花粉症

March 04 [Sun], 2012, 7:09

今年も、とうとうやってきました。
憂鬱な花粉が飛散する季節到来です。
そこで、我が最大の敵である花粉について調べてみました。

花粉症は、アレルギーの一種です。
語源はギリシア語で2つの言葉を組み合わせて作られているとのこと。
「変わった」という意味の「ALLOS」と「反応」という意味の「ERGON」。

アレルギーは、本当は体に害にならないものを敵と判断して、必要以上に抗体を作って攻撃してしまう身体の反応で、防御作業のひとつです。
花粉症で涙や鼻水が出るのは、敵から体を守ろうとする過剰防衛の症状といえます。

つまり、身体は一所懸命働いてくれてるんだけど、攻撃目標を間違えて味方に迷惑かけてる状態ってことです。
鼻水やくしゃみ、涙が出たときには、身体が一所懸命働いてくれてるけど、
目標はそこじゃないよぉ〜って思えれば、自分の身体がいとおしく思え、少しは症状が和らぐかもしれません。

アレルギーは先進国で増加傾向にあるようです。
その理由は、
・都市部で大気汚染が進んだこと
・肉食が増えたこと
・清潔すぎる生活
・ストレスによる身体のバランスの崩れ
・新しい化学物質の発明
などがあげられるようです。
アレルギーの中で花粉症は、現在、日本では4人に1人の割合でかかっていると言われてます。
その一番はスギ花粉。
理由は、第2次世界大戦後の復興や住宅建設のため1950年代から60年代にかけてスギの植林が進んだおかげのようです。
ホントありがとうございます。
花粉がつくのは樹齢30年以上と言われていて花粉症が目立つようになったのは80年代に入った頃からだから、悲しいくらい計算はぴったりあいます。

相手がどんな性質か段々とわかってきたので、花粉症の治療法を考えてみましょう。
・マスクやゴーグルで花粉をブロックする
・アレルギーを抑える薬を服用する
・アレルギーに慣れさせる。

私が取ってるのはまず薬の服用。
これがないとこの季節過ごせないというくらいお世話になっている薬です。
飲まないと夜鼻呼吸できずに不眠になり、非常にストレスを感じます。
薬を服用して以来、非常に安眠できるようになりました。
薬剤師に1年ぐらいならもつと言われているので、去年の残りを飲むことからはじめてます。
あと、外出時にはマスク着用。
一番は、花粉に触れないことだと思うので重要だと思います。
ゴーグルはかけませんが、めがねはかけているので、だいぶ和らいでいるような気がします。
以前、ゴーグルをかけている人と電車で乗り合わせしましたが、私にはできないと思いました。
  • URL:http://yaplog.jp/zyx/archive/38
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zyx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/zyx/index1_0.rdf