まだ鳴いてる、否、泣いてるのかも

September 14 [Tue], 2010, 9:25

もしかしてないてる?


人間様はわたくしたちのことを一週間の果敢無い命だと仰るが、とんでもない。
わたくしたちは人間様の感覚で言うならば五年、十年の月日を土の中で生くるのだ。
そもそも一週間を短いとするのは人間様の感覚。
それをわたくしたちも同じだとして果敢無むのはちと傲慢というものではなかろうか。

それともなにか、人間様はわたくしたちのような自分よりも小さな生き物を果敢無むことで、自らの優位をかみしめていらっしゃるのか。
おお、おお、なんと虚しいことか。
そうでもしないと生きてゆけないとは、なんと悲しいことか。
わたくしたちは人間様を憐れもう、ただ生くるだけでは満足できぬほど進化してしまった人間様を、心より憐れまする。
わたくしたちはただ土の中で生まれ、育ち、最後に生殖を為す、それだけの運命に疑問を感じたことはない。
しかし人間様、あなたはただ生くるだけのそれに疑問を感じてしまった。
それゆえわたくしたちと比較し、ご自分の生をかみしめていらっしゃる。



いえ、いえ、それでよいのだ。
退化などたやすいこと、今は存分に進化なされよ。

いえ、わたくしなどに言われても、人間様には屈辱かもしれませぬ。
同じ一週間の命ならば、蛍に言われたほうが気分もよろしかっただろう。
ここに、謝罪の意を示しまする。



蝉ごときが出過ぎた真似をしまして




「・・・・お前さあ、もしかしてなんか悩んでる?」
「うおあっ!?い、いきなり背後からなんだよ!びっくりするじゃん!」
「いや、また一人でバカなアフレコやってると思ったらなんか内容重いから」
「あ、いや別に!ぐーぜん重い内容になっちゃっただけで、フィクションだから!」
「本当に?」
「・・・・・・ほ、本当だって」
「本当に?」
「・・・・・・・・・・ほ、ほんと・・・」
「本当に?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほんと、じゃ・・・、ない・・・・・・」

「おーい!パン屋さんの限定プリンみっつゲットしたよー!」

「今夜アイツも交ぜて三人で話そうぜ」
「・・・・うん、俺、お前好き」
「はいはい、俺も」


―会社員トリオ、ある日のお昼休みにて
  • URL:https://yaplog.jp/1059date/archive/49
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:伊達アラ
  • アイコン画像 誕生日:12月23日
読者になる
二次元三次元好きなものならなんでもござれ!
戦国と幕末からガンダムとか特撮までほんと幅広いと思ってます
おそらく頭がおかしい子です、でも犯罪はしないよ^^
生きていくうえで必要無いものが大好きです





blogram投票ボタン blogram投票ボタン
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる