日経おとなの OFF (オフ) 2011年 05月号-おとなの美術館-

April 10 [Sun], 2011, 9:24
日経おとなの OFF (オフ) 2011年 05月号 [雑誌]
★★★★★

<内容>
【特集】special
極上のアートに癒やされる
  おとなの美術館

美術館や博物館の数が1000を超える美術大国ニッポン。
世界クラスの収蔵品を持つ名館も少なくない。
そのなかから、一度は訪れるべき100館を厳選した。
あの名画や作家の収蔵館はもちろん、名建築、美庭園、美食を誇る
個性派美術館も多数。アートから癒やしの力(パワー)をもらおう。

◆ヒットメーカ対決 国立新美術館 VS. 東京国立博物館
◆2010年以降に開館 話題のニューフェース
◆話題の美術館を巡る旅 ミュージアム探訪 香川/広島/箱根/軽井沢
◆今、東京では日本美術が熱い! 和の美術館
◆食べてよし、見てよし 『美食』美術館
◆『睡蓮』、スペイン絵画、若冲… テーマで選ぶ美術館
◆この作家の絵を見るならこの美術館! 収蔵作品マトリックス
◆見る、触れる、遊べる…ワクワクが詰まった 現代アート美術館
◆石庭、花園も一枚の絵画 名庭園の美に浸れる美術館
◆絵画も建築も一流作品 名建築美術館へ
◆その道のプロが認める専門美術館
◆47都道府県の県民自慢の美術館

【特別付録】別冊子
2011年 見逃ない美術展 完全ガイド

【連載】
誇りの地巡礼 Vol.14
「宇都宮」

三好和義が挑む
白洲正子が愛した
十一面観音


特集がよさそうだったので買ってみました。
女性雑誌は滅多に買わないけど、『日経おとなのOFF』『Pen』『BRUTUS』『一個人』なんかは毎月チェックしていて、特集によっては買うという感じ。

私が日本の美術館・博物館に特徴的だと思うのは、海外よりも小さなものが多いということ。ひとつの建物当たりの美術品は海外より充実してないけど、その分、美術館の数があるんですね。

私みたいな欲張りは、ひとつの場所で色々見られたほうが嬉しいんですけどね〜。だからいつも東京国立博物館とか行ってしまう・・・。通常展示も充実してるから、特別展がはずれても大丈夫だもの。

別冊になっている「2011年 見逃ない美術展 完全ガイド」はかなり使えそうです。
この頃、展覧会巡りはご無沙汰だけど、季節も良くなるし動き出そうかな?

震災があって、開催されていた、もしくは開催が予定されていた美術展が延期になっているところが多いです。出かける際には事前に調べてから行きましょ〜う!

  • URL:https://yaplog.jp/07mb114/archive/1431
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
おサルのダンス
>tekaさん
こんにちは!

『おとなのOFF』は購入する人が決まっているらしく、入荷後ほかの雑誌より早くなくなってしまうような気がします。私が買ったのは発売日だったので平台に積まれていましたが、4日後には残りが1冊でラックに入っている状態でした大きめの本屋さんならありそうですね☆

美術館はしご!すごいな〜!!
すぐに疲れてしまって、1館→お茶で精一杯です(笑)

花粉も紫外線も辛いですが、寒いよりいいので頑張ります〜。
April 12 [Tue], 2011, 9:31
こんばんは。

この特集、わたしのブログにもたまに登場するIちゃんも買ったそうで、良かったって言ってました。わたしも本屋に探しに行ったのですがなぜか見つけられず 

今日は2つ、美術展はしごしてきました。開館時間も短くなってるところが多いみたいですね。これからは出歩くのにちょうどいい季節ですね〜。おサルのダンスさんもぜひ。花粉は辛いですが
April 11 [Mon], 2011, 0:35
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おサルのダンス
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・映画・美術鑑賞
    ・トラベル
読者になる
どんどん増えていく愛すべき書籍たち。最小限しか手元に置いてないのに、コミックだけで1000冊オーバー。「壁一面の本棚」を夢見ています。
ヨロシクどうぞ→ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


メールフォーム

TITLE


MESSAGE