May 26 [Thu], 2011, 1:41
私は、小学生の頃から
寝る間も惜しんで勉強した。

中学の時から、
学校で最も名誉な大学の
指定校推薦をとることを
期待されてたし。


部活をやるなら、
学年10位から外れないのが課題だった。


部活帰り、みんなと
お好み焼きを
食べにいきたいって
思いながら
図書館に通った。


遊ぼうって言われても
制服の他に服も
あんまり持ってなかったし評定を落とすわけに
いかなかった。


授業が他のクラスより
多かったから


部活のみんなが
楽しそうしてる話にも
途中からしか入れなかった。

必死についていこうと
自主トレをしすぎて
腰を痛めてやっと試合に
出るようなレベル。


社会人になっても
すぐ動けなくなって。


2つ目の職場でも
仕事ができてない上司に
毎日つかまえられて
やってもないことまで
疑われ、注意され…
挙げ句の果てに
言い放たれたのは



介護をやる資格なんてない。



正直、真面目に
生きてきた自分が
アホらしい。


問題に対する模範解答は
導くことができても
組織の上の人間にコビを
売り生きていく術は
学んでない。


施設長に愛想良くして
主任がいるとき以外、
利用者の言うことを
無視してれば
給料はあがる。


組織が求めてるのは
努力ではない。
いかに期待にそえるかだ。

自分のためだと
思って努力してきたが
結局、学校も合格率を
あげてほしかったのだ。


思えば
マイナーな大学を選んだ途端、なんの助言もしなくなったではないか。


そう転職してから
思って

上に立つ人の思考とか
地位や権威が上だとか
そういうものに
割と冷ややかだし。

職場の人を信用したり
仲間と群れる感覚もなくなった。


要は自分がどう生きたいのかだよ…


今、私にとって
一番向き合わなくてはならなくて
一番辛い質問だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:momo
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年7月17日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・ピアノ
    ・温泉旅行
読者になる