8/1情熱大陸 SPECIAL LIVE 大阪万博公園・小田和正さん出演部分レポ その1

August 06 [Thu], 2009, 15:43


降り続く雨はやんで…

8月1日(土)大阪万博記念公園もみじ川芝生広場で開催された、
情熱大陸 SPECIAL LIVE に行って参りました。

天気予報では、大阪は雨。。
まー小田さんだし、フミヤさんもだし、こりゃ絶対降るなと
ビーサンと「大好きな君にポンチョ」を用意して、朝7時前(私にはまだ夜)に出発したのでございます。
のぞみは新大阪止まりにしました。
博多行きだと、きびだんごどころか、明太子がお土産になること間違いなし

のぞみで爆睡してる間に、関西の友からメールが来ました。

現在、豪雨で道路が川のようです、と

さすが雨男が集うイベント、期待も高まりますわ〜

以下ネタバレです。録音録画機器は一切使用しておりません。
現場メモと、参加者による「反省会」と称した深夜のディスカッション(笑)を元にしております。
実際の内容と同じではありません。
 
 



心配していたお天気ですが…

万博公園駅に着く頃には、雨はすっかりやんで、太陽が輝いとりました
つか、暑い!またしても蒸し暑いよ〜!!

入場口から15分以上歩いて、長い行列につき、
イベント会場の芝生広場に到着、入場…
よっぽど激しく雨が降ったのか、地面がぐしゃぐしゃにぬかるんでいて、
一足ごとに、スニーカーが泥と芝生にめりこみます。


田植え?


湿地帯と化した、たぷたぷの地面にシートを敷き、
せめてこれ以上は雨よ降らないで…と祈りつつ、おやつタイム。

ペコさん作、抹茶クリームのおーだロール&ひよこクッキー

 


豪雨を降らせた雨雲は遠くに行ってしまったようで、
ときおり太陽が顔を出す、薄曇りのまさにイベント日和!
よかったー豪雨でもピーカンでもなくて^^;
気温も大阪にしては低め、風が吹くと気持ちよかったです。


開演の1時よりちょっと前に、オープニングアクトのライブが始まり、
それからはあっという間でした。

【出演順】
カサリンチュ/秦基博/柴田淳/SALT&SUGAR/西村由紀江/
クリスタル・ケイ/CHEMISTRY/中孝介/押尾コータロー/一青窈/
藤井フミヤ/森山直太朗/小田和正/一十三十一/葉加瀬太郎



塩谷哲さん佐藤竹善さんの、SALT&SUGARが超カッコよかった!!
思わず直近のライブ予定をチェック^^

小田さんは最後から3番目。
小田さんの前の前がフミヤさんなので、ひょっとしてまたターンの手ほどきを…と密かに期待(笑)
フミヤさんは今日も華麗に回ってました。


森山直太朗さんの「さくら」が終わって、
時刻は17:30ごろ。
いい風が吹いてきます。もしかして、夕焼けが見れるかなあ…


いよいよ、小田さんの登場です!!

「小田和正!!」

登場を告げるアナウンスと同時に、会場が一気にわっと立ち上がります!
もちろん私たちも大騒ぎ。わーーーー!!!ヽ(´ ∇ `)ノ


「どうも〜!!おまたせしましたーー!!」

『愛を止めないで』

LBバージョン!イントロは葉加瀬太郎さんの華麗なバイオリンです!

ちなみに葉加瀬さんは「マッコリを牛乳のように飲む男」だそうです@森山直太朗氏

イベントでこの曲が聴けるなんて久しぶりかも〜
はかせさんのリクエストかな?
手拍子をしながら(いちおう小さな声で)歌ってたら、

2番のサビで ♪「眠れぬ夜」は〜

○:いらない〜もういらない〜 

×:ひとりで〜いないで〜 (小田さん) 

どっと崩れ落ちる我々
ひとりでいないで、は甘い夜のほうだろう!(笑)


小田さん、早くも2曲目でピアノの前へ。

「えー、僕の錯覚かもしれませんが…歌詞を間違えたような…(笑)
…どうも〜〜(力なく)(笑)

どんな歌を歌うか、イベントでは知ってる曲をやるもんなんだけど、
僕はへそ曲がりなんで、知らねー歌を歌ってやろう(笑)
でも、決められてることなので、その歌をやりたいと思います。」


『言葉にできない』

初めに葉加瀬さんがあのメロディを奏でた瞬間、会場から「うおお〜…」(低音)と声が上がります。

小田さんのピアノ。
バイオリンとチェロ。
風が吹き、静かになり、
周囲の木立から、蝉の声が聞こえてきます。

間奏を弾く葉加瀬さんの表情が、泣きそうにみえました。
嬉しさをかみしめているような…


「さっき『また会える日を楽しみにしてます』なんて、間抜けなMCをしてるな〜、もう一回出てくるのに…と思いましたが(笑)

森山直太朗くんです!」


「もう一回出てきました、森山直太朗です」(笑)


「えー、彼とはそんなに親しくない…3回か4回目ですか」

「3回目です」

「君はいくつだい?」「33です」

「君のお母さんは、僕はよく知っている。
渋谷の公会堂で40数年前、うまい子がいるんだなあと思った。
その息子と、40年の時を経て、こうやって一緒にやれるなんて、
長いこと生きてると、素敵なことが巡ってくる。」


「今日は、僕の曲を歌ってくれると…
他のアーティストが自分の曲をやってくれるというのは、
はなはだありがたく、心躍る。アーティスト冥利につきます。
アーティストが、自分の時間をさいて、僕の曲をやってくれるなんて…
今日は、僕の時間も、さいてますが(笑)

ありがとう、とは照れくさくてなかなか言えませんが、
今日は、ありがとう。(拍手)

はなはだ地味な曲を、彼が選んできました。
この曲を選んだところが、直太朗らしい。

なんか言いたいことある?」


「めっそうもない!小田さんのステージですよ〜
正直に言います。
僕は、小田さんのことを…小田さんとやらせていただ○×△※(噛む)
しど、しどろもどろですよ!!(笑)(←言えてない)


会う前は怖い人だなと思ってても、実際に会ってセッションするうち
なんだ、こんな一面もあるんだ…とか、
意外とおちゃめだったんだ…と、印象が和らいでいくものですが、

でも、まだこわいです(笑)

その恐怖感を、緊張感に変えて(笑)がんばります。

僕の大好きな曲です。
前回のリハで、曲を聴いた時に、
音楽で、人の人生が変わることがあるんだな、と思いました。」



『風の坂道』


小田さんはピアノで、直太朗さんが歌います。
もちろん葉加瀬さんのバイオリンも。
サビの一番高いところは、直太朗さんらしいファルセット。
2番からは小田さんがコーラスをつけます。

♪言葉の前に走り出す… から、直太朗さんが主旋律を、小田さんが裏メロを歌い、大サビに向けて盛り上がっていきます。

そして、 ♪二人で生きる 夢破れても… のところで、
小田さんが主旋律の高いシャウト、直太朗さんが下でハモるという、
なんとも見事な展開!!
うおおおおこうきたか!!…と、体中に震えがきました。
(私の脳内ではそう聴こえてましたが、逆だったらすいません。)

歌が終って、ピアノの音の余韻が、消えるか消えないのうちに、
まるでさざ波のように、拍手が湧き起こりました。
大拍手です。

「どうもありがとうございました。」

「直太朗くんでした。どうもありがとう!」





続きはこちら〜


作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/1208
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう
 
>ペコさん

午前中のあのお天気では、まさか日焼けするなんて思ってないですよね〜
私も、しっかり雨よけのポンチョは用意したけれど、
日よけの上着はロッカーに置いてきてしまいました
 
長丁場だと思っていたけれど、あっという間でしたね!
楽しかったです〜

>おまつさん

小田さん、はかせさん、そして森山さん。
あの時は、会場中が、微動だにせずに立ち尽くし、
ひたすら音楽に耳を傾けている…といった雰囲気でしたね。

夕暮れ時の野外というところが、また最高なんですよね〜
小田さんが情熱大陸に参加してくれて、よかったです!!
August 27 [Thu], 2009, 12:38
おまつ

直太朗さんとのハーモニー、良かったよね〜

小田さんのピアノも、
葉加瀬さんのバイオリンも、
音が生きている〜って思ったです。

あぁ…ライブなんだ(しみじみ。。)って、思ったです。

August 07 [Fri], 2009, 10:41
ペコ
楽しかったライブが 蘇えります。 
小田さんステキでしたね

雨が降らなくて本当によかったですね。
ピーカンでもない 薄曇りだったのに、しっかり半そでの土方焼け
恐るべし 関西の日差しってとこです。

続き・・・楽しみです。
August 07 [Fri], 2009, 1:23
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31