まだ鳴いてる、否、泣いてるのかも

September 14 [Tue], 2010, 9:25

もしかしてないてる?


人間様はわたくしたちのことを一週間の果敢無い命だと仰るが、とんでもない。
わたくしたちは人間様の感覚で言うならば五年、十年の月日を土の中で生くるのだ。
そもそも一週間を短いとするのは人間様の感覚。
それをわたくしたちも同じだとして果敢無むのはちと傲慢というものではなかろうか。

それともなにか、人間様はわたくしたちのような自分よりも小さな生き物を果敢無むことで、自らの優位をかみしめていらっしゃるのか。
おお、おお、なんと虚しいことか。
そうでもしないと生きてゆけないとは、なんと悲しいことか。
わたくしたちは人間様を憐れもう、ただ生くるだけでは満足できぬほど進化してしまった人間様を、心より憐れまする。
わたくしたちはただ土の中で生まれ、育ち、最後に生殖を為す、それだけの運命に疑問を感じたことはない。
しかし人間様、あなたはただ生くるだけのそれに疑問を感じてしまった。
それゆえわたくしたちと比較し、ご自分の生をかみしめていらっしゃる。



いえ、いえ、それでよいのだ。
退化などたやすいこと、今は存分に進化なされよ。

いえ、わたくしなどに言われても、人間様には屈辱かもしれませぬ。
同じ一週間の命ならば、蛍に言われたほうが気分もよろしかっただろう。
ここに、謝罪の意を示しまする。



蝉ごときが出過ぎた真似をしまして

事実どんくらい生きるかなんて知らないけど・・

June 29 [Tue], 2010, 8:19

アロングロングタイムアゴー



昔昔、そのまた昔から、亀は万年生きると申しますが、人間様はそんなに長く生きられませぬ。
わたくしたち亀を扶養して下さる人間様は、いつしかお姿を消されてしまいます。
さすればわたくしたちはあと九千と九百と十と四年どう生きましょう。

そう、消えてしまった貴方様を探しに『生きましょう』。
なに、歩みののろいわたくしのことです。
貴方様を見つけ出すのに九千年はかかりましょう。
貴方様に再び見つけ出して頂くのに九百年はかかりましょう。
さすればあと十と四年、貴方様のお傍でわたくしは万年生き切ることが叶います。


しかしわたくしの考えは、わたくしの歩み同様のろかったようです。
九千と九百年貴方様を探し求めても探し出すことが叶わぬのです。
十年涙を流しても貴方様のもとへ辿り着くことが叶わぬのです。

水の底から外を見つめながら、わたくしは老いた頭で考えます。
なんということでしょう、歩みののろいわたくしは、考え、貴方様を探し求めるためその歩みを進めるまでに実に四年、考え込んでいたというのです。
ああ、わたくしはもう間もなく、万年を生き切ってしまいます。
わたくしは諦め、両の瞼を下ろしました。
いいえ、わたくしはどこか期待をしていました、万年を生き切ってしまえば貴方様に会えるのではないかという、愚かな期待でございます。



それは愚かなわたくしに対する仏の叱責でございましょうか、あるいは諦めの境地に至ったわたくしに対する仏の激励でございましょうか。
再び瞼を開けたわたくしの眼に映りましたのは、黒白がはっきりとつけられました身体にわずかにともる赤が美しい。
鶴でございました。

昔昔、そのまた昔から、鶴は千年生きると申します。
さすればわたくしは、もしやすると、もう千年生きることを課されたのでございます。
あと千年、あと千年でわたくしは、無事貴方様のもとへ辿り着いてみせましょう。


水中移動ならば自信がございます

出来た子供は多分スイカ

February 22 [Mon], 2010, 22:25
                  こ
「花屋の娘」と書いて「めしべ」と読む


おしべは花屋の娘に恋をしました。

恋をしたおしべの頬はほんのりと朱に染まります。恋をしたおしべは道の真ん中で立ち止まって花屋の娘を見つめているので、通行人の邪魔になりました。けれども仕方がありません。おしべは恋をしたのですから。

恋の力は偉大です。

ついにおしべは怖いおじさんに邪魔だと怒鳴られてしまいました。おしべは慌てて謝り、その場を立ち去りました。けれども不思議なのです。おしべの心にはもう怖いおじさんのことなど微塵もありません。心を占めているのは花屋の娘の可愛らしい笑顔です。花屋の娘の推定身長です。花屋の娘の推定スリーサイズです。ここまでくるともはやおしべは変態です。しかしおしべの名誉のために一応言っときますが、おしべは変態ではありません。多分。


恋をしたおしべは毎日花屋に通います。雨の日も、風の日も、晴れた日も、曇りの日も、花屋の定休日にさえおしべは店の前まで足しげく通います。ちょっと気持ち悪いです。しかし花屋の娘は寛大な心を持っていたので、毎日現れるおしべに優しく接してくれました。毎日花を買うほどの金銭的余裕はおしべにはありません、二週間に一回、おしべは花を買いました。

花屋の娘と出会って三ヵ月後、おしべはついに決意します。給料三ヶ月分の花束を購入し、おしべは花屋の娘に告げました。


「俺の!め、めめめめめめ・・・・・・め、め、め、め、め、めし、・・・・めしべになってください!」


意味がよくわかりませんが、寛大な心を持っていた花屋の娘は、「はい」と答えました。ええ、その結果が今目の前の状況なのですから、ね。


             花 嫁
本当よく出来ためしべですよ。

アジ・エンスっていつの間に新しくなったんですか

September 08 [Tue], 2009, 20:38



枝葉末節が命です




ああ、ああ、わたしは今、とてもゆううつ、ゆううつなの。
・・・・・あら、あなた聞いてくれるの?
ふふっ、いいわよ、わたしがゆううつな理由、話してあげる。
だからちゃんと最後まで聞いてね?


・・・・・・・・・髪の毛がね、最近傷むの。
もともと先っぽが枝毛になる性質なんだけど、最近汚れるのよね。
特に先っぽになればなるほど、わたし一人じゃどうしようもないくらい汚れちゃってるのよ。
少しずつ綺麗にはなってるんだけど、まだまだ汚れる速度の方が速いのよ・・・・。
まったくイヤになっちゃうわよね、頭に近い方は綺麗なんだけど、あ、自慢なのよ?
あめが降ったら更に汚れちゃう、・・っていうか、にごるっていうか・・。

あーあ、昔はもっともっと綺麗だったのに、時代ってイヤね。
まあ、昔を懐かしんでも仕方ないか、聞いてくれてありがと。


え、わたしの名前?
・・・・・・・・うーん、苗字だけなら教えたげるわ!
もー!欲張らないでよ!

わたしの苗字は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『川』よ。



親戚は世界中にいるとかいう話



犬の・心ってコンビがいる、関係ないけどね!

August 16 [Sun], 2009, 22:18


例の犬語を翻訳する機械をもってしてもできるかどうか



はぁい、あたしユリコ、トイプードルのメス、1歳よ。
今はこの男の家に住んでるわ、アイツって昼間は仕事してるから、あたしの役目は家で待つことだけ。
あたしは何もしないでいいのよ、ただアイツに媚びてたらアイツってばすっごく機嫌をよくするの。
ほら、今だって、ちょっと甘えた声ですりよってやったら目尻を下げちゃって。
ふふふ、情けない面、笑っちゃう。

まあいわゆる?逆ヒモってやつかしら、あたしって悪いメスだわ。

前の男は金が尽きたからってあたしを捨てたの。
金の切れ目が縁の切れ目って言うけど本当ね、でもあたし別にショックなんて受けてないわ。
だってあたし、あんな奴のこと好きじゃなかったもの、逆ヒモよ。
段ボールの中で新しい男を値踏みしてたら、コイツと目が合ったの。

コイツ、金が無いくせにあたしを養ってるのよ、本当バカよね。
あたしのために、自分の食費を切り詰めたりしちゃって、本当にバカだわ。
あたしは別に、アンタのことなんて逆ヒモとしか思ってないのに。
・・・・・・・そうよ、こいつだっていつか金が尽きたと言ってあたしを捨てるに決まってるんだわ。


「なあユリコ、いつかすっげー美味いドッグフード食わしてやっからな」


何を言ってるのかしらコイツ、そんなことより自分が美味しいもの食べなさいよ。
知ってるのよ、アンタパン屋でパンの耳貰ってるでしょ、みっともないったらないわ。


「だからさ、それまでずーっと俺ら、一緒にいような?ユリコ、いてくれるよな?」


・・・・・・本当に、何を言ってるのかしら。
そんなこと言って、どうせあたしのことなんていつか捨てるくせに。

で、でも、ちょっとくらい、その、甘えた声で返事してあげても、いいんだからねっ。


「クゥン」
「あははは!そっか!ありがとうなユリコ!大好きだぜー!」


・・・・・・・・・・・こんな奴、逆ヒモのはずだったのに。

あたしは、いつの間にか、コイツ無しでは生きられなくなっていた。

     「ク        ゥ        ン」
・・・・・・・・あたしも、アンタが大好きよ。




ヒモから始まる恋もある


2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:伊達アラ
  • アイコン画像 誕生日:12月23日
読者になる
二次元三次元好きなものならなんでもござれ!
戦国と幕末からガンダムとか特撮までほんと幅広いと思ってます
おそらく頭がおかしい子です、でも犯罪はしないよ^^
生きていくうえで必要無いものが大好きです





blogram投票ボタン blogram投票ボタン
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる