« 終わり | Main | 友達 »
彼女 
私は あの人に伝えた。

友達の言葉を。

でもあの人は

私をすきと言ってくれた。

私は友達に

「すきな人がいるんだって」と伝えた。

だけど友達は 諦めなかった。

あの人の“すきな人”が誰なのか 知りたがった。

私は「知らない」と言った。

私の友達は、あの人に直接聞こうとした。

しつこいその友達に

あの人は

「彼女いるから」と言った。


彼女・・・なんだ。

「彼女」という響きが とてつもなく素敵に思えた。

幸せな気持ちになれた。

私の親友が あの人に告白した。

それも あの人は断った。

「来る者拒まず」と言われていたあの人が。

変わったんだ。変わってくれたんだ。

私は そう思った。

Posted at 08:47/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/03-12-memory/archive/11
P R
Start
永遠
強がり
嫉妬
麻薬
出会い
すき
友達
彼女
終わり
郵便屋さん
意味のある時間
約束破り
卒業アルバム
再会
はじまり

大切な人

思い出
先輩
似ている人
素直な自分
理由
確かなもの
怖い。
怖い夢
過去
おやすみなさい
大人
笑顔
幸せ
3月12日






  

























































































   
GMO MadiaHoldings, Inc.