確率の存在意義

April 13 [Fri], 2012, 11:32
4月です。
例えばあなたは気になったことがないだろうか。
宝くじがどのくらいの確率で当たるのか。
期待値とか確率とか統計とか。
そんなもんは個人にとってはアタリかハズレの有無、もしくは0か1でしかなくて、やるかやらないかしかないんだから、結局のところなんだかわからない。
だから未婚の人間に彼氏彼女が60いないって、だからってなってしまうのだ。
結局大衆なんてのは個人よりひどく無価値なのかもしれない。
社会と同じだね。
が、一個人が大衆である事ってのはそれはそれで気持悪い。
例えば、大衆である事をスタンード、平均と仮定するなら僕はそんな普通な人に出会った事がない。
だって普通過ぎるって事はそれはそれで凄く変じゃないかんで、確実に大衆からはずれた人に対して天才とか変人とか呼ぶんだからね、もぉわけわかんない。
筋トレを初めて数ヶ月。
やっと自分自身少し変わってきたと思う。
まだ他の人にはなんにもいわれないけどlovelove2 悪質
目指すはアンソニーキーディスの上半身。
髪型はベックハンセン。
初めて12ヶ月は体調不良の嵐に巻き込まれ、扁桃腺炎とかインフルエンザとか。
続けては潰れの繰り返し。
へこたれて、またやって、へこたれて、またやった。
変化は確実に僕の中にある。
でも、つらいのはこれからだ。
頑張ろう。
んで、ついでに煙草もやめてしまう。
大阪マラソンに参加登録してしまう。
まだ当たるかはわかりません去年は倍率が55倍以上ッスかとりあえず下半身は42km走れるくらいランニング。
とりあえず10kmくらいから身体をならす。
夏に屋久島計画中。
48時間くらい屁でもなく遊べる体力づくり。
あとはとりあえず夏まで資格の勉強だな。
何が言いたいかってと、結局、確率云々より一個人にはやるもしくはやらないを選ぶ事しかできないってこと。
それに対して確率ってのは、それを重要視している人以外にはあんまり大それた意味はないのだ。
少なくとも今の僕には自分が幸せになれる確率なんてのはどーだっていい。
時間がない。
そのくらいの方がオモシロイ。
一日とか一週間がもの凄く早い。
そのくらいの方が一年は充実してるって事。
今まで散々やらないを選んできたからな。
今年はやるぞ。
疲れたらぶっ倒れるんなら、一回くらいぶっ倒れるくらいやってみないとね。
言い訳はいらない。
やらないよりはやりつづける自分でありたいと思うんだ。
よし、今年はまだまだ終わらない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zzco0220fl
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/zzco0220fl/index1_0.rdf