ジョギングをしてもぽっこりお腹がへこまない原因とへこます方法は

June 12 [Sun], 2016, 20:50

「ぽっこりお腹を解消するためにジョギングを始めたのに、
 全然おなかがへこまなくて…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?


ジョギングをすれば体脂肪が燃えるから
お腹がへこむはずだと思いますよね。

それで、頑張ってジョギングをしているものの、
ぽっこりお腹を解消できないと悩む人は多いですよね。



ツラい思いをして頑張っているのに
全然効果を実感できないとガックリ落ち込んだりしませんか?

そして
「なにをしてもへこまないぽっこりお腹をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■ジョギングをしてもぽっこりお腹を解消できないワケ


通常、食べ過ぎなどで余った糖質や脂質が体脂肪に変わって
体内にため込まれてしまいますよね。

それで、ジョギングなどをして消費カロリーを増やせば
体脂肪は燃えるので減らすことができます。


ただし、単に余ったものが体脂肪としてついているだけなら、
お腹だけではなく体全体的に体脂肪が付いてしまいます。

体の他の部分と比べてお腹に体脂肪が付いているのは、
体脂肪が余っているからお腹についているわけではありません。


お腹がぽっこりする理由は主に2つ、
便秘と腸の冷えです。



便秘になると腸に便がたまるので
お腹がぽっこりしますよね。

そして、腸が冷えるとこれ以上冷えないようにするために
体脂肪で腸を守ろうとするわけです。

体脂肪をお腹周りにつければ、
外部からの冷えから腸を守ることができるんですよ。

だから、お腹周りだけぽっこりするわけですね。


ちなみに、ビールをよく飲む人は、
お腹周りだけぽっこりする、いわゆるビール腹になりますよね。

それは、ビールのせいで腸が冷えるのと、
腸がアルコールで刺激されて正常に働かなくなるからです。

ビールをたくさん飲む人(特に男性)は下痢気味になりやすいですが、
それはアルコールが腸を刺激するせいで正常に働かないからです。

ですから、お腹周りに脂肪をつけることで冷えから守り
正常に働くようにしているんです。


それで、ジョギングをすることで
腸を温めることができますし便秘を良くすることもできます。

ただし、それほど作用は強くないです。

ですから、ジョギングでぽっこりお腹を解消するには
非常に効率が悪い、ということになりますよ。

相当頑張らないとぽっこりお腹は解消できないでそう。


■ぽっこりお腹を解消するには?


ぽっこりお腹の原因は、便秘か腸の冷えですね。

それで、便秘は腸を温めることで解消できることが多いです。

とくにお腹がぽっこりしているのであれば、
腸の冷えが便秘の大きな原因になっているはずです。

便のせいでお腹がぽっこりし、さらにお腹周りに脂肪が付いたら、
お腹のぽっこりがすごいことになりますよね。


それで、ポッコリお腹を解消するには腸を温める必要があります


腸を温めるには腸を温める作用のある食べ物を摂るといいです。

体を温める食べ物として、しょうがが知られていますが、
それ以外にもにんにくやネギなども腸を温めます。

そういった体を温めるものを積極的に摂り
体を冷やすものをなるべく摂らないようにすれば
徐々にぽっこりお腹を解消することができますよ。


ただ、食事を変えるのってなかなか難しいですよね。

そこで、腸を温める栄養素が配合されている
サプリを摂ることをおススメします。

「酒粕しょうが粒」は、
しょうがや酒粕など腸を温める作用のあるものが
配合されているサプリです。

食物繊維や腸の善玉菌をサポートする酵母菌なども
配合されていますので、
ぽっこりお腹解消にはかなりおすすめですよ。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

【酒粕しょうが粒】詳しくはこちら




















.