観た・観たい

November 06 [Wed], 2013, 8:26


最近見た映画 覚え書き

『グランドイリュージョン』



驚異的な4人のスーパーイリュージョニストが仕掛ける
奇想天外にして壮麗なエンターテイメント

『トランスポーター』シリーズなどのフランスの鬼才ルイ・ルテリエが監督を務め、
希代のプロマジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドが協力した娯楽作。
マジックを駆使して瞬く間に大金を強奪する4人のマジシャンと、
彼らを追い掛ける捜査官たちのチェイスを描く。

この罠に騙されるな

って すっかり騙されてきました

トリックにではなくて、仕掛けたのが誰だったのかに



フォース面を束ねるアトラス役にジェシー・アイゼンバーグ
この映画彼がが出るので観たかった作品
『ソーシャルネットワーク』より『ゾンビランド』が好きで
へたれな役、表情が印象的だけど
このマジシャンアトラス役は かっこよかった
人を圧倒するほどの早口はソーシャルネットワークばりー


 
メンタリスト役のウディ・ハレルソン
こんな風に心を読まれちゃったら困るよ
彼もゾンビランドのたらはしー役が好き
予告で流れた『ハンガーゲーム2』も楽しみ



フォース面唯一の女性 アイラ・フィッシャー
映画では脱出マジックを披露してます
サシャの奥さんですね〜
ランゴのマメータちゃん♪かわいい声と笑顔でした 



スライハンドマジックのデイヴ・フランコ
後半カーチェイス 見どころです
ジェームス・フランコの弟さんんなんですね〜
『ウォーム・ボディズ』にも出でおりました

フォースメンを追うFBI捜査官役にマーク・ラファロ
インターポールにメラリー・ロラン
その他マイケル・ケインにモーガンフリーマンなど キャストも豪華

『トランスポーター』の監督ということで
カーチェイスも迫力でした
(ダンナはもっと期待してたみたいですが)

何も考えず あっという間にその世界に引き込まれる
楽しい作品でした




これはちょっと前に観た
『ウォーム・ボディーズ』



人間の女子に一目ぼれしてしまったゾンビ男子の恋を描く異色のゾンビラブコメディ。
謎のウィルスにより人類の半分がゾンビ化した世界で、生き残った人々は高い壁を築いて武装し、
ゾンビから身を守りながら生活していた。廃墟となった空港に暮らすゾンビのRは、
ある日、壁の外に食糧を調達しにきた人間たちを襲撃するが、
ショットガンを構えた少女ジュリーに一目ぼれしてしまう。
監督は「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レビン  

このありえない設定


ゾンビが人間に恋するなんて〜
で、ラストがいいんです ゾンビだったR がだんだんと人間に・・・



ゾンビのR演じるのはニコラス・ホルト
『ジャックと天空の巨人』とはまた違ったイメージ
イケメンございます

Rが恋する人間の女の子に
テリーサ・パーマー かわいい



そのパパ役にはジョン・マルコヴィッチも出てます♪

ウォーキングデッドでダリルに堕ちちゃったので
ゾンビ好きみたくなっちゃってますが
ゾンビが好きなんじゃないのです 怖いです

この『ウォーム・ボディーズ』や『ゾンビランド』
『ゾンビーノ』といった人間味ある楽しい笑えるゾンビ映画が好きなのです 

ゾンビのラブコメ この発想がたまらない
Rが彼女に思いを伝えるためにいろんな音楽をかけるんだけど
それがまたいいです サントラほしい
ゾンビ映画なのに最後がハッピーエンドってとこもよかったです




自宅DVDにて鑑賞

『フィービー・イン・ワンダーランド』
(原題Phoebe in Wonderland )




演劇会の主役に抜擢された風変わりな少女が感じるもうひとつの「不思議の国のアリス
(アリス・イン・ワンダーランド)」を描くハートフルファンタジー。
主演はエル・ファニング。フィービーは他の子と比べて頭が良いのだが、
9歳になってから奇妙な行動をとるようになり両親を心配させていた。
学校でルールが守れない、友達とうまく関係を築けない、幻覚を見る、母親の言うことは無視…。
そんな時、学校に演劇の先生がやってくる。
フィービーは演劇会の「不思議の国のアリス」で主役のアリス役を射止めるのだったが…。

(allcinema ONLINE)



まぁ 主演のエル・ファニングちゃんがかわいい
妖精みたいな女の子
お姉ちゃんのダコタ・ファニングより自然体な感じで好き
映像は『ペネロピ』のような絵本の世界みたい
脅迫障害という問題を抱え空想と現実の世界を行き来する
フィービー
ストーリーもただのファンタジーではないのが魅力でした



『晴れ、ときどきリリー』


リリーは母と2人で田舎に暮らしていたが、突然の事故で母が亡くなってしまう。
心は少女のまま大人になったリリーは、1人では何もできず、
都会で弁護士の夫と暮らす姉のクララがリリーと暮らすことになる。
しかしリリーはトラブルを起こしてばかり。
そしてクララ自身も夫との関係が気まずくなり始めてしまう…。
互いに衝突しながらも、お互いをかけがえのない存在として絆を深めていこうとする
姉と妹の心の繋がりを瑞々しく描いたヒューマンドラマ。


どんなに手がかかっても、腹を立てても
やっぱり兄弟のきずなは強い
ところどころ、腑に落ちないとこはあったけど
リリーの住んでいる自然の中の家や
装飾品に目を奪われる
リリーが亡くなったお母さんのお墓を飾りでいっぱいにするシーン
すごく印象的でした

他にも、観にいけなかった

『華麗なるギャッツビー』



この作品、ストーリー知らずに観たから、
想像してた話とは違い、切なくて
ディカプリオの演技がとってもよかったーって印象の
もう一度観たい作品

『マリーゴールドホテルで会いましょう』



もジュディ・デンチが素敵だった
でも、今観るにはちょっとつらい作品だったな

あ、ずいぶん経っちゃったけど書いてなかった

『ローン・レンジャー』

  
もう劇場に行けないと思ってたけど
一度観賞できた
これは、ブルーレイでじっくり観たい
細部までこまかく〜

 
萌えどころ教えてください

レンタルで観たい作品もまだまだたくさん

秋の夜長は通り越して、冬になっちゃいそうだけど
一人でいると まだ・・・なので
いろんな映画みたいなと思います
おすすめあったら終えてください〜

これから公開で観たい映画

『キャリー』 11月8日公開



『 Only Lovers Left Alive』12月公開



『ザ・ダブル/分身』


Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

エマちゃ〜ん

すっかり騙されたよね〜

映画の内容はあんまり入れないで観たから
本当に豪華なショーをを見てるようで
それぞれのマジックにも見入っちゃったよ
あれこれあんまり考えることもなく
楽しめる作品だったね

>フィービー・イン・ワンダーランド おもしろそう
エル・ファニングちゃん可愛いな〜

ほんと エル・ファニングちゃんが妖精のようにかわいくって
物語もほんわかファンタジーってわけじゃなく
家族のこと、病気のこと いろんな出来事入り混じって…
妹役の女の子もかわいかったよ

『華麗なるギャッツビー』
ほんとに豪華な世界で、その凄さにも圧倒されたけど
ディカプリオの表情や役どころが魅力的で
こんな切ないお話だとは知らなかったから
エマちゃんも観たら感想聞かせてね〜

トントちゃん
もう映画館では観れないと思ってたから
観に行けてよかったよ しかもプレミアスクリーンだったから
じっくりゆったりは観れたんだけどね
やっぱりみんなとわいわい観たかったな〜
出たらもっとじっくり観たいな、萌えどころ教えてね

これから公開作品も楽しみだね
何本行けるかな〜









by ボルサ November 08 [Fri], 2013, 6:58

こんばんは

グランドイリュージョン騙されたねー

脱出マジック 種明かしなしで 驚かされたままだわ
前半はマジック 後半は人の謎解きって感じでおもしろかったね

マメータちゃんの声は可愛いね

フィービー・イン・ワンダーランド おもしろそう
エル・ファニングちゃん可愛いな〜

華麗なるギャツビーは 私も DVDでいつか観よー

トントちゃん 映画館で観れてよかったね
ブルーレイ楽しみだよー

これから観に行く映画も感想楽しみにしてるね

たくさんご紹介ありがとう

by エマ November 06 [Wed], 2013, 23:51
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:borsa
読者になる
エドワードシザーハンズは永遠の天使
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
borsa
» 穏やかに (2014年08月01日)
ジゼル
» 穏やかに (2014年07月28日)
ボルサ
» 映画の世界へ (2014年06月02日)
エマ
» 映画の世界へ (2014年05月28日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
ボルサ
» 感謝 (2014年01月06日)
エマ
» 感謝 (2014年01月05日)
ももなとん
» 感謝 (2014年01月02日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/06091015sh/index1_0.rdf