、寒いときは寒いと思うし、暑いときは大体の人が暑いのだから、彼らにおいてももしかして意外と同じような感覚なのかも知れません。
つまり、そんなに嫌な思い出は無い。あっても時と共にそういえばそんなこともあったよねぇーの世界なんだと。
長々とすみません!
心の中にずぅ〜っと引っかかっているつかえが少しずつ取れているような気持ちになりました。
とにかく、今後も見守り、応援して行きたいですね♪
すばらしい情報提供ありがとうございました!!!!
October 29 [Fri], 2010, 12:45
ペコ
あきさん、つうさん、ありがとうございました。
何だか こころが 優しく、あたたかく、ほっこりして うれしくなりました。
小田さん…もっと 好きになりました。

オフコースの時のようなツーショットが、今の おふたりで再現されたらいいな〜と 勝手に思っています。


October 29 [Fri], 2010, 10:45
mee
うまく言葉が見つからないですが、今後の小田さん、ヤスさんの
繋がりのきっかけになるといいですね。

あきさん、つうさんありがとうございます。
October 29 [Fri], 2010, 9:44
ぴよ
番組レポまで共有させてもらって、本当にありがとうございます

優しい空気感というか、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきますね〜

「あとで、お礼を‥」のくだりがとっても嬉しいです。
やっぱり、つながっていくって感じがとっても嬉しいです
October 29 [Fri], 2010, 8:28
おまつ

あきさん、つうさん、
ありがとうございます

何度も、何度も、何度も繰り返し読んでいます

わたくし、自称中3ですが
今夜はほんとに15歳の自分になっております(ような気がする)


October 29 [Fri], 2010, 2:53
くるみ
あきさん つうさんへ

文字起こし大変だったと思います

2010年10月27日 忘れられない 特別な日を あきさんの おかげで共有させて 頂くことができました ありがとうございます!!

ヤスさんの 驚いた顔や うれしそうな顔が 思い浮かんできますね(^ー^)
October 29 [Fri], 2010, 1:38
アップご苦労様です

すげな〜〜〜
October 29 [Fri], 2010, 1:24
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31