でっていう

January 29 [Sun], 2012, 2:33

ああああはつくえにあるにっきをよんでみた





自分のことを不幸だと思うのは、罪、らしいのです。



はっきりそう聞いたわけではありません。
しかし、俺は見ました、不幸な出来事を語った男が中年の男性に怒鳴られているのを。
中年の男はどこかから引っ張ってきたようなその台詞を男に浴びせかけます。


貴様より不幸な人間は山ほどいるのだ、その程度で不幸だと嘆くのではない、恥を知れ。



衝撃でした。
今まで俺が抱いていた、自分が不幸な人間だという気持ちはいけないことだったらしいのです。

俺はある日突然友達だと思っていた人間から突き放されました。
その後和解はしましたが、わだかまりは残っています。

俺はある日いくらあがいても何も変わらない環境に絶望しました。
そして人間というものを信じられなくなりました。
その後自分なりのけじめをつけましたが、恐怖心はいまだに消えません。

俺はある日突然友達だと思っていた人間からまた突き放されました。
その後和解はしていません、いまでもその恐怖が心に残っています。
俺はいつか復讐してやろうと、わずかに思っています。


しかしこれらのことを不幸だと嘆くのは罪も同然らしいのです。
だとしたら俺は罪人です。なぜなら俺は心の底で、自分のことを不幸だと思っているからです。
過去のトラウマを抱えて、他人とかかわることに恐怖を覚えている、特殊で、不幸な人間だと。

また、俺は自分のことを他人とかかわることに不向きな人間だととらえています。
それすらも自惚れだと人は言うでしょう、そしてそれは罪だと言うでしょう。
そしてそれは俺自身が変わることで解決する問題だと言うでしょう。

しかし俺にはそんな甲斐性はありません。
99%のどりょくではないのです、1%のひらめきなのです。
俺は他人とかかわることにたいして、1%のひらめきを持ちません。
秀才でいるのは辛いことです。だから俺は世間の助言を聞き入れません。


そうなのです、つまるところ俺は、わがままな子供なのです。



俺を怒りますか。俺を怒鳴りますか。俺を叱りますか。
それとも俺に、優しくしてくれるのですか。




ページをめくる ▼
  • URL:https://yaplog.jp/1059date/archive/59
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:伊達アラ
  • アイコン画像 誕生日:12月23日
読者になる
二次元三次元好きなものならなんでもござれ!
戦国と幕末からガンダムとか特撮までほんと幅広いと思ってます
おそらく頭がおかしい子です、でも犯罪はしないよ^^
生きていくうえで必要無いものが大好きです





blogram投票ボタン blogram投票ボタン
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる