高血圧と心臓病

August 28 [Sun], 2011, 13:17


 


自覚症状のない高血圧は、アメリカでは「サイレント・キラー」、すなわち「静かなる殺人者」と呼ばれています。


 


それは高血圧が突然死を招く心臓病や脳卒中を引き起こす危険因子だからです。


 


これはアメリカのフラミンガム・スタディ(フラミンガム地区の住民を対象とした心血管系疾患の危険因子を探る長期的調査研究)や九州大学が行っている久山町の調査などで明らかとなっています。


 


近年、日本では高血圧治療の普及による脳卒中、脳出血の発症率は低下傾向にあり、逆に高血圧心臓病の発症率は増加傾向にあります。


 


その理由として虚血性心疾患は高血圧だけではなく糖尿病、インスリン抵抗性(糖尿病予備軍の状態)、高脂血症、肥満といった危険因子が重なって発症することが多いからです。


 


これらの危険因子は生活習慣病といわれ、食生活や運動不足、喫煙などが深く関わっています。


 


高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病など1つ1つは軽症だとしても併発すると心筋梗塞や虚血性疾患の発生が高まります。


 


軽症だからといって甘く見るのではなく、しっかりと自覚症状を持つことが大切だということを知っておいてください。


 


 


また、すでに高血圧と診断されている方も、決して放置せずに心臓病の予防を心掛ける目的として、病院にて心肥大のがないかどうかを調べてもらうと良いでしょう。


 


その他にも肥満、高脂血症などの方は、過食や動物性脂肪の多い食事を避け、定期的な運動を適度に行いましょう。


 


喫煙されている方は禁煙することで生活習慣病の改善に効果が見込めます。


 

妊娠出産育児
  • URL:http://yaplog.jp/zzkkeemm/archive/23
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/zzkkeemm/index1_0.rdf