あの頃の誰か(東野圭吾)

August 16 [Tue], 2011, 8:57
あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)
★★★★

<内容>
メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。名作『秘密』の原型となった「さよなら『お父さん』」ほか全8篇収録。


amazonの評価はイマイチですが、私は好感が持てました
最近読んだ東野作品ではむしろ一番かも。

バブル時代が背景の作品は最初の2作品のみ。

私はバブルというものにかすりもしなかった残念な年代なので、
なにやら景気が良さそうな雰囲気が羨ましくなりました
(普通の会社員が財布に20万円も現金が入ってたの!?)

どの作品もすっきりしていて、ちょっと実験的というか、模索中みたいなものが多いですが、
どれもそれぞれ楽しめました

  • URL:https://yaplog.jp/07mb114/archive/1547
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
おサルのダンス
>igaigaさん
アラフォー世代の方はバブルの記憶があるみたいで羨ましいです
私は物心ついたときから「氷河期」だの「リストラ」だので、不景気なことこの上ないですよ

私のお財布、現金はだいたい1万〜2万くらいしか入ってません・・・。
まぁ、今はカード払いですしね〜☆
August 20 [Sat], 2011, 14:35
igaiga
あたしは少しバブル・・・かすめたかもしれません。
あたし、東京出稼ぎ(?)時代、仲良くしていた東京在住の友人のお財布はいつも6〜7万軽く入ってましたね〜。
なんかいかにも「光文社」的な作品が多くにんまりとしてしまいました(笑)
August 19 [Fri], 2011, 9:05
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おサルのダンス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・映画・美術鑑賞
    ・トラベル
読者になる
どんどん増えていく愛すべき書籍たち。最小限しか手元に置いてないのに、コミックだけで1000冊オーバー。「壁一面の本棚」を夢見ています。
ヨロシクどうぞ→ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


メールフォーム

TITLE


MESSAGE