RADIO MAGIC 大阪城ホール・小田さん出演部分レポその1

June 02 [Tue], 2009, 17:45
5月31日(日)に大阪城ホールで行われた
FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC。
2日目のセットリストです。

トランジスタ・ラジオ(RCサクセション)/藤井フミヤ、浜崎貴司(FLYING KIDS)
幸せであるように/浜崎貴司
ルパン・ザ・ファイヤー/SEAMO
マタアイマショウ/SEAMO
CONTINUE/SEAMO
そばにいるね/青山テルマ
何度も/青山テルマ
HOME/清水翔太
アイシテル/清水翔太
TRUE LOVE/藤井フミヤ
ANOTHE ORION/藤井フミヤ
タイムマシーン/藤井フミヤ
POP STAR/平井堅
白い恋人達(桑田佳祐)/平井堅
(20分休憩)
ハナミズキ/一青窈
もらい泣き/一青窈
はじめて/一青窈
キラキラ/小田和正
たしかなこと/小田和正
君住む街へ/小田和正、佐藤竹善、一青窈
500マイル(忌野清志郎訳詩)/小田和正、松たか子
明日、春が来たら/松たか子
SEASONS OF CHANGE/SING LIKE TALKING
WITH YOU/SING LIKE TALKING、SEAMO
SPIRIT OF LOVE/SING LIKE TALKING

Oh! RADIO/全員



以下、小田さん出演部分のレポです。
実際の内容と同じではありません。
 
 
一青窈さんから(たぶん、私を支えてくれた…というようなコメントの後で)「小田和正さん!」と紹介されると、
私の周囲(たぶん小田ファン濃度高め)はガッと総立ち、ものすごい歓声です。一気に会場の温度が上がります。

「お待たせ、しました〜

一曲目は『キラキラ』!
大好きなイントロの音が聴こえた瞬間、涙がにじむ…
小田さんだ!小田さんの声だーーー!!
お久しぶりです。うるうる。

んが、小田さん、最初のサビでいきなり歌詞まちがい(笑)
途中であれっ…という表情、そして頭に手をやり、会場は爆笑。
思わず崩れ落ちる私(笑)
ああ、… こんなのも懐かしくって嬉しくってたまらない。

大所帯のバンドなので機材も多く、さほど広くないステージの上を、身をよじりながら?歩き回り、いつものように後方の客席を向いて歌い、
で、そろそろ?そろそろ…?キター!!階段おり!!(笑)
アリーナに降り立ちました!

座席の前にはがっちりと柵があるので、それ以上進めないのが残念そう?否応無しに盛り上がるスタンド席に向かって、手を振りながら歌います。

そして…来た、来ました!!小田さんが!!こっちに向かって!!

お だ さ ー ー ー ん (スローモーション風)

ライトを浴びて光り輝いている小田さんが、すぐ目の前に!!
「きゃー!」なのか「小田さーん!」なのか、一緒に歌うべきなのか、
手を振るのか手拍子すんのか、
突然の至近距離の小田さんに、どうすりゃいいんだ!!と大混乱な私、
悲鳴と「小田さーん!」とキラキラ歌うのとが入り交じって、
わやくちゃになってたと思われます。

…が、小田さんはこちらには目もくれず、目線は常にスタンドへ(爆笑)
そんな小田さんが、大好きだーー!


「歌詞まちがえるかな…と思ってたけど、やっぱり間違えた(笑)
ねー。ラップの人たち、すごいよね。間違えたら、一回止まったら大変だよね〜。。

(客席:がんばれー!)(笑)

頑張って、歌ってるよ(笑)
…なんだっけ(笑)ずっと昔、僕が昔と言うと30〜40年前(笑)、
35年前か。キャンペーンで全国を回ってて、
大阪が、ダメでね〜(笑)何度来ても、あったかく迎えてもらえない。
もう大阪行くのやめようかなって。
大阪の女の子と、ひとりぐらい…(笑)つきあってたら変わってたのかなあ(笑)

その頃はまだ802はなくて、毎日放送とか。
毎日放送の、ヤンタンという番組の『今月の歌』になって、
千里の毎日放送で、公開生放送に出まして、
その時に、地元のアマチュアとなんか一曲一緒にやってくれと言われ、
ヤだなと思ったけど(笑)
『天使のハンマー』やりましょうってことになって、
(ちょっとだけ口ずさむ)
そいつと一緒に合わせました。
合わせたときから、ヤだな、と思ってたけど(笑)
それが、アリスを始める前の谷村で(ええっ!)(爆笑)

そんな風にしてやってくうちに、いつの頃からか、
知らないうちに大阪でも温かく迎えてくれるようになって。
前回のツアー、〆は大阪でした。(拍手)

長くやってると、昔やってた曲を取り上げてくれる人がいる。
以前、明治生命に頼まれたので、
拒絶する理由もないので(笑)歌いました

♪La La La … (ギターで『言葉にできない』出だしを口ずさむ)

っつーやつ。(すぐやめる)(客席:ええーーっ!!)

その後、明治生命が合併しまして(笑)『言葉にできない』のCMは終わりだなと思った(笑)
ところが、明治安田生命にエラい人がいまして、新曲を書いてくれ、と言われまして。
頑張ってやってみたいと思って作った曲です。」

『たしかなこと』

若い人が多くて、オレ場違いじゃないかなと思ってたけど、
温かく迎えて頂いて。
昔は、みんながこうやって集まって、昼間から夜まで5〜6時間コンサートをやることがよくありました。まだ売れてないとか、曲が少ないとかで…
その頃は、お客さんも一緒に、そんな文化を育てている雰囲気があって。

日比谷野音で、チューリップとか…チューリップ知らない若い人いる?
ガロとかかっこ良かったですね。真夏なのに別珍着て出て来た(笑)
みんな袖まで来て、他の奴を偵察してる。
夜になると照明がついて。オレなんか最初のほうだから。

お互いの曲を聴いて、讃え合ってた感じで…清志郎が『僕の贈りもの』が好きだって言ってくれて、嬉しかった。
でも、当時はみんなシャイだから、そんなに親しくもならず、
楽屋の隅で相手の曲を歌ったりして。

でも今は、割とすぐにコラボしよう…親しくもないのに(笑)
当時は、親しくても、コラボはしなかった。

ということで、コラボをします(歓声!)
一人目は、弟分の、佐藤竹善!(拍手!)
弟なのに太ってますが(笑)

あともう一人は、先ほど僕のことをこんなに素敵に紹介してくれた、
一青窈ちゃん!(拍手!)
…あんま口きいたことないけど(笑)」

「さっき出てた清水君、二十歳でしょ?
彼が生まれた頃、オフコースというバンドをやっていました。
そのとき書いた『君住む街へ』という曲をやります。
この曲とともに、オフコースは終わっていったような気がします。」


『君住む街へ』(小田さん、竹善さん、一青さん)

この曲を、3人のボーカルで歌われると…
あっ、と思いました。
いつもの小田さんライブで聴くのとは違う、小田さんが歌うパート。
ふいに、20年前に引き戻されたような感覚に、
どうしても、うるうるとしてしまう…

竹善さんはもちろんのこと、一青さんの誠実な歌声に、
オフコースが最後に残して行ったこの曲も、ずっと歌い継がれていってほしいと思っていました。


二人が退場するも、小田さんはそのまま。もう一曲やってくれる?!

「さらに居残るのは不本意ですが、ここで、隠し玉のゲストを呼びます。
あっさり紹介します。松たか子!」


松さんが登場します。相変わらずかわいい、けど男前(笑)
ラジオでよく聴いていて、心に残る曲…ということで、
アメリカのフォークソング『500マイル』を、
今回は清志郎さんが訳詞した、日本語のバージョンで歌います。

『500マイル』(小田さん、松さん)

体育会系の先輩後輩みたいで、いいなあ〜
二人のハモりは心地よく、清志郎さんが訳したという言葉の響きは、どことなく懐かしく、歌の世界に引き込まれました…

歌い終わると、小田さんはさっとステージを去っていきました。
何度も客席に手を振って。




あともうちょっと続きます。その2はこちら→
  • URL:https://yaplog.jp/2san/archive/1145
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
つう
 
>みゆさん

「小田さん専用階段」なんてものが存在したとは(笑)
さすがご縁の深い802、わかってますねえ〜

情熱大陸はもう再来月なんだ!
体力作りに励みます(マジ)

>ノブコさん

半年ぶりの生・小田さんでした〜
ステージの小田さんは最高であります!
MCもけっこう長く話してくれて、面白かったです
大阪の人たち皆さん、ウケてましたよ〜
近々802でライブの放送がありますが、各アーティスト一曲ぐらいずつかなあ?
もしかしたら「500マイル」が流れるかも♪

>おまつさん

いやーーーーー興奮したねっ!
「またドームに叫びにきてください」と言われた(?)私はともかく(笑)、周りの皆さんも大騒ぎでしたよねえ。。
あの瞬間の自分らの様子を、こっそり見てみたいですわ。
きっと大爆笑映像まちがいなし!
女子として、いや人としてどうかなと思われる(笑)

>そらさん

そうでした、「清水君」…て言ってました。
ソロと歌割りが違う、ただそれだけでもう、心は一気にあの頃へ…
まだまだ修行が足りません
June 11 [Thu], 2009, 14:26
そら
『君住む街へ』の前に小田サンが
清水君、清水君・・と言うもんだから
仁さんの甘い歌声がたしかに聞こえた(ような)

June 03 [Wed], 2009, 2:08
おまつ
小田さん登場、うれしかったねぇ〜
感激のあまり。。
小田さんがまさかの至近距離で目の前に来てくれた瞬間の、自分と両どなり女子3人の混乱ぶりを思い出すと、今でも涙がでるほど…
笑えます
うぎゃっ! (うぎゃ!だったかおがぁ!だったか。。)
 おださんっっ!!」 (をとばしてだぁーっ!ってゆった。。)
上半身つんのめり
わたしたち(!?)、叫べないんじゃなかったっけ?(ちがいます(爆笑)。)
そうだね。小田さんは私たちの前をゆっくり歩きながら、目線は常にスタンドだった

小田さん、松さん、清志郎さん、の『500マイル』
涙が止まりませんでした。
June 03 [Wed], 2009, 1:36
ノブコ
早速のレポ、ありがとうございます。
久しぶりのナマ声が聴けてよかったね〜。
行動・MC、やっぱり小田さんだぁ、たのし〜

清志郎さんの、ちょっとダミった高音「500マイル」大好きだけど
小田さんと松さんのハモり、美しいいだろうなぁ。お二人の歌う
♪ひとつ、ふたつ、みっーつ、よっつ♪聴いてみたい。
June 02 [Tue], 2009, 21:56
みゆ
あの「頑張れ〜」のタイミングが絶妙でした!流石大阪(笑)

なんでもあの階段は小田さん専用みたいです。←確かに『そんなこと』をするのは一人だけですね(笑)

多分演者の中では一番尺が長かった筈ですが(年功序列?)あ!と言う間に終わった感があります。

再来月体力付けて再度大阪に乗り込みたいと思いますo(≧∇≦o)
June 02 [Tue], 2009, 18:04
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つう
読者になる
■好きなテレビ:クリスマスの約束
■2017年の抱負:英語
メールはこちらからどうぞ→
ライブレポは、録音録画機器は一切使用しておりません。実際の内容とは異なります
TV、ラジオのダビング等のご要望は全てお断りしております
月別
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30