真夏の夜の夢のコンサート

September 06 [Sat], 2014, 15:58



もう一ヶ月近くたってしまいましたが
やっぱりこれは記しておきます

8月9(土)・10(日)
東京国際フォーラムAホールにて

ティム・バートン&ダニー・エルフマン
映画音楽コンサートが行われました


私は初日の9日に行ってまいりました

2013年10月にロンドンのアルバートホールで世界初上演された
DANNY ELFMAN'S Music from the Films of TIM BURTON

その映像を観た時なんて豪華ななんて素敵なコンサートなのだろうと
胸をわくわくさせ
生で聴けたらどんなに幸せだろうと…
生で聴けたら
こんな記事まで書いていました

なので、コンサートが決まったと聞いた時は
それはそれは嬉しくてスケジュールも何も調べることなく最優先に
チケット購入


コンサートの日を指折り数えて(ほんとにするもんですね)待っていました

ティム・バートン監督の作品は映像としてもちろん素晴らしいのだけれど
ダニー・エルフマンの音楽によって強く印象づけられ
このシーンもあのシーンもと 音楽を聴くとティムの世界がパーッと広がってくる
ティム・バートン監督とダニーエルフマン
本当に素敵な関係だと思う

感想は・・・ただただ鳥肌が立ち涙が自然に涙がこぼれ(時に嗚咽寸前)

言葉にできない感動
(ただ表現力が乏しい・・・)

何度も繰り返しサントラ聴きまくりなじみのある音楽も
ジョン・マウチェリさんの指揮のもと
東京フィルハーモニー交響楽団による迫力のある演奏
コーラスは 洗足フレッシュマン・シンガーズ
一緒に口づさみたくなる思いをこらえ聞き入りティム・バートンの世界に入り込む
舞台わきの大きなスクリーンにはティム・バートンの映像も映し出されるので
映画をまた観たくなる衝動もこみあげてくる

セットリストは以下の通り

Act1

チャーリーとチョコレート工場

ピーウィーの大冒険

ビートルジュース

スリーピーホロウ

マーズ・アタック!

ビッグ・フィッシュ

バットマン〜バットマンリターンズ

Act2

PLANET OF THE APES/猿の惑星

ティム・バートンのコープスブライド

ダーク・シャドウ

フランケンウィニー

シザーハンズ

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

Encore

アリス・イン・ワンダーランド

チャーリーとチョコレート工場のオープニング曲で始まると
スクリーンには今回演奏される作品の映像が映し出され
会場からはため息が

どの曲も本当にすばらしく鳥肌が立ちました
15作品のダニー・エルフマンの音楽を奏でるのはどこの国でも困難だそう
リハーサルは本当に大変だったと思います
後日ダニーエルフマン氏とジョン・マウチェリさんがリハーサルでの
東京フィルハーモニー交響楽団と洗足フレッシュマンシンガーズのパフォーマンスを絶賛!!!
とフェイスブックの記事で読みましたが
その通りでした

ティム・バートンのコープスブライドのビクターのピアノ演奏
私のちょうど目の前がピアノ演奏の方で
目を見開いて見入ってしまった 感涙
ビクターが弾いているかのような映像が頭の中でぐるぐる



コンサートも終盤に差し掛かると
「シザーハンズ」です
アイスダンスが演奏されるとスクリーンには天使エドワードたんの姿が
ここから涙が止まらず

曲が変わるとバイオリニストSandy Cameronさんによる
圧巻のパフォーマンス
小柄な彼女からは想像もできないダイナミックな演奏
最高でした



ここまで ダニー・エルフマン氏の姿は見えませんでした
しか〜し
いよいよラスト ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

舞台そでからマイクを持ったダニー・エルフマン氏が現る!
会場は割れんばかりの拍手です
スーツ姿がびしっとかっこよくジェントルなダニー・エルフマン氏
しかし歌う姿はまさにまさに ジャックスケリントン!
ずーっとずっと聴いていたかったです


ティムバートン&ダニーエルフマン映画音楽コンサート Facebookより 

アンコールもあわせて何曲歌ってくれたかな
ブギーの唄までも 感動でした


ダニーエルフマン氏とジョン・マウチェリさん 日本でもこんな雰囲気でした

アンコールのアリス・イン・ワンダーランド
ボーイソプラノの男の子が アリス アリス♪
これもまたかわいくてハマり過ぎて

最後まで感動しっぱなしのあっという間の2時間半でした
本当に夢のような時間を過ごせたことに感謝です

ティム・バートン&ダニーエルフマン氏
このような企画をしてくださった方々すべてのスタッフの皆様本当にありがとうございました

また今度は、日本縦断コンサート 希望しています
本当に実現されたらいいなぁ

次はいよいよ
ティム・バートンの世界 展ですね

また指折り数えて待ちます



雰囲気だけでも  Nokia Theatre L.A. Live, 10/31/2013 



Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:borsa
読者になる
エドワードシザーハンズは永遠の天使
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
borsa
» 穏やかに (2014年08月01日)
ジゼル
» 穏やかに (2014年07月28日)
ボルサ
» 映画の世界へ (2014年06月02日)
エマ
» 映画の世界へ (2014年05月28日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
エマ
» 感謝 (2014年01月05日)
ももなとん
» 感謝 (2014年01月02日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/06091015sh/index1_0.rdf